2018年10月10日 (水)

10月10日晴れ ~東都大学 第6週~

10月になり二軍も試合が関東では無いので
東都大学観戦
001

第一試合は國學院大 vs 亜細亜大
初回亜細亜は5番の髙橋の3ランHRで先制
Takahashi

HRの前にヒット正隨のライトフライを
森田が落球したのが痛かった。

2回にも栗原のタイムリーで亜細亜が追加点。

国学院先発の横山はここで降板し2番手のが登板
5回にセンターの工藤が太陽でフライを見失いスリーベース
中村(将)のタイムリーで失点はしたが
3回1/3で1失点はまずまず
Mori

亜細亜先発の山城はかなり足を上げるフォーム
5回3安打無失点。 中盤ランナーを出すと
点差がある割にランナーを気にしていた
Yamashiro

国学院は6回に3フォアボールの後
川口のタイムリーで1点返す
ルーティーンがイチローっぽかった
Kawaguchi

1点返し流れが国学院に行く可能性があったけど
すぐ後の7回亜細亜が正隋のスクイズで追加点
更に頓宮の2ランHRで試合を完全に決める
Tonguu

試合は8-1で亜細亜の勝利
これでようやく勝ち点1
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2018&SEASONID=02&LEAGUEID=01&GAMEID=18212

国学院はエラーが4個
守備の破綻が痛かった

第二試合は東洋大 vs 駒澤大
今日と東都の観戦を考えたのは梅津を観たかったから
でも今週はいつも第2戦に投げる梅津が第1戦に登板
結局今日も登板は観られなかった
Umetsu

代わって第2戦に先発した上茶谷は好投
打っては中川が初回と6回にタイムリーで完全に東洋ペース

駒澤先発の多﨑は歩幅の狭いアンダースロー
中川に2本のタイムリーを打たれが
6回2失点はまずまずだと思う
Tazaki

上茶谷は8回まで1安打ピッチング
足首を気にしている素ぶりはあったものの
9回も2死まで無失点できたが
菅野がセーフティバントで出塁 岡田(耕)が続いて
平野のセンターへのタイムリーヒットで1点返す
Hirano

この時一塁ランナー岡田(耕)の三塁進塁を刺そうとした
竹原の送球がランナーと重なり津田が捕れず
岡田(耕)が生還し同点
Img_7099

バッターランナーの平野が三塁まで進んで
次の酒井(良)の打席でスリーボール
ここで待たずに打った打球はセンター後方に飛んだが
頭を越さずアウトで延長戦

延長戦に入ってからは甲斐野にスイッチ
同点にはされたけど上茶谷は9回4安打自責点1と
十分すぎる内容だった
Kamichatani

延長10回は駒澤の白銀と東洋の甲斐野が得点は許さず

11回に東洋は2死一二塁で途中出場の斎藤
ライトオーバーでサヨナラ勝ち
Saito

http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2018&SEASONID=02&LEAGUEID=01&GAMEID=18214

勝ち投手は甲斐野は数試合連続で勝ち試合を
落としていたようだけど 今日はきっちり仕事をした
Kaino

10月10日はかつては体育の日だった日
たしか晴れの特異日で前回の東京オリンピックの開会式に
この日が選ばれという説がある
説はともかく今日も晴れて暑かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

予想より多かったので…

引退する後藤と加賀や他チームで引退や戦力外になった
シーレックスのユニフォームを観ていた選手を
ベイスターズの戦力外発表の時
一緒に写真を載せようと思っていたけど
戦力外が予想より多かったので別で載せてみる

後藤は二軍で観ていても微妙だったので
ある程度は引退もしくは戦力外は予想していた
因みにこの写真のキャチャーはトレード相手の武山
Gotoh

逆に加賀は二軍で抜群だったので引退は意外だった
違う監督が指揮を取ればまだまだ一軍で
バリバリ活躍できそうだったので勿体ない印象
Kaga

他チームでシーレユニを観ていたのは村田・石井・吉村・佐藤
Murata Ishii

Yoshimura Satoh

村田と石井は引退だけど吉村と佐藤は現役続行するかは微妙
どっちにしても佐藤は広島のユニフォームで観る事は出来なかった。

今年戦力外の須田や荒波はシーレックスが無くなってから
入団した選手だし自分がシーレックスユニフォームを
観た事がある現役選手もだいぶ少なくなってきた
その選手達には出来る限り長く現役を続けて欲しいと改めて思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

戦力外が予想よりも多い

10月になり戦力外が発表され
ベイスターズは9人と思っていたより多かった
http://www.baystars.co.jp/news/2018/10/1003_02.php

須田は社会人時代に補強で出たHondaのユニフォームが初見
二軍ではたくさん観ていたので一昨年のCS出場に貢献した
活躍は嬉しかったけど、その時の足の故障以降
思うような結果が出せていないで戦力外なんだろう
Suda_1 Suda_2

福地も三菱重工 MHPSで観たので期待していた選手
コントロール難が言われているけれど
最近の印象としてはストライクは取れるようになっているけど
以前ほどの球威が無く伸びしろが無いと思われたんだろう
Fukuchi_1 Fukuchi_2

野川は背番号が97と大きくなりシーズン前から戦力外候補だった
サイドスローにフォームを変えたが二軍でも結果が出ていなかった
名門チームの出身ならもう一年様子を観る事もあっただろうけど
城西国際大から鷺宮だと後ろ盾は無かったんだろう
Nogawa

亀井は宮﨑っぽいバッテングフォームに変えて
少しは良くなった印象もあったけど守備力もそれ程でも無いし
支配下になるのは難しい印象だった
本人のTwitterによると引退するらしい
Kamei

田中(浩)も二軍では結果を残しているけど
外様だし年齢もあるので現役こだわるなら仕方が無い
元ヤクルトという事で写真は古巣との試合にしてみた
Tanaka_h

網谷が今回の戦力外で一番意外だった
確かに二軍でも打率は低いけど春先に1試合2HRを観たし
打力には将来性が有ると思っていた
あと写真を探したらキャッチャーの写真もあった
Amiya_1 Amiya_2

武白志は去年一昨年は全く打てなかったのが
今年は少しづつ良くなっている印象だったので
網谷同様今年で切られるのは意外だった
育成3年目は再度契約し直す必要があるはずだけど
公式HPの書き方をみると再契約は無いのかな?
Musashi

荒波は二軍で観る限りはまだ出来そうだけど
今年一軍で結果を残す事が出来なかった
売りの足と守備が衰えているし同じタイプの若手が
一二軍ともに居るし編成的には理解できるけど
地元出身選手なので残念
Aranamai_1 Aranami_2

白根は二軍でも売りの打力が生かせていないし
使われ方からも今年戦力外の可能性が高い選手だった
もう少し長打力をアピールできてればと違ったんだけど
Shirane

今年の戦力外では網谷・武白志の育成コンビが意外だったし
それ以外だと須田は戦力外もあるかもと思ったけど
今年はまだ大丈夫の可能性が高いと思っていた

他の選手は戦力外の可能性があると思った選手が多く
逆にヤバいと思っていたのに今回発表されていない選手も居る

例年ドラフトの結果で数名追加もあるけど
今年はそれほど豊作と言われていないドラフト
そんな中で大量指名する予定でもあるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

年100試合観戦 ~東京六大学 第4週~

今日は普段あまり観ない六大学観戦
週末に通過した台風の影響で平日開催
平日なら普段より空いているだろうから観戦してみた
001 002

出来れば昨日六大学を観て今日は別の試合を観たかったけど
台風の影響などで開始時間に間に合わなそうだったので
昨日は断念し今日来る事にした。

第一試合は早稲田大 vs 東京大
序盤は投手戦。初ヒットは3回表に東大先発の有坂
その後は続かず無得点。

その裏ヒットとエラーでランナー二塁
ここで鈴木(萌)のタイムリーで早稲田が先制
Suzuki_m

この後西岡のタイムリーツーベースに福岡の2ランHRで有坂はKO
ヒットで出塁した事がリズムが変わり投球に影響したのかも
この後池田にもタイムリーが出てこの回5点。

早稲田先発西垣は安定感のあるピッチング
ヒットは2安打のみで無四球完封
Nishigaki

そのまま5-0で早稲田の勝利
昨日も勝っているので勝ち点
http://www.big6.gr.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=league&s=2018a&gd=2018-10-02&gnd=1&vs=TW2

早稲田は西垣の好投で勝ち点を得たけど
打線は3回以外も沢山チャンスがありながら
追加点を挙げられなかった打線は課題があるかも。

東大では3番手の宮本がまずまずのピッチング
登板した3回は塁上にいたランナーを返してしまったが
その後はランナーを出しながら5回2/3で自責点0だった
Miyamoto

打線では4番の三鍋がチーム2安打のうちの1安打
ヒット以外の打席でも良い当たりが多かった
Minabe

あと試合時間約2時間でテンポ良かった。

第ニ試合は法政大 vs 慶應義塾大
今季好調の法政と連覇中の慶応の試合を
観たかったのが今日来た目的。

法政先発高田は不安定。
初回満塁で高目のボールを中村(浩)が捕れず
ワイルドピッチで慶応が先制。

その裏法政は先頭打者の宇草にHRが出て同点。

その後高田はランナーを出しながら凌いだけど
慶応先発森田(晃)は3回につかまり
中山のタイムリーで法政が逆転
この打席は追い込まれていたので軽打だった
Nakayama

更に中村(浩)にHRが出て森田(晃)をKO
2番手木澤からも吉岡のHRでこの回4点

4回に渡部のタイムリーで慶応が1点返し
流れを法政に行かないよう食い止める
Watanabe

ただその裏向山のタイムリーが出てリードを広げる
この試合向山は2打数2安打1フォアボール2犠打と活躍
Mukoyama

この後中山にもタイムリーが出て5点差

6回に2番手菅野がタイムリー内野安打で追加点を挙げた法政が
8-2で勝ち対戦成績1勝1敗で第3戦へ
http://www.big6.gr.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=league&s=2018a&gd=2018-10-02&gnd=2&vs=KH2

慶応では小原が2安打
昨日の試合ではHRを打ったらしいし好調なのかも
Obara

第二試合は5回で約2時間と長かったが
終盤はだいぶサクサク進み3時間で試合終了
思ったより帰りが遅くならなくて済んだ。

今日のように平日に観戦できるようになって観戦数が増えていて
第二試合で今年の観戦試合が100試合になった。

途中から観戦してカウントしてない試合も何試合かあるので
既に100試合越えしていたけど自分の中では
今日の第2試合でちょうど100試合と数えている。

今までの年間最高観戦は去年の97試合で初の大台突破
この後も1日に複数試合ある社会人野球日本選手権への
遠征計画もあるのでまだまだ観戦試合数は増えそう。

まあ、そんなに観ているから今年の資格試験失敗したんだけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月28日 (金)

有料試合は16試合 ~イースタン DeNA vs ヤクルト~

イースタンは今週で最後なので追浜へ
試合はヤクルト戦

DeNA先発は9月17日に観た中川(虎)
初回ヒットとフォアボールでピンチは作ったがその後は抑えて
5回を被安打2でフォアボール1の無失点
このピッチングが2ケ月前に出来ていたら支配下になれたかも
Nakagawa_k

ヤクルト先発は成瀬
1回戸柱のセカンドゴロを渡邉が送球エラーでDeNAが先制
3回で降板し1失点自責点0
三塁側だと招き猫投法が隠れてしまう
Naruse

4回に大河のタイムリーで追加点
Taiga

ヤクルトは成瀬降板後小刻みなリレー

7回4番手は元日産の久古
左打者ふたりに投げ百瀬にツーベースを打たれた所で降板
Kyuko

5番手は一部で引退報道が出ている山本が登板
一軍だったら空振り三振で引退の花道となるけど
二軍の選手は自身のクビの可能性もあるので真剣勝負

ランナー二塁で飛雄馬
タイムリーツーベースでリードを広げる
Hyuma

山本は次の細川を三振に抑えて降板
スピードが出やすい横須賀のガンではあるけれど
140キロ台中盤は出ていたし、まだまだ出来そうな気がする
Yamamoto

6回から登板の阪口も無失点に抑え3ー0で勝利
http://npb.jp/bis/2018/games/fs2018092801432.html

この試合で活躍したのは荒波で2打数2安打1フォアボールで交代
2安打とも成瀬との横高の同級生対決だった
Aranami

あと気になったのは網谷がレフトでスタメン出場
網谷が外野を守るは初めて観たかも
グローブはあまりイメージの無いSSKだった
DeNAでSSKユーザーだと細川や青柳だけど
ふたりが試合で使ってるのと色や形が違うみたいだから
網谷の自前の外野手用のグローブなのかも?
Amiya

日曜は仕事だけど土曜は休みなので観戦は可能だけど
雨予報なのでイースタンの観戦は今日で最後
DeNAがホームの有料試合を16試合観戦。
今年はグッズ付の試合もあったしファームプラスの元は取れたかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

一軍観戦は今年最後かも ~パシフィック ロッテ vs ソフトバンク~

鎌ヶ谷から幕張に移動しロッテ vs ソフトバンクの一軍観戦
006 012

鎌ヶ谷から西船橋に出て武蔵野線と京葉線で海浜幕張へ
タイミングで海浜幕張まで直通運転は無かったけど
合計3駅で着くので思っていたより近かった。

この試合を観るついで鎌ヶ谷は寄ってみた
ネーミングがZOZOになって球場が改装後は初めてかな?
DeNA戦以外の一軍も今年初
CSを観に行かなければこれが最後の一軍観戦になるだろう。

この試合を観戦したのは福浦が観たいのが大きいけど
酒居松本(裕)のマッチアップにも惹かれた。
ロッテの先発が二軍で2度観たシェッパーズだったら
観戦を止めようかと思ったけど翌20日の予告先発だった。

酒居は大阪ガス時代から気になる投手
松本は高校は盛岡大付だけど
地元出身の選手なので一度観たかった。

酒居はコントロールも良く安定したピッチング
これでなんで防御率が5点台なのか不思議。

松本(裕)は四死球多めでランナーは出すけど失点は許さない。
6回先頭の井上を抑えた所で左の嘉弥真に交代
降板時で93球と球数は多いけど無失点だし合格だろう
Matsumoto_y

酒居は8回まで登板

その8回に上林にスリーベースを打たれ
次のグラシアルのタイムリーツーベースでソフトバンクが先制
Gracial_1
グラシアルは16年のWBCでも観ていた
Gracial_2

ここで抑えれば1点差でロッテにもチャンスはあったけど
福田の送りバントが三塁線のいい位置に転がり
鈴木の一塁へ送球がそれて代走の西田が生還し2点目

酒居はここで交代
8回は失点はしたけど良いピッチングだった
Sakai

この回代打明石にもタイムリーが出て3点

ロッテは8回にも無死一三塁のチャンスを作るながら
3・4・5番で1本が出ず無得点

この回抑えのはJR九州出身の加治屋
社会人時代も観る機会が無かったので今日観れて良かった
リリーフ投手はランナーが居なくもセットで投げる投手が多いけど
加治屋はランナーなしではノーワインドアップで投げていた
Kajiya

最後はが抑えてソフトバンクが3-0で勝利
http://npb.jp/scores/2018/0919/m-h-19/box.html

福浦は2回にレフト前を打って1998本目
Fukuura

おそらく自分が生で観た福浦の最後のヒットになりそう
Img_4730

あとは日ハムからシーズン途中で移籍したがスタメン
打率がだいぶ下がっている
個人的には観れて良かったけど帰りのバスでロッテファンが
低打率の岡を使い続けている事にキレていたけど
気持ちは判らなくはない
Oka

福浦のヒットも観れたし酒居と松本(裕)の好投も観れたし
来た甲斐はあったけどマリンスタジアムはやっぱり遠い。

次の日が休みなのであまり時間は気にしなかったけど
寄り道せずに帰っても家に着いたのは23時半を過ぎるので
もっと試合が長かったら終電を気にしなければならなかった
そう考えるのマリンで気軽にナイターを観るのは難しいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は年4の鎌ヶ谷 ~イースタン 日本ハム vs 西武~

今年4回目の鎌ヶ谷へ
例年年1回位なので今年は多い

試合は日本ハム vs 西武戦
先発は田中(瑛)髙橋光成

田中(瑛)はピンチの連続
特に4回は田中(瑛)自身のエラーもあり無死満塁
この回を切り抜け4回5安打無失点で降板
Tanaka_e

その裏谷口の2ランHRで日ハムが先制
打った写真を観ると前の右足が浮いている
後ろ体重で打ったっていう事なんだろうか?
Taniguchi

失点はしたけど髙橋光成は1安打2失点
真っ直ぐはあまり安定していなかったが
スライダーやカーブは空振りが取れていたので良かったようだ。
あとグローブが鮮やかな緑色になっていた
Takahashi

7回の2点タイムリーで追加点
日曜日の習志野での試合では
郡のタイムリーの写真を撮り損ねたので
今日の打席は忘れず撮ってみた
Kohri

試合はそのまま日ハムが4-0で勝利
http://npb.jp/bis/2018/games/fs2018091901408.html

石井(一)は抹消されてすぐの出場で
ユニフォームが届かなかったのか背番号99の借り物
着なれないユニフォームが影響したのか
送りバント2回失敗と盗塁死と精細を欠き野次られていた
Ishii_k

西武では2番手齊藤(大)が2回ノーヒット1フォアボールの好投
改めて写真を観ると肩関節の柔らかが判る
Saitoh_m

あと8番サードの綱島が高卒ルーキーでたぶん初見の選手
今は非力なイメージな選手だけど何年後かには
山賊打線の一員になったりするのかな?
Tsunashima

当初観戦を考えていなかったけど次の予定との絡みで観戦決行。
どちらのファンでもない自分としては地味に感じる試合だったけど
鎌ヶ谷に西船橋駅を利用して行く事が多くなってから
検索して気になっていたラーメン屋の “ かいざん ” も食べたし
無理矢理でも来た甲斐があったと思う事にしよう。
001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

第一カッター球場 ~イースタン ロッテ vs 日本ハム~

今日は球場の新規開拓
イースタンリーグのロッテ vs 日本ハム戦を観に
第一カッター球場へ
Ip005

習志野市にある秋津野球場でネーミングライツが付いて
今は第一カッター球場という名前になっている。

アクセスは京葉線・武蔵野線の新習志野駅から徒歩約10分
津田沼駅からもバスがあるらしい。

内野が土で外野が天然芝
両翼92Mでセンター122Mと狭い
Ip004

スコアボードはフルカラー
Img_3712 Img_3842

残念ながら日ハムのヒットと得点は
一部欠損していて綺麗に表示できなかった
Img_3765

スタンドはロングシートと芝生席
前年のイースタンリーグの試合では
ファールボールが飛び込む危険性があるロングシートの
中央自由席の一部を立ち入り禁止にしていたようだが
今年はネットが張られ中央自由席も全て観戦可能となっていた
Ip008

試合はロッテ先発土肥が好投
5回までで二桁奪三振を達成し
失点は6回まで投げて横尾の内野ゴロ間の1失点のみだった
Dohi

日ハム先発高梨土肥に比べるとイマイチ
3回に伊志嶺がタイムリーツーベース

5回に肘井のソロHRで追加点
肘井はこの日3打数3安打1フォアボールの活躍
Hijii

その後安田にもタイムリーが出て高梨は5回3失点で降板
一軍の実績を考えると物足りない内容
Takanashi

7回にも香月(一)の2ランHRでロッテが追加点
9回に日ハムがのタイムリーで1点返したがロッテが5-2で勝利
http://npb.jp/bis/2018/games/fs2018091601399.html

日ハムでは平沼が2安打
肘井同様 “ 俺のプロスペクト ” で選んだ選手が活躍は嬉しい
Hiranuma

試合以外で今回習志野で観戦した事で
習志野ソーセージというのを市がアピールしていたり
Ip009

ナラシド♪ というゆるキャラが居たりいろいろ知らない事があった。
お腹の部分と習志野高ユニフォームの左袖と同じようなデザインで
検索すると、どうやら習の字をデザイン化したものらしい
知った所で大した意味は無さそうだけど…。
Img_3713 Img_0854

第一カッター球場
〒275-0025 千葉県習志野市秋津3丁目7−2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

公式戦勝ちを観るのは7月以来 ~イースタン DeNA vs ロッテ~

ジャイアンツ球場から横須賀スタジアムへ移動してイースタン観戦
追浜駅に着くと小雨。天気予報でも
ところにより雨との事だったので仕方がない。

試合はロッテ戦。

先発が発表されるとロッテはシェッパーズ
前回は試合としては負けたけど打ち込んだ
評価が高くない外国人投手なので別のピッチャーを観たかった。

DeNA先発は中川(虎)
3回に細谷にタイムリーツーベースを打たれ先制点を許す
Hosoya

次の加藤にもタイムリーを打たれこの回2失点。
その後は失点を許さず中盤へ。
今日は球数も少ないのでイニングが稼げる。

シェッパーズに対して5回までノーヒット
奪三振も5回で9個と抑え込まれるまずい展開
Scheppers

ただ球数が多いので疲れが出たのか
6回にチャンスを作り荒波の打席でワイルドピッチ
江村の動きを観ると顔をそむけているのでサイン違いだったかも
Img_3536

荒波は凡退したが中川(大)フォアボールで満塁
飛雄馬のボテボテのセカンドゴロを香月(一)が弾いて同点。

白根を打ち取った所でシェッパーズは交代
2番手の成田から倉本のタイムリーで逆転
Kuramoto

中川(虎)は7回5安打無四球2失点
6回に粘られて球数が増えなければもう1イニング行けたかも
Nakagawa_k

8回に追加点を挙げDeNAが5-2で勝利
http://npb.jp/bis/2018/games/fs2018091201392.html

ロッテでは元Hondaの永野が8回に登板
150キロも出て相変わらず速い
Nagano

逆転したあたりから雨がまた降り出し観戦には厳しい環境
それでもイースタンの公式戦で勝ち星を観るのは
七夕のパレスタの西武戦以来で
追浜だと井納のノーヒット以来だった。

何時以来か確認する時に確認すると
前回ショッパーズが先発し大敗した試合も
雨だったけどショッパーズは雨男かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三軍対三軍 ~練習試合 読売 vs 楽天~

今週も未消化の夏休みに年休をつなげて連休
先週行きそびれた西の方へ行く事も考えたが
とりあえず近場で野球観戦。

よみうりランドに読売vs楽天戦。
仙台でイースタンリーグの公式戦の
同一カードが組まれているのでここでは三軍の試合。

今まで何度か三軍の試合は観た事があったけど
対戦相手は社会人だったり独立リーグだったので
NPBの三軍同士の対決は初観戦かも。

試合前に特別ルールで行うアナウンスがあったけど
楽天9番の燿飛は打席に立たずレフトの守備だけだった。

前半楽天ベースで初回中村の犠飛で先制
Nakamura

2回に向谷下妻のタイムリーでリードを広げる。

立ち上がり散々だった読売先発橋本(篤)も徐々に立ち直り
3回以降は失点を許さず5回を2失点で降板
Hashimoto_a

楽天先発渡邊(佑)も5回を投げて2安打3四死球無失点
四死球は少し多いけど安定していた
Watanabe_y

6回から登板の楽天2番手の千葉が乱調
タイプ的に4番は違和感の橋本(到)のタイムリーで1点返し
Hashimoto_i

村上の併殺崩れとボークで同点

その後は小刻みな継投
楽天は8回に元MHPSのコラレスが登板
15年に関東選手権で観て以来
1回をノーヒット2奪三振で確認出来た最速は151キロだった
Corrales

公式戦じゃないし同点だったら延長はないのかな?と
考えていた9回に山田にHRが出て楽天が勝ち越し
Yamada

裏を濱矢が抑え4-3で楽天の勝利
https://www.rakuteneagles.jp/farm/result/2018091202/

勝敗だけでなく楽天の方が一芸に秀でた選手が多く
化ければ面白い選手が多い印象。

読売では3番手の田中(優)がコントロールに難はありそうだけど
ちょっとヤクルトの秋吉っぽいフォームで右打者は打ちにくいかも
Tanaka_y

読売が11個で楽天が6個四死球を出すなど
ランナーが塁上をにぎわす試合だったけど
エラーは1個だけで試合前に思っていたより締まった試合
想定してたよりダラケた試合にならなくて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«OTA CITYはそのまま ~日本選手権 関東予選第3日~