« ア・リーグのHOU TEX@HOU | トップページ | CWSが観られるのも岩隈様々 SEA@CWS »

2013年4月 7日 (日)

浜松球場 ~JABA静岡大会~

前日の大雨に今日も暴風の予報が出る生憎の天気だったけど
JABA静岡大会を観に浜松まで遠出。

浜松球場は両翼99.1Mセンター122Mで内野が土で外野は天然芝。
Imgp5199 Imgp5210
スコアボードは電光で球速表示もある。
Img_6191
スタンドも大きく立派な地方球場だけどスコアボードがライト側にあり
センターバックスクリーンの上に旗がある以外これといった特徴は無いかも。

アクセスは浜松駅から遠鉄バスで13番乗り場から
53か56系統で市営グランド下車。
料金は変わらないけれどひとつ手前のバス停の
上島住宅入口の方が球場には気持ち近いかも。
遠州鉄道西鹿島線の上島駅からも15分位歩けば行ける。

今日のカードは土曜日に消化しきれなかった2試合。
第一試合はヤマハ vs 東芝。

先制はヤマハで1回裏矢幡のツーベースと嶋岡の犠飛で2点。
新人の矢幡は専修時代に一昨年神宮第二で観ていた。
その時は1番を打っていて今日は3番。長打力が付いてきたのかな?
Yahata_1 Yahata_2

その後はお互いの投手が踏ん張りゼロ行進。
土壇場の9回に東芝の代打森山が2点タイムリーで同点。
Moriyama
裏にヤマハはランナーは出したものの逆転は出来ず延長戦へ。

10回からタイブレークで1死満塁からスタート。
打席は任意で選べ先頭の3番大河原が左中間にヒットを打ち2点
Ohkawara
さらに黒羽のセカンドゴロと松永のレフト線のツーベースで2点入れ計4点。

ヤマハの攻撃は3番矢幡のライトフライを三塁ランナー代走の川辺
タッチアップを自重したのに二塁ランナーの永田が飛び出しアウト。
まるでWBCの内川のようなプレーで試合終了。6-2で東芝の勝ち。
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40013/10831.html

今日の試合の殊勲者は決勝打を打った大河原や同点打の森山
ピンチで降板したものの6回1/3を2失点で抑えた先発の萩野だと思うけど
試合は負けたヤマハ先発の武内が今日一番の活躍だと思う。

9回に同点打を打たれ降板したけれど8回2/3で2失点の好投。
特に中盤は三振を奪取しまり13奪三振。
あと結構寒いのにずっと半袖で投げていた。寒さに強いのかな?
Takeuchi

第二試合は日本新薬 vs トヨタ。
初回福田田中(幸)の連続ヒットでトヨタが2点先制。
福田が4番で田中(幸)がファーストと
退団した的場の穴をしっかり埋めている印象。
Fukuda Tanaka_y

結局新薬先発の榎田は1回持たずに1/3で降板。
その後2番手で投げた尾崎が好投し試合を立て直す。

ただトヨタ先発の祖父江が新薬打線は抑え込こむ。
140キロ前半のストレートも良かったし
スライダーで沢山空振りを取れていて6回を3安打無失点の好投。
Sobue

好投していた尾崎も5回に亀谷のバントヒットを
自らの送球エラーで作ったピンチで樺澤に内野安打を打たれ失点。
その後のピンチを切り抜けこの回で降板。4回2/3を1失点の好投。
Ozaki

9回に小島の犠飛で1点追加したトヨタが4-0で勝ち。
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40013/10835.html

試合開始時は雨が降るし強風の影響でかなり寒い。
それでも好ゲームを観れたし無理して出かけて良かった。

もともと18きっぷの残り1回の使用目的で観戦を計画した今回の観戦。
当日に開始時間が10時から12時過ぎに変更になり試合終了時間が延びたし
東海道線も浜松付近は風の影響で停まっていたので帰りは新幹線を利用。

静岡辺りで新幹線を降りて18きっぷの使える東海道線に乗り換える方が
安く済むんだけど面倒だったので家の近くまで新幹線に乗ってかえったのが
勿体無かったかとも考えていたら茅ヶ崎の踏み切り事故で東海道線がストップ。
東海道線に乗り換えていたら家まで帰れかなった可能性もあるので
ケチらずに最後まで新幹線で帰ってきて良かった。

浜松球場
〒433-8122 静岡県浜松市中区上島六丁目19-1

|

« ア・リーグのHOU TEX@HOU | トップページ | CWSが観られるのも岩隈様々 SEA@CWS »

13 生観戦 アマ野球」カテゴリの記事

野球場 7(中部)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜松球場 ~JABA静岡大会~:

« ア・リーグのHOU TEX@HOU | トップページ | CWSが観られるのも岩隈様々 SEA@CWS »