« ジンジャーエールファイト NYY@TEX ALCS G-6 | トップページ | 12分の7か8 »

2010年10月28日 (木)

意外な乱打戦 ワールドシリーズ G-1

リンスカムリーのサイヤング対決だったのに残念な乱打戦。

リリーフ登板があって中3日のリンスカムは程々の出来は予想できたけど、
ポストシーズン絶好調のリーが5回持たないのは予想できなかった。

TEXが先制し序盤のリーを観る限りでは悪くなかったのに、
3回にヤングのエラーで出来たチャンスをものにする所と、
流れを掴んだSFの5回の集中打は流石。

最終結果は11-7でSFが先勝。
どちらも嫌いじゃないけど、どちらかと言えばTEX寄りで観ていたので残念な結果。

試合内容意外で気になったのはリンスカムリーの帽子。
ワールドシリーズなので帽子の横に記念のパッチ付きだけど、帽子自体は汚い。

てっきり新しい帽子をワールドシリーズでは被っていると思っていたけど、
どうやらパッチだけを付けているようだ。
リンスカムはいつもアンダーシャツの首元が切れているのを着ているし、
ワールドシリーズも普段とと変わらない状態でプレーしたいんだろう。

|

« ジンジャーエールファイト NYY@TEX ALCS G-6 | トップページ | 12分の7か8 »

10 MLB」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意外な乱打戦 ワールドシリーズ G-1:

« ジンジャーエールファイト NYY@TEX ALCS G-6 | トップページ | 12分の7か8 »