« 六大学観戦は約2年ぶり ~東京六大学 第6週~ | トップページ | 違いの判らない男(自分) CWS@TB »

2012年5月27日 (日)

桑原初HR ~イースタン ヤクルト vs DeNA~

今日は惹かれるカードは結構あるものの
どうしても行きたいと思うカードがなく観戦に悩んだ末
選んだのはご贔屓チームの試合で戸田でのヤクルト vs DeNA 戦。

今週末はBCリーグの福井戦と掛け持ちで野手が明らかに少ない。
キャッチャーは育成の西森を含めて4人居たけど
他のポジションは大原(淳)以外控えが居ない状態。
大原(淳)後藤と交代した後ベテランの後藤がバット引きをやっていた。
Gotoh

先発はヤクルトが育成のウーゴでDeNAが須田

ウーゴはブラジル出身の左腕。背中を観ると HUGO となっている。
ポルトガル語もラテン系の言語だから H は発音しないのだろう。
Hugo_1  Hugo_2

須田をプロ入り後、生で観るのは初。
ドラフト1位だし頑張って欲しいとは思っているけど
DeNAの育成能力を考えると投手として上手くいかず
能力が高いと評判の野手にいつの間にか転向してそうで怖い。
Soda

初回はお互い無失点。2回に啓二朗のレフト前で先制。
試合前に波留コーチと左投手を意識した
トスバッティングをしていた成果が早速出たようだ。
ただ個人的には未だに啓二朗表記は馴染めない。
Keijiro

啓二朗のヒットの後、満塁で1番の桑原がプロ初HRのグランドスラム。
イースタン公式戦初ヒットも観ているし自分の観戦日は桑原と相性が良いかも。
Kuwahara

4回にも啓二朗のヒットとウーゴの牽制悪送球と
桑原の左中間へのツーベースで3点追加。ここでウーゴは降板。
今日は打ち込まれたけど、きれいなフォームの左腕だしちょっと気にしおく。

須田は6回を投げて無失点。
突然コントロールを乱す場面もあったけど全体としてはまずまず。
低めを意識しすぎてホームベースのだいぶ手前でバウンドする球も沢山。
キャッチャーの靏岡が頑張っていた。

DeNAは須田の後も二軍とは思えない豪華リレー。
7回は大原(慎)で8回は江尻に9回は牛田と一軍の試合のよう。
きっと若手はBCリーグ戦に行っていて無駄に豪華リレーになったんだろう。

個人的には二軍戦で若手が観られないのは残念だけど
きっちり抑えてくれたら誰が投げても構わない。
ただ大原(慎)江尻もピリッとせず。
大原(慎)は無失点に抑えたものの満塁のピンチをつくり江尻は犠飛で1失点。
ふたりとも去年のシーズン酷使された影響があるんだろうからしょうがない。
Ohhara_s  Ejiri

9回は牛田が3人をフライアウト3つで締めて1-8で勝利。
http://bis.npb.or.jp/2012/games/fs2012052700682.html

今日の勝利は須田のピッチングと桑原の活躍が大きい。
特に桑原は今日4打数3安打5打点。
あとスリーベースが出ればサイクルという大当たり。
こういう試合を観れると戸田まで遠征した甲斐のある試合だった。

ヤクルトで目立っていたのは3番手で投げた育成の徳山
威力のありそうな真っ直ぐ中心の組み立てで
3回を投げて今日絶好調の桑原の1安打だけで無失点。
しいて挙げるマイナス材料は選手名鑑の好きな女性の欄が
反日で有名な韓国の女優だった事位かな(笑)。
Tokuyama

今日の気になる道具は西森が練習で使用していたバット。
芯のあたりに “ ありがとう ” と印刷されている事。
その下を観ると吉村と書いてあるので、このバットはお下がりなんだろうけど
吉村はいったい誰に対して “ ありがとう ” なんだろう?
Nishimori  Yoshimura_bat

|

« 六大学観戦は約2年ぶり ~東京六大学 第6週~ | トップページ | 違いの判らない男(自分) CWS@TB »

12 生観戦 二軍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桑原初HR ~イースタン ヤクルト vs DeNA~:

« 六大学観戦は約2年ぶり ~東京六大学 第6週~ | トップページ | 違いの判らない男(自分) CWS@TB »