« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月21日 (金)

CWSキューバ化

コントレラスラミレスに続いてCWSが新たなキューバ人を獲得するらしい。http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=18124

まだ19歳と若い事もあるけれどビシエドに今期大活躍した
ラミレス以上の契約する事からも期待の大きさも伺える。

個人的にはクリーディの復活と再契約を待ち望んでいるけれど、
若手のフィールズも居てユーティリティではあるけれどNYYから
ベッテミットも獲得し更にこのビシエド獲得でクリーディ
来期もCWSのユニフォームに袖を通す可能性はなくなったんだろう。

フィールズをサードのレギュラーとして使うとケン・ウイリアムズ
明言しているようだけど今期のようにフィールズが伸び悩んだら
シーズン途中からでもビシエドのレギュラー獲得もありそう。

フィールズもマイナー時代の2006年にはは28盗塁をした
シーズンがあったけど去年今年とTVで観るフィールズには
そこまでの走力は感じられなかった。

機動力のほとんど無いCWSとしては5ツールプレイヤーと言われる
ビシエドがレギュラーを獲るようになれば足も使った攻撃も出来
チーム力としてもバランスが取れてアップしそうで楽しみ。

まあ、ビシエドがレギュラーとして大活躍する頃には
トーミーコネルコAJの鈍足トリオが三人そろい踏みで残っているとは
考え難いで長打力のダウンはともかく誰と代わったとしても
走力はアップしているだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

アジアシリーズ ~統一vsSK~

去年も観戦したアジアシリーズの韓国vs台湾の試合。
対戦相手も韓国がSKで台湾が統一なので同じカード。

いちおうスコアボードはアルファベットでの表記だけど似た名前が多いし
見慣れないのでイマイチ誰かピンと来ない。  

台湾の統一の方はオーロラビジョンに表示される打者は漢字表記なので
去年も観た事ある選手がいるのが何となくは判るけど、
韓国のSKはハングル語表記なので去年観ている選手なのか良く判らなかった。
Img_0040 

去年の試合を観た印象としてはSKの方が圧倒的に有利に思えたけど
統一の打線が打球が良く飛ぶ東京ドームの地の利を生かしてHR連発。
4回に逆転してその後も貴重な追加点をあげて見事な勝利。

西武を含めて3チームが2勝1敗で並んだけど失点率と言うルールで
西武と統一が決勝へ進出。

点差によってはSKが決勝に進出するか統一が進出するか
入れ替わる微妙な点差の試合だったけど、仕事終わりで観に行った為
昼間の西武がどんな試合をしたか知らないし、この2チームの他の試合も
情報のない状態で観ていたので周り観客の反応で何となく理解してみた。

今回は最初は一塁側で途中から三塁側で観戦。
お客さんの入りは一塁の統一の方が多かったし
おそらく台湾から来たと思われる人達も
三塁側のSK側の韓国から来たと思われる人達よりも明らかに多い。
このあたり韓国経済が金融不況で厳しい状態にある事も影響があるのかな。

今大会は今までスポンサーだったコナミが降りた事で
スポンサー無しの厳しい状態。今現在韓国台湾の単独チームの
(ほぼ)真剣勝負を日本で観られるのはこの大会だけ。
出来れば来年も観たいけど現状だと難しそう。
Img_0122 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

スウィッシャー放出

英語の苦手な自分はあまりMLB.COMなど英語のHPを観ないので
MLBの移籍情報は専ら日本語のHP。 

このオフ初と言ってもいいCWSの移籍情報は
スウィッシャーベッテミットのトレード

今期のスウィッシャーはまったくの期待を裏切る出来。
同じく移籍のレフトのクウェンティンが大活躍だったから対照的。

NYYもファーストとして使いたいならスウィッシャーではなく
同じように今期不調だったコネルコを放出してもらいたかった。

コネルコはCWSのキャプテンだけれど、年齢的なこともあって
一昨年までと同じような攻守での活躍は望めない。

そこでコネルコを放出してファーストにスウィッシャーが入って
センターは去年の後半レギュラーだったオーウェンスあたりが
もう一度レギュラーになったくれた方が機動力も使えてバランスが良くなり
チームの若返りにもなり将来性のあるチームになったのに。

トレード相手のベッテミットも悪い選手だとは思っていないけど
ポストチッパーだったATL時代やLADに移籍してすぐのような
レギュラーとして活躍する輝きは今は無いユーティリティプレイヤー。

NYYからベッテミットと共に来るマイナーの選手は
Jeff Marquez と Jhonny Nunez という投手。

NYYのマイナーはCWSのマイナー並みにプロスペクトが枯渇しているので
正直期待は出来ないけれど、それでもまだ期待が持てそうなのは
Jeff Marquez のほうで08年のプロスペクトランキング第7位。 

彼が化けて活躍してくれたら流石ケン ウィリアムズの眼力って感じで
ありのトレードになるんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

東都大学リーグ入替戦 ~国学院大vs日大~

入替戦を観たのは自分が大学生の頃だから15年ぶり位。
当時は平日だったけど週末開催は個人的には非常にありがたい。

自分の母校は無事入替戦をしなくて済んだのでどちら側で観てもよかったけど、
なんとなく人が少ないと思った国学院側で観戦。
実際は日大側より観客はやや多かったかも。

試合は日大の野田のフォアボールでの自滅。もらったチャンスを
国学院大がきっちり送りバントと盗塁で進めて点を重ねて
日大の反撃を1点で抑えて4-1。まず1勝で昇格リーチ。
Rimg10294 

上手に点を取ったのも大きかったけど
先発した高橋と3番手の埜口の好投も大きかった。
Rimg10250_2  Rimg10277  

予備知識の無い中で今日気になった選手は日大の4番の村田

体型もフォームも何となくベイスターズの村田っぽい雰囲気。
ベイスターズの村田も日大出身で背番号も同じ25番。
Rimg10256 

ヒットも2本打ったけどここ一番で凡退する所まで今日は
ベイスターズの村田に似てしまっていた。
このあたりも今日の日大の敗因だったかも。

今日は途中で雨も降るとっても寒い中での観戦。
来週も神宮に明治神宮野球大会を観に行く予定でいるけれど
来週の日曜日は4試合あるから、かなり第4試合は特に寒いんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

試合時間短縮

清原引退記念でスカパーで放送される昔の試合。
J SPORTS 1987年の日本シリーズ第6戦。

清原が試合終了前に泣いた事やクロマティの緩慢な送球に
清家のプロHRは覚えていたけど試合展開までの記憶はなかった。

当時もテレビで観ていたはずなので約20年ぶりに観る試合で一番感じたのは
ピッチャーの投球テンポが今と違って早いこと。

キャッチャーからボールが帰ってきてすぐサインを確認して投げている。
ランナーが出た場面でも今の野球なら更にテンポが悪くなるのに
そんな状況でも当時は今では考えらない位早く投げる。

西武の先発は今も現役の工藤(現横浜)だから
選手が変わったのではなく野球のスタイルが変わったみたい。

この時代より前の野球は判らないけれど
自分の考える野球のあるべき姿はこんな試合だったと思う。

1試合観るのに3時間や4時間じゃ
とてもじゃないけど試合を集中して観る事は出来ない。

現役の東海地方のプロ野球の監督はかつて試合時間が長ければ
沢山プロのプレーが観れて良いみたいなコメントを読んだ事あったけど
4時間も掛かる試合はダラダラした試合になっている事が多いので
そんなコメントを出せるのOちあいはお金を払って観た事のない
野球観戦のアマチュアという事なんだろう。

あくまでこの試合だけで早かった可能性もあるけど、
昔で出来た事を今出来ない筈はないのだから今の野球でも
テンポの良い試合をやって欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

天台球場 ~千葉県社会人大学対抗戦~

祝日休みの今日は千葉県野球場 通称 天台球場へ。

Rimg10079 

この球場は千葉県のアマチュア野球のメッカのようで
神奈川でいう所の保土ヶ谷球場のようなポジションらしい。 

球場のサイズは両翼92メートルでセンター120メートルと狭め。
かなり老朽化が感じられるけど古さが良い味出している球場。
Rimg9891 

今日の試合は千葉県にある社会人と大学の選抜チームの対抗戦。
第1試合が社会人が企業チームと大学の1部校の試合で
第2試合が社会人がクラブチームで大学が2・3部校の試合。
Rimg9882 

お目当ては国際武道大からドラフトされた柴田仲沢
柴田はスタメンで出場していたものの仲沢は途中からの出場。

スタメンで出た柴田はエンドランっぽいスタートだったけど盗塁失敗がひとつ。
セーフティーバントを試みたり脚が自慢の選手のようだけど
今日の試合では足の速さは確認できず。
Rimg9850 

途中出場の仲沢はいきなり最初の打席でHR。
ただ指名されたチーム巨人じゃイースタンでも太田中井
サードを守るだろうからショートか外野での出番しか無さそう。
ただ動きの印象からすればセカンドとショートでもなんとかなるかも。
Rimg9865 

写真は撮り損ねたけど仲沢の代わりに4番サードでスタメンだった
東京情報大の堀川仲沢と交代するまで2安打の活躍。
守備力は無さそうな体型だったけどバッティングはなかなか。
この後社会人で野球を続ければチョット気にしておくつもり。

第1試合は2対5で大学選抜の勝利。

第2試合の大学2・3部校は知らない学校多すぎ。
こんな学校あったんだとはじめて知った学校が半分くらい。

ユニフォームでどこの学校かわからない上に
ウグイス嬢があまり上手くなかったので
今打席の選手がどこの学校かがわからない状態で観戦。
 
2・3部校といってもクラブチームとでは力の差がありそうで
あまり楽しめそうになかったので途中で退散。
確認できた事といえばお互いのユニフォームが派手なのが多かった事かな。
Rimg9899 

天台球場 
〒263-0011 千葉県千葉市稲毛区天台町32363-0011 千葉市稲毛区天台町323

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

ほぼ収穫なし ~秋季関東大会~

地元神奈川での開催なので楽しみにしていた秋季関東大会。
横浜高校や他県でも強豪校と呼ばれるような学校の多くが
県大会で敗退したようで高校野球に詳しくない自分にとってはチョット残念。

明日は別のところで野球観戦の予定なので関東大会を観に行けるのは今日だけ。
保土ヶ谷か追浜か迷った結果日本航空高校が良いらしいという情報があったので
シーレックス観戦で通いなれた追浜の横須賀スタジアムへ。

ただお目当ての日本航空高校もイマイチの試合内容。
初回こそ先制点をあげていけそうな雰囲気があったものもすぐに追いつかれて
中盤以降は前橋商業に中押し点を入れられて初戦敗退。

体格では前橋商業より日本航空高校の方が大きく強そうだったけど
野球は体格じゃないのを改めて実感。

第2試合は埼玉の花咲徳栄と茨城の水戸桜ノ牧という
高校野球っぽくないカラーリングの両チームの試合。
Rimg9746 

パンフレットを観るまで知らなかったけど水戸桜ノ牧は県立高校。
そして学校名は桜なのにユニフォームの色は何故かエンジ。
茨城の強豪校の常総学院もエンジだけど茨城の人はエンジが好き? 

試合は終盤粘られたものの水戸桜ノ牧がリードを守り勝ち、
第1試合同様に県立高校が勝ちあがる結果。 

勝ち上がった2チームのピッチャーともナイスピッチングだったけど
ともに1年生でまだ体型も大柄な選手ではないので
観ていて凄さが伝わりにくかったのが今日の残念ポイント。

やっぱり今日は水戸桜ノ牧高校を覚えたこと位が収穫。
因みに横須賀スタジアムのスコアボードでは水桜高と略していたけど
仮に甲子園出場でも出来たら校名は何て略されるんだろう。
Rimg9745 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »