« 30-9 | トップページ | なぜこのカードを中継? DET@KC »

2012年4月15日 (日)

地元だけど初観戦 ~神奈川大学リーグ 第3週~

当初はベイスターズ対BCリーグ(群馬)の試合の
観戦予定だったけど試合中止になり代わりの試合を調べたら
横浜スタジアムで神奈川大学リーグの試合があったので
自身初の神奈川大学リーグ観戦。

地元のリーグとは言え別に自分が通った学校が所属している訳でもないし
選手もよくわからないので今まで観る機会がなかった。
結局は行けなかったけど去年あたりから観たい選手が居たりして
一度を観たいと思っていたのでちょうどいい機会だった。

第一試合は鶴見大 vs 横浜商科大
商大は去年の夏にプロアマで観ていて先発の岩貞もその時の観ている一人。
ベイスターズ戦では好投していたので今日も期待したものの
5回持たずに3失点(自責は2?)で降板。
最初のカードを先発するエースだし、もう少し投げる所を観たかった。
Iwasada

試合は互いに点を入れあい同点の7回裏に
鶴見大の6番斎藤(大)のグランドスラムで逆転。
最終スコアも8-4で鶴見大の勝利。
http://www.kubl.jp/game/12s/12.4.15.1-1.html

HRを打った斎藤(大)もそうだけど鶴見大は小柄な選手が多い中
泥臭く粘り強い野球をやっている印象。

第二試合は関東学院大 vs 神奈川工大。
関東学院の先発は中野ジャスティン
向上高出身でベイスターズの安斉の1年後輩で
高校時代はドラフト候補として注目されていたので観たかった投手。
Nakano

3回までノーヒットに抑え4回に連打で失点。この回であっさり降板。
序盤のピッチングで140キロ台中盤をたて続けて出したりして
個人的には良いピッチングだと思っていたけど、
失点後コントロールを乱してたのが監督の印象を悪くしたのかな。

神奈川工大先発の松岡が好投で7回まで投げて無失点。
Matsuoka

被安打も2でピンチもツーベースを打たれた5回くらいの安定感のある内容。
8回裏から無失点のうちに投手交代して試合の流れが変わらないか
心配だったけどその後投げたふたりも関東学院打線を抑えて
1-0で神奈川工大が勝利。
http://www.kubl.jp/game/12s/12.4.15.1-2(New).html

第三試合は桐蔭横浜大 vs 神奈川大。
夕方から予定が観たのは残念ながら途中まで。
http://www.kubl.jp/game/12s/12.4.15.1-3(New).html

試合内容と関係ないけど桐蔭のキャッチャーの氏家は背番号が1で
プロテクターを着けると背番号が隠れてしまう。
Ujiie

東都のようにキャプテンが1を着ける事が決まっているならともかく
何でこの番号を選んだんだろう?

20年くらい前に tvk で中継を観た頃は神大と関東学院が強く
ときどき商大もがんばって優勝争いをしている印象だった。
今日の結果はその3チームはいずれも負け。
今は実力が拮抗しているレベルの高いリーグのようだ。

球場メグラーとしては規模やグランドコンディションなど評判がいい
関東学院球場での試合を観たいのでまた観戦する機会もあるかな。

|

« 30-9 | トップページ | なぜこのカードを中継? DET@KC »

12 生観戦 アマ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地元だけど初観戦 ~神奈川大学リーグ 第3週~:

« 30-9 | トップページ | なぜこのカードを中継? DET@KC »