2017年7月15日 (土)

今年も始まった楽しい12日間 ~都市対抗 第2日~

昨日から始まった都市対抗。
今はカレンダー通りの勤務なので土曜日に観戦。

第一試合は三菱自動車岡崎 vs パナソニック
三菱岡崎は日立大会以来だけど
スパイクが真っ白から黒に赤ラインに変わっていた。

立ち上がりコントロールが安定しない岡崎先発の山本から
柳田の2ランHRでパナソニックが先制。
Yanagita

パナソニック先発の吉川は絶好調で三振の山。
3回までのアウトはすべて三振。
Yoshikawa

ただ3回に豊住にHRが出て1-2の1点差。
Toyozumi

5回にHRを打っている柳田にタイムリーで3-1

7回に中村のスリーベースの後清水の内野ゴロで再び1点差

岡崎3番手の戸田が好投し逆転のチャンスをうかがう。
戸田はJR東海の補強で今年JR北海道から移籍してきた。
調べたら北海道時代の写真もあった。
Toda_1 Toda_2

戸田の好投はあったのものの今日の主役は吉川。
14奪三振で完投。横からなのではっきりとは判らないが
打者のスイングを観るとスライダーがキレているようだった。

3-2パナソニックの勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10000/20849.html

第二試合はHonda鈴鹿 vs きらやか銀行

試合前に補強の秋葉が10年表彰
外に出ていたので表彰の写真は撮れなかったので
あえて日産時代の写真を載せてみる。
Akiba

試合は きやらか が日山のタイムリーツーベースで先制。
Hiyama

このプレーで大城戸が負傷。4回の走塁時に再び痛めて交代。
去年の都市対抗も負傷交代していたし
全力プレーしすぎるのかも。

3回に小野寺のタイムリーで きらやか が追加点。

4回から鈴鹿は平尾が登板。
平尾の好投で流れが鈴鹿へ。
Hirao

鈴鹿は5回に澤田のタイムリーで1点返し
6回に松本のタイムリーツーベースで同点。

松本表記だと仙台大時代に観る事が出来なかった
リーグ最多安打を記録した松本桃太郎だと気がつかなかった。
Matsumoto

更に柘植のタイムリーツーベースで逆転。
Tsuge

ここで小島は降板。立ち上がりは良かったけど
中盤からはピンチの連続で踏ん張れなかった。
Ojima

3-2で鈴鹿の勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10000/20852.html

第三試合は西部ガス vs 東京ガスのガス対決。

西部ガスは初見。ユニフォームシンプルで
背中の文字は文字数にかかわらず同じ大きさ。
Img_4676 Img_4882

あとヘルメットに “ がんばろう!九州 ” の
ステッカーが貼られている。
おそらく熊本地震後に貼っていると思うけど
今の大雨もあるし九州には本当に頑張って欲しい。
Img_4675

試合は初回東京ガスが黒田のボテボテの内野安打で先制。
Kuroda

2回にも地引のタイムリーで追加点。

東京ガス先発の岩佐は4回を無失点で降板。
3回に打球が直撃した影響からなのか?
4回はフォアボールでピンチをつくった。
Iwasa

西部ガス先発の山田は中盤立ち直ったものの
6回にピッチを作り降板。
2番手伊波が踏ん張れずこの回3点。

5点差となり勝負が決まったかとおもったけど
西部ガスが粘り8回に田場のタイムリーツーベースで1点を返す。

この日の田場は4打数2安打。
凡退した場面でも良い当たりを繰り返し
補強としてしっかり活躍していた。
Taba

西部ガス打線はこの後も続き東向の2点タイムリーで1点差
こちらも補強の仕事をしていた。
Higashimukai

1点差で流れは西部ガスに来たと思ったけど
8回裏に坂井山内の連続ツーベースでリードを広げる。
小林のヒットとエラーでこの回もう1点で7-5となり
9回を無失点に抑えた東京ガスが勝利。
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10000/20853.html

今年は仕事関係で色々バタバタしているので
この後の観戦は未定。この後観戦出来なくても充分楽しめた。
出来ればまた観に行きたいけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

さよなら上大岡の星

ラミレスが監督になってから二軍で干されていた黒羽根が
ついに日ハムにトレードされた。
http://www.baystars.co.jp/news/2017/07/0706_05.php

現状では一軍での出番が無いし
今シーズンが終わったらリリースされる可能性が高いから
トレードに出されるのは仕方が無いと思う。

ただ相手が外国人投手のエスコバーというのは
登録枠の問題もあるし他にトレード相手は
居なかったのかという疑問はある。

先週の日曜日に観た時は二塁まで
まともにボールを投げられなかったので
そのあたりで買い叩かれたのかも。

もし肩が問題なければ活躍するチャンスはまだまだあるし
シーレックス所属した選手が居なくなるのは寂しいけど
新天地で頑張って欲しい。
Kurobane_1 Kurobane_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

打った時は点を取られる ~イースタン DeNA vs 楽天~

今日は平塚にイースタン観戦。
産能大のイベントゲームの効果なのか、かなりの入り。
Img_3098 Img_3300

初回オコエがフォアボールで出塁し田中ライト前で三塁へ
関根の好返球でタイミングはアウトだったものの
判定はセーフで無死二三塁
次の中川のタイムリーで0-1
この後は3者連続三振でピンチは凌ぐ。

その裏飛雄馬タイムリー同点。
Hyuma

細川のタイムリーツーベースと松尾の内野安打で逆転。

逆転して良い流れと思えたのはここまで。

2回にフォアボールにヒットの後
バントを黒羽根が一塁への送球エラーで無死満塁
田中の2点タイムリーツーベースで同点
この試合田中は3安打の活躍。
Tanaka

更に中川の2点タイムリーが出て3-5と楽天が再逆転。
Nakagawa

ここまでは試合時間が長かったが
両先発立ち直り少し落ち着く。

楽天先発の池田は5回を8安打3失点。
真っ直ぐは140キロ中盤以上でも打たれる。
変化球はほとんど無かった。
Ikeda

7回に佐野にソロHRが出て4-5と1点差

打たれたのは宋家豪
俺のプロスペクトの楽天の選手なので打たれるのは微妙。
1球だけだけど150キロを確認できた。
Sung

その裏一三塁ワンバウンドを止めた黒羽根の二塁送球が短く
松尾が弾いて三塁ランナーの田中が生還。
練習での送球でも本気で投げた無かったので
何処か痛めているのかも?

京山は7回6失点。
2回と7回はエラー絡みなので自責点は4
7回はスタミナ切れしたみたいだけど
高卒ルーキーにしてはイニングを投げられる。
Kyoyama

8回に国吉が失点し4-7

9回に佐野のタイムリーツーベースで1点返したものの
後が続かず5-7で負け。

今日のプラス材料はHRを打った佐野は3安打。
アウトになった時はアッパーで振りすぎの印象だったけど
バットに当たれば良いスイングに思える。
Sano

細川も2安打。今まではスイングの軌道が
ライトにしか飛ばなそうだった印象だったけど
今日はレフトに2本ヒット。内容もともなっていた。
Hosokawa

プレー以外で気になったのは青柳の着こなし。
6回から途中出場した時はソックスをみせる
ジャッキーロビンソンスタイルだったのに
2打席目は裾を降ろしていた。どんな意図で変えたんだろう?
Aoyagi_1 Aoyagi_2

あとシリアコのサード用グローブは玉澤でなかった。
vincil と読めるので検索するとグローブメーカーのサイトがあった。
日本に来る前から使っていたのかな?
Ciriaco

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

中継ぎの好投がプラス材料 ~イースタン DeNA vs 日本ハム~

昼間は雨が降っていたけど
帰る頃には晴れ間も見えていたので
仕事終わりでイースタン観戦。

自分が座っていた一塁側は確認できていないけど
三塁側のベンチの上からブルペン付近に広告が出ていた。
二軍も動画配信があって映るから広告が付いたのかな?
Img_2740

試合は日ハム戦。先発は田村井口

2回太田(賢)のタイムリーで日ハムが先制。
スパイクや防具類はデサントなのにバットはSSKだった。
Ohta

田村の牽制エラーでこの回もう1点。
一塁ランナーの太田(賢)の背中に当たったようだし
そんなに悪送球ではなかったので
ファーストの佐野の取って欲しかった。

4回は横尾ソロHRで0-3
とにかくデカいHR。

5回にも平沼の2点タイムリースリーベースが
出て日ハムの0-5のワンサイド。
エルボーガードがずれて走りにくそうだったけど
留め方緩かったかも。
Hiranuma

駄目押しとして横尾のレフトフライを
関根が見失いタイムリーツーベースになり0-6

関根は今日誕生日だったようだが見事にやらかした。
あと何故かジャッキーロビンソンスタイルだった。
個人的には好きなスタイルだけど赤が多めで荒波っぽい。
Sekine

今年の観戦では相変わらずのワンサイドゲーム
ただ今日は中継ぎ陣の好投というプラス材料。

6回から登板の三嶋が2回を投げて
6者連続三振のパーフェクトピッチング。
今日の投球を観ると中継ぎの方が
適性があるんじゃないかと思う内容だった。
Mishima

8回は小杉が1安打打たれたものの無失点。
前回観た時とグローブが青から黄色に変わっていた。
Kosugi

9回はルーキーの尾仲と無失点。
どんどんストライクを取る良いピッチングだった。
Onaka

リリーフが無失点に抑えても
打線はいつものように抑えられ0-6で完封負け
http://npb.jp/bis/2017/games/fs2017062800363.html

日ハム先発の井口は5回を無失点で勝ち投手。
得点圏にランナーが進んだのが3回あり
内容はそこまで良くなかった。
武相出身の地元選手だからか
井口のT-シャツを着ている人もスタンドで見かけた。
Iguchi

HRを打った横尾はこの日3安打の活躍。
年始に書いた俺のプロスペクトの選手なので活躍は微妙な心境。
あと、今日はセカンドスタメン。慶応時代にセカンド挑戦という記事を
観た事があるので驚きはないけど違和感はある。
Yokoo

セカンドつながりで言うとDeNAで途中出場の飛雄馬
セカンドを守る選手にしては大き目なグラブを使っていた。
都市対抗予選で観たエネオスの山﨑(錬)も
セカンドで大き目なグラブだったと思うけど
他の内野と違いセカンドは少し大きくても良いのかな?
Hyuma

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

ヒットは出るのに点が入らず ~イースタン DeNA vs 西武~

今日もイースタン観戦。
追浜での観戦は1ヶ月以上ぶり。
久びさで何だか違和感もある。

試合は昨日のデーゲーム同様西武戦
DeNA先発は平良。ローテの関係だろうけどよく観る。

初回山川のタイムリーで西武が先制。
Yamakawa

西武先発は玉村。まったくの初見。
2回網谷のタイムリーツーベースで1-1の同点
Amiya

ランナーは出しながら決定打が出ない中
西武は4回に鬼﨑のソロHRで均衡を破る。
外角の変化球を上手く拾われた。
Onizaki

6回にもに3ランHRが出て1-5
この回で平良は降板。二軍でも一発病が出てしまった。
Taira

2番手の小杉もピリッとせず
山川に2ランHRを浴び1-7
今日も残念な結果で終わった。
http://npb.jp/bis/2017/games/fs2017061700337.html

ヒットは西武には及ばないものの8本出ていたので
チャンスで1本が出ていればもう少し接戦になったのに
DeNAは網谷のタイムリー以外続かず。

あと西武は3本もHRが出ているのに
何でDeNAは1本も出ないんだろう?
出てくれたらファームプラス特典でサインが抽選でもらえるのに…

勝ち投手は先発の玉村。5回を1失点。
Tamamura

プラス材料は昨日はピンチを作った進藤がすんなり抑えた事
Shindoh

3打数2安打の黒羽根くらいしか思い浮かばない。
Kurobane

試合以外で気になったのは青柳が練習中は
ジャッキーロビンソンスタイルで試合の時は裾を降ろしていた事
上げてる方をカッコいいと思うんだけど何で練習中だけなんだろう。
Aoyagi

西武では日産戦士の熊代がシートノックで
外野の後セカンドに入っていた事
日産時代は内野手だったので違和感はないけど
今も守る事があるのかな?
Kumashiro_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

1日2敗しなくて良かった ~交流戦 DeNA vs オリックス~

ファンクラブ特典チケットで一軍のナイターも観戦。
因みに今年は2戦2敗で一軍の勝ちは観てない。

試合はオリックス戦
初回ロペスのHRで先制。個人的あるあるだけど
ロペスの打った打席は写真を構えていない。
Ropez

3回オリックス先発の西のヒットから連打で無死満塁
安達の併殺で同点。次のロメロにタイムリーでオリックスが逆転。

その裏桑原梶谷でチャンスを広げロペスのピッチャーゴロで同点。

4回に倉本のタイムリーで再逆転
あと少しでロメロに捕られそうな当たりだった。
Kuramoto

先発の井納は代打の出された関係で7回で降板。
2失点だけど急に崩れたり良いのか悪いのか判らない
つかみどころの無い井納らしいピッチングだった。
Inoh

8回は三上が登板。いきなり代打の西野にヒットを打たれ
2死までは持っていたもののロメロにレフトオーバーを打たれ同点。
Romero

その裏オリックス3番手で黒木が登板。
個人的には期待しているのでここでの登板は複雑。
神奈川出身のはずなので凱旋登板だと思う。
Kuroki

150超え連発で梶谷ロペスと抑えられた後
筒香が少しでHRのレフトオーバーでランナー二塁
Tsutsugoh

次の宮﨑は敬遠ぎみのフォアボールで戸柱勝負。
ここで戸柱がライトに3ランHRでDeNAが逆転。
完璧なバッティングだった。
Tobashira

9回は山﨑がランナーを出しながら無失点で抑え6-3で逆転勝ち
http://npb.jp/scores/2017/0616/db-bs-01/

ファンクラブ特典は使い切ったので
横浜での一軍観戦は恐らく打ち止め
最後に良い試合が観れた。

おまけ
横浜スタジアムのスコアボードは常時では無いけど
ビジターチームの選手情報も表示される。
中島の表示はご丁寧に3Aのサクラメントまで出ている。
これって嫌がらせじゃ無いのかな?
Img_1791 Nakajima






| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜スタジアムでイースタン 〜イースタン DeNA vs 西武〜

今日は有給。取得の目的は横浜スタジアムでイースタンを観戦する事。
夜に一軍のナイターがあり、その前に行われる。

横浜スタジアムでイースタンを観るのは07年以来。
当時の写真を観ると石川が右打席に立っているのがあった。
Ishikawa

その時は一軍がデーゲームで二軍がナイターだったので
今日のように11時試合開始のデーゲームを観るのは初。

試合は西武戦。 DeNA先発の京山
初回大﨑に3ランHRを浴び失点。
Osaki

その裏西武先発の岩尾がコントロールに苦しみ
フォアボール2つとワイルドピッチの後白根の犠飛で1点を返す。
Sirane

ただ2回も京山斉藤から2ランHRを浴び西武がリードを広げる。
Saitoh

2回裏に岩尾のエラーで1点もらったのに4回に暴投で失点。
5回にも2失点した所で京山は降板。5回8失点と残念な出来だった。
ほぼ真横から観ると改めて肩関節の柔らかさがよくわかった。
Kyoyama

5回に白根にソロHRが出たものの9回に野川が打ち込まれ4失点
3-12で負け。負けを見慣れたているのでまたかという感想。
http://npb.jp/bis/2017/games/fs2017061600334.html

ほぼ良い所は無かったけど、しいて言えば
中継ぎの福地大原がノーヒットに抑えた事くらい。
Fukuchi Ohhrara

西武では大石が1回を三者連続三振の好投。
グローブやスパイクがミズノになっていたけど
前はアディダスじゃなかったかな?
Ohishi

あまりに暑かったので みかん氷 を食べてみた。
大昔に食べた事があったと思うけど記憶は微妙。
急いで食べた訳じゃ無いのに頭痛。
結構食べ応えあるんだね。
002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

ゆっくり落ち着いて観たかった ~大学野球選手権 第1日~

今日は休日出勤の振り替え休日で大学野球選手権観戦。

第一試合は東農大北海道オホーツク vs 福井工大

先制はオホーツクで周東のスリーベースと
名嘉真のセーフティスクイズで先制。

その裏連打で内野ゴロエラーと内野ゴロで2-1と福井工大がリード

オホーツクは4回に1点返し同点
6回に石井のタイムリーツーベースで3-2と逆転

オホーツク先発の宮本は中盤以降は四死球で
ランナーは出すものの無失点に切る抜ける。
Miyamoto

9回も四死球で1死一二塁ここで盗塁とワイルドピッチで
二塁ランナーの樋口が生還し3-3の同点
Img_0811 Img_0817

その後は宮本が抑え延長でタイブレーク

10回オホーツクはブランドンのデッドボールで1点入れたものの
その後リリーフした山本(利)から得点を奪えず。

その裏福井工大は樋口のレフトオーバーで2人が帰り
Higuchi


福井工大がサヨナラ勝ち
http://www.jubf.net/system/prog/game.php?m=pc&e=alljapan&s=2017&gid=1&gd=2017-06-05&gnd=1&vs=OU1

第二試合は近畿大 vs 岡山商科大

岡山商科大の先発の近藤は前評判が高いらしい

先制は岡山商科大で3連続四死球で満塁となってから
のタイムリーで先制

更にボークがありこの回2点

3回に戸村のタイムリーで岡山商科大がリードを広げ
近大も5回に山本のタイムリーで1点返したものの
その裏一安のタイムリースリーベースで岡山商科大が再び3点差

8回に牧野のソロHRで近大が1点返す。
この試合牧野は3安打。
Makino

その後は両チーム得点なく岡山商科大が5-2で勝利
http://www.jubf.net/system/prog/game.php?m=pc&e=alljapan&s=2017&gid=2&gd=2017-06-05&gnd=2&vs=KP1

近藤は8安打2失点の完投。上から投げ下ろすフォームで
150キロの球速も確認できたけど変化球が多かった。
Kondo

第三試合の日本文理大 vs 九州産業大
時間が無かったので評判の高い両先発をチラッと観ただけ。
九州産業大の草場は観てたイニング抑えたけど
Kusaba

日本文理大のケムナはフォアボールの後
連打を浴び3回途中で降板。残念な出来だった。
Kemna

個人的な用事で落ち着いて観戦できない1日だったけど
来なければ後悔する位観たい選手が観れたので
来て良かったと思うけど落ち着いて観れたら最高のカードだったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

長嶋茂雄記念岩名球場 ~イースタン 読売 vs ロッテ~

今日は長嶋茂雄記念岩名球場でイースタン観戦。
002 011

球場のリニューアル後の最初の試合
しかも球場に名前がついている長嶋茂雄本人が登場といる事で
前売りで完売。友人がチケットを取ってくれたおかげで観戦出来た。

長嶋茂雄記念岩名球場は佐倉市の球場
最寄駅は京成佐倉駅で今日は支援金として
乗車賃100円のシャトルバスが出ていて駅から約5分。
徒歩だと25分とHPに出ていたけど往きは登り坂で時間より辛そう。

内野が土で外野が天然芝。外野のライン付近は人工芝みたい。
005 Img_0295

スコアボードはフルカラー.。友人の話によると
以前は名前の表示もなかったので今回の改装の目玉かも
Img_0283 Img_0266

照明はLEDのようだけどデーゲームなので当然点灯は無し
塔の数とLEDの数が共に少ないので明るさは心配。
Img_0267

球場名の本人は試合前の早い時間から来ていて練習中に登場。
始球式にも登場していた。
Nagashima_1 Nagashima_2

試合は読売 vs ロッテ
ロッテ先発が大阪ガスの酒居なのでテンションがあがる。

試合は2回にのヒットと酒居の牽制悪送球で無死三塁
中井の内野ゴロでが生還し読売が先制

当たり前だけどの読売ユニフォームは初見だった。
Yoh

4回にも立岡のソロHRで2-0
Tateoka

5回は吉川(尚)のタイムリーツーベースで3-0
Yoshikawa_n

酒居は5回3失点。 2点目までは
(自身のだけど)エラー絡みと出会い頭で仕方がないけど
3点目はフォアボールでランナーをためて
その後の初球を打たれるという最悪に近い失点。

まだシーズンは長いけどシーズン前は
一軍でバリバリ投げると思っていたので二軍で投げている
現在の状況は予想していなかった。
Sakai

ロッテは7回に柴田のタイムリースリーベースで1点返し1-3
中継がもたつく間にホームを狙いそうな勢いで走っていた。
Shibata

読売先発のメルセデスは7回1失点
凄みはないけど挟殺プレーも出来ていたし
ランナーを出しても自滅が無い。
球のコントロールだけでなく気持ちのコントロールも出来ている
枠の問題で一軍で投げる機会は微妙だけど二軍では活躍しそう。
Mercedes

9回にロッテは読売3番手で戸根から
肘井がタイムリーで2-3と1点差
今日は左投手にまったく合ってなかったけど
この打席は逆らわない上手いバッティングだった。
Hijii

次の菅原も続いて逆転のランナーも出たけど
最後は戸根が踏ん張り読売が3-2で勝利。
http://npb.jp/bis/2017/games/fs2017060400305.html

長嶋さんは最後まで観ていたようでセキュリティの関係でなのか
帰るまで観客は球場から出られず。
多少待たされたけど不満が出ないところが
スーパースターの所以なんだろうな。

長嶋茂雄記念岩名球場
〒285-0004 千葉県佐倉市岩名753

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

集中打で決定 ~都市対抗東京予選 鷺宮製作所 vs セガサミー~

4日連続で都市対抗予選観戦
今日も球場は神宮

鷺宮製作所 vs セガサミー
鷺宮のユニフォームが縦じまじゃなくなっているけど
何時からだろう?

4回橋本のタイムリースリーベースで鷺宮が先制
Hashimoto

ここまで鷺宮先発の西村はパーフェクト
昨日こコールドを観ていると第四代表は鷺宮かな?と
早くも思いだした5回セガサミーの反撃

先頭の根岸のソロHRで1-1の同点
昨日のJR戦でも打っているので2夜連続のHR。
現地で観ていると根岸の打球は思っていた以上飛ぶ。
Negishi

1死後ツーベースとエラーの後佐藤のタイムリーで逆転。
Satoh

この後も打線が繋がり西村をKO
エラー絡みなので自責点は2点だと思うけど
セガサミーの勢いを止められなかった。
Nishimura_2

セガサミーは2番手の野口も攻めてこの回7安打で9点
4回まではこんな展開になるとは思わなかった。

鷺宮は7回渡辺(侑)の併殺崩れで1点返す
その前には噂の “ 怪鳥 ” 山原が代打でチャンスを広げた。
鷺宮に入社後は初めて観たかも。
Yamahara

9回に3点追加したセガサミーが12-2で第4代表に決定。
8回以外は得点が入ったイニングにヒットが集中していた
ある意味効率的な得点だったかも。
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10506/20485.html

HRで先制は許した横田だけど
ランナーを出しながら9回を9安打2失点の粘りのピッチング。
Yokota

試合終了後立正大の同期の赤堀と神野が抱擁
キャプテンとしての重責を果たした赤堀を
神野が慰労するような良いシーンだった。
Img_10252

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«選手は大会規定を把握してない? ~都市対抗東京予選 セガサミー vs JR東日本~