« シーレックス消滅 | トップページ | 太平洋クラブユニフォーム ~パ・リーグ 西武vsソフトバンク~ »

2010年8月 5日 (木)

藪が勝ち投手 ~イースタン 湘南vs楽天~

10日からお盆休みのうちの会社。昨日までは忙しかったものの
仕事にめどがついたので平日だけどナイター野球観戦。

今日の先発はシーレックスが安斉。楽天が菊池
安斉の登板を観るのは3回目位だけど
過去のピッチング同様コントロールはアバウト。
5回を投げて3失点。先制点を貰いながら守れなかったけど、
ルーキーだし過度な期待は禁物かな。
Anzai

菊池は初見か記憶に残るほどの投球が今まで無かったか、どちらか。
初回に2失点をしたもののその後はまずまずのピッチングで
5回を投げて3失点で奪三振は9個。
歩幅も狭いし観た目それほどの凄いボールを投げる印象は良く無いで
これだけ三振が取れるのは不思議。
Kikuchi

歩幅で言えばシーレックス2番手の小林公はたぶん広すぎ。
踏み込んだときに後脚の土の付く部分が膝上あたりまで付くフォーム。
Kobayashi_kota
このフォームでもストライクがとれたら問題無いけれど1回で2四球。
公式戦初登板で緊張の影響でコントロールが出来なかったなら
大きな問題では無いけれど、多分違うとは思う。

楽天の2番手はアメリカ帰りの
生で観るのはおそらくの95年の横浜スタジアムでのオールスター以来。
Yabu
かつてはテンポの悪いピッチャーだったけど今のはテンポが良い。
このあたりはアメリカンナイズされたんだろう。
体型的には腰廻りというか脚廻りはかなり太い。
これはアメリカ仕込みのウェイトトレーニングで
太くなったのか歳のせいなのかは微妙。

登板時は同点だったもののその後シーレックスの佐藤江尻が失点して
試合は3-5で負け。ファームだけどは国内久々の勝利投手。
別にの登板を期待した観戦した訳じゃ無いけれど、
今日の試合でもっとも印象に残ったのはだった。

http://bis.npb.or.jp/2010/games/fs2010080501244.html

シーレックス消滅のニュースを知ってから初観戦。
球場に行く間や球場に着いて思ったけど、
自分がシーレックスを楽しんでいるのは
シーレックス・ユニフォームを観に来ている訳ではなく、
追浜の雰囲気を楽しんでいた事が良くわかった。

来年以降は今まで程二軍戦を観に行くかは判らないけれど、
まったく行かない事は無いだろう。

|

« シーレックス消滅 | トップページ | 太平洋クラブユニフォーム ~パ・リーグ 西武vsソフトバンク~ »

10 生観戦 二軍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藪が勝ち投手 ~イースタン 湘南vs楽天~:

« シーレックス消滅 | トップページ | 太平洋クラブユニフォーム ~パ・リーグ 西武vsソフトバンク~ »