« ア・リーグはTB ALDS G-7 | トップページ | 第5戦のつづき »

2008年10月26日 (日)

ワールドシリーズ G-3

ワールドシリーズ第1・2戦は試合を観る前に結果を知ってしまっていたので
ちゃんと観るのは第3戦の今日が初。

9時前に起きて観ようと思ったらいきなりレインディレイ。

ちょうど休みの日だったので問題はなかったけど、
明日とかだったら録画しておいて帰宅後TV観戦の予定なので
試合が途中で切れる最悪の状態になってた。
明日明後日はPHIの天気を確認してから録画時間を決めた方が良さそう。

約1時間半遅れで始まった第3戦。
雨の影響もあってかALCSのMVPのガルザが序盤に2失点。
立ち直りかけてからアトリーハワードに連続HR。

一旦はTBが同点に追いついて9回裏。TBのミスでノーアウト三塁になり満塁策。
更にライトのゾブリストを二塁ベースそばにもってきて
内野5人シフトでバックホーム体制。

ただ内野5人シフトもボテボテのゴロがサードのロンゴリアの前に転がり
ホーム間に合わずPHIのサヨナラ勝ち。

最後の打球もツキがPHIにあったり、ここまであたりの出ていなかった
ロリンズハワードの調子が戻ってきていて不調なのはバールだけ。
今日のモイヤーのように先発が試合をある程度つくれれば
PHIの打線がカバーできる状態になってきているのでPHI有利かも。

ただ今日もワースが二塁で牽制で刺されたり
終盤2点差なのに前進守備をしないで内野ゴロであっさり1点献上したり
細かい野球が出来ないのがPHIのマイナス材料。 
このあたりを突いていけないとTBが勝つのは難しそう。

スカパーは録画放送なのでワールドシリーズはあまり観ないNHKBSでの観戦。
元西武の伊東が解説だったけど流石と言う感じのコメントの連続。

モイヤーハウエルの牽制の癖を見切ったり
打者が何を待っているかを動きや立ち位置での判断は凄い。

伊東が沢山MLB中継の解説をしてくれたら、
スカパーなき来年のMLB中継も少しは楽しめるかも。

そんな洞察力の優れた伊東でも西武を久々のBクラス落ちさせたのは
監督向きでないのか裏金問題の影響が大きかったのかどっちだろう。

|

« ア・リーグはTB ALDS G-7 | トップページ | 第5戦のつづき »

08 MLB」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワールドシリーズ G-3:

« ア・リーグはTB ALDS G-7 | トップページ | 第5戦のつづき »