« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月30日 (金)

一応、首位対決 CWS@TB

まさかTB戦でこのタイトルを付けるとが出来るとは、
シーズンはじまる前は考えもしなかった。

TBの好調ぶりを観ると正直、
CWSの方が首位陥落が早そうな気がしないでもない。

今日の先発はTBがジャクソンでCWSがダンクスの元トッププロスペクト対決。

今年のジャクソンはようやく才能が開花し始めているらしいと
チラッとは聞いていたけれど、去年までと違って安定感がある投球内容。

去年までストライクをとる事に苦労してたけど、
今日のフォアボールは6回を投げて2個だけ。

4失点でクォリティスタートとはいかなかったけど、
充分に試合をつくれるピッチャーになっていた。

ダンクスも去年はコントロールに苦しんだけど、
今日は6回でフォアボール1個で安定感のあるピッチング。

去年観た時と比べてカーブは少なめ。
それでも奪三振は8個で相変わらず三振のとれるピッチャー。

お気に入り選手だったマッカーシーとのトレードだったので、
このトレードはイマイチの印象だったけど、今となってはいいトレード。
相手が投手育成能力のないTEX相手のトレードだったから
マッカーシーが伸び悩み&故障の印象も若干あり。

トレードで言えばARIから新加入のクエンティンは今日も2安打1打点の活躍。
正直、シーズン前はあまり期待してはいなかった選手。

個人的にはクリーディが復帰してレフトはフィールズ
サードからコンバートすれば良いと思っていたし、
守備力を考えれば去年センターを守っていたオーウェンス
レフトを守れる可能性もあったので、
クエンティンの獲得にあまり価値を見出せなかった。

現在リーグトップのHR数だし、強肩を生かした守備でも貢献しているところを観ると
ダンクストレードと同様にウイリアムズGMの先見の明を感じる。
まあ、ヤングをARIに出したトレードなど失敗も沢山あるんだけど、
失敗トレードの事は忘れよう。

試合は先制・中押し・ダメ押しと効果的に点を入れたCWSが1-5で勝利。

去年までとの違いはリリーフ陣が好調な事。
今日もソーントンドーテルローガンの無失点リレー。
05年の優勝も個人的にはリリーフ陣の頑張りが大きいと思っているので、
当時と同じ雰囲気がしている今のリリーフ陣の調子がいつまで続くかが問題。

やっぱり怪我人が出ないことが首位を維持できるいちばんの秘訣かな。
あとは中地区のDETやCLEといった強豪たちがいつまでも不調でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

今年もピラニア軍団 MIN@KC

中継数が多い事もあって、今年は応援しているCWSより観ているKC戦。
いつの間にか9連敗もしていたKCの先発はグリンキー
グリンキーの先発の試合だけでおそらく観るのは今年3回目くらい。

防御率からいっても今年はKCのエース格のグリンキーは今日もらしいピッチング。
球は速いし、たまに出すフォアボールは失点につながったけれど
まずまずの出来で8回を3失点。

今日の中継ではじめて知ったけれど
6回3失点で先発投手の合格とされる “ クォリティ・スタート ” 。
6回まで抑えても7回以降に3失点以上したら
“ クォリティ・スタート ” と記録されないらしい。
せっかくだから、憶えておくつもりだけど何だか変な印象。

MIN先発はリバン・フェルナンデス。打たれながら抑えるピッチングスタイルだけど、
レフトのヤングやライトのカダイヤーの拙い守備もあって失点を重ねる。

TB時代は強肩だし体型の割りに動けるから守備も良いと勘違いしていたけど、
ヤングの守備は酷かった。
今日はホームへ悪送球に何でもないフライも落とすエラーがふたつ。
エラーじゃないけどファールフライに追いつけなかったし
ヤングの守備ってSTLのダンカン並み?

KCのお気に入り選手ガスライトは2番センターでスタメン。
バントヒット2本を含む3安打。脚を生かした広い守備範囲も魅せていたし、
まだしばらくはヒルマン監督に先発で使ってもらえそう。

グリンキーが降りたあとの9回にゴメスペラルタが5点差を守れず同点。
10回にモーノーにHRが出てMINが8-9で逆転勝ちでKCは10連敗。

サンタナハンターも居なくなったMINの粘り強さは今年も健在。
CWSのギーエン監督が名づけた “ ピラニア軍団 ” は受け継がれている。

今はCWSは首位だけど自力があるけど今は低迷しているCLEとDETだけじゃなく
ピラニア軍団のMINも今日の試合のような粘りをみせられると
いつまでCWSが首位でいられるのか判らなくなるし、チョット嫌な感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

生観戦は2戦2勝 ~横浜 vs オリックス~

今年に2回目のベイスターズ戦。義兄の会社の人達と貰ったチケットで観戦。
 
今日のスタジアムは指定席が特別料金で安いので
最下位チームの試合とは思えない混雑。
自分たちの内野自由席も新聞屋さんがチケットを配りすぎたせいなのか、
いっぱいで一塁側には座れず、
結局オリックスファンでもないのに三塁側のポールのそばで観戦。
試合は自分のスタジアムに着いた時点で0-4。
しかも相手は開幕投手の金子だったので敗戦濃厚と思ったら
今日は効果的にHRが出て逆転。
最後は寺原が8回9回の2イニングを抑えて9-5で勝利。
RIMG4253.JPG

古木
大西のトレードコンビも両方観られるというオマケもついていたし、
なんといっても今日の勝利で14勝目で
勝率がたった3割超えた位のチームの試合を観て、
2勝も観られてたった2試合とはいえ勝率10割の好成績。
RIMG4250.JPG RIMG4252.JPG
あんまり1軍の試合を観ることの無い自分だけれど、
ベイスターズの為にまたスタジアムに来ようかな。
RIMG4254.JPG

http://bis.npb.or.jp/2008/games/s2008052600643.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

遠征の予定を立ててみる

自分の住む横浜では雨があがり横浜スタジアムに行けば
生観戦は可能だったけれど、
明日のチケットを義兄から貰ったので
雨の可能性のあった今日行きたいとは思わなかったし、
行ってみたくなる二軍や大学野球は中止だったので、
おとなしく家でいろいろ生観戦できる日程を調べてみた。

調べた結果7月21日(月)の祝日を使えば
最大4試合も観たい球場の生観戦が出来る可能性の日程だった。

19日(土) スカイマークスタジアム オリックスvs日本ハム(6時開始)
20日(日) あじさいスタジアム    サーパス vs中日二軍(12時半開始)
21日(月) ナゴヤ球場         中日二軍 vs阪神二軍(12時半開始)
21日(月) ナゴヤドーム        中日    vs広島   (6時開始)

今のところ21日のナゴヤ球場のウエスタン・リーグは
予備日で試合が行われるか確定ではないけれど、
今日の同一カードが中止になったので21日に行われる可能性が出てきた。

仮に雨&予備日が行われなくても20日(日)のサーパスの試合を
一軍の京セラドームの試合に変更すれば
京セラドームとナゴヤドームで最低2試合は観る事が可能な日程なので
とりあえずは安心して出かけられる。

問題は野球のチケットと往復のチケットが取れるかどうかと
神戸(大阪)から名古屋までの移動。
今のところ往きは新幹線で新神戸へ。
帰りはムーンライトながら or 夜行バスを予定しているけど、
土曜日は午前中の仕事の後にナイターの間に合う新幹線が
予約できるか判らないし、帰りの7月21日は “ 青春18きっぷ ” の利用可能日で
ムーライトながらを予約するのは難しいかも。

オリックスの試合はチケット売り切れはないだろうけど、
対広島でもナゴヤドームのチケットは売り切れるほど人気が在るのか
どうか関東在住の自分には判らない。
とりあえず予定は未定だけど、本場の神戸牛に味噌カツも食べたいし
出来れば行ってみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良く着るオルタネイト TEX@CLE

未だに観ていないPITの試合も気になったけど、
防御率1位のリーが先発なのでCLE戦をチョイス。

ただ今日のリーの出来はイマイチ。
7回途中までで2失点だけどフォアボールが4個。
あの球威で奪三振は8個獲ったし去年の状態を考えれば
今日のピッチングでも上々の出来かな。

3回にフランシスコの3ランHRでCLEが逆転。
はじめて観る選手だけで思い切りの良さは感じる。
でもこの好調は相手に研究されても続くかどうかは疑問。

TEXで気になる選手はハミルトン
左対左だけど相変わらずシュアなバッティングで今日も2安打。
センターの守備でもいい動きだし流石元ドラフト全米1位選手のプレー。

失点は5点になったけどTEX先発のフェルドマンもそんなに悪い印象はなかった。
投手の育成能力のない事で有名なTEXだけど、
リリーフから先発への転向は悪くないかも。
とりあえずはローテーションで投げ続ければ
貴重な先発投手になる可能性はありそう。

試合は5-2でCLEの勝利。
因みに今日のCLEのユニフォームはクラシックスタイルのオルタネイト。

試合は観ていないけれどDVDに残した
小林雅の初勝利のNYY戦の時もこのオルタネイト。
NYY戦の時は “ ターン バック クロック ユニフォーム デイ ” かと思って
DVDに残したけど、どうやらただのオルタネイトユニフォームだったみたい。

今期は未だに普通のユニフォームを観ていないし、
いいデザインで好きなユニフォームだけど、
オルタネイトはたまに観るから良いのであって、
それを多用するのあまり良しと思わない自分には、
沢山着て欲しい気持ちと出し惜しみして欲しい気持ちと
このユニフォームには相反する気持ちが何かある。

対戦相手のTEXも青いオルタネイトだったけど、
このユニフォームは頻繁に使いすぎて
今日の記事を一旦書き終えて誤字等を確認するまでTEXのユニフォームが
オルタネイトのユニフォームを着ているのを忘れていた。

たぶん週末だけしか着ていないみたいだし、
TEXみたいに多用しなければ
CLEのクラシックスタイルのオルタネイトを着てもいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

久々に観るバッキー PHI@HOU

HOU先発のバッキーを観たのはたぶん故障前でリーグ優勝した05年以来。
テンポの良さは相変わらず。おかげで試合展開も速め。
個人的には短い試合時間は大歓迎。8回途中まで投げて1失点。
軽快な守備や内野安打になったバントの上手さも流石元野手ってカンジの動き。

先制はPHIバールのHRだけどペンスの2本のHRなどでHOUが逆転。

4-1で9回にHOUの抑えバルデルデが登板。
ただフェリスのカンバッカーをモロに顔面直撃。
投げ終わった時にバランスを崩していて明らかに取れる気配もない体勢だった。
守備の上手い先発のバッキーだったら取れていたかも。

バルデルデはピシャリと抑えた訳ではないけれど
顔面直撃の影響の感じさせない力強いピッチング。
最後は不調のハワードを抑えて4-2でHOUの勝利。

松井稼頭央が戻ってきたほどの勢いは感じられないけれど、
それでも打線はどこからでも点が入る雰囲気。
オズワルトが調子が良くない現状だけど、
今日のバッキーのように他のピッチャーがある程度頑張れば
後半戦強いチームだからポストシーズン進出有力の気はしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

ようやく初NYM戦 NYM@ATL

サブウェイシリーズがスカパーで中継されなかったので、
今年初のNYM戦のTV観戦。
お目当てはMINから移籍のサンタナ

コメンテーターの蛭間さんと節丸さんは今日のサンタナ
ベストのピッチングではないと言っていたけれど、
自分はチェンジアップが低めに決まっていて1失点に抑えていた
6回までは悪くないピッチングの印象。

ATL先発もハドソンなのでエース対決。
このマッチアップは去年の6月15日のインターリーグで観ていた。
ハドソンベルトランデルガドに連続HRを打たれたけれど、
このHR以外はサンタナ以上のピッチング。

因みにデルガドのHRはレフト側。
デービットソンの誤審のサブウェイシリーズの一発も確かレフト側。
HRとは言っても、ほぼ引張り専門のデルガドの打球が
レフト側に飛ぶのはまだまだ不調って事?

7回に先頭のケリー・ジョンソンがツーベース、ハドソンが送って、
今までキャリア対サンタナでヒットを打っていなかったインファンテ
4割打者のチッパーティシェイラまで
連続安打で続いてこの回3点。サンタナはこの回投げきって降板。

ハドソンは8回まで投げてHRの2失点だけ。
9回は前回観た時好投したアコスタが味方の守備に助けられて
アウトふたつ取って降板。最後はオーマンコッツェイのファインプレーで
デルガドを抑えて4-2でATLの勝利。

今日の負けでNYMは借金1。ランドルフ監督の首も怪しいかな。

どうやらアメリカではロッテのバレンタイン監督の待望論もあるみたいだし
ロッテも低迷しているから、
オリックスのコリンズ元監督みたいに辞任してアメリカに帰国して
バレンタインがNYMの監督へ電撃就任なんていうウルトラCもあったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

キリンカップ コートジボワールvsパラグアイ

スカパー等でもなかなか観る機会が無いアフリカの代表チームの試合




 
個人的にはナイジェリアが台頭してきたアメリカワールドカップや
アトランタ五輪あたりからアフリカ代表チームの試合をテレビで観るのが楽しかった。
 
いつかは生で観てみたいと思っていたらキリンカップで
コートジボワールとパラグアイの試合が地元の横浜で
しかも新横浜の日産スタジアムでなく陸上のトラックのない三ツ沢球技場だったので
平日ナイターなのに前売りを購入。

 



前売りを買ったチケット代1500円だったけど、
明らかにそれ以上の価値のある試合。
今までテレビ等で観て凄さは知っているつもりだったけど、
生で観るとアフリカの選手のスピードとバワーには驚く。
 
特に前半はコートジボワールの一方的なペース。
強さだけでなく所々で見せるボール捌きの技も凄かった。
ただ後半は時差ボケの影響で動きが落ちたのかバラグアイにずいぶん攻められる。
 
トラオレの得点で何とか先制したけれど
パラグアイのボガドに豪快なシュートを決められて1-1の同点で終了。
 
結果はたまたまかも知れないけれどアフリカの代表チームは
どうしてあれだけ身体能力があって、
しかもほとんどの選手がヨーロッパでプレーして戦術にもたけていると思うのに
今日のように何故か勝ちきれない試合が多い印象。
 

今日の試合でのコートジボワールはバイタルエリアあたりで
シュートを打たないでボールを廻しすぎ。
 
ドログバがいれば違うのかも知れないけれど、
どこの代表でも決定力不足は永遠のテーマとなっているのかなと思ってしまう。
RIMG3904.JPG RIMG3910.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

阿斗里 ~イースタン 湘南vsヤクルト~

阿斗里が先発予定とHPに出ていたので、仕事終わりに観戦。
cf4253ae.JPG

去年の甲子園ではブルペンで投げている所しか観られなかったので
打者相手に投げるのは初見。
真後ろから見た訳では無いので確かでは無いけれど、
投げていたボールはほとんど真っすぐ系。
それでも打者が振り遅れていたので、球は来ていたみたい。

5回を投げて自分の牽制悪送球がらみの1失点だけのまずまずの出来。
たぶん5回で降板は最初から決まっていたんだろう。

珍しく桑原がセンターでスタメン。
お気に入り選手だけど最近出番が減っているのを心配したけれど
今日は見事なホームラン。
もうひとりのシーレックスお気に入り選手の内藤も大活躍だったし、
ホントに良いときに来たと思う。
56f9ad39.JPG 37b9764c.JPG



それにしてもヤクルトの二軍の選手はほとんど判らない。
スタメンで判るのは真中くらい。しかも今日のポジションは何故かファースト。
普段守らないからなのかグローブは外野用。
それでも守備でもいい動き。何時になったら上にあがれる?
d7f20f2c.JPG

新外国人のジェイジェイもシーレックスのユニフォームで初見。
こんな成績なら種田をそのまま残して
ジェイジェイなんか獲らなければ良かったかも。
RIMG3559.JPG

試合は5-1でシーレックスの勝利。
なにげに自分が今期観たシーレックスは全て勝利。
RIMG3551.JPG RIMG3575.JPG

今週末も行きたいけどは天気が悪そうだし、
静岡まで土肥先発の試合を観に行きたいとも思わないし、
次のシーレックス観戦は何時になるかな。

http://bis.npb.or.jp/2008/games/fs2008052100605.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

富士北麓球場 ~春季関東大会~

今年の3大観に行きたい野球場 その2 である
富士北麓球場で関東春季大会を観戦。
RIMG3220.JPG RIMG3221.JPG

この球場の特徴はセンター後方に富士山が観られる
球場マニアにとっては一度は行きたい球場。

今日は雨の心配のないほどのいい天気。
でも着いてすぐ確認した富士山は雲がかかって何処にあるかまったく判らない。
RIMG3232.JPG

時間がたつとだんだん雲がとれてきて昼前には富士山を確認。
ただ、昼飯の “ よしだのうどん ” を食べに球場を離れている間が
一番綺麗観えていた。戻って観えた富士山がこれ。
RIMG3236.JPG

残念ながら借景の富士山は半分くらいだけ。
春先より秋口の方が雲が少ないかもしれないから
今度山梨で秋季大会がある時また来ようかな。

第1試合は常総VS日大三

シートノックの時は常総の方が上手く観えたけれど、
試合前半に常総がエラー連発で失点。
そのたびにエラーの選手を交代させる木内監督
ミスをした選手にリベンジのチャンスを与えない。
個人的にはこういう選手交代は好きではないけれど、
この厳しさが全国制覇につながったんだろう。

実際、日大三のチャンスでの選手交代になるので、
攻撃のリズムを代える効果はあったかも。

試合は2点リードの9回に一挙4点取って6-4で常総の逆転勝利。
RIMG3222.JPG RIMG3235.JPG

この試合で一番目立ったいたのは負けたけれど日大三のキャッチャー田中洋
背番号12だし肩も強くないから控えの選手だと思うけど、
バッティングはギャップを抜く良いバッティング。
勝っていれば間違いなく今日のMVPの活躍。
8ac246bcjpeg

第2試合は前橋育英VS栃木工

うどんを食べに一旦外に出ていたので試合は2回途中から観戦。
試合は前橋育英の一方的なペース。
余裕なのか背番号1の石田を5回で降板させても完封勝ち。
ea9f1dbfjpeg

選手のまったく知らない両チームで前橋育英の4番サードの小板橋はいい動き。
4番を打っているくらいだから打力はもちろん脚も速そう。
記憶の片隅に留めておくつもり。
503af923jpeg

試合は5-0で前橋育英。
RIMG3242.JPG

第3試合は横浜VS千葉経大

横浜のエース土屋は連投の影響?なのかイマイチの出来。
それでも前の打席にHRを打たれた選手には
三振を奪うなど気合で抑えるピッチング。
2cc58b47jpeg

千葉経大のキャッチャーの肩があまり強くない事もあって横浜は盗塁連発。
千葉経大バッテリーも脚を警戒するので牽制が多くなったり
間合いが長くなったりで試合時間も長め。
やっぱり脚を使えるチームは強い。

試合は3-5で横浜
RIMG3246.JPG RIMG3254.JPG

去年の秋に観た時ほどの強さはなかったけれどそれでも接戦に勝つ強さがあった。
ただ、渡辺監督を含めてチーム全体で
相手を威嚇するような野次の汚いチームの印象も受けた。

一塁牽制に対しては一塁手の動きがおかしいと一塁審判にも文句を言う。
影響はないと思うけれど、その後の際どいプレーは
ことごとく横浜有利の判定が出ていた。

第1試合で観た常総の木内監督同様こういった事も勝利につなげるんだろう。
ただ勝つためには何でもやる姿勢は共感できない。
地元だけど横浜をあんまり応援したくは無くなった。

富士北麓球場
〒403‐0005 山梨県富士吉田市上吉田立石5000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

ショボい交流戦緒戦 OAK@ATL

今日からMLBは交流戦の第1ラウンド。
仕事終わりで録画しておいたOAK@ATLを観戦。

この試合が積極的に観たかった訳ではないけれど、
残りの2試合がまったく魅力の無い松坂黒田の登板試合だったので
選択肢がなかった。

ナショナルリーグのATLでの試合なのでDHはなし、
と言う事で僅かな興味だったトーマスも出番なし。
画面にも9回にパーカーを着ている姿がチラッと映るだけ。

試合展開もATL先発のジャーシエンスがピリッとしないダラダラとしたピッチング。
それでもOAK打線も攻めきれず、失点は2点で5回までは投げる。

逆に投打に頑張っていたOAK先発のイブラント
6回にマッキャンに打たれて2失点で
勝ち投手にはなれずにチョット可哀相な展開。

8回にコッツェイの長打で3-2でATLの逆転勝利。
正直、この試合の収穫は8回と9回に投げた
アコスタが良いピッチャーだと判った事くらい。

明日の中継も松坂スライド登板のBOS戦が急遽入ったので
楽しみにしていたサブウェイシリーズがなくなった。

明日は山梨まで春季高校野球を観に行くので早起き(2時位)して、
サブウェイシリーズを観て出掛ける予定だったので予定も見事に崩れた。

別に雨が降るのも中継を変更するのも松坂のせいじゃないけれど、
今日の試合同様なんかスッキリしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

ガンエーお休み・斉藤登板 LAD@MIL

GW明けの先週は暇だったのに今週は一転忙しい。
木曜日にようやくMLBのTV観戦。

首位に立ったTBも少し気になったけど、あえて地味なLAD@MILをチョイス。
マッチアップもロウパーラと先発投手も地味対決。

MIL先発のパーラはおそらく初見のピッチャー。
左腕でスピードは無いけれどコントロールとカーブはなかなか。
7回途中で3失点。守備に若干足をひっぱられなければもう少し投げられたかも。

バッティングも良く3回にはRBIシングル。
オーウィングスほど力強いバッティングでは無いけれど綺麗なスイング。

LAD先発のロウはらしいピッチング。
全体的にはコントロールは良いけれど、たまにやや崩れて失点を重ねる。
6回で4失点。自分が観るロウはだいたいこんな感じで
良くもないし悪くもないピッチング。

LADの三遊間はガルシアパーラファーカルが故障でデーウィット胡金龍
今日は特にデーウィットが好守に活躍。3号HRに守備でも好プレー連発。
ガルシアパーラの故障から戻ったらマイナー落ちなんて勿体無い。

9回は1点差なのにモタが登板でガンエーはお休み。でもこの継投が大失敗。
ピエーレのツーべースでLADが逆転。
最後は病み上がりの斉藤隆が抑えて4-6でLADの勝利。

1回をノーヒット2奪三振で完璧に抑えた斉藤隆
グローブがSSKからミズノに代わっていた。
去年一昨年もスパイクはミズノだったけどグローブは
横浜でもSSKユーザーだったからこの変更は意外。
BOSの岡島もローリングスからミズノになっているし
オフにミズノの営業だいぶ頑張ったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

マダックス350勝 COL@SD

スカパーでの中継が多いので
たぶん今年3回目くらいのマダックス登板試合のTV観戦。
最近勝てなくて足踏みしていた350勝を今日達成。

前回観た時はキャッチャーのバードと合っていない感じだったけど、
今日はルーキーキャッチャーのカーリンがマスクをかぶっていたので
マダックスらしいテンポの良いピッチング。

6回を1失点で70球までいってないのに降板。
失点はマダックスらしからぬ送球エラーが原因。
エラーはひとつしたけれど、カンバッカーの対応は相変わらずいい動き。
俊敏さは流石ゴールドグラバー。

今日デビューのキャッチャー カーリン
ルーキーだけれどそんなに若くは無い(27歳)ので、
この後の成長もあまり期待は出来ないけれど、
キャッチャーとしての守備力だけは期待できそう。
バードバレットも守備は期待できないし
上手くいけばマダックスのパーソナル・キャッチャー?

それにしてもSDはホントに打線が弱い。
COL先発のヒメネスが良かった事もあるけれど、
得点はフォアボールの後のゴンザレスのHRだけ。
打線がつながっての得点の気配はまったく無い。

試合はHRの3点を何とか守り3-2でSD勝利 祝マダックス

SDはどうやらエドモンズをリリースしたようで
今日のセンターはお気に入り選手のゲラート
これから出番は増えるかもしれないけれど
今日のようにインパクトの無いプレーが続くと
マイナー落ち or リリースがありそう。
それよりあの故障した膝でセンターをちゃんと守れるんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NY旅行 食事編

一人旅で大変だったのが食事。
英語が喋れないので注文が大変なのと、
ひとりでレストランに入りにくかったので
フードコート&ファーストフードで済ませた。

アメリカでの最初の食事はヤンキースタジアムでの晩ごはん。
炒めた肉をパンで挟んでチーズが掛かったやつ。サイズもデカイし上手かった。
RIMG2763.JPG
このサンドで アメリカの球場めし=美味くない という考えが
間違っていたのがわかった。

2日目の朝はホテルでコンチネンタルブレックファースト(パンとゆで卵くらいの朝食)。
この後4日間朝食は同じパターンなので3日目から朝食は省略。

昼はスタッテンアイランドからマンハッタンに戻って
サウスストリートシーポートのフードコートで。
この旅行中にMLB中継のスポンサーでもあるタコベルに行きたかったけれど、
場所がわからないのでとりあえずここでメキシコ料理を食べる。
RIMG2807.JPG
牛肉と鶏肉をブリトーのような感じで挟んだものに、
サルサソースにつけて食べるスナック菓子。
美味いけど食べ方が良く判らない。
フォークとナイフがついていたけどほぼ手で食べた。

夜はヤンキースタジアムでホットドック。
一緒に注文したビールが掛かったので写真を撮る前に食べちゃった。
この時のホットドックだけサイズが小さいしイマイチの食事。

3日目の昼はグランドセントラルステーション地下のフードコートでカレーライス。
RIMG2898.JPG
羊の肉を選んだ後、辛さを聞かれたけれど何を効いているか判らずに戸惑った。
因みにカレーなのにスプーンでなくフォークだった。
アメリカでは肉(ベジタリアンなら野菜)を食べるのが
メインのようなのでフォークなのかも。
 
昼ごはんを食べたのが遅かったので腹が減らず晩ごはんは無し。

4日目の昼はデーゲームを観たヤンキースタジアムで。
鶏のフライとポテトのフライ。
RIMG2923.JPG
揚げ物好きの自分でも胸焼けしそうなボリューム。
この日の観戦した2階席に売っていなかったので
わざわざ3階席まであがって買った。
その甲斐の美味さのあるメニュー。揚げ物好きには是非お勧め。

夜はケンタッキーでテイクアウト。
前日にTVコマーシャルでバッファローのサンドがあるのを知ったので
ケンタッキーと決めていた。
RIMG2955.JPG
英語を喋れないので上手く伝える事が出来なかった中で
何とか注文したのはどうやら子供向け。
とは言っても日本より一回り小さいくらいでサンドが2個にポテトとドリンクつき。
肝心のバッファローは味はイマイチ。あんまり日本人向けでなかった。
もう1個のサンドのBBQ味はビックリするほど辛い。
ホントに子供向けメニューだったのかな?

最終日の昼はJFK空港のマクドナルド。
RIMG2958.JPG
時間的にはAM11時くらいだったので朝マックなのに
ベーグルにチーズと味の無い卵焼きも挟まったステーキサンド。
個人的にはOKだけど朝からステーキっていうのはどうなんだろう。

旅行前はあまり期待していなかった食事だったけれど意外と旨かった。
アメリカの食事はどうやら自分に合うみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

NY旅行 球場編

5月1日にいったヤンキースタジアム観戦の為のNY旅行。

試合を観たのはヤンキースタジアムでの3試合だけだったけれど、
折角なので野球のやっていない球場にも観光?してきた。

まずはNYY傘下のマイナーチームの
スタッテンアイランド・ヤンキースのホームグランド。
リッチモンドカウンティーバンクパーク。
一塁側のスタンド下にヤンキースタジアムのようにレリーフがあった。
RIMG2793.JPG RIMG2789.JPG

RIMG2792.JPG RIMG2794.JPG

スタッテンアイランドにはマンハッタンからフェリーが出ていて(運賃タダ)
自由の女神のそばも通るので野球場を観る為に乗った自分にとっては
かなりお得なフェリー。
RIMG2796.JPG RIMG2800.JPG
 
次はNYMの本拠地シェイスタジアムと新球場のシティーフィールド。
線路を挟んで反対には全米オープンテニスの会場もあるけれど、
試合の無い日は寂しい駅周辺。
RIMG2877.JPG

シェイスタジアムは今アメリカで絶滅の危機?にあるクッキーカッタースタイル。
建物としても色使いも魅力に乏しかった。
RIMG2885.JPG RIMG2894.JPG

新球場のシティーフィールドは今流行りのネオクラシック。
外観だけならニューヤンキースタジアムよりカッコイイ。
残念なのは球場に名前の入った写真を撮るベストポジションが無かった事。
RIMG2889.JPG RIMG2891.JPG

ヤンキースタジアムと建設中のニューヤンキースタジアムを合わせれば5球場。

ブルックリンサイクロンズのホーム キースパンパークとエベッツフィールド跡地に
行く予定もあったけれど時間の都合で断念。

まだ観に行くところが残っているから新球場が完成した来年以降、
また “ いざ、ニューヨーク ” かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

スラッシュ(/) PHI@ARI

仕事前観戦出来る時間だったのでとりあえず観戦。

寝ぼけているし両方ともユニフォームが赤いから
どっちに点が入った良く判らないうちに試合が進む。

中盤はARIの得意の集中打にPHIのミスも出て8-3でARIの勝ち。

ウェブの好投以外はショボい試合だったので
二度寝して最後までは観なかったけれど、
途中でコメンテーターの小島さんのワンポイント英語教室?があって
早起き観戦の甲斐はあった。

日本で所謂バスターはスラッシュと言うそうだ。
確かにバントの構えからバットを引いた時は “/ ” っぽい形。うん納得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

オーウィングス PHI@ARI

今はまだ仕事が暇な事もあって家に帰ってから
ノンビリと録画しておいたスカパーMLBを観戦できる。
問題は自分自身が若干時差ボケぎみな事だけ。
今日も夕方から観ながら寝ていた。

ARI先発が強打のオーウィングスと言う事でPHI戦をチョイス。

オーウィングスは期待どうりのバッティング。
記録としてはヒットは1本だけれど、当たりが野手並みと言うより野手以上。
STLのアンキールが投手としてデビューした時も
バッティングのいい投手と出てきた思ったけど、
オーウィングスはそれ以上。軸がまったく崩れないバッティングは凄すぎ。

ピッチングでも7回を3失点の上出来なピッチング。
去年2回くらい中継を観た時には投手としてより
打者転向した方が良さそうな印象だったけど、
今日の内容だと先発ピッチャー時々代打あたりでもいいかも。

オーウィングスは勝ち投手の権利を持って降板したけれど、
逆転されて勝ち負け無し。試合は4-5でPHIの逆転勝ち。
でも今日の主役はやっぱりオーウィングス

オーウィングスの先発の試合は観ていて楽しいから、
しばらくチェックし続けようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

デーゲーム ~SEA@NYY~

前日は観光の為、野球観戦しなかったので今回の旅行で初のデーゲーム。

NYYの先発はラズナーだったけれど場内のアナウンスが良く聞こえ無かったので
誰が投げているか球場では判らなかった。
RIMG2924.JPG

3回にNYY打線がつながり一挙6点。
4回にも2点入った時は今日も試合時間が長くなりそうな感じだったけれど、
その後はあっさりした展開で6-2でNYYの勝ち。

何だかあっさり終わってしまってチョット名残惜しいヤンキースタジアムでの観戦。
点差があったのにリベラも投げたし、SEAのプロスペクトのクレメント
2004年の日米大学野球以来の生観戦も出来たのが今回の収穫かな。
RIMG2948.JPG RIMG2931.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

日本人でよかった ~SEA@NYY~

旅行2日目はSEA戦。先発がベダードのエース対決。
RIMG2833.JPG RIMG2835.JPG

自分にとって王建民はシンカーボーラーでゴロを打たす投手で
三振奪取の少ないイメージ。
この試合は6回で5個三振を奪うピッチング。
決して多くは無いけれど自分のイメージのにしては多め。

ベダードは序盤の失点はあったけどそれ以外は流石のピッチング。
失点もエラー絡みだったし、
今までの自分のベダードに対する低評価が正しくなかったのが判った。

この日はイチローが2安打3盗塁。松井が先制打とそろって活躍。
RIMG2830.JPG RIMG2837.JPG

日本人ふたりの活躍のおかげ?で隣に座っていた現地のおじさんと
チョットだけトークがはずんだ。
NYYファンの現地のおじさんはイチローはすごいと言っていたし、
松井もゴジラと言って応援していた。
でも英語力の低い自分では半分くらいしか意味は判らなかったけど…。

今日はNYYが5-1で勝利。
やっぱ “ ニューヨーク・ニューヨーク ” は勝利の後に聞くと良いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

長年の夢 ~DET@NYY~

自分が大リーグの興味を持ち始めた20年位前からの長年の夢
ヤンキースタジアムに行く事がようやく実現。

5月1日の11時45分発の直行便。
GWの谷間という事もあって成田空港は思ったほど混んでなくすんなり出発。

現地到着が1日の11時半予定だったので早速その日のDET戦を観戦。
地下鉄で乗り換え無しでヤンキースタジアムに行けるホテルを予約したので
問題なく到着。

地下鉄4番線でいったので駅に着く前にヤンキースタジアムが観られる路線。
実際にそれを生で観ると感動もデカい。

駅を降りると目の前にヤンキースタジアム。
新球場も道を挟んで反対側に建設中。
RIMG2703.JPG RIMG2701.JPG

飛行機が遅れたり、手続きにてまどったりしたら観られない可能性もあったので
今日の席はアッパーデッキの一番上のほうで観戦。
RIMG2766.JPG

寝不足と時差ボケもあって目をつぶって起つと若干フラフラする状態だったので
高所恐怖症ではないけれど、アッパーデッキでの観戦はチョット怖かった。

席を確認したら永久欠番とレリーフのあるモニュメントパークへ。
この頃から雨が降り出す嫌な展開。
RIMG2757.JPG

自分はどちらかと言うと晴れ男なので
雨の事をほとんど考えないで出かけたので焦った。
ただアッパーデッキの上の方なの屋根があって濡れることなかったし、
試合も中断すことなく無事終了。

試合はケネディーが踏ん張れずにDETの逆転勝ち。
この旅行中だけは(エセ)NYYファンでいるつもりなので残念な結果。

この試合で目立っていたのはライトのアブレイユ
HRを打ったしたけれど、ライトで拙い守備でケネディー
崩れる原因もつくるある意味戦犯。

いままで知らなかったけれど負けた試合でも
試合終了後に “ ニューヨーク・ニューヨーク ” が流れてきた。
出来たら勝ちゲームで聞きたかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »