« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

対6球団目の観戦 ~イースタン DeNA vs 西武~

先週は野球観戦がなかったので自分とすれば久々の観戦。
試合はイースタンリーグ DeNA vs 西武戦。
イースタンリーグで西武だけまだ観ていなかったので
ようやく全チーム観る事が出来た。

DeNA先発は眞下。前回観た時良かったのでその時のようなピッチングを
期待したもののそこまで内容とはいかず3回2失点(自責は1)で降板。
フォアボールは3個出したものの不利なカウントでもカーブでストライクがとれたり
まだ投げられそうなのに降板なので予定通りの降板なのかな。
Makka

西武先発で今年のドラフト2位の小石
大学や社会人時代は観た事があったけどプロ入り後は初。
相変わらず球の出所が観にくいフォームだった。
Koishi
2回に井手に2ランHRと3回に後藤の犠飛で5回を投げて3失点。
可もなく不可もなくといった内容かな。
あとグローブが大学社会人時代同様ワールドペガサスだった。

DeNA2番手の小林(寛)が4回に阿部にHRを浴びて同点。
Kobayashi_h  Abe

阿部は歳も結構いっているし今二軍居るという事は
今年のオフの横高枠で獲得する選手は阿部になるかも。
小林(寛)は3回を投げて1失点だけど
髙城に二度ランナーを刺してもらってかろうじて抑えた印象。

7回から3番手で清水(直)が登板。
Shimizu
いきなりつくった1死一三塁のピンチでのライトファールフライを
ライトの一輝がファールにせず捕球して犠飛となり西武が1点リード。

逆転打となる場面だとしても取れるアウトを確実に取らないといけない位
清水(直)の出来が駄目だったのか
単純に一輝が考えてプレーする能力が無いのか
イマイチ自分には理解できないプレーだった。

9回にも佐藤のスリーベースに坂田の犠飛で失点して3-5で逆転負け。
http://bis.npb.or.jp/2012/games/fs2012063000965.html

今季初めて観る西武だけど観た事がない新戦力は野手では
代打で犠飛を打ったを除くと9番ショートで出ていた永江だけ。
Nagae
試合前に脇を締める道具を使ってバッテイングをしていた。
その効果があったのか2安打の活躍。
西武でショートを守るという事は中島の後浅村
メジャーに挑戦する頃の代わりの選手になるんだろう。

DeNAで目立ったのはHRを含む2安打を打った井手位。
ただ外野手はよほど活躍しないと一軍に上がるのは難しいだろう。
Ide

自分が観た試合すべてで三振していたサラサーが9試合目で初めて三振無し。
これもこの試合での数少ないDeNAでのプラス材料かな。
元メジャーリーガーなのに試合前の道具の片づけもするし良い人っぽい。
活躍して欲しいけどルイーズも獲得したし厳しいだろうな。
Img_8019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

日曜が準決勝に ~大学選手権 準決勝~

今日は神宮球場で大学選手権を観戦。
昨日雨天順延で今日が準決勝の2試合。

雨が降らなければ昨日大学選手権を観て
今日は相模原にイースタンを観に行くつもりだった。
年に1回くらいしかない相模原と大学選手権のどちらかしか観られないので
昨日の順延は個人的には残念。

第一試合は九州共立大vs早稲田大。

九州共立大は是非観たいと思っていた大学。
GWの九州旅行で九州共立大の所属する福岡六大学を
観戦しようか迷って断念したので今日観れたのがホントに嬉しい。

先発は二枚看板のうちの3年生の大瀬良の方だった。
大瀬良も観たい投手だけど贅沢を言えば出来ればもうひとりの
川満の方が4年生だし観る機会が無いので観たかった。
Kawamitsu

早稲田は5月に明治戦を観ているのでスタメンは結構知っている。
先発がその時観ていない吉永なのでこっちは個人的にはプラスだった。

試合は両先発好投で投手戦。
先制は早稲田で5回に中村のヒットで2点先制。
九州共立は6回に小瀬戸のヒットで2点入れて同点で吉永をKO。

吉永は6回までで2安打しか打たれないけれど四死球は5個。
こんなにコントロールが悪いかったのかな。
Yoshinaga

8回に地引のレフトヒットで早稲田が1点入れて勝ち越し。
その前の高橋杉山のヒットは大瀬良がはじいて内野安打。
大瀬良のフィールディングがもっと良ければ失点は防げたかも。

その後を継投で逃げ切り3ー2で早稲田が勝利。
http://sportsevent.yomiuri.co.jp/ajub/2012/results/20120617_1.htm

負け投手にはなったけど大瀬良は噂通り良い投手だった。
長身の右腕で確認出来たマックスは150キロ。
真っ直ぐだけでなくスライダーも良いみたい。
Ohsera

大瀬良以外で気になったのは6番セカンドで出場していた小瀬戸
チームの全安打3安打に2盗塁の活躍。
次に何時九州共立大を観る機会があるかは判らないけど
とりあえず覚えておく。
Kosedo

第二試合は亜細亜大vs龍谷大。

亜細亜も早稲田同様今季観ている。こちらも先発が違い九里
東浜は何度か観ているので九里が観れた方が嬉しい。
やや担ぎ投げのフォームだし酷使されるチームだから
東浜が抜けた後の来年以降の故障が少し心配。
Kuri

龍谷大学は全くの初見。名前は聞いた事があるけど
球場で買ったパンフレットを観るまで京都にある事も
関西六大学所属なのも知らなかった。

龍谷先発はサイドスローの井口
リーグ戦の先発状況を観るとエースのようだ。
Iguchi

初回に龍谷4番の古本のライトオーバーで先制。
2回に嶺井中村(毅)の連打で2点入れて逆転。
3回に坂本のライト前で清水が帰って同点。
たまたま撮れた写真は清水が良い笑顔だった。
Shimizu

6回と8回に亜細亜が足を生かして逆転。
代走で出場した山下が6回と8回に盗塁を決めて内野ゴロとスクイズで得点。
山下は1年生。機動力を生かすいかにも亜細亜向きの選手みたい。
Yamashita

この2点差を守り4-2で亜細亜が勝ち。
http://sportsevent.yomiuri.co.jp/ajub/2012/results/20120617_2.htm

明日の決勝戦は早稲田対亜細亜の神宮対決。
東浜を温存できた亜細亜がやっぱり有利かな。

球場に着いた時は少し雨も降っていたので今日は屋根がある二階席で観戦。
二階席は全体が見渡せて見易いし
雨だけでなく途中から出てきた日差しも防げて悪くない観戦場所。
難点は喫煙所が近いのでタバコ臭い事かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

2番手だけど8イニング登板 ~イースタン DeNA vs ロッテ~

今週も仕事終わりで平日イースタン観戦。
先週と違い今日は電車。会社からだと電車の方が時間がかかり
先週より早く出たのに試合前には間に合わず1回表途中からの観戦。

ちょっとしか観る事は出来なかったけどDeNA先発はジオ
1回を1安打無失点で降板。きっと調整登板だから1回降板も問題無いんだろう。
撮る前に降板したのでジオの写真は無い。

DeNAはジオの後加賀美が登板。ほぼ先発という感覚なんだろう。
Kagami

ロッテ先発は光原。去年の熊本で先発を観て以来かな。
Mitsuhara
立ち上がり不安定で1回は被安打4。
ただ得点は後藤のセンター前での1点だけ。
2回も渡辺(直)のツーベースから内野ゴロ2本で1点。
その後4回まで投げてヒットは7本打たれても失点はこの2点だけ。
内容よりかは失点が少なく済んだ。

ロッテは2番手で大嶺が登板。
Ohmine
2008年あたりはロッテの二軍を観るたびに大嶺が登板していた印象。
今日は2回を投げてフォアボール1個の無失点。
相変わらずコントロールはアバウトだけど球威はありそう。

大嶺のあと服部を挟んで4番手は南昌輝
Minami_m
プロ入り後観るのは初。1回を投げて4四球で1失点。
小池の三塁への悪送球のエラーがあるのでおそらく自責点は0。
アウトはすべて三振なので以前のように
力のある球は投げれるようには成っているんだろう。

試合は3-1でDeNAの勝利。
http://bis.npb.or.jp/2012/games/fs2012061500836.html

加賀美が2回から9回まで投げて1失点が最大の勝因だと思う。
抜群の内容とはいかないもののピンチをつくっても何とか踏ん張った印象。
フォアボールは2個だけだしテンポの良さが味方の好守につながったかも。

序盤チャンスを作りながら得点を2点しか取れなかった攻撃には課題はあり。
1番の啓二朗が初回にヒットで出塁したのに
こんなにベース前で盗塁死しているようじゃ問題ありだよな。
Keijiro

でも負けゲームを観るより勝ちゲームを観る事が出来てよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

太田球場 ~都市対抗 北関東予選~

今日は都市対抗の北関東予選の観戦。
去年も北関東予選を観たけれど球場が違い今年は群馬県の太田球場。
Imgp0683

太田球場の最寄り駅は東武小泉線の竜舞駅
個人的には自宅からだと電車を乗り継いで行くには行きにくい球場。
ただ調べたら熊谷駅から太田駅まで シャトル500 というバスが出ていて
BUSターミナルおおた で降りると太田球場まで徒歩15分位で着く。
今回はこれを利用したので結構快適に移動出来た。

球場のサイズは両翼90Mセンター120M と狭め。
内外野とも人工芝だけど内野だけ張り替えたようで
芝目が長いハイテク人工芝になっている。
Imgp0684

スコアボードは電光だけど古い。選手名も3文字が限界のようだ。
Img_7363

バックネットはホントのネットで観ていて気になるし
横はネットが低いもののスタンドも低くどこで観てもネットが邪魔になる。
あと普段は富士重工業の練習グランドになっているそうだ。

今日は代表決定リーグで2試合あり
住友金属鹿島 vs 全足利と富士重工業 vs 日立製作所。
対戦カードは違うけど去年も観ている4チーム。
北関東の4強はこれでほぼ固定されているのかな?

4強とは言っても3つの企業チームと全足利に
力の差はあるようで第一試合はワンサイド。

全足利のピッチャーが四死球を出し
それがことごとく得点につながった。最終スコアは9-0。
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10504/9632.html

5回から9点差あったけどコールドゲームにならず9回まで試合は行われた。
北関東予選のコールドの規定はパンフレットを観たけど判らず。
10点コールドだったのかな?

住金鹿島は新日鉄と住友金属の合併があるので
このチーム名では今年が最後になるようだから
自分が生で観るのはこれで最後かも。
Ishizaki

全足利には元ロッテ育成の吉田(真)が1番センターで出場していた。
4打数ノーヒットで流石元プロというプレーは観る事が出来なかった。
ロッテ時代も観ているか微妙だし思い入れは特にない。
Yoshida_m

第二試合は企業対企業の対決。
富士重工業は地元なので沢山入るのは判るけど
日立製作所も動員をかけているようでかなりの入り。
家電各社業績が厳しいというニュースは耳にするけど
大企業はやっぱり凄いんだと中小企業で働く自分としては思う。

因みに日立はオレンジ色のセカンドユニフォーム。
ようやく生で観る事が出来た。
Ohba

先制したのは富士重工業。2回に小杉3回に冨村のHRで2-0。

日立製作所の反撃は4回打者一巡の攻撃で一挙5点入れて逆転。
この回までは富士重工先発の畠山に全打てなかったのに
波に乗ると日立の打線は凄い。

畠山は3月に行われた震災復興の社会人選抜 vs 大学選抜をTVで観て
是非生で観たいと思っていた。3回までは1安打無失点。
2回はボールが先行したり抜群の内容では無くても
まずまずの出来だと思っていたので4回持たなかったのは意外。
Hatakeyama

地元で負けられない富士重工業は5回に2点。7回に1点入れて同点。
5回から登板の3番手の東明のまえに日立は手が出ず。
これで流れは完全に富士重工。

桐蔭横浜大出身の東明。大学時代から一度観たいと思っていた。
投げる前背中越しに右手が見える腕の動き以外は
全体的には小さなフォームからキレのある速球を投げ
ほとんどの打者が引っ張れなかった。
Tohmei

8回に富士重工業3番の金山の左中間の三塁打で逆転。
この回ランナーが二塁になった所で日立の松本監督は
レフトを溝端に守備固めの変更していたのに采配は実らなかった。

9回にようやく東明から初安打がでたものの
あとが続かず6-5で富士重工業。
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10504/9636.html

日立は今日の試合で伊波大場といった(おそらく)エース級の投手を投入。
残り試合は全足利戦だから余裕があるのかな。

太田球場
〒373-0817 群馬県太田市飯塚町1059-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

眞下好投 ~イースタン DeNA vs 日本ハム~

朝は雨が降って車通勤をしていたので車で追浜にイースタン観戦。
平日の仕事終わり観戦は今年初。追浜でナイター観戦も1年ぶり位かな。

今日の先発は眞下眞下の登板試合を観るのは早くも5度目。
今年最初の頃は酷かったけど今日の登板は抜群に良かった。
まるでルーキーイヤーのような観ていてワクワクするピッチング。
ブレーキの利いた落差のあるカーブでストライクが簡単に取れたのが大きい。
Makka

7回を投げて2安打2四球無失点で3回まではパーフェクト。
4回に西川に初安打を打たれてセットになって最初の打者杉谷
ストレートで歩かせた時は心配したけど今日は何とか踏ん張れた。

折角眞下が好投したのに今日は打線が日本ハム先発の齊藤(勝)を打ち込めず。

齊藤(勝)を観るのはセガサミー時代の京都大会で観て以来。
こちらは5回を4安打無失点。5回はベースカバーで入ったファーストで
ショートからの送球を足に受けるアクシデントもありながら5回までは投げきった。
因みに背番号上の名前はハンカチ同様名前なしで SAITOH だった。
Saitoh_m

何度か得点のチャンスをありながら生かせなかったDeNA打線は
齊藤(勝)のあと投げた大塚から8回に山崎がライトにおっつけてDeNAが先制。
Yamazaki

山崎のあと乙坂をフォアボールで出して1アウト一二塁で大塚が降板。
日本ハムの3番手はベテランの木田
年々腕の位置が下がっている印象だったけど
今年は完全にサイドスローになっていた。
あと5年くらい現役を続けたらアンダースローになるのかな(笑)。
Kida

8回はその後もチャンスを広げたものの得点は1点だけ。
その1点をを9回は牛田が締めて1-0で勝利。
http://bis.npb.or.jp/2012/games/fs2012060600762.html

牛田は2連続奪三振にキャッチャーファールフライ。
良い状態だと思うけど何時まで二軍に居るんだろう?
Ushida

朝雨が降っていなければおそらく観戦する事はなかったと思うので
眞下の好投を観る事も出来なった。
そう考えると今朝の雨は自分にとって恵みの雨だった。
でも出来を考えると眞下に勝ちを付けてあげたい内容だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

赤いCWS SEA@CWS

今年のCWSはホームの日曜日に赤いユニフォームを着てプレーするようで
何時かは観たいと思っていたらちょうどSEA戦とういう事で
J SPORTS で中継があった。

72年に赤いユニフォームの時代があったそうで
その時代の復刻という事で背番号の数字がやたらデカい。

スパイクやキャッチャーの防具なども赤だし
ラミレスフラワーズはバッテインググローブにまで赤が入っていて
ボーっと見ているとCWSには見えない。

それなの日本語放送の谷口橋本コンビは赤いユニフォームに全くのスルー。
この二人がいかにCWSに興味がないかが判る。

先発はセール。15奪三振の前回ほどではないけれど今日も好投。
2回にオリボに2ランHRを浴び先制点を奪われる。

打線は対戦相手のミルウッドがコントロールがイマイチで
リズムが悪いのにイマイチ攻めきれない。
それでも2回3回に1点づつ加点し4回に2点入れて逆転。

セールが終盤SEA打線の淡白な攻撃にも助けられ4-2で完投勝利。

この試合では福留も先発出場していたけどスイングした時に
背中を痛めたようで1打席フォアボールで交代。
今の成績を観ると何時リリースされてもおかしくない状態で
更に故障となると自分が中継でCWSの福留を観るのは最後になるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

19時開始 ~都市対抗 東京都第一代表~

柏の葉から自宅に真っ直ぐ帰らず寄り道してまたまた野球観戦。
神宮球場で都市対抗の東京都第一代表決定戦。

今年は都市対抗日程が早まった影響で予選も早くなっている。
球場の少ない東京都は会場確保が大変のようで
今日も早慶戦のあと19時試合開始という状態。
個人的には開始時間のお陰ではしご観戦出来た。

試合はNTT東日本 vs セガサミー。
去年の秋の東京都企業大会で同じカードを観ている。
ただ社会人野球にとっての都市対抗予選は本気度が違う。

先攻はNTT東日本。目黒がフォアボールで出た後
岩本のバスターエンドランで一二塁。3番の越前がHRで先制。
Echizen

その裏セガサミーもNTT東日本に復帰した上野を攻略して
満塁から照屋が走者一掃のツーベースで同点。
Teruya

結局上野はこの1回で降板。読売時代に二軍で
危険球で1回0/3で退場を観ているし自分は上野と相性が悪いかも。
Ueno

2回2番手の井納のワイルドピッチでセガサミーが逆転。

セガサミー先発の浦野が2回以降立ち直ったので
このままセガサミーの試合と思ったら5回に突然崩れ同点にされて
ランナーを残した場面で降板。都市対抗予選のプレッシャーは大きいんだろう。

5回は2番手の木村(宜)が抑えたものの
次の6回に9番打者の梶岡に満塁HRを浴びて8ー4。
Kajioka

8回にさらにNTT東日本が1点追加し
2回からリリーフしていた2番手の井納は6回0/3を1失点に抑える好投。
Inoh

最後は末永が締めてNTT東日本が第一代表。
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10506/9508.html
Img_7146

家に帰ってからJABAのHPを観ると逆転の梶岡が最優秀選手で
2番手で好投したの井納が優秀選手と出ていた。
試合を観ている人のほぼ全員がこの人選には納得だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CHIBAユニフォーム ~イースタン ロッテ vs 読売~

当初は仕事終わりに相模原で首都大学の入替戦か
横浜スタジアムへ都市対抗予選を観に行くつもりだったのが
急に休みになり予定変更で柏の葉でイースタンリーグ観戦。

一昨年観に行ったけど内野は売り切れで外野の芝生席からの観戦だったので
今回は内野席が売り切れになる前に早めに着くように出たのに
今年の売り切れになる程ではなかったのでギリギリに着いても平気そうだった。

今日のロッテはCHIBAユニフォーム。
ビジターユニフォームの黒白逆転したようなデザインで
胸の文字がCHIBAとなっている。あと帽子もツバが白というか銀色っぽい。
Chiba_uni 

試合はロッテが阿部で読売が笠原が先発。
ふたりともイマイチの出来でともに4回を持たずに降板。
ストライクをとるのに苦労している訳じゃないけど連打を浴びて失点していた。
Abe  Kasahara

ロッテが初回にホワイトセルのHRなどで3点入れて先制。
柏の葉のスコアボードはホワイトセルが何故かジョシュ表記だった。
名前の部分の文字数は4文字が限界なのかな?
Whitesell  Josh

読売も3回に隠善の犠飛と中井の三塁打で3点入れて同点。
4回に和田の二塁打で一度は読売が逆転したものの
その裏ロッテが高濱のヒットと小池の併殺崩れに和田のエラーが加わり逆転。
更に翔太のヒットで合計3点。その後の読売の反撃を1点に抑えて
6-5でロッテの勝ち。
http://bis.npb.or.jp/2012/games/fs2012060200727.html

ロッテで気になったのは打者では伊志嶺
トップバッターとしてはきっちり役割は果たしていたけど守備での送球は山なり。
肩でも痛めなければ良いけど、どうなんだろう。
Ishimine_1  Ishimine_2

投手では荻野(忠)。相変わらずのダイナミックなフォーム。
1回を投げて古城に打たれた1安打だけで無失点。
横から観ているので推測だけどスライダーが良かったみたい。
Ogino
背中の表記は名前は無しの OGINO だけ。
同姓の荻野(貴)には T.OGINO となっているに
荻野(忠)にも名前の表記をする予定が無いのかな。
Ogino_tadahiro  Oginota_takashi

読売で気になったのは1番レフトで出場の育成枠の丸毛
初回にいきなり盗塁を決めたり三塁打を含む3安打。機動力もありそう。
選手層が厚い読売の外野手で支配下登録を勝ち取るのは
簡単ではないと思うけど良い選手だと思うので気にしておく。
Marumo

早く着いたので球場外でのイベントなどでマスコットも活躍。
一軍の試合もQVCであるのに柏の葉にマスコットが勢揃いしていた。
一軍にマスコット無しは考えにくいので
マスコットって複数同じのが居るのかな?
Img_6822

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »