« キリンカップ コートジボワールvsパラグアイ | トップページ | 久々に観るバッキー PHI@HOU »

2008年5月23日 (金)

ようやく初NYM戦 NYM@ATL

サブウェイシリーズがスカパーで中継されなかったので、
今年初のNYM戦のTV観戦。
お目当てはMINから移籍のサンタナ

コメンテーターの蛭間さんと節丸さんは今日のサンタナ
ベストのピッチングではないと言っていたけれど、
自分はチェンジアップが低めに決まっていて1失点に抑えていた
6回までは悪くないピッチングの印象。

ATL先発もハドソンなのでエース対決。
このマッチアップは去年の6月15日のインターリーグで観ていた。
ハドソンベルトランデルガドに連続HRを打たれたけれど、
このHR以外はサンタナ以上のピッチング。

因みにデルガドのHRはレフト側。
デービットソンの誤審のサブウェイシリーズの一発も確かレフト側。
HRとは言っても、ほぼ引張り専門のデルガドの打球が
レフト側に飛ぶのはまだまだ不調って事?

7回に先頭のケリー・ジョンソンがツーベース、ハドソンが送って、
今までキャリア対サンタナでヒットを打っていなかったインファンテ
4割打者のチッパーティシェイラまで
連続安打で続いてこの回3点。サンタナはこの回投げきって降板。

ハドソンは8回まで投げてHRの2失点だけ。
9回は前回観た時好投したアコスタが味方の守備に助けられて
アウトふたつ取って降板。最後はオーマンコッツェイのファインプレーで
デルガドを抑えて4-2でATLの勝利。

今日の負けでNYMは借金1。ランドルフ監督の首も怪しいかな。

どうやらアメリカではロッテのバレンタイン監督の待望論もあるみたいだし
ロッテも低迷しているから、
オリックスのコリンズ元監督みたいに辞任してアメリカに帰国して
バレンタインがNYMの監督へ電撃就任なんていうウルトラCもあったりして。

|

« キリンカップ コートジボワールvsパラグアイ | トップページ | 久々に観るバッキー PHI@HOU »

08 MLB」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ようやく初NYM戦 NYM@ATL:

« キリンカップ コートジボワールvsパラグアイ | トップページ | 久々に観るバッキー PHI@HOU »