16 生観戦 一軍

2016年12月17日 (土)

一年の野球観戦を振り返って ’16

今年ももう観戦する試合がないようなので
例年どうり1年間の観戦を振り返ってみる。

一軍

 3月26日 M-F   @QVCマリンフィールド
 3月27日 L-Bs  @西武プリンスドーム
 3月30日 DB-G @横浜スタジアム

 4月26日 DB-D @横浜スタジアム

 5月 6日 L-F  @西武プリンスドーム
 5月12日 DB-D @横浜スタジアム

 6月 7日 H-DB @ヤフオクドーム
 6月15日 DB-F @横浜スタジアム

 8月26日 E-Bs  @koboスタジアム宮城

二軍(教育リーグ含む)

 3月 8日 DB-S @ベイスターズ練習場

 4月 2日 DB-L @横須賀スタジアム
 4月10日 D-T  @四日市球場
 4月13日 DB-F @パレスタひらつか
 4月24日 M-DB @牛久球場

 5月 4日 DB-M @横須賀スタジアム
 5月 5日 DB-M @パレスタひらつか
 5月 8日 DB-L @横須賀スタジアム
 5月21日 M-F  @船橋市民球場

 6月 4日 DB-S @大和スタジアム
 6月 7日 H-D  @ヤフオクドーム
 6月 8日 H-D  @タマホームスタジアム筑後
 6月18日 DB-E @横須賀スタジアム
 6月25日 DB-S @横須賀スタジアム

 7月 6日 DB-F @ベイスターズ練習場
 7月23日 DB-L @横須賀スタジアム

 8月14日 DB-E @パレスタひらつか
 8月25日 E-G  @楽天泉練習場
 8月31日 DB-F @横須賀スタジアム

 9月23日 DB-G @横須賀スタジアム

アマチュア

 3月13日 JABAスポニチ大会  最終日        @神宮球場
 3月18日 オープン戦 日通-JFE西日本   @日通浦和運動場

 4月 9日 JABA静岡大会  第4日           @草薙球場
 4月23日 神奈川大学 第3週                 @横浜スタジアム
 4月30日 神奈川高校春季準決勝         @サーティーフォー保土ヶ谷

 5月 3日 東都大学 第5週            @神宮球場
 5月 7日 関甲新大学 第6節           @白鷗球場
 5月28日 都市対抗 東京予選          @大田スタジアム
 5月30日 都市対抗 西関東予選         @横浜スタジアム

 6月 1日 都市対抗 東京予選         @神宮球場
 6月 2日 都市対抗 南関東予選        @県営大宮球場

 7月16日 都市対抗 第2日           @東京ドーム
 7月17日 都市対抗 第3日           @東京ドーム
 7月19日 都市対抗 第5日           @東京ドーム
 7月26日 都市対抗 決勝            @東京ドーム

 8月27日 南東北大学 第1週          @いわきグリーンスタジアム

 9月10日 首都大学 第2週            @中井中央公園野球場
 9月17日 新東京大学 第3週           @たつのこスタジアム

11月16日 明治神宮大会 明治大-桜美林大 @神宮球場

独立リーグ交流戦

 4月13日 G-石川                @ジャイアンツ球場

 7月28日 FT-四国IL選抜           @大田スタジアム

プロアマ

 8月19日 神奈川県野球交流戦 第1日   @横須賀スタジアム
 8月31日 慶応大-G               @慶応大グラウンド

10月23日 JR東日本-U23代表       @JR東日本柏球場

今年の観戦試合は78試合。
10月11月に社内試験と資格試験が続いたので
この2ケ月は1試合づつしか観戦できないので
それまでの9月までの観戦は充実していたとも言える。

球場は38球場で観戦しそのうち新規は12球場。
ソフトバンクのタマスタも良かったけど
今年のベストは楽天の泉練習場。

観客席が120席と少なく当然グラウンドとの距離も
近いので臨場感がある。
大学社会人に同じくらいの規模の練習場は良くあるけど
観客席はバックネット後方が多い。
泉練習場は一塁側に観客席があり
いつも横から観る自分には違和感なく観る事ができたのもプラス。

ご贔屓チームのベイスターズ二軍の観戦は
神奈川県野球交流戦を含めて15試合で8勝6敗

観戦試合では勝ち越したけれど
それほど内容の良い試合は多くなく
その中でベストゲームは6月4日の@大和でのヤクルト戦。
期待しているルーキーの柴田の走者一掃の
タイムリーツーベースで勝ったのが印象深い。

ベイスターズ二軍以外でのベストゲームはやはり
きらやか銀行の都市対抗初勝利を観る事が出来た事。
本選出場の試合を観れただけでも嬉しかったけど
まさかパナソニックからの勝利を観られるとは思ってみなかった。

とりあえず資格試験の結果が1月に出るので
その結果によっても観戦計画が代わってくるけど
今のところは来年はオリックス二軍が移転する
舞洲への観戦が遠征の第一候補。

あとは春季キャンプ後半の練習試合やオープン戦も
観戦してみようかなと思っている。
宮崎はフェニックスリーグで観戦も出来ると思うので今は沖縄が有力。
勤務もある程度融通が利くようになったので
何とか沖縄での野球観戦を実現してみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

天然芝はやっぱり良い ~パシフィック 楽天 vs オリックス~

今日は一軍の観戦。
天然芝に変わったコボスタを観たかった。
やっぱり天然芝は良い。
035

それと折角なのでレフト後方に出来た観覧車
おっさんなのに年甲斐もなく乗ってみた。
球場を上から見下ろす事は滅多に無いし
この景色が観れたので400円は安かった。
Img_0551 030

試合はオリックス戦。
先発は安樂金子千尋

1回吉田(正)のタイムリーツーベース1-0とオリックスが先制。
以前はディマティニのバットだったのに
いつの間にかスパイクと同じアンダーアーマーになっていた。
Yoshida_m

2回アマダーのソロHR1-1
アマダーのバッティングはほとんど反動をつけない。
Amador

4回にボグセビックのソロHRでオリックスが再びリードし2-1
Bogusevic

5回にもT-岡田のタイムリーツーベースで3-1とリードを広げる。
センターに飛んだあわやHRという当たりだったけど
島内は取れそうな打球だった。

6回にホームランボールを取り損ねた島内がタイムリーで1点差。
Shimauchi

7回表にオリックスがチャンスに得点でぎず。
この回途中で降板した安樂
けん制で糸井を刺したり意外と細かいプレーも上手なのかも。
Anraku

その裏雨が急に降りだしその影響なのか金子が2アウトからランナーを出し
ウィーラーにタイムリーを打たれ3-3の同点。

金子は結局7回3失点で降板。
悪くは無かったけど昔のような絶対的な感じではなかった。
Kaneko

8回に2番手の海田からペゲーロのHRが出て
この試合初めて楽天がリード。
ペゲーロのHRはホントにすごい当たりだった。
(この時はまだ雨が降っていたので前の打席での写真)
Pegurero

9回は松井(裕)が満塁のピンチをつくりながら
Matsui_y

何とか抑えて4-3で楽天の勝利。
http://npb.jp/scores/2016/0826/e-bs-18/

雨には降られたけど良い試合が観れてよかった。
試合前にも雨が降り念の為雨対策で楽天の帽子を購入。
この帽子をもう一度被る機会はあるのかな?
045

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

負けたけど良い試合 ~交流戦 DeNA vs 日本ハム~

今日はファンクラブ特典最後のチケットで交流戦観戦。
チケットを発券したのが1ヶ月位前だったので
発券したのを数日前までリアルに忘れてた。

前回横浜スタジアムで観た時同様
横浜大洋ユニフォームでの試合。
始球式は現役時代に憧れていた山下大ちゃん。
Yamashita

先発は石田高梨
石田はランナーを出しながら何とか抑える。
投球数が多かったので無失点ながら6回で降板。
Ishida

一方高梨は5回までノーヒットピッチング。
去年二軍で何度か抑えられたピッチングを
観ているので抑えられても驚かない。
こちらも6回無失点で降板。
Takanashi

0-0の同点の9回から山﨑(康)が登板。
フォアボールでランナーを出した後
代打の矢野に2ランHRを浴び0-2と日ハムがリード。
Yano

同点の場面で抑え投手が投げるのがどうなのか?とも思うけど
後攻なので良い投手から出していく采配は間違って無いと思う。

9回裏は増井が登板。不調と聞いていたので
期待したら期待通りにエリアンがフォアボールで出て
筒香がレフトにHRで2-2の同点。
流石4番というバッティングだった。
Tsutsugoh

10回は三上が登板。2アウトをとってから
中田にレフト最前列に入るHRを打たれる。
どう観てもHRになるような角度ではなく
高く上がったレフトフライだったけど球場の狭さと風のHRだった。
Nakata

10回裏は鍵谷に抑えられ2-3で負け。
http://npb.jp/scores/2016/0615/db-f-02/

負けはしたけれど横浜大洋ユニフォームを
1イニングでも長く観る事が出来たとプラスに考える事にしよう。

春先好調だった倉本がついに3割を切った。
この後復調するのか微妙なので3割をキープしていた時の
スコアボードも写真を撮ってみた。
Kuramoto Img_4845

今日の気になった野球道具は先制点を打たれた山﨑(康)のスパイク。
We ☆ YOKOHAMA では全員ジャッキーロビンソンスタイルなので
スパイクのメーカーを判別し易い。

去年はグローブ同様アンダーアーマーのスパイクだったのが
今年は前回中日との横浜大洋ユニフォームの時は
アシックスで今日の日ハム戦はミズノだった。
足元が安定していないのが今年の不調の原因かな?
Yamasaki_y_1 Yamasaki_y_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

やっぱり相手は強かった ~交流戦 ソフトバンク vs DeNA~

一旦球場を出で昼食とホテルのチェックインを済ませて再び球場へ。
一軍の交流戦のソフトバンク vs DeNA戦
最近好調のDeNAがソフトバンク相手にどこまで出来るかが楽しみ。

先発がモスコーソ山田で個人的には魅力の無いマッチアップ。
山田は今年一軍初登板出そうだ。
序盤DeNAは山田からチャンスを作りながら得点出来ず。

先制したのはソフトバンクで4回
松田のレフトオーバーのタイムリーツーベースで0-1
Matsuda

6回には内川長谷川に連続HRを浴び
さらに牧原のタイムリーツーベースで0-5
2死から鶴岡牧原に連続ツーベースを打たれての失点だったけど
ここは抑えたかった。

7回にロマックのツーベースにエリアンのタイムリーで1-5
二軍ではヒットを打ったところを観る機会はあったけど
まさか打率1割にも満たないロマック
ツーベースをソフトバンク戦で観られるとは思わなかった。
Romak

あと初見のエリアンがスイッチなのを今日知った。
Elian_1 Elian_2

8回に梶谷のHRので1点返し
Kajitani

その後もチャンスをつくり
ロペスのタイムリー3-5と2点差。

反撃ムードは出来たけれどの裏城所のタイムリーツーベースで
再び3点差。 この日の城所は4安打の大活躍。
他の選手が色々な曲を出囃子で使う中城所は1曲しか無かった。
スタメン出場は想定されていないんだろう。
Kidokoro

9回はサファテに三者三振に抑えられ3-6で負け。
http://npb.jp/scores/2016/0607/h-db-01/

筒香に1本出ていれば何とかなりそうな展開だった。
Tsutsugoh

ソフトバンクが勝ったので今まで観る事が出来無かった
ルーフオープンを観る事が出来たとプラスに考えよう。
027

ソフトバンクで気になったのは4番手で登板したスアレスの背番号。
90番はマンガのあぶさんの主人公景浦安武の背番号だったけど
連載も終わったので永久欠番扱いでは無いんだな。
Suarez

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月12日 (木)

長かったけど勝ってよかった ~セントラル DeNA vs 中日~

今日は横浜スタジアムへ横浜大洋のユニフォーム目当てで観戦。
Img_0813

横浜大洋のユニフォームは観たいけど予定通りだと
宮城から帰った翌日なので疲れていると思い
ファンクラブ特典での発券は6月の日ハム戦にした。

ただ6月だと雨の心配があるし
旅に出なくて散財もしなかったので
チケットを購入し観戦決行。

球場に着いてすぐに行われていた斎藤明雄の始球式でテンションが上がる。
Saitoh

試合は砂田若松が先発。
砂田の背番号が47番になったのを今日知った。
Sunada

若松は13年のベースボール杯で東芝戦で
負け投手になった試合を観て以来。

1回表砂田大島に粘られフォアボールを出した所で
リズムが崩れたのか満塁のピンチをつくり
ビシエドに2点タイムリーを打たれ先制を許す。
Viciedo

更に堂上にもタイムリーが出て3-0

DeNAもすぐ裏の回に梶谷のツーベースで1点返す。
みんなストッキングをみせる着こなしなのでスパイクがはっきりわかる。
梶谷はパワーもあるけど盗塁をするスピード系の選手なのに
ベロ付きのスパイクを履いているのが意外。
Kajitani Kajitani_2

筒香もタイムリーで続いて2-3と1点差。
Tsutsugoh

その後中盤は砂田若松が立ち直り締まった試合。

砂田は球数が100球に達した6回に疲れが出たのか
堂上のツーベースと杉山のヒットで無死一三塁の場面で
ピッチャーの若松にもフォアボールを出し満塁。
大島のセカンドゴロで4-2

ここで砂田から須田に投手交代。
須田荒木にタイムリーを打たれ2-5

その裏ロペスのツーベースに倉本のヒット性のファーストゴロで
1死三塁の場面で代打の乙坂のレフト前に落ちる
タイムリーツーベースで1点返し2点差。

その後代打の下園のレフトへの2ランHRが出て5-5の同点
まさか逆方向へのHRを観られるとは思わなかった。
Shimozono

中日先発の若松はこの回で降板。
5回で100球近かったしこの回途中で代わっていたら
展開が変わっていたかも。
Wakamatsu

ようやく追いついたものの逆転は出来ず。
その後は中日のリリーフの田島小川に完璧に抑えられる。
初めて観る変則左腕の小川は良いピッチャーだった。
Ogawa

逆にDeNAリリーフは田中三上もランナーを出しながら抑える苦しい展開。

9回で決着はつかずDeNAが苦手な延長戦へ。
同点の場面で山﨑(康)が登板。
こちらもランナーを出しながら抑える。

10回から登板の又吉から梶谷ヒットと筒香宮﨑フォアボールで
無死満塁のチャンスをつくり倉本のヒットでサヨナラ勝ち。
Kuramoto

http://npb.jp/scores/2016/0512/db-d-09/

打線の頑張りが大きかった印象の試合だけど
8回9回と回またぎで登板した三上のお蔭で山﨑(康)
延長で登板させる事が出来たしこれも継投も今日の大きな勝因だと思う。
Mikami

序盤はどうなるかと思っていたけど勝ちが観れたし
長い試合だったけど最後まで観て良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 6日 (金)

仕事終わりで西武も間に合った ~パシフィック 西武 vs 日本ハム~

今日は仕事だけど早番なので早く上がれる。
友人から誘われていたので西武球場へ。

流石に試合開始からは観戦が難しいかと思っていたけど
特急に間に合ったので試合開始ちょうど位に着いた。
001

試合は西武 vs 日本ハム戦。
まさか2度も生で北海道新幹線ユニを観るとは思わなかった。
前回観た時と違い近藤はヒジあてやリストバンドが
新幹線カラーを使ってる。
Yoh Kondoh

西武先発は髙橋光成
一緒に観た人達はみんな西武ファンなので
高橋光成への期待がハンパない。
実際今日は期待に答え序盤はまずまず。
Takahashi

初回メヒアの犠飛と浅村のタイムリーツーベースで西武が2点先制。
2回表に大野のタイムリーで1点返しその裏秋山の犠飛で再び2点差。
3回に中田の技ありのライト前タイムリーで再び1点差と
ここまではシーソーゲーム。

試合が大きく動いたのは6回
1アウト一塁でレアードのゲッツーが取れそうなサードゴロ。
中村のエラーで1アウトも取れず。
気落ちしたのか淺間にヒット大野に押し出しデットボールで同点。

更に打者西川の時にワイルドピッチ
二塁ランナーの淺間もホームへ突っ込みアウトの判定。
ベースカバーの髙橋光成がホームベースを隠したと言う
栗山監督の抗議がありビデオ判定でコリジョンルールが適応され
淺間もセーフで日ハムが2点リード。
投手がベースカバーしてもコリジョンルールが適応されるのを初めて知った。
更に西川のスクイズで3点差。

この後フォアボールを2つ出したところで髙橋光成は交代。
淺間とホームで接触プレーがあり負傷した様なので
もう少し早く交代しても良かったかも。

8回に1点づつ入れて8-4で日本ハムの勝利
http://npb.jp/scores/2016/0506/l-f-06/index.html

8回の西武の失点は南川のボーク。
今日までは無失点で抑えていたらしいのでプロ初失点。
JR四国時代にも観ていた。
Minamikawa Minamikawa_2

HR王独走中のメヒアは今日は犠飛以外は不発。
豪快な一打を観たかった。
Mejia

かなりギリギリだけど早番終わりで西武球場も間に合う
可能性があるのが判っただけでも今日の収穫なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

ほぼレフトスタンド横 ~セントラル DeNA vs 中日~

今日もファンクラブ特典を使い一軍観戦。
土曜日に大学野球観戦時に発券したので
残っている席は少なくほぼレフトのポール際の席。
昔新聞屋さんにもらったタダ券を思い出す。
003

試合はDeNA vs 中日
先発は石田ジョーダン
石田は法政時代に一度観て以来。

序盤はDeNAペース。初回筒香の犠飛で先制し
Tsutsugoh

2回に桑原のタイムリー。
Kuwahara

4回には石田のスクイズがヒットとなり3-0とリードを広げる。

良いペースだったのはここまでで5回にナニータのタイムリーで1点返された後
6回には杉山大島のHRで3-3の同点。

石田は打順が回った事もあり6回で降板。
6回3失点は悪くはないけれど先に3点もらって守れないのは痛い。
Ishida

7回から登板の藤岡が2死一二塁のピンチで杉山と対戦中に負傷交代。
代わった田中がライト前の小フライのヒットを打たれ
ライトのロマックが後逸し一塁ランナーまで生還し中日か3-5と逆転。
Sugiyama

ロマックもライト前を何とかダイレクトに捕ろうと
思い切り前に突っ込む気持ちも判るけど後逸してはどうしようもない。
因みにロマックはLED対策のメガネはかけて無かった。
外国人の目は光に強いのかな?

更に谷にタイムリーが出て3-6とリードを広げられる。
8回にはビシエドのHRで3-7 試合が完全に決まる。
ダメ押し点ではあるけれどCWSファンの自分としては
ビシエドのHRを生観れた喜びはかなり大きい。
Viciedo

試合はそのまま中日の勝利。 今日のような試合展開で勝てないのは厳しい。
http://npb.jp/scores/2016/0426/db-d-04/

DeNAの数少ない好材料は 最近好調らしい倉本が今日もヒット。
新薬時代とはあげ方が違うかもしれないけど
再び足を高くあげる一本足打法になっていた。
Kuramoto

今日の座席位置だとレフトの選手が近い。
観ていて気になった道具は守備固めで入った中日の工藤のグローブ。
緑色のグローブを使っていた。 工藤は元JR東日本だけど関係あるのかな?
Kudoh




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月30日 (水)

ホーム初勝利を観る ~セントラル DeNA vs 読売~

仕事が早番だったので野球観戦。
横浜スタジアムでのDeNA vs 読売戦。
Img_3438

先発はモスコーソとルーキーの桜井

先制は読売で立岡ギャレットの連続HRで2-0
まさかPITで活躍していたギャレット・ジョーンズ
生で観られるとは思わなかった。
Tateoka Garrett

5回にも桜井の犠飛で3-0と読売がリードを広げる。
桜井は神宮大会で観た時も良いスイングをしていた。
Sakurai_1 Sakurai_2

DeNAの反撃は5回裏。モスコーソの内野安打から
白崎のツーベースでチャンスを広げ荒波のタイムリーで1点差。
Aranami

ロペス筒香のラッキーなヒットの後
ロマックの押し出しデッドボールで3-3の同点。
同点にはなったもののロマックはここで交代。少し心配。
Romak

桜井もここで降板し2番手の戸根倉本を抑えた後
代打宮﨑も押し出しデッドボールで4-3と逆転。
Miyazaki

7回にも1アウト二三塁で倉本のセカンドゴロで
ホームに突っ込んだロペス小林のタッチミスに助けられて追加点。
このプレーはビデオ判定なったけどHR以外でも
ビデオ判定があるのは今日の試合で初めて知った。
Img_3586

その後重盗を試みてもう1点追加して6-3

モスコーソは続投し7回まで投げて3失点。
HRは打たれたけど全体的には安定した良い内容だった。
Moscoso

モスコーソの後は三上を挟んで山﨑(康)が登板。
プロ入り後に観たのはまだ先発していた去年のオープン戦だったので
登板時の盛り上がりは初めて観た。
Yamasaki

山﨑
が抑えて6-3でDeNAがホーム初勝利。
http://npb.jp/scores/2016/0330/db-g-02/

序盤点が入らない時はどうなるかと思ったけど勝てて良かった。
あと今日はマリンくんのデザインされたおもちゃのバットが配られた。
球場でも邪魔だったけど持ち帰るのは恥ずかしかったな。
015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月27日 (日)

二日続けて一軍観戦 ~パシフィック 西武 vs オリックス~

昨日の千葉に続いて今日も一軍観戦。
西武プリンスドームで西武 vs オリックス

人工芝が新しくなって選手には体の負担が少なくなりそうだけど
茶色い人工芝を使った “ なんちゃって内野芝風 ” はとっても残念。
003

あとオリックスのビジターが上下ツートンになっていた。
個人的にはビジターはホームより目立たないユニフォームであるべきだと
思っているのでカッコいいユニフォームだとは思うけど
こちらもやや残念な変更。
Dickson

肝心の試合は今日も長い。
西武先発のバンヘッケンが立ち上がり乱調。
1回4番のモレルのタイムリーで
0-1とオリックスが先制。

2回にも糸井のタイムリーとモレルの犠飛で0-3
モレルはなかなかのコンタクトヒッターっぽい。
Morel

その裏西武も炭谷のタイムリーで1点返し
3回にも中村浅村のタイムリーで3-3の同点。

この辺りはオリックス先発のディクソンを攻略した西武のペース。

立ち直りかけた西武先発バンヘッケンがピンチをつくった5回
二死満塁で炭谷が一塁に牽制。
これを一塁手の山川が捕球出来ず
3ー4とオリックスが再びリード。全く無駄な牽制だった。
Sumitani

6回にもそれまでまったく当たっていなかった
ボグセビックがタイムリーを打ち3-5とオリックスがリードを広げる。

9回にオリックスは抑えのコーディエが登板。
いきなりメヒアにツーベースを打たれ浅村のタイムリーで4-5と1点差。
Asamura

なおもランナーを出し満塁までなったものの
最後は外崎を三振に抑えオリックスが勝利。
http://npb.jp/scores/2016/0327/l-bs-03/

コーディエは球威がありストライクゾーンにいけば抑えられそう。
たぶんストライクは入らないようだけど…。
Cordier

二軍好きとしては一軍を観てもやっぱり期待の若手は気になる。
オリックスでは青学出身のが吉田(正)が1番DHで出場。
ヒットは1本だけだったけど相変わらず豪快なスイングだった。
Yoshida_m

最後の打者になったけど西武の外崎も期待してる。
そんなに打てる訳じゃないけど田辺監督が我慢して使い続けて欲しいな。
Tonosaki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月26日 (土)

北海道新幹線ユニフォーム 〜パシフィック ロッテ vs 日本ハム

今日北海道新幹線が開通 という事で日本ハムが
北海道新幹線カラーのユニフォームを着用する。
そのユニフォームを観にQVCマリンへ。

印象としてはシーレックスっぽい色なので
個人的には好きなユニフォーム。
Img_2823

ユニフォームを観れたから文句は無いんだけど
今日のチケットを購入してから気がついた事として
二軍も鎌ヶ谷で新幹線ユニフォームを着用したらしい。
しかも相手がDeNA 。そっちにすれば良かったかも。

あと今年からQVCのスコアボードはフルカラーで
両サイドにもビジョンがある。
Img_2602 Img_2604
常時審判が表示出来無いけど
発表時は記録員も表示されるのは個人的には助かる。
Img_2601

先発は大嶺(祐)メンドーサ
共に乱調でダラダラした試合展開。

先制は日ハムで2回中島のタイムリーで0ー1
あまり詳しくは無いけれどバットが冷え冷えだと聞いていたのに
今日の中島は3安打の大活躍。
Nakashima

ロッテは3回デスパイネ角中
連続タイムリーツーベースで2ー1と逆転。

逆転してもらったのに大嶺はピリッとせず
4回に西川の2点タイムリーと田中(賢)のサードゴロで
2ー4と日ハムがリード。
大嶺はこの回で降板。残念な出来だつた。

日ハムも5回でメンドーサが降板。6回から2番手の藤岡が登板。
大嶺の後投げたのも藤岡だったので
両チームとも2番手投手が藤岡になった。

日ハムの藤岡はイマイチな出来でピンチをつくり
岡田のツーベースで3-4の1点差。
3番手の鍵谷清田の所で登板したものの
セカンド内野安打で4ー4の同点。

田中(賢)の送球エラーで清田が二塁進塁し
デスパイネのセンターオーバーを
が判断ミスで取れずツーベースとなり5-4とロッテが再び勝ち越し。
Despaigne

更に井上にもタイムリーが出て6-4

鍵谷は1アウトもとれずに降板し
4番手はルーキーの加藤
拓大紅陵から かずさマジックなので凱旋登板。
1回0/3を無失点とまずまずピッチングだった。
Katoh

ロッテは8回からが登板。
何となくだけどは春先いつも故障している気がしているので
3月に投げているのを観るのは貴重な気分。
1回を1安打無失点と登板出来る時は安定感がある。
Uchi

9回は西野が抑えロッテの勝利。
http://npb.jp/scores/2016/0326/m-f-02/

大嶺降板でバッテリーごと交換したので
途中出場の田村も 今日のロッテの勝利に大きく貢献したかも。
Tamura

試合開始当初は寒くて仕方が無かったけど途中から陽が出でて
寒さも和らいで観戦しやすい環境になった。
この時期の観戦は天気が重要。晴れて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07 生観戦 アマ野球 | 07 生観戦 二軍 | 07 AMATEUR野球 | 07 MLB | 07 NPB | 08 生観戦 MLB | 08 生観戦 その他 | 08 生観戦 アマ野球 | 08 生観戦 一軍 | 08 生観戦 二軍 | 08 AMATEUR野球 | 08 MLB | 08 NPB | 09 生観戦 アマ野球 | 09 生観戦 一軍 | 09 生観戦 二軍 | 09 生観戦 MLB | 09 生観戦 WBC | 09 AMATEUR野球 | 09 MLB | 09 NPB | 09 WBC | 10 生観戦 アマ野球 | 10 生観戦 一軍 | 10 生観戦 二軍 | 10 生観戦 独立リーグ | 10 AMATEUR野球 | 10 MLB | 10 NPB | 11 生観戦 アマ野球 | 11 生観戦 一軍 | 11 生観戦 二軍 | 11 AMATEUR野球 | 11 MLB | 11 NPB | 12 生観戦 アマ野球 | 12 生観戦 一軍 | 12 生観戦 二軍 | 12 生観戦 独立リーグ | 12 生観戦 MLB | 12 AMATEUR野球 | 12 MLB | 12 NPB | 13 生観戦 アマ野球 | 13 生観戦 一軍 | 13 生観戦 二軍 | 13 生観戦 WBC | 13 AMATEUR野球 | 13 MLB | 13 NPB | 13 WBC | 14 生観戦 アマ野球 | 14 生観戦 一軍 | 14 生観戦 二軍 | 14 生観戦 独立リーグ | 14 生観戦 MLB | 14 AMATEUR野球 | 14 BCリーグ | 14 MLB | 14 NPB | 15 生観戦 アマ野球 | 15 生観戦 プレミア12 | 15 生観戦 一軍 | 15 生観戦 二軍 | 15 AMATEUR野球 | 15 BCリーグ | 15 NPB | 16 生観戦 アマ野球 | 16 生観戦 一軍 | 16 生観戦 二軍 | 16 生観戦 独立リーグ | 16 AMATEUR野球 | 16 NPB | 17 生観戦 アマ野球 | 17 生観戦 一軍 | 17 生観戦 二軍 | 17 生観戦 WBC | 17 AMATEUR野球 | 17 NPB | サッカー | サッカーユニフォーム | 旅行・地域 | 日々の出来事 | 草野球 | 野球場 1(北海道・東北) | 野球場 2(北関東) | 野球場 3(埼玉) | 野球場 4(千葉) | 野球場 5(東京) | 野球場 6(神奈川) | 野球場 7(中部) | 野球場 8(関西) | 野球場 9(中国・四国) | 野球場 10(九州・沖縄) | 野球場 11(その他) | 野球観戦 まとめ