2018年7月 7日 (土)

7月7日のパレスタは避けたい ~イースタン DeNA vs 西武~

雨も上がったので平塚にイースタン観戦
7月7日なので七夕祭りで平塚駅周辺は大混雑
往きはまだ良かったけど
帰りは駅に近づくと人混みで思うように進めない程

試合は西武戦
先発は熊原齊藤(大)
齊藤(大)はプロ入り後は初見
もっと活躍できると思っていたけど今のところ苦戦している

コントロールに問題のある投手対決なので
試合が長くなる事を想定したけど
熊原が立ち上がり少し怪しかったくらいで意外と順調

6回に大河フォアボールの後ワイルドピッチでランナー二塁
代打の梶谷のタイムリーで先制

失点はしたが齊藤(大)は6回4安打1失点でまずまずだった
Saito_m

7回代打の武白志のタイムリーで追加点
Musashi

熊原は7回2安打無失点
フォアボールも初回の2個だけと安定していた
Kumabara

熊原の後8回に登板の武藤が今日は乱調
3連打で満塁となり代打坂田の犠飛で1点返され
永江のタイムリーで同点
Nagae

なおも1死一三塁と逆転の可能性もあったが
武藤山田を3番手の野川戸川を三振に抑え同点で踏ん張る

この後お互い得点は入らず延長戦
10回から登板の小石から梶谷がレフトへサヨナラHR
Kajitani

サヨナラは期待はしたけれど今日は風が強く
フライがことごとく戻されていたので
まさかHRが出るとは思わなかった
DHの後藤に代打出場の為守備には着いていないけど
バッティングを観る限り体調は問題は無さそう

西武では3番手でワグナーが登板
梶谷に対しては156キロを計測
大学代表の合宿でガンが甘いと言われていたけれど
それを差し引いても速かった
Wagner_2 Img_3320

今日の試合は産能大生の企画したイベントデー
毎年いろいろ頑張っているので応援しているけど
帰りの混雑を考えると来年は
七夕祭りの日の平塚での開催は避けて欲しいな。
Img_2914 Img_3047

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

アメリカ帰り左腕加入

テストをしていた中後の入団が決まった
http://www.baystars.co.jp/news/2018/07/0704_03.php

大学代表に選ばれていた時から気になっていたが
コントロール難の課題はロッテでも解消できずリリース
アメリカに渡ってすぐはMLB昇格の可能性があったのに尻つぼみ

テレビでもマメにチェックしていないのでDeNA一軍の
左腕のリリーフ事情があまり詳しくないけど
田中(健)と砂田が一軍登録されて
外国人枠の関係なのかエスコバーが二軍にいるようだ

二軍で投げている左腕としては高卒ルーキーの櫻井は
まずは先発として育成するだろうし
中継ぎ専門では福地とサイドに転向中の野川がいるけど
二人とも一軍でバリバリ活躍するイメージは今の所ないので
そう考えると左の中継ぎの層は厚くは無いので獲得もアリなのかも

いきなり一軍という事はなく実践は二軍で成績の残してから
昇格となるだろうから二軍の試合を観に行けば観る機会はありそう

指導力を評価されていてアメリカでの経験が豊富な
大家が二軍コーチに居るので中後にもチョットだけ期待したい。
Nakaushiro_1 Nakaushiro_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

長年の夢実現 ~イースタン DeNA vs 日本ハム~

一昨日観たイースタンDeNA vs 日ハム戦を今日も観戦
同時間帯に一軍の試合がある割にはまずまずの入り

先発は井納杉浦

井納が無難な立ち上がり
清宮に対してはどうしても打たれたくないのか
投球時に声が出る力投で抑える
Inoh

2回宮本が逆方向へのHRで先制
Miyamoto

3回は飛雄馬の犠飛で追加点
因みに今日の飛雄馬は4番だった
Hyuma

杉浦は3回で3失点で降板
国学院時代から観たかったのに
今日まで観る機会が無かったのでもう少し観たかった
Sugiura

4回は宮本のヒットの後パスボールで一気に三塁へ
更にの三塁送球が逸れてホームイン

完全にDeNAペースで井納は好投を続ける
6回にフォアボールでこの試合初めてのランナーを出したが
ランナーのが投球前に飛び出し挟まれてアウト

その裏荒波の犠飛でリードを広げ
7回は打者一巡の攻撃で一挙4点
こうなると興味はほぼ一点

その後も好投を続けた井納
最後打者難波を三振に抑えノーヒットノーラン達成
Img_2813 Img_2804

http://npb.jp/bis/2018/games/fs2018070101227.html

試合後のヒーローインタビューではテンションか低かったが
9回前の投球練習ではそれまでの120~130キロ程度のボールから
打者に対する時と大差が無い144キロを出していたので
記録達成を前にアドレナリンは出まくりだったろう。

今日は試合終了後にグラウンド解放だったので
ノーヒットノーランを記録したスコアボードのそばで写真も撮れた
006

スコアをつけながら野球観戦するようになって
何百試合と観てきたけどノーヒットノーランを観たのは初

行こうと思っていたけど断念した試合で
何度かノーヒットノーラン達成という事もあり
自分には縁が無いのかと思っていた

家に帰ってから改めて記入したスコアをまとめると
日ハムの攻撃はヒットが無いのでまとめるのがすごく楽
スコアをつける者としては楽なのでまた観たいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月29日 (金)

ホーム球場からホーム球場へ ~イースタン DeNA vs 日本ハム~

平塚から追浜に移動しイースタン観戦

大学代表はほぼ毎年代表合宿を平塚で行なっていて
年によっては同時期に横須賀でイースタンが開催されることもあり
昼間に平塚で夜横は須賀のダブルヘッダーの観戦を
何時かはやってみたいと思ってた

ルートとしては今回は戸塚で市営地下鉄に乗り
上大岡で京急に乗り換えた

当初は時間ギリギリになると思っていたけど
試合開始と試合展開が共に早かったので
タイブレークを観ても余裕でナイターに間に合った

試合はDeNA vs 日ハム戦
この所日ハム戦をよく観る

試合は2回ダブルスチールで日ハムが先制
山本はあまりに無警戒に二塁送球をしていた

DeNAは4回に併殺の間に三塁ランナーが帰り同点

同点に追いついてもらったが5回に清宮のタイムリーツーベース
Kiyomiya

6回に淺間のタイムリースリーベースでリードを許す
Asama

京山は6回3失点の良くも悪くもないピッチング
先発不足の時はこの状態でも一軍登板もありえそうだけど
調子が良くないだけで頭数はいる現在の状況だと
まだ二軍での先発が続くかも
Kyoyama

日ハム先発の斎藤(佑)に5回まで1失点に抑えられたが
2番手玉井から6回に白崎が2点タイムリーで同点
Shirasaki

7回は3番手石井(裕)から宮本のセンターフライを
淺間が風の目測を誤りエラーで三塁へ
1死後百瀬のセカンドゴロがボテボテで
前進守備でもホームれ投げられず逆転

これが決勝点となりDeNAが4ー3で勝利http://npb.jp/bis/2018/games/fs2018062901221.html

勝ち投手は武藤
1回を三振2つにファーストファールフライと完璧な内容
Mutoh

試合展開的には地味で見どころは多くはなかったけど
机上では大丈夫だと思ったパレスタひらつか から
横須賀スタジアムに移動しての観戦もできるのが確認できたので
そういった意味では来た甲斐があった試合だったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイブレークでブレーク出来ず ~オープン戦 大学代表 vs MHPS~

平塚に大学代表とMHPSのオープン戦観戦

MHPSのHPには13時試合開始と出ていたのに
12時30分に試合開始。早めに出かけておいて良かった。

3回に牽制悪送球で二三塁となってから
東洋の佐藤(都)のタイムリーで大学代表が先制
Sato_t

MHPS先発の本多は3回に
自らの牽制エラーからの失点はあったが5回を2失点
まずまずのピッチングだった
Honda

大学代表は小刻みな投手リレー
先発明治の森下とが緩いボールを上手に使い3回を無失点
Morishita

早稲田の小島が3回 国学院の清水が2回抑えて
9回から東洋の甲斐野が登板

甲斐野はフォアボール2つ出してピンチを作ったが
アウトはすべて三振に抑えた
Kaino

先攻がMHPSなので本来は裏の攻撃は無いが
試合前からタイブレークの練習が予定されていたので
裏も大学代表が攻撃を行い
10回から無死二三塁からタイブレーク

大学代表は野手も選手交代は頻繁に行われたが
10回からはキャッチャーの海野を除いて
スタメンに戻してタイブレークスタート

10回はお互いに得点無く11回
竹内のヒットで1死満塁で常道
ライトオーバーのツーベースが出てMHPSが2点リード
Tsunemichi

その裏は10回から登板の奥村が抑えてトータルでは2-2で
タイブレークだけだとMHPS9回までだと大学代表の勝ちという
タイブレークしたせいで均衡を破れない微妙な結果となった

MHPSは既に補強の3投手が合流
左澤柏原はまずまずだったけど
鈴木はデッドボール3つで満塁のピンチを作るなど微妙な出来
本戦まで復活するんだろか?
Suzuki

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)

二週続けて鎌ヶ谷へ ~独立リーグ交流戦 日本ハム vs 四国ILリーグ選抜~

先週も来た鎌ヶ谷へ
四国IL選抜が関東遠征で今日が日ハム戦
二週連続で来ているのにどちらも贔屓チームでない試合
Img_0757_2

日ハム先発は先週と同じロドリゲス
同じピッチャーでしかも外国人だとガッカリ感はある。
3回を投げて3安打無失点。調整登板かな?

2回に渡邉のHRで日ハムが先制
Watanabe

HRは打たれたけど加藤(佳)は3回を投げて
ヒットはHRの1本だけで1失点だった。
Katoh_y

日ハムは5回に高濱のHRで追加点
Takahama

更に渡邉にこの日2本目のHRでリードを広げる
ここからHR攻勢6回7回に清宮7回に淺間のHRで
ほぼ勝敗が決したワンサイドゲーム

IL選抜は8回にようやく髙井のHRで1点返す
髙井はバットを投げるタイプの選手のようだ。
Takai

9回にも髙井にタイムリーが出たが反撃もここまで
10-2で日ハムの勝ち
http://www.iblj.co.jp/news/9339/

日ハムではロドリゲスの後田中(瑛)が登板し2回を無失点
ドラフト3位の高卒ルーキーだけど
高校野球に疎いので今日観るまで知らなかった
Tanaka_e

IL選抜では元エネオスの谷田が6番ライトで出場し3打数2安打
2本目のヒットはあと少しでHRだった
スパイクは金のラインがあるので
今年新調されたエネオスのスパイクを履いているっぽい
Yada

NPBの対独立リーグ戦は普段二軍でも出場機会がすくない選手が中心の
実質三軍となるチームが多いので独立リーグが勝利する事も珍しくないけど
日ハムはもともと選手層が厚くないので先週の公式戦で観た
二軍のレギュラークラスの選手が今日も多く出場している
そうなると今日の様なワンサイドゲームも仕方が無いのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

今年は唯一の横浜ファーム公式戦 ~イースタン DeNA vs 楽天~

今日は久々にDeNAのイースタン観戦
今年唯一の横浜スタジアムでの親子ゲーム
DeNA vs 楽天戦

先発はルーキーの阪口
親子ゲームは一軍首脳陣も観ている可能性が高く
阪口が期待されているという事だろう
Sakaguchi

しかし立ち上がりイマイチでフォアボールの後
山下のタイムリーで楽天が先制
Yamashita

その裏楽天先発の藤平から後藤のタイムリーで同点
Gomez

阪口は3回1失点で交代したが藤平は6回まで投げて1失点
楽天事情に疎いので二軍にいる事が不思議
Fujihira

DeNAは小刻みな継投で7回から櫻井が登板
いきなり耀飛にHRを浴びリードを許す
スコアボードを観ると今季初安打らしいのでプロ初安打かも。
Akito

8回にフェルナンドのHRで楽天が追加点

櫻井は2回4安打2失点
誤審でHRにならなったけど山下のフェンスオーバーを含めると
3本の被弾で一軍首脳陣に良いアピールは出来なかった
Sakurai

9回に寺田が乱調で2失点

その裏は松井(裕)が登板
不調は相変わらずのようでランナーは出すピリッとしないピッチング
Matsui

それでもDeNA打線は得点出来ず1-5で負け

負けたけど石川は3打数3安打の活躍
3安打とも藤平からだったので横高の先輩としての意地はみせた
Ishikawa

二軍に落ちてから初めて倉本も確認
あまりイメージの無いジャッキーロビンソンスタイルになっていた
守備はショートで出場し途中からセカンド
ショートではファンブルしゲッツーをとり損ねる
エラーは付かないけど微妙な倉本らしいプレーも観れた
Kuramoto

ファームプラスは今日で9試合目
例年だともうすぐ元を取れる試合数だけど
今年から値上がりしたので、もう少し観戦数を増やしたい
8月はおそらく観戦できないので今のうちになるべく観るつもりで
今週も観に行こうと思っている日もあるので
秋には15試合越えの観戦が出来るかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

贔屓じゃなくても楽しめた ~イースタン 日本ハム vs 読売~

どちらのチームを応援している訳でもないけど
鎌ヶ谷へイースタン観戦。

先発はロドリゲス吉川(光)
吉川はここで何度か観た記憶がある。

先制は日ハムで3回に清宮の2ランHR
第一打席はあまりタイミングが合ってなかったし
この打席も少しずらされているのに打球は良く飛んだ。
Kiyomiya

読売は5回に岸田の内野ゴロの間に1点返したが
その裏淺間のレフト線のフライをゲレーロが捕球しそこない
処理が遅れる間に淺間がホームに生還しランニングHR
Asama

両先発は共に7回まで投げロドリゲスは2安打1失点
グローブが44ProGlove という
日本ではあまり見かけないグローブを使っていた
Rodriguiez

吉川は4安打3失点
淺間のHRはアンラッキーだったし内容は悪くなかった
古巣のマウンドは投げやすいのかな?
Yoshikawa

8回に読売は1死二三塁で松原の犠飛で1点返す
Matsubara

ランナー二塁に残ったが石井(裕)石川を抑えてピンチは切り抜ける
この試合のキャッチャーは黒羽根だったので神奈川高校野球出身で
シーレックスユニフォームを着た事があるバッテリーになった。
Img_10005

9回は両チームいる西村が抑えて3-2で日ハムの勝利
http://npb.jp/bis/2018/games/fs2018062201202.html

日ハムで目立っていたのは渡邉の守備
難しい打球を何度かアウトにしていた
今まで守備のイメージがあまり無かったけど
思っていた以上にうまいのかも
Watanabe

読売で気になったのは重信の構え
以前より重心を落としていてヤクルトの青木の様な印象
成績も近づければいいんだけど
Shigenobu

ホントはZOZOマリンのイースタン ロッテ vs DeNAを観に行きたかったが
開始時間が11時からで間に合わないので鎌ヶ谷へ行く事にした。

おかげで高校1年生だった2015年に観て以来の
清宮のHRも観れたし来た甲斐はあったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

1日1試合だと物足りない ~東都大学 入替戦2回戦~

今日は東都大学の入替戦中央大 vs 日本大
昨日1回戦が行われて日大が先勝し昇格に王手

2回戦は初回内山のタイムリーで中央が先制
Uchiyama

3回にも吉田(叡)のタイムリーと堀内の犠飛で追加点

ここで日大先発の山本(龍)は降板
リーグ戦では初戦の登板が多いのに昨日の第一戦に
投げていないので何か問題があるのかな?
Yamamoto_r

6回にの2ランHRが出て駄目押し
ヒットはこの1本だけど他の打席でも
良い当たりが多かったので調子は良さそう。
Maki

中央先発伊藤は7回を2安打無失点
コントロールに若干の不安はあったけど
大学に入ってから観た中で一番の出来かも。
Ito

8回から登板の喜多川が9回に1点取られたが5-1で中央が逆王手
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2018&SEASONID=01&LEAGUEID=11&GAMEID=18158

中央で目立っていたのは五十幡でこの日2安打3盗塁
特に初回と3回はヒットで出塁し盗塁から得点
足が速いので出塁出来れは得点のチャンスが広がる。
Isobata

日大は8回に代打で登場の田村がDH解除で
そのままピッチャーとして登板
打者としては見逃し三振だったが
投手としては1回を2奪三振のパーフェクト
DH制で代打からピッチャーを観るのは初だと思う。
Tamura

試合自体は緊張感のある良い試合だったけど
先週は大学野球選手権で1日に複数試合を観ていたせいか
1試合だと何だか物足りない。人間て欲深いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

レプリカユニを着れるかな?

都市対抗の抽選が行われ対戦カードが決まった

http://www.jaba.or.jp/taikai/2018/toshitaikou/pdf/89.pdf
http://www.jaba.or.jp/taikai/2018/toshitaikou/pdf/1kumi.pdf

観たいと思っていた初出場のトヨタ自動車東日本は
自分の休みの7/17(火)なので行けそうだけど
後援会に入っているMHPSの試合が行われる
7/15(日)は仕事なので観戦できない。

対戦相手も予選では苦戦したものの
スター選手ぞろいのHonda鈴鹿

去年の直接対戦では勝ったけど
今年勝ち上がれるかは五分五分の厳しい相手

2回戦が行われる7/19(木)は休みなので観戦可能だけど
今後後援会加入者に配られるらしいレプリカユニフォームを
都市対抗で着用するチャンスはあるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今年初の4試合観戦 ~大学野球選手権 第4日~