10 生観戦 二軍

2010年12月26日 (日)

一年の野球観戦を振り返って '10

今日は休日出勤。でも明日大掃除が終わったら正月休みスタート。
と言う事で例年同様一年間の野球観戦の一覧を確認してみた。

一軍

 5月 3日 Bs-H @スカイマーク スタジアム

 6月12日  M-T @千葉マリン スタジアム

 8月 8日  L-H  @西武ドーム
 8月10日 YB-D @小瀬球場
 8月12日  C-T  @マツダ スタジアム
 8月19日 YB-T @横浜スタジアム

二軍(教育リーグ・フューチャーズ含む)

 3月14日 G-SR  @ジャイアンツ球場
 3月22日 SR-S  @平塚球場

 4月 1日 SR-M @横須賀スタジアム
 4月10日 SR-L  @横須賀スタジアム
 4月13日 SR-F  @横須賀スタジアム

 5月 3日 Bs-T   @神戸サブ球場
 5月 8日 SR-M @海老名球場
 5月15日 SR-E  @横須賀スタジアム
 5月16日  L-G  @本庄球場 
 5月27日 SR-L  @平塚球場

 6月 8日 SR-G  @平塚球場
 6月20日 SR-F  @横須賀スタジアム

 7月 3日 SR-L  @横須賀スタジアム
 7月 8日 SR-F  @横須賀スタジアム
 7月10日 G-FT  @ジャイアンツ球場
 7月19日  M-G  @柏の葉球場

 8月 5日 SR-E  @横須賀スタジアム
 8月14日  C-H  @由宇練習場
 8月28日 SR-S  @横須賀スタジアム

 9月 4日 SR-G  @横須賀スタジアム
 9月18日 SR-F  @横須賀スタジアム
 9月19日 SR-F  @横須賀スタジアム
 9月20日  F-S  @ファイターズスタジアム鎌ヶ谷

プロアマ

 4月11日 G-Honda   @ジャイアンツ球場

 6月13日 SR-東京ガス @ベイスターズ練習場

アマチュア

 3月21日 ヤマハ-日本新薬(スポニチ大会)    @市営大宮球場
 3月21日 三菱重工横浜-JR九州(スポニチ大会) @千葉マリン スタジアム

 4月 4日 JABA静岡大会      @清水庵原球場
 4月25日 東京六大学 第3週   @神宮球場
 4月30日 東都大学二部 第4週 @神宮第二球場

 5月 2日 JABA新潟大会     @ハードオフ エコ スタジアム
 5月 4日 JABA京都大会     @わかさスタジアム
 5月 9日 首都大学 第5週    @昭島球場

 6月 6日 立正大-青山学院大(東都入替戦)     @神宮球場
 6月11日 エネオス-三菱重工横浜(都市対抗予選) @横浜スタジアム

 7月25日 大学日本代表-JR東日本 @KAITスタジアム

 8月 1日 世界大学選手権 第3日  @神宮球場

 9月 5日 都市対抗 準々決勝     @東京ドーム

10月 9日 仙台六大学 第7週     @東北福祉大球場
10月11日 東京経済大-桜美林大(首都大学入替決定戦) @明治安田生命G

11月 3日 関東地区大学選手権         @横浜スタジアム
11月 7日 国士舘大-駒沢大(東都入替戦)  @神宮球場
11月14日 明治神宮野球大会 2日目     @神宮球場

独立リーグ

 8月22日 信濃-新潟(BCリーグ) @長野オリンピックスタジアム

今年は43日で64試合を観戦。
去年と比べて試合日が減っているけど、
1日に複数試合を行うアマチュア野球を
沢山観戦した事もあり試合数は増加した。

行った球場は27球場ではじめての球場15球場。
行きたいと思ってもなかなか行けなかった神宮第二と由宇練習場に行けたのが
今年のベスト球場めぐりだったかも。

一軍の観戦は6試合。自分しては多い方。
と言っても球場目当てが2試合でユニフォーム目当てが3試合。
残りの1試合は二軍観戦のオマケだし、こんなもんだろう。

ご贔屓チーム シーレックスの観戦結果は12勝4敗1分(プロアマ含む)。
負けが少ないわりにシーズンシート購入特典の
ヒーローフォトの権利を得た試合では結構負けた。
それでも杉原とカスティーヨと2回も写真もとれたし、まずまずかな。

今年でシーレックスという名前がなくなってしまうのが、今年最大のニュース。
未だにシーレックス消滅を自分の中で処理できないでいる。

自分が応援していたのはベイスターズではなくシーレックスだったので、
来年はベイスターズ二軍をこんなに沢山観るかは微妙。
まあ、最終的には同じくらい観そうだけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

ファイターズスタジアム鎌ヶ谷 ~イースタン 日本ハムvsヤクルト~

今日は鎌ヶ谷へイースタン観戦。何度か鎌ヶ谷には来ているけれど、
今まで球場カテゴリーで書いていなかったので今日載せてみた。
Fighters_stadium_1
(この写真は去年撮ったもの)

ファイターズスタジアム鎌ヶ谷は東武野田線の鎌ヶ谷駅から
シャトルバスで10分強。鎌ヶ谷駅以外でも新鎌ヶ谷駅など
他の駅からもバスが出ているけど、行った事が無いので他は不明。
シャトルバスが出ていなかった時はかなりアクセスの悪い球場だったけど、
今はそんなに行きづらい球場では無くなった。

両翼100Mでセンターが122Mで出来た当時の一軍本拠地
東京ドームにサイズをあわせた筈。
Fighters_stadium_2 

恐らく去年からだと思うけど、レフトフェンスに
大社元オーナーの殿堂入りを記念した表示があり。
札幌ドームにあるか知らないけど、鎌ヶ谷にあるのは相応しいと思う。
Okoso

試合は日本ハム対ヤクルト。
昨日一昨日とシーレックスの対戦相手が日本ハムだったので
3試合連続の観戦になる。

日本ハムホーム最終戦とはいえ
昨日のシーレックス最終戦より明らかに多い人出。
シーレックスファンとしてはチョット複雑な心境。

イベントデーだったので鎌ヶ谷ユニフォームの着用を期待したけれど
通常ユニフォーム。まあ仕方が無い。

先発は八木高木。どちらも先発要員として一軍にいなきゃいけない投手。
八木はそれでも7回を1失点の好投だったけど、
Yagi
高木佐藤のグランドスラムを含む6失点。
“ メークミルミル ” の起爆材になるのは難しそう。
Takagi

日本ハムのワンサイドゲームになりそうな所で
ヤクルト2番の荒木に2本目のHRが出て2点差。
荒木は去年の日米大学野球の日本代表チームのキャプテンとして観た。
去年観た印象も長打力は期待出来無かったのに2HRはホントに意外。
Araki

日本ハムホーム最終戦なのに、引退しそうな選手の最終出場は判らなかった。
まあ、何人かは微妙な印象を持った選手も居たかけれど…。

逆にヤクルトで明らかに怪しいのはデラクルス
結構真っすぐは速いけど、この時期二軍に居る時点でたぶん見納めだろう。
Delacruz

試合は6-4で日本ハムの勝利。
http://bis.npb.or.jp/2010/games/fs2010092001661.html

一緒に行った連れは日本ハムファンだったので喜んでいたけど、
第三者的にはそこそこの試合だった。
それでも充分 “ 野球浴 ” を出来た連休だったかな。

ファイターズスタジアム鎌ヶ谷
〒273-0118 千葉県鎌ケ谷市中沢459

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

ホーム最終戦 ~イースタン 湘南vs日本ハム~

シーレックスホーム最終戦。
混雑を予想していたので開門すぐに着くようにスタジアムへ。
確かに混んでいたけれど入場制限する程の混雑では無かった。
それでも普段と比べればかなりの入り。

先発は安斉カーライル
安斉は微妙なコントロールながら
ストライクゾーン付近には投げられたので何とか試合にはなった。
Anzai

日本ハム先発カーライルはMLB時代にビジオの3000本安打を打った試合で
対戦相手のATLの先発としてTVで観て以来。生で観るのはおそらく初。
投球内容としては可もなく 不可もなくといった所。
間違いなく日本で今後観る事は無いだろう。
Carlyle

試合は筒香のHRで逆転したシーレックスが2-1でホーム最終戦に勝利。http://bis.npb.or.jp/2010/games/fs2010091901650.html

とりあえず優勝争いでギリギリのところで踏みとどまった。
まだ微妙だけど何とか都合をつけて土曜日の読売ランドへ観戦したい。

試合終了後はシーレックスサヨナラセレモニー。
スコアボード上のシーレックスの旗が降ろされた時と
今期限りの田代監督の胴上げはチョット泣きそうになった。
Shonan_searex Tashiro_2   

試合開始前にスタジアムナビゲーターのケチャップが
“ 湘南シーレックスが横浜ベイスターズとなっても変わらぬ応援を ” と
言っていたけれど、そんなに簡単に切り返え出来る程
自分にとってのシーレックスへの愛情は薄くはないので
来期も同じように応援するのは難しいかも。

来期シーレックス(ベイスターズ)を退団する
佐伯・木塚・野口は最後に出てきてみんなに挨拶。
まだ現役を続けられるかもしれないけれど、
シーレックスの選手として有難うございます。そしてお疲れ様でした。
Saeki_kizuka_noguchi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

痛い敗戦 ~イースタン 湘南 vs 日本ハム~

仕事があったので間に合わないかと思って諦めていた今日のシーレックス観戦。
2時開始だったので何とか先頭打者杉谷の打席途中で到着。
ほぼ1試合フルに観る事が出来た。

序盤は先発の桑原謙木田がピリッとしない中、
日本ハムがリードしてシーレックスが追い付く展開。

この時期二軍で投げていて、内容もイマイチな木田
来期の契約のニュースが出だした今。
歳も歳だし、はたして来期も現役で居られるのだろうか?チョット気になる。
Kida

日本ハムの2番手は横浜高校出身の土屋。プロに入ってからは初見。
その土屋を打ち込めず。6回で2失点のピッチング。
こんなピッチングされるならドラフトの時指名しておけば良かったのに…。
Tsuchiya

土屋を攻め切れなかったシーレックスに対して
ここ一番でタイムリーが出た日本ハムに
追いつけないままリードを広げられ6-3で痛い敗戦。http://bis.npb.or.jp/2010/games/fs2010091801639.html

今日の負けで優勝はだいぶ遠退いたかもしれないけれど、
可能性が0じゃない限り諦めない。
明日も観戦予定なのでシーレックスとしてのホーム最終戦を
有終の美を飾って欲しい。

今日は筒香がサードではなくファーストで出場。
仮にFAで村田が残ってしまった場合。
来期はファースト筒香サード村田になるのかな?
Tsutsugoh

試合内容以外で気になったのは両チーム左打者が多すぎ。
先発で右打者はシーレックスは吉村・大西・細山田で日本ハムは関口だけ。
お陰で2回に関口の打席が廻ってくるまで使われなかった
右のバッターボックスの白線が綺麗に残っている。
Sekiguchi

学生野球を観ていても左打者だらけのチームもあるし、
バランスを考えてもあんまり良い傾向では無いけれど、
恐らく今後どんどん何処のチームも左打者だらけになるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

6連勝 ~イースタン 湘南vs読売~

仕事は忙しかったものの何とか都合をつけて追浜へ。

それにしても暑い。今年は特別暑いとはいえ例年9月の前半はまだ暑いので
この時期は週末もナイターでも良いと思うんだけど、どうだろう?

先発はランドルフ福田。どちらもイマイチの出来。
今日の試合時間が4時間近くかかったのは
ふたりのピッチングが良くなかった事が要因として少なくはない。

ランドルフは故障のようで途中降板。
この時期のファームで投げているから来期もベイの戦力と考えていると思ったけど、
怪我によっては来期は怪しいので見納めだったかも。
といっても自分はシーレックスでしかランドルフを観た事が無いけど…。
Randolph

試合がまともになったのはリリーフ投手のお陰。
シーレックスは4番手の。読売は2番手の上野の好投で何とか試合になった。

年齢的にもそろそろはヤバいかと思っていたけど、
今日のピッチングを復活の足がかりにして欲しい。
Hata

好投していた上野を何故かイニングの途中で交代したお陰でシーレックスが逆転。
長いイニングを投げていたし吉村は右だから右の中里に代えてたんだろうけど、
吉村の後は左の内藤だし、結局中里内藤のツーベースが決勝点だから
岡崎監督の采配ミスに助けられた印象。

写真はこの打席ではなく、2打席目のヒットの時の内藤
バットはSSKだけどスパイクはアシックスだった。
最近の選手がズボンの裾を下げているからスパイクが判りづらい。
Naitoh

8回にも追加点をあげて7-4で勝利で6連勝。http://bis.npb.or.jp/2010/games/fs2010090401517.html

まだ逆転優勝の可能性を充分にあると思う。
ファーム日本選手権は新潟だし、GWに食べそびれた
“ せきとりのから揚げ ” を食べる絶好のチャンスなんだけどな。

明日も追浜で試合はあるけれど、
都市対抗を涼しい東京ドームに観戦予定なので陰ながら応援してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

圧勝 ~イースタン 湘南 vs ヤクルト~

今週は仕事が忙しかったものの週末は都合をつけてシーレックス観戦。

先発は杉原ユウキ

ユウキは一軍でも実績のある投手。
この時期二軍で投げていると言う事はまた故障してたのかな?
Yuki

杉原を観るのは久々な気がする。
春先は自分の観戦と先発日が重なる事が多かった。
写真を観るといつも思うけど投げる時必ず上を見ている。
何処を見ているんだろう?
Sugihara

ネームバリュー的には完敗だけど結果は別。
ユウキは2回に捕まり7連打で5失点で3回で降板。
逆に杉原はランナーは出すものの踏ん張り6回を無失点。この差は大きかった。

終盤牛田寺原の故障明けコンビが登板。
流石に格上のふたりはノーヒットで1イニングの無失点のピッチング。
一軍があんな状態だし焦らず調整して欲しい。
そうすればシーレックス優勝の為の貴重な戦力にもなるし…。
Ushida

Terahara

2回以降も追加点をあげたシーレックスが10-0で圧勝。
お陰で今年2回目のヒーローフォト。
勝ち投手になった杉原と撮れたのはポイント大。http://bis.npb.or.jp/2010/games/fs2010082801458.html

あまり見る機会の無いヤクルトで気なった選手はレフトの松井淳
スイングが豪快で観ていても気持ちいい。
家に帰って選手名鑑をみたら地元の横浜商大高出身。
左打ちの多い横浜(湘南)のチーム事情を考えれば、
ドラフトで指名していなくても当然だけど、候補には入っていたのかな?
Matsui

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

由宇練習場 ~ウエスタン 広島 vs ソフトバンク~

ついに球場めぐりの “ 秘境 ” 由宇に到達。
Yuu
前日泊まった岩国から電車で15分位。そこからタクシーも15分位で到着。
事前に調べてバスではちょうど良い時間が無いのがわかっていたので
初めからタクシーを利用するつもりだったけど
由宇駅に着いたら1台もタクシーが止まって無かったのは想定して無かった。

駅売店のおばさんにタクシーを予約してもらい何とか乗れた。
運転手の話しではお盆の墓参りで時間が掛かったとの事。
時間は余裕があったので問題無かったけど、
ぎりぎりで行くならタクシーは予約しておいたほうが無難かも。
(富士タクシー 0120-63-0015)

由宇練習場は両翼100Mセンター120Mで内野が土で外野は天然芝。
Yuu_1

ファールゾーンはかなり広いのもこの球場の特徴。
バックネットからベンチの辺りまではの後ろは観戦不可。

ただバックネット後方のファールゾーンも広いので
一番ベンチ寄りで観戦するとバッターボックスより少し前なので
個人的にはいつもの観戦ポジションと変わらない。
Yuu_3
あと、観戦場所は芝生席なのでレジャーシートは持っていった方が良いかも。

球場の特徴と言えば巨大なバックスクリーン。
何でこんなにデカいバックスクリーンが必要なのか不思議。
ライト側の横にあるスコアボードはけっして小さく無いのに
バックスクリーンか゛デカ過ぎるので申し訳なさそうにあるように見える。
Yuu_2

試合はホークス戦。カープを含めてウエスタンリーグの選手は
関東に住む自分には判らない選手が結構居る。

カープが今井 ホークスが怜王が先発。
今井は去年1軍でも投げているけど記憶に無いピッチャー。
怜王は報徳で活躍しているニュースを聞いた事はある程度。
Leo

序盤は今井の方が良い出来3回2アウトまでパーフェクト。
ウエスタンは完全DHでは無いので先発の怜王が打席に立つ。
HR性のファール等で粘りフォアボールで出塁。
ランナーを出し動揺したのか今宮に危険球退場。
Imamiya

ここでの投手交代の影響かカーブの選手交代が目まぐるしくなる。
投手は8人も登板。野手も投手に打順がまわるたびに代打。
スコアをつけていたけど途中でやめようかと思う程。

まあ、お陰で沢山の選手を観る事が出来た。
何で二軍に居るんだろうと思うフィオレンティーノ高橋建
Fiorentino

Takahashi
観たいと思っていた堂林永川弟等等。
Dohbayashi

Nagakawa_m

試合は3-3の同点で延長10回に今宮のHRで3-4。
これで勝負ありかと思ったら裏の回に
登板した有馬が不調で犠打の1アウトだけで降板。
次のがピンチを抑えられず4-4で引き分け終了。

http://bis.npb.or.jp/2010/games/fs2010081401334.html

ソフトバンクで気になったのは小斉の体型。
一昨年の広島市民球場でのウエスタンで観た記憶があったけど、
ひとまわり大きくなった感じ。体型だけなら松中クラス。
Kosai

後は途中出場のキャチャー清水
背番号4が選手名鑑に出ていなかったので最初は誰だかさっぱり判らなかった。
ロッテ時代は期待したけどずいぶん遠くまで流れついたんだな。
Shimizu 

球場小ネタとしてはスコアボードの文字で2つ。
広島のだけ他の一文字名前と違い三文字スペースの一番上に書いてある。
これって丸○とか二文字名前の下を消して使いまわしてる?
Scoreboard_1

もうひとつはホークス9回に登板した佐藤が途中まで加藤と表記されていた事。
ホークス側で観ていた所でホークスファンが気がつき騒いでいた
目の前のブルペンにブルペンキャチャーの加藤が居て
自分を呼んでいるのかと勘違いして観ていた。
Scoreboard_2

なかなか行く事が出来ない由宇をクリアして二軍はあと雁ノ巣と利府の二つ。
一軍の札幌と福岡と本拠地球場制覇もゴールが見えてきたかな。

由宇練習場
〒704-1405 山口県岩国市由宇町72-2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

藪が勝ち投手 ~イースタン 湘南vs楽天~

10日からお盆休みのうちの会社。昨日までは忙しかったものの
仕事にめどがついたので平日だけどナイター野球観戦。

今日の先発はシーレックスが安斉。楽天が菊池
安斉の登板を観るのは3回目位だけど
過去のピッチング同様コントロールはアバウト。
5回を投げて3失点。先制点を貰いながら守れなかったけど、
ルーキーだし過度な期待は禁物かな。
Anzai

菊池は初見か記憶に残るほどの投球が今まで無かったか、どちらか。
初回に2失点をしたもののその後はまずまずのピッチングで
5回を投げて3失点で奪三振は9個。
歩幅も狭いし観た目それほどの凄いボールを投げる印象は良く無いで
これだけ三振が取れるのは不思議。
Kikuchi

歩幅で言えばシーレックス2番手の小林公はたぶん広すぎ。
踏み込んだときに後脚の土の付く部分が膝上あたりまで付くフォーム。
Kobayashi_kota
このフォームでもストライクがとれたら問題無いけれど1回で2四球。
公式戦初登板で緊張の影響でコントロールが出来なかったなら
大きな問題では無いけれど、多分違うとは思う。

楽天の2番手はアメリカ帰りの
生で観るのはおそらくの95年の横浜スタジアムでのオールスター以来。
Yabu
かつてはテンポの悪いピッチャーだったけど今のはテンポが良い。
このあたりはアメリカンナイズされたんだろう。
体型的には腰廻りというか脚廻りはかなり太い。
これはアメリカ仕込みのウェイトトレーニングで
太くなったのか歳のせいなのかは微妙。

登板時は同点だったもののその後シーレックスの佐藤江尻が失点して
試合は3-5で負け。ファームだけどは国内久々の勝利投手。
別にの登板を期待した観戦した訳じゃ無いけれど、
今日の試合でもっとも印象に残ったのはだった。

http://bis.npb.or.jp/2010/games/fs2010080501244.html

シーレックス消滅のニュースを知ってから初観戦。
球場に行く間や球場に着いて思ったけど、
自分がシーレックスを楽しんでいるのは
シーレックス・ユニフォームを観に来ている訳ではなく、
追浜の雰囲気を楽しんでいた事が良くわかった。

来年以降は今まで程二軍戦を観に行くかは判らないけれど、
まったく行かない事は無いだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

柏の葉球場 ~イースタン ロッテvs読売~

予定どうりに柏の葉球場でのイースタン観戦。
予定と違ったのは内野のチケットが売り切れて外野での観戦だった事。
Kashiwanoha_studium_1  Kashiwanoha_studium_2

自分は外野での観戦好きではない。
まったり観る事が出来れば悪くはないけれど、応援が喧しくて嫌。
予想どうり応援団らしき人が太鼓を叩く喧しい中での残念な観戦。
外野は野球を観る場所ではなく応援する場所として
定着しているの現状では仕方が無い。

新しいので外観が綺麗なのは当然だけど芝生の状態も悪くない。
スコアボードも見やすいし両翼98Mで大きさは悪くないけど、
スタンドは狭いしナイター設備も無いので今後プロで使うには微妙かな。
Scoreboard

先発は香月土本。ともに好投で投手戦。
特に土本は初めて観る投手なので出来れば内野でじっくり観たかった。
Tsuchimoto

試合は1-4で読売の勝ち。

http://bis.npb.or.jp/2010/games/fs2010071901133.html

終盤に代打で今岡を観れた事が少ない収穫。
たぶん生今岡を観るのは最後だと思う。
Imaoka

残念な柏の葉球場観戦だったけど、
予定どうりに我孫子駅で唐揚げそばは食べた。こちらの味は予想どうり。
そばはイマイチだけど唐揚げはそばつゆが染込みソコソコいける。
わざわざ食べに行くものでは無いけれど、揚げ物好きには薦めても良いかな。
Yayoiken

追記

2012年6月2日(土)に改めて内野で観戦したのでその時の写真。
Imgp0644  Imgp0649

Img_7022

柏の葉球場
〒277-0882 千葉県柏市柏の葉4-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

乱打戦 ~ELチャレンジマッチ 読売vsフューチャーズ~

フューチャーズの週末試合は土曜日が多い。
今後の日程を見ても日曜日に観る為にはロッテ浦和まで行かなければならず、
今年のフューチャーズ観戦は少し諦めていた。
ただ、今日の仕事が思ったよりはやく終わりそうだったので
比較的近いよみうりランドでの試合を観戦。

対戦相手が特定チームではないので当たり前だけどスタンド全体読売ファン。
いつもと同じ三塁側で観ても何だか雰囲気が違う気がする。

フューチャーズの先発は
Wang
フューチャーズでシーレックスの選手を観るとホッとするような
別の選手を観たかったような微妙な心境になる。
1回は無難に抑えたものの2回に捕まり4失点。
3回は立ち直ったけど痛いビックイニングだった。

他にシーレックスから参加していたのは坂本杉本
坂本は最近はシーレックスでもよく出場するけれど、
杉本は出ても途中出場が多く、打席を観る事が少ない。
今日のように4打席も観れてなおかつヒットまで観れたのはある意味貴重。
Sugimoto

読売の先発は齋藤。高校時代に山梨の富士北麓球場での
春季大会で横浜高校との試合で一度観ている。
Saitoh
今日はに先制2ランを許したものの何とか5回まではもった。
登板スピードガン表示も140キロ前後だしぼちぼちの内容。

読売には何故か亀井が6番センター。
Kamei
本庄球場で観ていたし、二度も二軍で観るとありがたみに欠ける。
因みにグローブが白かった。本庄で観た時は黒かったと思う。
Kamei_2

フューチャーズで気になったのはヤクルトの曲尾マイケ
Magario
名前と顔で気になったけどプレーも身体能力は高そう。
ボテボテの内野安打も含めて3安打。
育成だし見る機会は少ないけど、気にしておこう。

試合は途中まで読売のワンサイドゲーム。
8回フューチャーズで出ていた仲澤のグランドスラムで1点差。
更に満塁になったものの一軍から落ちた黄志龍が締めて追加点は無し。
8-7で読売の勝ち。ともに打者一巡のイニングをつくる乱打戦。

http://www.npb.or.jp/challenge/2010score_3.html (上から2つ目)

たしかルーズベルトが『野球は8-7が一番面白い』と言ったと思うけど、
日本人の自分には3-2位がちょうど良い気がする。

今日の気になった道具はグランド整備の車?。
Shibaura
以前から気になったけど、後に " SHIBAHARA " と書いてあるので検索したら
トラクターや芝刈機の会社にヒットしたのでたぶんそこの製品だろう。
残念ながらそのHPにグランド整備の車は出ていなかったけど、
いくら位でどの位需要があり、この分野でシェアがどの位かチョットだけ気になる。

期待していなかった今日の試合を観れたのはラッキーだけど、
明日はシーズン開幕前から行ってみたいと思っていた飯能の試合。
天気が微妙だしどうしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07 生観戦 アマ野球 | 07 生観戦 二軍 | 07 AMATEUR野球 | 07 MLB | 07 NPB | 08 生観戦 MLB | 08 生観戦 その他 | 08 生観戦 アマ野球 | 08 生観戦 一軍 | 08 生観戦 二軍 | 08 AMATEUR野球 | 08 MLB | 08 NPB | 09 生観戦 アマ野球 | 09 生観戦 一軍 | 09 生観戦 二軍 | 09 生観戦 MLB | 09 生観戦 WBC | 09 AMATEUR野球 | 09 MLB | 09 NPB | 09 WBC | 10 生観戦 アマ野球 | 10 生観戦 一軍 | 10 生観戦 二軍 | 10 生観戦 独立リーグ | 10 AMATEUR野球 | 10 MLB | 10 NPB | 11 生観戦 アマ野球 | 11 生観戦 一軍 | 11 生観戦 二軍 | 11 AMATEUR野球 | 11 MLB | 11 NPB | 12 生観戦 アマ野球 | 12 生観戦 一軍 | 12 生観戦 二軍 | 12 生観戦 独立リーグ | 12 生観戦 MLB | 12 AMATEUR野球 | 12 MLB | 12 NPB | 13 生観戦 アマ野球 | 13 生観戦 一軍 | 13 生観戦 二軍 | 13 生観戦 WBC | 13 AMATEUR野球 | 13 MLB | 13 NPB | 13 WBC | 14 生観戦 アマ野球 | 14 生観戦 一軍 | 14 生観戦 二軍 | 14 生観戦 独立リーグ | 14 生観戦 MLB | 14 AMATEUR野球 | 14 BCリーグ | 14 MLB | 14 NPB | 15 生観戦 アマ野球 | 15 生観戦 プレミア12 | 15 生観戦 一軍 | 15 生観戦 二軍 | 15 AMATEUR野球 | 15 BCリーグ | 15 NPB | 16 生観戦 アマ野球 | 16 生観戦 一軍 | 16 生観戦 二軍 | 16 生観戦 独立リーグ | 16 AMATEUR野球 | 16 NPB | 17 AMATEUR野球 | 17 NPB | サッカー | サッカーユニフォーム | 旅行・地域 | 日々の出来事 | 草野球 | 野球場 1(北海道・東北) | 野球場 2(北関東) | 野球場 3(埼玉) | 野球場 4(千葉) | 野球場 5(東京) | 野球場 6(神奈川) | 野球場 7(中部) | 野球場 8(関西) | 野球場 9(中国・四国) | 野球場 10(九州) | 野球場 11(その他) | 野球観戦 まとめ