2019年1月29日 (火)

2月の休みの過ごし方のネタ

昨日イースタンで今日ウエスタンの二軍日程が発表された
http://npb.jp/farm/2019/schedule.html

パッと見気になったのは “ オセアンBS ” って何?と思ったけど
オリックスの舞洲のネーミングライツ後の名前だった。

ベイスターズの目新しい地方試合は残念ながら無い。
今年で最後のベイスターズ練習場は
3月7日の教育リーグから5月9日まで5試合にプラス例年通りだと
プロアマ戦も練習場での試合になるだろうから
まだ観戦のチャンスはありそう。
逆に追浜に出来る新しい練習場での公式戦は組まれていなかった。

あとは8月に行われている神奈川県野球交流戦の日程は
現時点では発表されていないけど2~5日と13~15日が
公式戦が無いのでどちらかで組まれそう。

惹かれる地方球場はJABA長野大会でも使用予定の佐久が
4月6日(土)にE-Gの試合がある
長野大会後なら新球場観戦の保険として行く可能性もあるけど
出来れは社会人で観たいのでイースタンでの観戦は無いかも。

他は8月14日15日に水戸で行われるS-G
改修後にまだ行っていないので惹かれるが
神奈川野球交流戦と日程が被りそうな心配もある。

今の所は観戦は現実的ではないけれど
他にも遠方に惹かれる地方球場もある。

この球場に行くにはどの交通機関を使えば良いのかだったり
近くにあるご当地グルメや観光地を探したり
いろいろ調べたりするのはけっこう楽しい。

とりあえず2月休みの過ごし方としては
遠征の架空の計画を立みる事になりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月21日 (月)

違う方が先に出てた

そろそろかと思っていたファームの日程発表はまだ出てないが
JABAの大会出場チームが発表されていた
http://www.jaba.or.jp/taikai/2019/jabataikai/index.html

今社会人で一番観てみたい立野が所属している東海理化は
スポニチ大会に参加するので他のJABA大会より観戦し易いけど
初日の3月11日は出勤予定なので登板を観られない可能性も高い。

他の大会でトリカは長野大会にも出場予定。
こちらは球場として気になっている佐久の新球場が
会場のひとつなので惹かれる。

長野大会は球場以外にもMHPSに信越クラブと
チームとして観たい所も出場予定なので
遠征の候補としては一番かも。

あと日程で気になったのは都市対抗東京2次予選での球場
3つ出ていて府中市民・県営大宮・神宮だった。
http://www.jaba.or.jp/taikai/2019/toshitaikou/yosen_2.html

どのように割り当てられるかはまだ未定だけど
去年何度か南関東予選観戦に通った県営大宮に
今年は東京2次予選を観に行く事になるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

写真を探したら当時も打者

昨日のブログを書くのにチェンの写真を探したら同じ試合に
元西武の投手で現在エイジェックの投手兼任コーチの
中﨑が7番ライトで出場していた
Nakazaki_1

2014年3月23日のイースタンリーグ DeNA vs 西武戦で
この時は西武の選手にインフルエンザが蔓延し選手不足で
中﨑の他にも投手の松下がレフトで出場し
先発の平野もDHを使えず打席に立っていた
Img_7519

結果は3打数ノーヒット2三振と散々だったけど
去年の日本選手権関東予選でも投手ではなくDHで出場していたし
もともと打撃の評価も高かったのかも

西武を退団する頃はかなり変則のサイドスローだったけど
自分が撮った写真で一番直近で確認すると2015年の時は
まだオーバースローだった
Nakazaki_2

今年もしエイジェックで登板機会があるなら
横から投げるか上から投げるかが気になるので
出来れば登板を観たいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

元DeNA助っ人左腕が2人

元DeNA ブランドン・マンのロッテ入団が発表された
https://www.marines.co.jp/news/detail/00003618.html

DeNA時代はそんなに活躍した訳では無いので
二軍観戦が多い自分は登板を何度か観ている
Brandon

そんな選手の日本復帰は嬉しいけど
一軍で活躍するには外国人枠で勝ち残らないといけない。

現時点でブランドンを含め投手4人に野手1人の外国人が居て
更にバティスタ獲得の噂もあるし仮にバティスタを獲れなくても
他の野手獲得の可能性も高いので外国人枠は厳しい。

枠を争う中には元DeNAのチェン・グァンユウも居る
ブランドンと同じ左腕で使われ方も被りそう
Chen

チェンはNPB在籍年数が長いので
FA権を取得し外国人枠から外れ無いかと思ったけど
一軍登録が少ないのでまだ暫くかかるらしい。

個人的には2人とも頑張って一軍で活躍して欲しいけど
イースタンの対ロッテ戦で観る機会があるのかも
その時はDeNA相手でもチョットだけは応援しようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

俺のプロスペクト '19

明けましておめでとうございます
例年この時期に体調を崩す事が多いですが
今の所平和に過ごせています。

新年最初の投稿は去年・一昨年と同様
“ 俺のプロスペスト ” です。

俺のプロスペスト は自分が昨年観た選手の中で
個人的に期待する選手を独断と偏見で選んでいます。

因みにこの記事の大部分は正月には完成していて
丸の人的補償によっては広島と読売の選手を変えようと考えたけど
長野だったのでそのまま変更なしです。

西武 愛斗

フルスイングが魅力で確実性があがれば
山賊打線の一員になれそう
まだ一軍ではノーヒットのようなので初安打を期待している。
Aito

ソフトバンク 奥村

一軍を1試合だけ観た時先発した松本にしようか迷ったけど
社会人時代に複数回観ている奥村にした
ドラフト順位は低いけど年齢的に一年目から活躍して欲しい。
Okumura

日本ハム 田中(瑛)

去年2度観たけど綺麗なフォームのピッチャー
球数制限なのかイニングが短めが多いみたい
今年は二軍で先発として長いイニングを投げて欲しい。
Tanaka_e

オリックス 髙城

オリックスは一二軍とも観ていないのでルーキーの荒西を
選ぼうかと思ったけどDeNAからシーズン途中に移籍した
髙城の方が年下なのであえてこちらで
移籍してからは一軍出場が無かったのでまずはそこから。
Takajoh

ロッテ 和田

西武の愛斗同様フルスイングが魅力
ただ二軍でも1割台とまだまだの印象
まずは二軍のレギュラーを獲得して欲しい。
Wada

楽天 耀飛

二軍でも出場機会は少なかったけど横浜スタジアムで
特大HRを観て長距離砲としての魅力はわかった
故障せず二軍で活躍しお試しでも一軍でプレーして欲しい。
Akito

広島 メヒア

由宇と岩国で観た試合では一番目立っていた
守備力は微妙だけどデカいわりに動きも俊敏
外国人枠の問題もあるけど出場機会があればやれると思う。
Mejia

ヤクルト 高橋

順当に選べば次期4番候補の村上だろうけどあえて高橋
お試しの様な形で一軍でも投げたけど
フルじゃなくてもローテーションに入って欲しい。
Takahashi

読売 松原

同じようなタイプの重信も終盤活躍したしFAで丸も加入したので
常時一軍出場は難しいと思うけど
何処かで一軍に上がれる可能性はあると思うので
そのチャンス逃さないで欲しい。
Matsubara

中日 勝野

小笠原を選ぼうかと思ったけど社会人出身の勝野をチョイス
先発も出来るけどタイプ的には中継ぎや抑えで
使われる可能性が高いと思うので常時一軍でいて欲しい。
Katsuno

阪神 尾仲

DeNAから人的補償で移籍してもっと出来ると思っていた
球威的には一軍で投げてもおかしくないので
中継ぎの柱になる力はあると思う。
Onaka

ご贔屓チームなのでDeNAだけは投手と野手の二人

打者 大河

ルーキーの伊藤(裕)を選ぼうかとチョット思ったけど
ドラフトで小園を外して上位でショートを守れる選手を
指名しなかったので次代のショートは大河と期待している
一軍の二遊間は固定されてないし一度は上でのプレーを観たい。
あとドラ1の上茶谷も下の名前が大河だけど登録名はそのままかな?
Taiga

投手 中川(虎)

育成だけど去年の二軍で観る限り
高卒ルーキー3投手の中では一番良かった印象
好投を続けた去年終盤のピッチングが出来たら
支配下登録は間違いないと思うし一軍でのお試し登板もあると思う。
Nakagawa_k


去年選んだ中で活躍したと思えるのは糸原・メルセデス・福田で
活躍だとは言えないけど平沼と渡邊も想像どうり位の成績で
半分の選手は予想を下回る成績だった。

今年選んだ選手ももっと活躍しそうな選手が居る中
あえて選んだ選手もいるので来年も同じように半分の選手が
活躍してくれたら上出来かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月20日 (木)

一年の野球観戦を振り返って ’18

今年はもう観戦が無いので例年どうり観戦を振り返ってみる。

日米野球

11月 9日 第1戦 @東京ドーム

一軍

 4月 5日 DB-T  @横浜スタジアム
 4月26日 DB-C @横浜スタジアム
 5月29日 DB-E @横浜スタジアム
 6月 5日 DB-L  @横浜スタジアム
 7月11日 DB-D @横浜スタジアム
 9月19日 M-H  @ZOZOマリンスタジアム

二軍(教育リーグ・三軍戦含む)

 3月10日 DB-S @横須賀スタジアム
 3月25日 F-DB @ファイターズ鎌ヶ谷
 3月27日 DB-L @ベイスターズ練習場
 3月28日 DB-L @パレスタひらつか

 4月 8日 DB-M @横須賀スタジアム
 4月12日 DB-G @横須賀スタジアム
 4月20日 C-T   @由宇練習場
 4月21日 C-T   @キズナスタジアム
 4月30日 DB-F @パレスタひらつか

 5月 2日 G-DB @ジャイアンツ球場 
 5月11日 S-DB @ヤクルト戸田グラウンド
 5月15日 DB-L @横須賀スタジアム
 5月17日 DB-L @ベイスターズ練習場
 5月24日 DB-G @横須賀スタジアム
 5月26日 DB-F @大和スタジアム

 6月 1日 DB-M @横須賀スタジアム
 6月22日 F-G  @ファイターズ鎌ヶ谷
 6月26日 DB-E @横浜スタジアム
 6月29日 DB-F @横須賀スタジアム

 7月 1日 DB-F @横須賀スタジアム
 7月 7日 DB-L @パレスタひらつか
 7月27日 DB-M @横須賀スタジアム

 8月 9日 DB-G @横須賀スタジアム
 9月12日 G-E  @ジャイアンツ球場
 9月12日 DB-M @横須賀スタジアム
 9月16日 M-F  @第一カッター球場
 9月19日 F-L  @ファイターズ鎌ヶ谷
 9月28日 DB-S @横須賀スタジアム

独立リーグ(対NPB戦含む)

 5月12日 群馬-E     @伊勢崎市民球場
 6月28日 F-IL選抜  @ファイターズ鎌ヶ谷
 7月13日 武蔵-栃木 @鴻巣フラワースタジアム

プロアマ

 3月 4日 DB-日体大                          @ベイスターズ練習場
 3月15日 M-亜細亜大                        @ロッテ浦和球場
 3月31日 DB-明治安田生命               @ベイスターズ練習場
 4月14日 G-Honda                           @ジャイアンツ球場
 5月 5日 DB-東芝                             @ベイスターズ練習場
 8月 5日 DB-東海大                         @ベイスターズ練習場
 8月14日 DB-神奈川大(野球交流戦) @横須賀スタジアム

アマチュア

 3月 3日 OP戦 立正大-セガサミー   @立正大グラウンド
 3月12日 スポニチ大会 第2日       @神宮球場
 3月13日 スポニチ大会 第3日       @神宮球場
 3月18日 OP戦 横浜商大-富士大   @横浜商大野球場
 3月24日 東京都企業大会 第5日     @大田スタジアム
 3月30日 OP戦 エネオス-日本通運  @エネオスとどろきグラウンド

 4月 6日 JABA静岡大会 第4日     @清水庵原球場
 4月 9日 東都大学 春季第1週       @神宮球場 
 4月12日 OP戦 東京ガス-NTT西日本 @東京ガス大森グラウンド
 4月27日 東都大学二部 春季第3週   @多摩一本杉球場

 5月 6日 首都大学野球 春季第6週    @大和スタジアム
 5月20日 都市対抗千葉1次予選決勝    @長生の森球場
 5月21日 関東高校春季大会 第3日     @千葉県野球場
 5月24日 都市対抗東京2次予選 第6日  @府中市民球場
 5月27日 都市対抗西関東2次予選リーグ @横浜スタジアム

 6月 2日 都市対抗南関東2次予選     @県営大宮球場
 6月 5日 都市対抗南関東2次予選     @県営大宮球場
 6月 7日 都市対抗南関東2次予選     @県営大宮球場
 6月13日 大学野球選手権 第3日     @神宮球場
 6月14日 大学野球選手権 第4日     @神宮球場
 6月19日 東都大学 春季入替戦      @神宮球場
 6月29日 大学代表-MHPS        @パレスタひらつか

 7月14日 都市対抗 第2日         @東京ドーム
 7月17日 都市対抗 第5日         @東京ドーム
 7月20日 都市対抗 第8日         @東京ドーム
 7月22日 都市対抗 第10日        @東京ドーム

 8月20日 社会人代表-Honda       @東京ガス大森グラウンド

 9月 5日 U18アジア選手権 日本-韓国 @サンマリンスタジアム宮崎
 9月 6日 日本選手権九州予選 第2日  @リブワーク藤崎台球場
 9月10日 日本選手権関東予選 第3日  @太田公園野球場

10月 2日 東京六大学 秋季第4週     @神宮球場
10月10日 東都大学 秋季第6週      @神宮球場
10月22日 JR東日本-新日鐵住金鹿島 @JR柏グラウンド
10月25日 立正大-駒澤大(優勝決定戦) @神宮球場
10月29日 横浜市長杯 第1日        @横浜スタジアム
10月31日 横浜市長杯 第3日        @横浜スタジアム

11月 3日 東京都高校秋季+東都入替戦 @神宮球場
11月 4日 日本選手権 第4日        @京セラドーム
11月 5日 日本選手権 第5日        @京セラドーム
11月 6日 日本選手権 第6日        @京セラドーム
11月 7日 日本選手権 第7日        @京セラドーム
11月10日 明治神宮大会 第2日      @神宮球場 

今年は83日で126試合観戦
自身初の100試合越えだったけど大幅に超えた。

球場は33球場で新規は10球場
一番良かったのは岩国のキズナスタジアム
近かったらまた行きたいけど遠いので
また観戦する機会はあるか判らないが出来れば行きたいと思う球場。

今年のベイスターズ二軍はプロアマを含め17勝9敗1分
充分勝率は良いけど何故かプロアマは負け越しだった。

ベストゲームは井納のノーヒットノーラン
今までノーヒットノーランを観る事が無かったので
間違いなくこの試合が今年のベストゲーム。

アマチュアのベストゲームは日本選手権第6日の
3試合連続延長も惹かれるけど1試合という訳ではないで
1試合だと立正大が優勝を決めた
駒澤大との東都秋季の決定戦がベストだと思う。

来年の計画としてはベイスターズの下関でのオープン戦は惹かれる
下関球場はこの日に行けなくても何故か来年の九州大会では
本州なのに使われるようなのでそこでも行けたら良いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 7日 (金)

37歳は若すぎる

元ベイスターズのカスティーヨが交通事故で亡くなった。
https://twitter.com/ydb_yokohama/status/1070958988680847362

今より弱かった暗黒時代に強打の二塁手として活躍したけど
守備力には難があり二軍に落ちていた時もあったので
シーレックスユニフォームでのプレーを観る機会もあった。

ご冥福をお祈りいたします。

Castillo_1 Castillo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

寒くは無いけど雨に降られる ~明治神宮大会 第2日~

昨日から始まった明治神宮大会
昨日も日米野球前まで観戦は可能だったけど
天気予報がイマイチだったので自粛。

去年大阪桐蔭出場の影響なのか
かなり混んでいたけど今年も混んではいても
そこまでではなかった。

第一試合は星稜 vs 広陵
星稜先発の奥川は夏の大会でも投げているのをチラッと見た
評判通りのピッチングを今日もみせる

広陵先発石原も3回までは良かったが
4回に奥川のタイムリーで星稜が先制
Okugawa_1

その後も星稜打線はつながり打者一巡した所で石原は降板
3回までは三振も取れていい感じに投げていたので
ここまで崩れるのは想像出来なかった
Ishihara

星稜はこの回7点を挙げ7回にも追加点で9-0でコールド勝ち
https://www.student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2018&gid=13&gd=2018-11-10&gnd=1&vs=BZ2

奥川は7回3安打11奪三振
確認出来た球速は148キロ得点の気配は無かった

完封のコールド負け広陵で宗山が2安打と頑張った
Muneyama

第二試合は桐蔭学園 vs 筑陽学園
しばらく観て居ないけど
最近低迷気味だった桐蔭を
まさか神宮大会で観るとは思わなかった。

2回に石川のスクイズで筑陽が先制
Ishikawa

この後弥冨江原のタイムリーがありこの回4点

更に3回に桐蔭の守備の破綻があり筑陽が3点追加

桐蔭先発の伊禮はこの回で降板
守備に足を引っ張られたが内容自体も良くなかった
あとフォーム的にはOBで現西武の齊藤っぽかった
Irei

桐蔭はランナーを出しても筑陽の堅い守備に
得点は5回代打神田のタイムリーの1点だけ
その後も筑陽がリードを広げ10-1でコールド
https://www.student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2018&gid=16&gd=2018-11-10&gnd=2&vs=FT2

初めて観た筑陽は打線が活発その中で
特に福岡がHRとツーベースを含む3安打の活躍
Fukuoka

桐蔭はに前評判の高かったショートの
3失策ノーヒットと好守で上手く行かなかった
Mori

第三試合から大学
九州共立大 vs 立正大

初回共立は1死一三塁のチャンスを作りながら連続三振で無得点
一方立正もその裏2死から一二塁のチャンスを作ったが無得点

中盤以降共立の方ややチャンスが多かったが
6回まで共に無得点

7回立正は4番の伊藤(裕)の打席でフォアボールで
小郷が盗塁送球も逸れて無死三塁
その後レフトに2ランHRで先制
Ito_y

ここで共立先発島内は降板
先制点を許しての降板なので好投とは言いづらいけど
立ちあがりはコントロールに苦しみ
本調子では無いと思われる中頑張った
Shimauchi

立正先発糸川はランナーを出しながら
2回以降は二塁を踏ませないピッチングで8回を6安打無失点
Itogawa

9回は釘宮が抑え2-0で立正の勝利
勝ちはしたけど攻撃ではスクイズ失敗などミスもあり
初回に先制されていたらどうなっていたか判らない試合だった
https://www.student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2018&gid=24&gd=2018-11-10&gnd=3&vs=RQ2

共立2番手の久保もノーヒットで抑えたが
ピンチを作りピッチングから逆転の流れを呼び込めなかった
Kubo

第四試合は近畿大 vs 筑波大
この試合も第三試合同様投手戦

先制は近大で4回4番佐藤が逆方向のレフトへHR
去年の大学選手権に今年の大学代表でのオープン戦と
凄いスイングは観ていたけど、ようやくヒットを観れたらHRだった
Sato

失点はしたが村木は6回1失点
高校時代に観た投手をまた観れたのは嬉しい
Muraki

7回2番手加藤から中家の犠飛で近大がリードを広げる

近大先発小寺は7回まで無失点
フォアボールを4個出したが三振は11個も取った
Kotera

ランナーを出しながら得点が出来なかった筑波は
9回に代打片岡のタイムリーで1点差
Kataoka

なおも2死ながら一二塁のチャンスだったが
この日3安打している種子島が凡退しゲームセット
2ー1で近大の勝利
https://www.student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2018&gid=23&gd=2018-11-10&gnd=4&vs=IK1

高校の部は共にコールドだったが
大学の部は共に接戦で見応えがあった。
個人的には大学の部をメインに観に来ているので
ちょうど良かったかも。

第四試合の6回あたりから小雨
朝早くに出たので天気予報を確認してなかった
昨日の天気予報では雨は無かったと思ったけど
今朝の予報で悪い方に変わって雨予報ってあったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

ベンチへのガッツポーズ流行ってる? ~日米野球 第1戦~

日米野球観戦で東京ドームへ
以前のようにMLBに興味が無いので
来日選手のほとんど判らない
Img_6738

日本の先発は緩急を上手く使いながら
5回途中までロサリオHR1本に抑える
Kishi

日本打線も取られてすぐの3回に甲斐田中(広)
連打の後菊池のショートゴロで同点

5回がランナーを二人残し成田にスイッチ
ここでサンタナに3ランHRが出てMLBがリード
Santana

流石にこの場面で成田は厳しかった
Narita

日本もMLB先発ゲラが残したランナーを2番手アンドリースから
秋山が走者一掃のツーベースで再び同点
Akiyama

同点に追いついたが6回から登板の岡田
ソトにHRを浴び再び2点差
Soto

追いつかないまま9回ヤスアキジャンプでひと盛り上がりの後
裏の攻撃で代打の上林會澤のヒットでチャンスを広げ
5番の柳田のセンターへのHRでサヨナラ
最近バッターが自軍ベンチが一塁側の時にガッツポーズしながら
一塁へ走るのをよく観るけど流行ってんのかな?
Yanagita

http://www.japan-baseball.jp/jp/team/topteam/score/20181109_1/

こんな劇的な試合を観れて
以前のようにMLBへの興味は無くなっても来て良かった。

今日気になった野球道具はモリーナの防具が
ジャンプマン使用だった
Molina

日本代表では菊池のグローブ
普段SSKで時々ミズノに浮気している印象だったけど
今日はローリングス。菊池もMLBに憧れがあるのかな?
Kikuchi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

今年は10試合ちょっと ~日本選手権 第7日~

日本選手権観戦も最終日

第一試合はパナソニック vs 日本新薬の関西対決

初回新薬はのタイムリーで先制
Naka

その裏パナソニックもランナー二塁で
片山がライト前を打ったが本塁アウトで得点ならず
Katayama Img_5714

4回にも吉野のタイムリーで新薬が追加点
この回でパナソニック先発榎本は降板
悪くは無かったけど新薬先発が榎田では
得点はあまり期待出来ないので早めの交代も仕方が無い
Enomoto

その榎田は今日も好投。7回を無失点
140キロ超えるボールは無いのに奪三振は9個
Enokida

8回に千葉の2点タイムリースリーベースで新薬がリードを広げる

その裏パナソニックも1点返したがそれ以上の反撃できず
4-1で日本新薬の勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/3/30000/23871.html

第二試合は新日鐵住金鹿島 vs 西濃運輸
新日鐵住金は来年4月に社名変更があるので
このビックフラッグを観るのも最後だろう
Img_3338

西濃先発堀田が4者連続三振を奪う立ち上がり
鹿島先発玉置も3回まで無失点で中盤へ

4回に高島のタイムリーツーベースで鹿島が先制
Takashima

その後も佐藤(竜)片葺のタイムリーでこの回3点
この回で堀田は降板。序盤のピッチングは完璧で
こんなに早く堀田が降板するとは思わなかった
Hotta

その裏無死二三塁から連続三振を取った所で玉置は降板
2番手の伊藤がワイルドピッチで西濃が1点返す。

6回に鹿島が打者一巡の攻撃で5点を追加
7回にも2点追加でコールドもあるかと思ったが
西濃もその裏2点返し8回にも2点返す乱打戦

9回にも4点追加し引き離した鹿島が14-6で勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/3/30000/23872.html

乱打戦になって継投となったので
東洋大時代に観る事が出来なかった飯田が観れた
1球投げてから眼鏡を急に掛けたけど
どうゆう意図だったんだろう?
Iida

西濃ではが5打数3安打でツーベースが2本だった
Tani

第三試合は東海理化 vs JFE西日本
帰りの新幹線の時間があるので観戦は序盤だけ。

試合はちゃんと観れなかったけど
都市対抗の補強でよく選ばれるトリカの井貝を観れたし
Ikai

JFE西日本の古田のシンガードの絵が
打席前のルーティーンだったのを確認出来たので
少ない時間でも観た甲斐はあった
Furuta_1 Furuta_2

今日の第三試合を除くと今年の日本選手権は10試合観戦
都市対抗よりのんびり観られるけど大阪は気軽に行ける距離ではない
今回は後援会に入っている某チームの交通費補助で
すこし安く行けたので2年連続で観戦したけど来年はどうだろうな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«3試合連続延長でてっぺん越え ~日本選手権 第6日~