« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

USセルラーでスイープ CHC@CWS

今年イマイチだと思っていたバーリーだけど、今日はさすがエースの投球内容。
テンポの良いピッチングで7回をクリーディのエラーがらみの失点1のみ。

打線も昨日も打ったクェンティンアンダーソントーミーにもHRが出て5得点。
HRでしか点が入らないのは少し問題があるけれど、
先制・中押し・ダメ押しと入ったんだから文句を言っちゃいけないかな。

9回投げたジェンクスはイマイチだったけど試合は5-1勝利。
リグレーでは3戦スイープを食らったけど、
今日の勝利で@USセルラー3連勝で見事なペイバック。
インターリーグでの通算の対戦成績でもタイになったし万々歳。

CHCはアウェイで勝てないと言われているけど、
同都市のシカゴでも通常のアウェイ同様に弱い。

観ていてもリグレーで戦ったチームとまったく別のチームみたいミスの多くでている。
やっぱ観客の力って大きいんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

ノーヒット・ワンラン? LAA@LAD

今日の先発はLADがビリングズリー LAAがウィーバーの良いマッチアップ。
審判のストライクゾーンが広い事も影響もあって両投手とも好投。

ウィーバーはノーヒットノーランを続けていたけれど、
5回にケンプの一塁線ボテボテのゴロが変な回転がかかってファールにならずに
ピッチャーの方に転がったボールをウィーバーがエラー。

その後ケンプの二盗をマシスの悪送球で三塁まで進んでデゥイットの犠飛で1点。

エラー・盗塁・エラーに犠飛だからノーヒットは継続。
その後6回までウィーバーは投げてノーヒット。リリーフしたアレドンドも2回をノーヒット。
LADがビリングズリーブロンクストン斉藤隆が0点で抑えたので
LADが1-0でノーヒット勝利。

ノーヒットで抑えているのに勝っているのがLADでノーヒット完成と関係ない
LAAの攻めているのに良い当たりが出るとノーヒットと勘違いして
ドキドキしたりもするへんな展開。

負けたチームがノーヒット完成する試合を観るのは、はじめて。
おそらくこれが最初で最後だろう。

MLBでは点をとられてもノーヒットで抑えた場合公式記録として残るらしいけど、
ビジターの負けチームだから8イニングでのノーヒットだけど、
これはやっぱり参考記録なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2勝3敗 CHC@CWS

先発のバスケスはイマイチだったけど、中継ぎ陣が踏ん張って試合を崩さずに
最後はHRで打ち勝つあたりはCWSらしい野球が出来ているとも言えそう。

先制されたけどダイのHRで逆転して再逆転された後ラミレスのHRで同点。
7回クェンティンのライトへのHRで逆転。
最後はジェンクスが自分でつくったピンチを抑えて6-5。

今日の勝ち方はいい流れをつくれたので明日も勝ってスィープも出来そうな雰囲気。
明日の勝たないとウィンディーシティー・クラシックの通算成績で負け越してしまうので、
テレ朝じゃないけど “ 絶対に負けられない試合がある ” って感じ。

明日の先発バーリーが投げると試合テンポの速い
観る側にとっての有り難いピッチャー。

今年の調子はイマイチのようだけどCWS戦のTV中継自体少ないので
今年はバーリーを一度も観ていないので実際どの程度の調子なのかは
明日観るのが楽しみ。

試合が日本時間の9時からだから仕事前に生観戦とはいかないけれど、
EUROの決勝と両方観る事が出来ると思えば良いのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

やっと1勝3敗 CHC@CWS

リグレーでおこなわれたシリーズでは3連敗。
今日からUSセルラーで3連勝して対CHCとの対戦成績を
五分に戻す(予定)のリバースカード。

今日の試合はトップバッターのカブレラの脚で大活躍。
初回ヒットで一塁に出てピアジンスキーのレフトフライで
二塁にタッチアップを決めて、クウェンティンのセンター前で得点。

今日のカブレラはユニフォームの着こなしもジャッキーロビンソンスタイルだし、
やってくれそうな雰囲気は試合前からあった。

3回もカブレラが出たピアジンスキーのレフト前で得点。
この回更にスウィッシャーのグランドスラムなどで7点。

先発のコントレラスはピリッとしない展開でも何とか失点は3点に抑えて勝利投手。

CHC先発のデンプスターには前回抑えられたし、
個人的には投球前のグローブを動かす仕草が
何かムカつくので今日の勝利は特に嬉しい。

でも、明日と明後日勝たないと
今年のウィンディーシリーズ負け越しになるし意味がない。

MINが頑張っているのでア・リーグ中地区の首位争いも厳しくなるけど、
CWS自身が勝ち続ければ問題ないんだから今日みたいな試合を続ける事が大事。

シーレックスみたいに生で観れば勝つなら
シカゴまで行っちゃうんだけどな。無理だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

ひょっとしたら生工藤初見? ~湘南vsロッテ~

昼休みにインターネットを観ていたら工藤がシーレックス初登板と出ていたので
仕事を早めに切り上げて横須賀スタジアムへ。

お目当ての工藤三浦の後に1イニングだけ登板。
内容的にも危なげないし中継ぎだったらすぐに1軍でも問題なさそう。
でも先発以外で投げる事はないだろうから
今日のように1イニングだけじゃ参考にならないかも。
RIMG4855.JPG RIMG4841.JPG

ユニフォームの着こなしは可もなく不可もなく普通。
それだけシーレックスのホームのユニフォームは誰でも似合うのかも。
派手なシーレックスのビジターユニフォームを着るところもチョット観てみたいかな。

三浦大嶺の両先発の頑張りで投手戦の試合展開。

三浦は得意なのカーブがなかなかストライクが入らない苦しいピッチング。
それでも点をとられないのは流石なのかロッテ打線に問題があるのか微妙。
RIMG4817.JPG

特に大嶺のストレートの速さは横から観ていても感じる。
牽制で藤田を刺したし細かいプレーが出来て今日の投球内容なら
いつ1軍で投げてもおかしくないピッチング。
RIMG4818.JPG RIMG4819.JPG

今年初めてロッテを観たけどビジター用のユニフォームは悪くない。
でも白を多く使っているのでビジターっぽくはない。
やっぱりホームのオルタネイトにした方が良いかも。

いつの間にかお気に入り選手の内藤は7番に降格。
自分が観る時はいつも打っていたけれど、
通算成績を観ると1割台だし降格は仕方がないかも。
というよりこの打率で使ってもらえるのはそれだけ期待されている証拠なんだろう。
RIMG4833.JPG

小池が中日に放出されたおかげ?でもうひとりのお気に入り選手の
桑原がセンターでスタメン。

守備では初回に前進守備で好捕する良い動きを観せていたけれど、
バッティングでは観せ場なし。
右の外野手が多いチーム事情を考えると
バッティングでの活躍がないと1軍入りは微妙。
RIMG4827.JPG

決勝点は下園の犠飛で1-0でシーレックスの勝ち。
地味な試合だったけど投手をメインで観に来た試合だったので
貧打戦ではなく投手戦だったと思っておこう。

これで自分が観に行ったシーレックス戦は7連勝。ホントに負けないな~。

http://bis.npb.or.jp/2008/games/fs2008062500869.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

最悪のサヨナラ負け CWS@CHC

急に仕事が忙しくなったので、土曜日になってようやくMLBのTV観戦。

ようやく観る事のできたカードがウィンディーシティ・クラシックの第1戦。
これが仕事前観戦じゃなきゃもっといいのに。

先発は相変わらず調子がいいダンクス
初回に点はとられたけど安定した内容で6回1失点。

打線もダイピアジンスキーのHRで1-3とリードしてたのに
ダンクスが降板した後の7回にドーテルリーラミレスの連続HRを打たれて同点。

判っている事だけどCWS打線は粗すぎ。
6回から毎回ランナーを出すのに
ホームに返せないどころか進塁打もなかなか出ない。

最後はラミレスにサヨナラHRを打たれて4-3で逆転負け。
勝てる展開だったけど、まあこんな試合もある。

まだCHC戦は5試合も残ってるから残りの試合で何とかしてくれると
希望的観測でも持っていないとやってられないような最悪の試合。

こんな試合だったら今日まで仕事が忙しくて
観る事が出来なかった方が良かったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

大学選手権 ~ 準決勝 近大vs東洋大~

懸賞でチケットが当たっていたので行くつもりだった大学選手権。
予定では明日の決勝戦を観に行くつもりだったけど、
草野球の試合を断れず今日仕事終わりで神宮へ。

自分にとってのメインは近大のと東洋の大野を観る事。

は期待通りのピッチング。イメージとしては西武の
キレのありそうなまっすぐに速い変化球(スライダーかフォーク)が半々くらいで
たまにカーブを投げる組み立て。
RIMG4710.JPG RIMG4712.JPG

まっすぐも低めに決まっていたし流石ドラフト1位候補の内容。
残念ながら9回あとひとりで中倉にHRを打たれて延長戦。
さらに延長11回にもう一本HRを松永に打たれて降板したけど
観に来てよかったと思えるピッチング。

因みにのグローブは青いデサント。
はたしてプロに行ってもナイキなどのの誘惑に負けずに
デサント使い続けるのかな?

道具つながりで言えば近大のキャッチャー石本
バットの色が赤っぽいと言うよりほぼピンク。
ルール上問題なのか心配になるくらいピンク。
RIMG4723.JPG

一方のお目当ての大野はイマイチ微妙な活躍。
キャッチャーは生で観ていても肩以外は凄さは伝わらないし、
バッティングもこれといって活躍もなかった。
RIMG4717.JPG RIMG4721.JPG

今日の試合は活躍は微妙でも出来ればベイスターズには指名してほしい選手。
今年でFAになる相川は肩は弱いし守備力に難があるから
再契約すべきではないし、期待の若手はシーレックスには居るけど
みんなまだ時間がかかりそう。

ただ東洋大だしコネクションのある読売が獲っちゃいそうな気がする。

試合は延長11回にお互い2点づつとる大接戦。
とくに11回裏はエラーとフォアボールでノーヒットでの2点。
ただ15回に東洋が1点とって粘る近大をしりぞけての勝利で
日曜日に東海大と海洋対決。
RIMG4743.JPG

生で観た試合で延長15回はおそらく最長ゲーム。
長い試合だったし終盤からエラーやフォアボールも増える試合になったけど
逆にランナーが出ることが多かった事もあって退屈はしなかった。

お目当て以外の収穫は東洋の先発の上野とHRに決勝点の中倉

上野は打球を受けた影響もあって無失点のうちに降板。
打球を受けるまではほぼ完璧。
帰って調べるまで知らなかったけど、彼もドラフト候補らしい。
RIMG4715.JPG

中倉の春の成績2割3分のバッターとは思えない長打のあるバッティング。
スリーベース2本を含む4安打。決勝点のスリーベースを
二塁で止まればサイクルの活躍。
4年生だし延びしろは少ないかも知れないけれど、今後の活躍も気にしてみる。
RIMG4738.JPG

仕事終わりで来たから第一試合は途中からの観戦だったけど、
トータルイニングでは2試合分かな。

第1試合は途中から観たので内容が判らないけど
何で明治は1イニングに16点もとられたんだろう。
RIMG4707.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

嬉しい雨?

野球をプレーする&観るのが趣味の自分にとって雨は大嫌い。
でも今日の雨は自分の祈りが通じてくれた待望の雨。

関東地方だけじゃなく東海地方も雨が降ったようで
今日のウエスタンリーグの中日vs阪神の試合が雨天中止。

今日の雨天中止のおかげで自分が7月の連休に予定してる
神戸と名古屋の野球場めぐりで予備日になってた7月21日の
中日vs阪神がナゴヤ球場で行われる可能性がだいぶ大きくなってきた。

試合数の少ないウエスタンリーグでは7月21日より前の中日主催の阪神戦は
6月の10日11日12日の三連戦が最後。
10日と11日は無事に試合がおこなわれたので、
今日12日がラストチャンスだった。

21日の予備日が無事におこなわれたら最大4試合が観戦可能になる。
今度は梅雨があけるか微妙な旅行当日に雨が降らない事を祈るだけかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

東京ドームで西口が勝つ ~読売vs西武~

チケットは2枚あったけど、読売も西武もあまり惹かれるチームではないし
雨も降るから自転車で駅に行くのが面倒くさいので
行くのをやめる可能性もあったのでひとり観戦。

今日唯一のお目当ては同い年で大学の1年先輩の西口
東京ドームを苦手にしている西口がドームで勝つ所を観たいと思ったし、
駄目なら途中で帰るつもりでとりあえず来た。
RIMG4673.JPG

試合は予想通り西口が駄目駄目だったけど、
読売先発のグライシンガーも駄目駄目で西口が勝ち投手の権利を持って
降板したので結局最後まで観る事になった 。

1軍の西武戦は今年初めて観るけれど、はっきり言って粗い攻め。
それでも長打攻勢で大量点を取っちゃう打線は凄い。
カブレラ和田の不在はまったく感じられなかった。

個人的予想では必ず西武は落ちると思うけど、
この打線しだいでどうにかなっちゃう?

読売の1軍の試合を観るのは久々だったので今日気づいたんだけど、
イニングの間とか三振を獲ったあとのオーロラビジョンの映像にCMが多目。
それだけ読売の財政もきびしいのかな。

帰りの電車が落雷の影響でダイヤが乱れていたので秋葉原で乗り換え。
乗った山手線に元広島の達川らしき人が乗っていた。
本人だったらとってもラッキー。

ただ達川らしき人は電車内で携帯で通話していた。マナーはちゃんと守らないと。

http://bis.npb.or.jp/2008/games/s2008060900758.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

ひさびさの練習

昨日の夜にメールがあって急遽草野球の練習。

東都の入れ替え戦もチョット観に行きたい気持ちもあったけど雨の心配もあったし、
しばらくやっていないプレーする野球やりたいし急な誘いだったけど参加。

今日は外野を守ってフライに追いついているのに
グラブに当てて落としたのが3回くらい。
どうやらひさびさなので打球を追いかける時に目線がぶれているのかも。

守備は散々だったけどバッティング練習ではまずまずの当たりがでていた。
インコースのボールをやや待ちきれないところはあったけど、
内容的には悪くなかった。

来週は区民大会がありそうだけど、
個人的には神宮で行われる大学選手権を観に行きたいし
どうしようか考え中。野球観に行くから大会休むとか言ったら監督に怒られそう。

今日の動きだと試合でエラーでもしそうだし日頃から体を動かすようにしたいけど、
練習が終わった時点で腹筋が軽く筋肉痛の気配。
明日は脚が筋肉痛になるだろうし雨も降る日もあるだろうし
結局何にもしないうちに大会になるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

二度目の中田翔 ~イースタン 湘南 vs 日本ハム~

仕事終わりでシーレックスをナイター観戦。

シーレックス先発は松家。3回を1失点だったけど内容はイマイチ。
確かに味方の守備にも足を引っ張られたけれど、
点をとった後の回の失点だったからもったいない印象。
RIMG4609.JPG

ベイスターズ並に勝ってない鎌ヶ谷日本ハムの先発は吉川
初回にフォアボールやフィルダースチョイスで自滅で3失点
ただその後は踏ん張りゲームはつくれたし次回には期待できそう。
RIMG4619.JPG

春の教育リーグを含めて日本ハム戦は2度目なので、中田翔を観るのも2度目。
教育リーグの時は絶不調の時だったけど、今はだいぶ調子は良さそう。
バッティング練習でもかなりの飛距離を飛ばしていたし、結果は三振だったけど、
2打席目の特大ファールはかなり盛り上がった。
RIMG4615.JPG

今日目立ったのはシーレックスの2番サードで出ていたジェイジェイ
守備でも良い動きでファインプレーが3個くらい。
たぶんサインミスだけど盗塁も決めたし、
バッティングでもダメ押しの長打で走攻守で活躍。
RIMG4621.JPG

ただ今日もジェイジェイのポジションはサード。
ベイスターズには不動の村田が居るのにサードを守らせているのは
村田が北京オリンピックでいなくなった時の補充要員って事?

試合は小池の決勝打でシーレックスの勝ち。
自分の生観戦はベイスターズで2戦2勝。
シーレックスで教育リーグも含めて6戦6勝。
もっとハイペースでシーレックスを観に行けばイースタン制覇も夢じゃない?
RIMG4607.JPG RIMG4648.JPG

今日の生観戦できたベテラン選手はシーレックスが鈴木尚とファイターズが金子誠
金子は怪我でファームにいるけれど、鈴木はどうなんだろう。
こんな調子なら今年切られても不思議じゃないし、
ひょっとして最後の生で観る機会になるかも。
RIMG4640.JPG RIMG4642.JPG

http://bis.npb.or.jp/2008/games/fs2008060700741.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

KCにスイープ KC@CWS

前日の試合が延長だったのでクリーディピアジンスキーはお休みで
オズーナホールが入っているメンツの落ちるCWSのスタメン。

先発のコントレラスのモーションが大きい事もあるけど
ホールも肩弱すぎで2盗塁をあっさり許す。

TBの時は強肩キャッチャーだったのに
今じゃピアジンスキーと同じくらいの弱い肩。
打てなくても良いけど控えには強肩のキャッチャーがどっかに居ないかな。

試合はKC先発のメッシュが崩れてくれたおかげで
前半から安心して観られる展開。
得点圏打率が低いCWSらしくない打線のつながる珍しい試合。

個人的にはあまり信用していないコントレラスもコーナーをとってくれない主審と
デヘイススガスライトの脚には苦しめられたけど、
KC打線の貧打もあってランナーを出しても踏ん張るピッチング。
こういうピッチングを観ると去年の不振は何だったんだろう。

コントレラスが7回1失点で9回に投げたマセットが1点取られて6-2で勝利。
不調のKCという事もあって見事にスイープ。
6月になっても首位をキープ出来るなんて
シーズンはじまるまでは思っていなかった。

因みに今日はアメリカではドラフト会議の日。
CWSのドラフト1位はゴードン・ベッカムという大学生のショート。

TBが全米1位で指名した同姓のティム・ベッカムほど
華のある選手じゃないみたいだけど、
はたしてゴードン・ベッカムをいつの日かメジャー中継で
観られるような活躍は出来るのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

期待はずれのリー CLE@TEX

TEXらしい打撃戦と言ってしまえばそれまでだけど、ダラダラした試合展開は最悪。

防御率1位のリーが先発だし、
ポンソンも今年はそこそこの出来で期待したのに序盤から乱打戦。

千葉マリン並みに風の強いアーリントンで守備だけじゃなくて
ピッチャーが投げるのも大変そう。

ポンソンの失点はエラー絡みだったけど、
リーは5回を投げて6失点すべてが自責点。
それでもCLE打線が爆発してリーは勝ち投手。

楽しみにしていたハミルトンはHRは観られなかったけど、
きれいに三遊間を抜くヒットは観れたし、
CLEではDLからいつの間にか戻っていた秋信守も観れたし
それなりには楽しめたけど、もうチョットピッチャーが頑張ってくれないと
最後まで観る気にはならない。

あんまり酷い試合だったので途中で観るのをやめて、
先に結果を確認で9-15でTEXの勝ち。

投げていると所は観ていないけれどコバマサが2回を投げてノーヒットの活躍。
スカパーのコメンテーターのAkiさんも言っていたけど、
やっぱりコバマサは風の強い球場では投げなれている?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »