« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

せっかく行くのに

いよいよ明日NYへヤンキースタジアム観戦旅行に行くのにA・ロッドがDL入り。
96年?の日米野球で一度観た事がある選手だけど観たかった。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

緒戦から区民大会

ソフトボールは1度助っ人でやっているけれど、草野球は今年初の試合。
しかも緒戦が区民大会。こんなんでいいの?うちのチーム。

今日は3番レフト。最近は外野を守るときはセンターの方が多いけれど、
レフトを守る予定だったやつはセンターの方が好きらしくポジションチェンジ。

第1打席でセンターオーバーのエンタイトルツーベースが出だけれど、
あとの2打席はともに内野フライ。

相手のピッチャーの球が遅いので待って打ったら待ちすぎで詰まる最悪の結果。
たぶんレフト方向に打とうとすると上体が浮くので
今はセンターからライト方向に引っ張った方がよさそう。

守備では4回打球は処理したけれど、
これといって難しいボールは飛んでこない日。チョット残念かな。

今年初めての試合にしては調子は悪くないし
試合も勝ったので大会はまだ続くしとりあえず次の試合が楽しみ。
どうか次の試合がどうしても観に行きたくなる試合と重なりませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

やっと5勝目 ~横浜vs広島~

会社でチケットを貰ったので横浜vs広島戦を生観戦。
今年初の一軍戦だけれど、試合展開は二軍戦よりショボかった。

試合開始には間に合わず2回からの観戦。
しかも連れを迎えに行っている間に栗原のHRを見逃す間の悪さ。

今日の先発は横浜がウッドに広島がルイスの両外国人投手。

ウッドは味方の好プレーの後にHRを打たれたり、
ストレートのフォアボールを出したりで
波に乗れないピッチング。クイックも苦手そうで赤松にあっさり走られていた。
ピッチャーの居ない横浜以外じゃたぶん先発は外れそう。
RIMG2671.JPG
 
広島のルイスはまったく知らなかった投手だけど、
球が速いし(確認したMAXは149キロ)
8回完投するスタミナのある良いピッチャー。
でも、あんまり活躍すると来年辺りまた関西のチームにでも獲られそう。
RIMG2675.JPG RIMG2676.JPG

今日目立ったのは村田の守備。ファインプレーが3か4個。
良い突っ込みでアウトにしたり、
三塁線に飛びついてアウトにしたりとらしくない動き。
バッティングはまだ不調だけど守備でこれだけ動ければ
そのうち調子も上がってくるはず。
RIMG2679.JPG

心配なのはビグビーが途中で小関と交代した事。
ホームにスライディングした後、若干足を引きずっていたけど大丈夫?

決勝点は仁志の併殺崩れという地味な形だったけど3-2で横浜の勝ち。
やっと5勝目の横浜にとっては貴重な勝利を観れたのは良かったかな。
RIMG2697.JPG

http://bis.npb.or.jp/2008/games/s2008042500373.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

ジェンキンスMILに戻る PHI@MIL

普段は暇なうちの会社もゴールデン・ウィーク前と言う事でやや忙し目。
ようやく今週半ばにしてMLB中継を観られるようになった。

今日のスカパーの中継カードはどれも決め手が無いカードばかりだったけど、
ハメルズがPHIの先発だったのでPHI戦をチョイス。

でも肝心のハメルスが初回はメタメタ。
不調のフィルダーにもHRを打たれて3失点。
それでも2回からチェンジアップが低めに決まりだして2回から7回までは失点。
流石ハメルスと思ったのに8回にブラウンに2ベース 
フィルダーに2ランHRを打たれてKO。
球数が7回終了時点で110球になっていたから交代させるべきだったかも。

今日の試合で久々にMILに帰って来たジェンキンス
自らの意志というよりチームの事情で出て行った選手だから
スタンディングオベーションでお出迎え。
それに答えるように守備でファインプレーに盗塁を決めるハッスルプレー。
観ていて気分のよくなる光景。この試合を観ておいて良かった。

試合はMILがフィルダーが2本。
PHIがアトリードッブスバールの3本のHRが出る
ミラーパークらしい試合で5-4でMILの勝ち。

試合はMILが勝ったけどターンボーのピッチングは抑えとしては不安な出来。
コントロールの悪い抑えはチョットヤバい。ガンエー何してんの?

そういえば今日のMILの2番センターでカプラーが先発出場。
今でもこれだけ出来るのに読売時代の低調な成績はなんだんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

野茂 戦力外

非常に残念な結果。

今考えれば故障明けですぐの昇格は時期が早すぎた気がする。
もう少しマイナーで結果を残してから
自信を持ってメジャーに復帰する野茂が観たかった。

今書いている時点で他のチームからのオファーが無いので移籍は難しそうだし、
仮にKCのマイナー降格だったとしても、
もう一度メジャー昇格はおろか40人枠に入る事も難しそうな中で
現役を続けるかどうかは判らない。

個人的には野茂にはカズのように
ボロボロになるまで現役にこだわって欲しいと思う。

現時点でも既にボロボロかもしれないけれど、やっぱり野茂は永遠の野球小僧。
NOMO BASEBALL CLUB の“ 夢をあきらめるな ” を実践して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

越谷市民球場 ~イースタン 読売vs西武~

シーレックスが楽天戦で山形に行っているし、
大学野球も観たいめぼしいカードも無かったし、
社会人野球(日立市長大会)を観に行く為に
日立まで行くのも現実的では無かったので、
行った事の無かった越谷市民球場を観る事がメインのプチ遠征敢行。

最寄り駅の越谷駅へは中目黒からの日比谷線が
東武伊勢崎線が乗り入れているので
乗り換えは楽だけど同じ電車に乗っている時間が長くて退屈。
NY旅行ではマンハッタンから離れた所に泊まる予定なので
ヤンキースタジアムへのある意味予行練習。

お目当ての越谷市民球場は両翼98Mでセンター122Mで
プロが使うのにも充分なサイズ。
残念ポイントはバックネットから内野席を覆うネットが邪魔な事。
安全面を考えれば悪くは無いけれど、
写真を撮るにはネットにピントが合ってしまうので困る。
RIMG2507.JPG RIMG2480.JPG

因みに読売の選手は初回に守備に着く前に
サインボールを投げ入れていたけれど、
ネットが高すぎてキャッチャーの実松とサードの中井
ネットを越えずにチョット笑いが起きていた。
RIMG2476.JPG

読売の先発が村田透、西武先発が平野
共に大社ドラフト1位同士のマッチアップ。

村田上柚木で観た時と同じく決め球がないので粘られて苦しいピッチング。
3回を5失点。記録上は小坂のエラーが有るので全て自責点では無いけれど
今日も試合をぶち壊した。

2度観た感想としてはドラフト1位は勿体無かった気がする。
まあ、上手く育てば久保のようなタイプの中継ぎとしては活躍の場所はあるかも。
RIMG2493.JPG

一方の平野7回を投げて2失点の完璧なピッチング。
細身で真っすぐにキレがあってスライダーかフォークといった速い変化球で抑える
いかにも西武っぽいピッチャー。ただ西武らしくないのは
あまり守備が上手くなかった事。
ランナー1塁でピッチャーゴロを素早く対応できないで
ゲッツーを取れなかったりこの辺が課題かも。
RIMG2496.JPG RIMG2497.JPG

読売には清水小坂といった一軍クラスが二軍戦に観かけるのはザラだけど
今日の西武には何故かボカチカが3番センターでスタメン出場。
バッティングも好調だし盗塁も決めたし調子は良さそう。
二軍に居るのは病み上がりだから?
個人的にはLAD時代から変わった名前で気になる選手を観れて良かった。
RIMG2495.JPG

今日の座ったすぐそばにほぼ地元と言う事で春日部共栄から入った
斉藤の同級生らしき人達が沢山居て途中から出場で小盛り上がりして
8回に打った特大のHRに大盛り上がりしていた。
RIMG2502.JPG

彼らは斉藤をアゴと呼んでいたけれど
球場で貰った選手名鑑を観たら確かになかなかのしゃくれだった。
これで個人的にも斉藤=アゴで忘れない選手になった。

試合は4-10で西武の勝ち。
試合自体はショボかったかれど、
試合展開以外のオマケが充実して遠くから来た甲斐はあったかな。
RIMG2492.JPG RIMG2505.JPG

http://bis.npb.or.jp/2008/games/fs2008042000341.html

越谷市民球場
〒343-0011 埼玉県越谷市増林3-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

サバシア炎上 DET@CLE

今年調子が出ていない中地区優勝候補のCLEとDETのマッチアップ。

CLE先発はサバシア
去年のサイヤング賞投手も今期はチーム同様に不振。
初回はまずまずの立ち上がりだったのに
2回からは火だるまで4回0/3で9失点。

今日の9失点で防御率も13.50になって、
とてもサイヤング賞投手とは思えない成績。
でも去年はイマイチだったポストシーズンしか観ていないので、
自分としては見慣れたサバシア

サバシアが見事に試合をぶち壊してくれたので
自分が観たのは降板した5回まで。
最終的には2-13でDETの勝ち。

不振だったDETはカブレラが復調のバッティングで4安打5打点。

DトレインがDLに入った影響で先発に入ったガララーガが好投。
スライダーやツーシームといった動くボールが外角に決まって勝ち投手。

ガララーガひとりでDトレインの穴は埋めまらないけれど、
他の先発陣も今は不振でも実力者揃いなのでローテーション投手は問題なさそう。

CWSファンの自分としては同地区のDETとCLEがもう少し不振でいてくれた方が
個人的にはいいんだけど5月には確実に浮上しているだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

野茂登板 KC@SEA

野茂が登板する可能性があるので今日もKC戦をスカパーで観戦。

SEA先発のバティスタとKC先発のベイル(元広島)が
テンポが悪いダラダラした試合展開。
バティスタは初回と4回に失点。ベイルは3回まで毎回失点。
ランナーが出るとふたりとも間合いが長くなる観ていて楽しくない試合。
まあベイルが打たれてくれないと今の野茂の出番は無いので良しとしないと。

待望の野茂登板は4回途中からで
最初のバッターブルームキストにヒット、ベタンコートにツーベース。
イチローは三振に取ったけれどロペスにライトに犠飛で失点。
イバネスをレフトフライでスリーアウト。

5回はベルトレイにツーベース、ビドロセクソンに連続フォアボールで降板。
登板イニングは1回0/3。野茂をリリーフしたメイヘイが打たれたので失点は4。

ストレートのスピードが無いしコントロールも良い方じゃないんで
フォークが決まらないとかなり厳しい。
ただ、フォークの切れは悪く無さそうなのでフ
ォークさえ低めに決まれば何とかなるかもという印象。

先日の福盛に続いて昨日勝ち投手になったもマイナー降格したし、
現状では厳しいけれど野茂には何とかメジャーに残り続けて欲しい。

春季キャンプや初登板のニュースを観たからはじめてでは無いけれど、
野茂が着るKCのユニフォームは色が
同じ青のLADを思い出して違和感がまったく無い。
今日はジャッキーロビンソン・デーだったので
出来れば背番号42の野茂も観たかったな。

試合は11-6でSEAの勝ち。
試合は自分の嫌いな乱打戦だったけれど
野茂が登板したしDVDに残すつもり。
ただ自分が録画していた時間では納まらなかったので
再放送を録画し直さないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

上柚木球場 ~イースタン ヤクルトvs読売~

イースタンの日程が発表された時から気になっていた上柚木公園球場。

当初は仕事が休みの明日行く予定だったけれど、
明日の天気予報が悪かったのと週末開催は今日と明日だけなので、
どうしても観に行く為に何とか今日の仕事を昼前に切り上げて無事観戦。
RIMG2261.JPG RIMG2345.JPG

球場のサイズは両翼98Mでセンター122Mでサイズはプロレベルだけど
外野の芝が最悪の状態。
ふだん草野球で使っているグランドの方が芝が良いくらい。

ヤクルトが高井 読売が門倉。一軍で活躍していなきゃいけない二人が先発。

高井は相変わらずのノーコンでピンチの連続。
味方の好守備に助けられても5回4失点。
良いボールはあってもコントロール難の方が大きいので一軍は遠そう。
ab11e4c1.JPG 8d0ab963.JPG

逆に門倉は好投。7回を斉藤の内野安打1本に抑える完璧な出来。
こんな良いピッチングをしてもなかなか一軍には上がれなそうな現状を考えると
FAしなきゃ良かったのに。
e5f04405.JPG adbdc5c4.JPG

試合は終盤まで読売のワンサイドゲーム。
8回からは登板した大社ドラフト1位の村田透が登板。
d7a0ffc3.JPG 64bce7e6.JPG

8回はまずまずのピッチングだったのに9回に捕まり途中降板。
真っすぐとスライダー?のコントロールは悪くないし
そこそこ抑える事は出来そうな印象だったので9回に捕まったのは意外。
これといった決め球が無さそうなのが連打の原因?

村田透に代わって登板したオビスポも打ち込まれて9回に一挙6点。

上柚木球場にスピードガン表記が無いので判らないけれど、
見た目の印象としてオビスポの速球は
今日もかなりのスピードが出ているのに打ち込まれる。
やっぱプロは速い球だけじゃ通用しないのが改めて判る。
250fbd9b.JPG

ヤクルトも同点までいったけれど、
10回11回に点は入らず6-6の同点で引き分け。
9回に6点差を追いついたのは自分が生で観た試合ではおそらく最大の点差。
どうせだったら6点差を逆転勝ちする試合が観たかった。
RIMG2271.JPG

RIMG2333.JPG RIMG2344.JPG 

0-6の試合で天気同様にお寒い内容で帰ることになると思ったら
最後のさいごでなかなか面白い展開の試合が観れたし、
上柚木球場のショボさも何だかいい感じだし、
なかなか有意義な野球観戦。今日無理して来た甲斐があった。

http://bis.npb.or.jp/2008/games/fs2008041200270.html

上柚木球場
〒192-0373 八王子市上柚木2-51-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

一日ずれていれば

野茂が3年ぶりのメジャー登板。7回からのリリーフで3回を投げて2失点。
登板したのが昨日だったらスカパーの中継があって観れたのに。

まずはメジャー復帰できた事を喜ばないと。
そして、次に観る機会があると信じよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

野茂はまだ投げない NYY@KC

野茂のメジャー昇格後初のKC戦の中継。
でも野茂のメジャー復帰登板は今日もおあずけ。

先発はKCがグリンキーでNYYがケネディーの予定が、
ケネディーではなくブルーニーが先発。
昨日の先発のバニスターヒューズに比べると興味は落ちるけど
なかなかのマッチアップ。
因みに先発回避したケネディーは6回から登板。
何の為の先発回避だったかイマイチ良く判らない。

グリンキーが期待以上のピッチング。
今まではそれほど気になるピッチャーではなかったけれど、
今日のピッチングで印象が変わった。
雨で足場が悪い中でもコントロールが完璧。こんなに良いピッチャーだったっけ?

もともとお気に入りのガスライトは1番センターで出場。
バントヒットも決めたし盗塁も決めたしオープン戦の好調を維持している。
デヘイススが戻ったらセンターはどうするんだろう?
個人的にはガスライトを観続けたい。

松井は5番レフトでスタメン。バッティングではヒットは無かったけど良い振り。
でも守備では難しいフライを追いつけずに三塁打にしてしまう拙い守備。
今の膝の状態ではDH専念の方がよさそう。

試合はバックのHRなどで5回に2点、6回にも2点取ってKCが4-0で勝ち。
薮田は観れたけど野茂の登板が観られなかったのは残念。

流石にスカパーでもKC戦の中継は少ないので何とか次の中継があるまで
野茂にはメジャーに残っててもらわないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

SFの藪 SD@SF

SFがケイン SDがマダックスだったので投手戦を期待したのに
前半はダラダラの展開。
審判が辛い事もあって二人とも四球連発。

マダックスは中盤から立ち直ったけれど、
ケインは立ち直れないまま4回1/3でと交代。

MLBでをMLB中継で観たのはOAK時代の2005年以来。
満塁の場面で登板してセカンド べレスのファインプレーのあって
その回は無失点に切り抜けトータルで2回2/3を投げて1失点。

次に打席がまわる最後のイニングでしかも追い込んでから
グリーンに打たれたから勿体無い失点。
でも、全体的には良い内容。特にフォークのコントロールはなかなか。

今日は良かったけど、いつまでメジャーに残れるかも判らないし
OAK時代はDVDに残しそこなったので今回はDVDに残すつもり。
ただ試合が9回で1-8から3点取っての4-8で
SDのワンサイドゲームだったのが残念。

今日の中継を観ていてスローVTRの下の広告が
日産・マツダ・トヨタの日本の自動車会社が続いた。
日本的に考えた場合、同業社が同じ番組で広告に入るのは考えにくい。
アメリカではこういうのがアリなの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

俣野公園野球場 ~Y校 vs 慶応~

このブログでも何度か書いているけれど、自分は高校野球好きではない。
でも今日は高校野球のしかも練習試合を観る為に朝から出かけた。

最大の目的は今日杮落としのドリームランド跡地に出来た俣野公園野球場。
RIMG2219.JPG

家から俣野公園まで自転車で約30~40分。
開門が9時からだから8時半頃に着けば良いと思って7時半すぎに出たのに
既に球場周りに開門待ちの列。神奈川の高校野球ファンテンション高すぎ。

目的のグラウンドは両翼99Mにセンター122Mで市内のグランドでは最大。
ただ観客席が外野の芝生席を合わせても約5000人なので、
今日のように人が沢山入る試合では若干せまめ。
RIMG2186.JPG RIMG2189.JPG

今日の杮落としのゲームの出場校として
市営のグランドという事でY校が選ばれたと思うけれど、
甲子園にも出場した慶応とはシートノックでレベルの違いを感じた。

カットマンへの送球。
ひとつひとつのプレーを流さずにきっちりやっているかなどの差は大きかった。

予想どうり試合は慶応のペースで進む。

慶応先発は背番号1の只野。立ち上がりは怪しい出来だったけれど、
中盤からはY校打線をまったく寄せつけないピッチング。
真っすぐに自信があるようで右バッターでも
レフトが左中間センター寄りに守っていた。
91d54f22.JPG 3edd220a.JPG

Y校先発も背番号1だからおそらくエースの中川内
TVでも観た事が無いのでよく判らないけれど、スライダー(速いカーブ)が良さそう。
ただ慶応の2番福富の頭にデッドボールをぶつけて動揺している間に失点。
スライダー中心の攻めで慶応打線を中盤まで抑えたけれど、
中盤に捕まり5回0/3で降板。
8b3a1065.JPG 597217ea.JPG

センバツを観ていなかったのでその時出ていた判らないけれど、
慶応の4番は背番号25の宮下。何で25?何で4番。
まあ実際今日も長打を打っていたから4番でもおかしくは無いけれど…。
d8a122c5.JPG

試合は2-7で慶応の勝ち。おそらく慶応の只野がそのまま投げていたら
Y校に追加点はなかったろう。
RIMG2187.JPG RIMG2217.JPG

新球場の杮落としに行ったのははじめてだし、
力道山の孫 左腕の田村が見られなかったこと以外は
くいは無い野球(場)観戦かな。

 

俣野公園野球場
〒245-0066 神奈川県横浜市戸塚区俣野町1367-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金のひげ CWS@DET

今年最初のCWSのTV中継。
残念ながら縁故採用で最悪コメンテーターのパンチョ伊○の甥のT氏なので
副音声での観戦。

CWSのスタメンは
(8)スウィシャー
(6)カブレラ
(D)トーミー
(3)コネルコ
(9)ダイ
(7)クエンティン
(5)クリーディー
(4)オズーナ
(2)ホール
(1)フロイド

試合はDETデビューのウィリスのコントロールがイマイチなのに打ち崩せず。
先制された後やっと6回に一挙4点とって逆転勝ち。
先発のフロイド中継ぎローガンラインブリンク
抑えのジェンクスはピンチをつくったけれど
最後のサードゴロをクリーディーのファインプレーで切り抜け
3-5でCWSの逆転勝ち。

先発のフロイドはたしか去年のオープン戦で
チラッと観ただけでだったと思うので実質今日が初見。
カーブがなかなか良いしコントロールは全体的には悪くないけれど、
今日はフォアボールを出した後に失点。
ランナーを出してからのピッチングが課題。

最後のクリーディーの三遊間のゴロを飛びついてアウトにしたプレーを観て
やっぱクリーディーの守備力はCWSに必要不可欠。心配なのは腰痛だけ。

新加入で今日観れたのはスウィッシャーカブレラクエンティン
それとラインブリンク

スウィッシャーはOAK出身らしい選球眼のよさを披露して四球3個。
守備も広いコメリカ・パークのセンターでもまずまずの守備。
印象ではもっと動きが鈍そうなイメージだったけど
センターの守備でも戦力になりそう。

カブレラは折角スウィシャーが初回に塁に出て
すぐに良いスタートの盗塁を試みたのに
あっさりフライをあげて台無しにしたり、
守備でもカットプレーでの送球がイマイチ。
ラテン系だし調子が上がってくるのは暖かくなってから?

クエンティンはレフトフライで一塁に投げて、
飛び出していた一塁ランナーのレンテリーアを刺す強肩を披露して
守備力をアピール。打撃も1本ヒットを打ったし特に対左には強そう。

ラインブリンクは危なげないピッチング。
このピッチングが続けられたら8回ラインブリンク
9回ジェンクスで終盤2イニングは磐石。

今日の試合内容以外で気になったのは
スウィシャージェンクスホールのひげが金色な事。
ジェンクスは山羊ひげで全体的にスウィッシャーホールは部分的に金色。

自分も元ポルトガル代表DFのザビエル風にひげを
金色に染めた事があったので親近感がわく。
とりあえず今日勝って3連勝だからすぐには剃らないと思うけれど、
何時まで続くのか?他にも金髪ひげをやってる
or やりはじめる選手は居るのだろうか?気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

迷彩ユニフォーム&黒田初登板 LAD@SD

日本的には黒田のMLB初先発だろうけれど、
個人的にはSDの迷彩ユニフォームの方が比重が大きい試合。

毎年ほぼこの時期に着ている迷彩ユニフォーム。
なかなかTV中継と迷彩ユニフォーム着用日が合わなかったりして
じっくり観る機会が無かったけれど、
今年ようやくしっかり観る事ができた。

迷彩色なのは上だけで下はビジター用っぽいベージュのユニフォーム。
胸のパドレスや背番号の表記が深緑色なので、
帽子やアンダーシャツは深緑色。
ヘルメットまで深緑だったから
このユニフォームをまた着用する機会あるのかも。

MLB初先発の黒田は、らしいピッチング。
外角のスライダーに内角に落ちながら食い込むフォークのコントロールが完璧で
失点はジャイルズのソロHRだけで7回を1失点。
 
7回にSD2番手サッチャーがコントロール難でLADが一挙6点をとって1-7。
試合はそのままLADの勝ち。

試合はLADの勝ちだけれどイマイチ良く判らないトーレの継投。
8回9回に先発投手のビリングズリーが登板。
良い選手が沢山観られるのは嬉しいけれど
この後のローテーションを考えても
他のピッチャーを投げさせた方が絶対良いと思う。

SDで観られて良かった選手は代打で出たゲラート
CLEでデビューした時はデービット・ジャスティス似の
バッティングが好きだった選手。
膝の故障で消えた選手だと思ったけど復活は嬉しい。

迷彩ユニフォームだし黒田を含めていろいろ観たい選手も出ていたし
DVDに残すつもりだけど、でもうチョットSDが頑張って競った試合だったら
もっと良かったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タウルズ or トールズ HOU@CHC

未だにスカパーでCWSの中継が無いのに同都市のCHCは2度目の中継。
これって福留効果?前回福留が活躍した試合は
レインディレイがあって最後まで観られなかったので
最後まで観るのは今日が今年初。

CHC先発のヒルはカーブが良いでも勝ちきれない。
今日もキャッチャーのトールズ(スカパー表記はタウルズ)に
HRを打たれて2失点。コントロールに苦しむ場面もあるけれど、
あの大きなカーブを観るとまた観たくなるピッチャー。

逆にHOU先発のサンプソンは投球が地味。
今日のピッチング内容は良かったけれど、もう一度観たくなるインパクトは無い。
ヒルより長いイニングを投げたけど、
こちらもキャッチャーのソートに同点のツーベースを打たれて降板。

打点をあげたトールズソートはふたりとも期待の若手キャッチャー。
CHCのソートは去年のポストシーズンで観たけれど、HOUのトールズは初見。

HOUにはオースマスが居るけれど、トールズを育てていくみたい。
肩やキャッチングの守備力は確認できなかったけど、
打力に関してはオースマスより期待できそう。

8回にCHCのデローサソリアーノの守備のミスがあってHOUが逆転。
ミスをした二人がダブルスイッチの影響で9回には
セカンドにソリアーノ サードにデローサが入るデンジャラスな守備交代。
ソリアーノには2度の守備機会があったけど怪しいプレーだった。

最後はARIから移籍したバルベルデデローサにHRは打たれたけれど
3-4でHOUの勝ち。

試合内容以外でセブンス・イニング・ストレッチで
元ロッテのマドロックが歌っていた。
現役時代からポッチャリ体型だったので太っても印象は変わらない。
因みに歌唱力は微妙だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »