« なかなか下ろせない | トップページ | ブンデス 首位攻防 »

2008年2月 9日 (土)

ビダード SEAへ

噂されていたトレードが成立しSEAがビダードを獲得
http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=9730

交換相手も噂どうりにSEAトッププロスペクト外野手のジョーンズ
昨シーズン73ゲームも登板したシェリルを軸に5対1のトレード。

記事に出ていなかった残りの3選手は全員投手で
カメロン・ミコリオ クリス・ティルマン トニー・バトラーという投手達。
月刊メジャーリーグの付録調べの成績は

ミコリオ    2A 18試合登板 3勝1敗2S  防御率1.82
         3A 14試合登板 3勝3敗1S  防御率3.75
ティルマン  A+  20試合登板 6勝7敗    防御率5.26
         A-  8試合登板 1勝4敗    防御率3.55
バトラー    A- 20試合登板 4勝7敗    防御率4.75

バトラーは07年のSEAプロスペクトランキング4位の先発左腕で
ティルマンがランキング8位の先発右腕。

MAJOR.JPの記事ティルマン
昨シーズンSEA内のマイナー最優秀投手と出ていたけれど数字だけみると疑問。
残りのミコリオはイマイチ数字以外の事はわからなかった。

今回のトレードの主役ビダードは06年の日米野球で観た選手だけど、
当時からあんまり印象に無い地味な投手。
RIMG0053.JPG RIMG0056.JPG

去年もBAL戦をほとんど観ていないので印象は変わらず地味なまま。
SEAは先発が弱いし駒不足だしビダードの数字を見ると
良い先発投手なのは判るけれど、イチローをライトに再コンバートして
ジョーンズをセンターのレギュラーで使う構想まであった若手に
充分活躍した中継ぎを(更にプラス3人のマイナー投手も)
つけてみあうトレードなのかはやや疑問。

SEAはいつもトレード下手だから
今回もまたやってしまったトレードになりそうな予感。
ジョーンズはもちろんバトラーあたりも大化けして、
SEAにまたひとつ失敗トレードの歴史が増えそう。


(追記) 2008年のBASEBALL AMERICAのランキングでは
カメロン・ミコリオ 18位
クリス・ティルマン 3位
トニー・バトラー  12位 でした。

|

« なかなか下ろせない | トップページ | ブンデス 首位攻防 »

08 MLB」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビダード SEAへ:

« なかなか下ろせない | トップページ | ブンデス 首位攻防 »