« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月28日 (水)

サヨナラ勝ちは気分が良い ~イースタン DeNA vs ロッテ~

仕事終わりでイースタン観戦。
昨日も観に行きたかったけど仕事が長引き断念。
今日はまだ仕事が残っていたけど早退した。

先発はソト。この時期二軍で投げているのはどうなんだろう。
Soto

キャッチャーもモスカテルなので外国人バッテリー。
国際試合以外で外国人バッテリーを観たのは初めてかも。
ソトが降板した後はモスカテルの為に通訳が必要になった。
Img_4129

先制はロッテ。2回に江村のライト線のツーベース。
立ち上がりのソトは落ちるボールを有効に使っていたのに
ランナーが出た2回は急にコントロールが狂いだした。

4回から北方が登板。ソトが3回1失点で降板。

ロッテ先発のゴンザレス相手に毎回ランナーを出しながら
得点できずにいたDeNA打線は4回裏にモスカテル
ライト線に落ちるヒットで同点。体勢を崩しながら何とか打った。
Moscatel

さらに続くチャンスで内村の併殺崩れで逆転。

5回6回は立ち直ったゴンザレス7回以降は中継ぎ陣に抑えられ
追加点は挙げられず。1点差のまま9回へ。

9回表に冨田江村にレフトオーバーを打たれ
途中出場のレフト森本がクッションの処理を誤る間に
神戸が一塁から生還し同点。
今年冨田が打たれたのは初めて観たかも。

同点打を打った江村はこの試合4打数4安打2打点。
こんなに打つ選手なのか今日がタマタマなのかどっちだろう。
Emura

同点に追いつかれてDeNAは9回裏フォアボールと連打で1アウト満塁。
しかも打者が4番ラミレスがこの場面で期待に応えて
センター前を打ち3-2サヨナラ勝ち。
Ramirez

http://bis.npb.or.jp/2013/games/fs2013082801441.html

打たれたのは9回から登板した中郷
ロッテが逆転しなければ登板が無かった訳だから
同点で急遽登板したので心の準備が出来ていなかったかも。

期待していた冨田が打たれたのは残念だけど
サヨナラ勝ちって気分が良いな。
今日の殊勲者ラミレスは二軍では好調をキープしているけど
まだ一軍に呼ばれないのかな?
Img_4211 Img_4214

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

この大会続くといいな ~神奈川県野球交流戦 DeNA vs 東芝~

仕事を午前中休んで野球観戦。
観戦したのは昨日から始まった神奈川野球交流戦。
ベイスターズ二軍と神奈川の社会人と大学のチームが戦うトーナメント。
Img_3850

自分の観戦した第一試合は準決勝で DeNA vs 東芝。
東芝はもちろん DeNA 二軍もほぼベストメンバー。
Img_3841

先発は井納萩野。DeNA先発投手より東芝先発投手の方が
今年沢山観ているというのはDeNAファンとしてはどうなんだろう。
Inoh Hagino

先制したのは DeNA 5回に飛雄馬のライトへのソロHRで先制。
東アジア大会の日本代表戦でも思ったけど飛雄馬は社会人との対戦では
イースタンリーグの試合より力を発揮している。
自分が思っているより社会人時代は良い選手だった?
Hyuma

東芝も6回に1アウト一三塁で吉田のショートゴロを渡邊(雄)がエラーで同点。
捕球できてもダブルプレーは難しい打球だったのでエラーが無くても
同点になっていた可能性は高い。

8回からDeNAは2番手の佐藤が登板。
服部にヒットを打たれ戸田の送りバントでランナー二塁に進塁。
3番手の安部から吉田のライトオーバーのフライを
乙坂のグローブに当てながら捕球できずスリーベースで東芝が逆転。
Yoshida

7回から藤田 9回は野田に抑えられ1-2で DeNA の負け。
プロが社会人に負けるのはどうかと思う人もいると思うけど
実力的にも互角位だと自分は思っていたので納得の結果。

この試合で9回に登板した北方を今季初めて観た。
コントロールは相変わらず悪い。ただストライクが取れさえすれば
簡単には打たれそうにないので勿体ない。
Kitagata

東芝では戸田が3安打。今年観たすべてDHか代打での出場。
大学時代守っていたファーストには服部が居るので
出場機会を増やす為に外野を守る事はないのかな?
Toda

観たいと思っていた大会だけど平日なので観戦は無理かと思っていた。
無理して来て良かったけど午前中でもやっぱり暑い。

プロと社会人と大学がひとつの大会に出るのは面白いと思うので
是非来年以降も続けて欲しい。
出来れば週末に行われると助かるんだけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

北海道旅行で野球以外

今回も札幌へは はまなす に乗車し早朝到着。
Imgp5511

札幌に着いてまず前回も来た中央卸売市場。定食めし屋 で海鮮四色丼。
値段が1000円とお得感のある値段に釣られたけど味も旨い。
Imgp5522

札幌ドームから円山球場へ行く間で lavi円山でスープカレー。
食べたのはエゾジカ野菜カレー。人生初のスープカレーの感想は正直微妙。
美味いんだけどわざわざ札幌に食べに来たいとまでは思わなかった。
でもラッシーは甘くて結構好きかも。
Imgp5543

札幌から旭川へ行く車内でも北海道ぽい物を食べようと駅の地下で数点購入。
その中でケンミンSHOWで観た小樽の かま栄 のパンロール。
練り物をパンに包んで揚げたもの。案外違和感無く食べられた。
Imgp5558 Imgp5560

翌日は朝から野球を観ていたので朝食はコンビニのおにぎり。
室蘭風やきとり と チーズかつお。
地元で観た事が無かったのでご当地ものかと思い購入。
味は名前程はインパクトは無かった。
Imgp5571

日ハム戦観戦の為旭川に戻って食べたのは梅光軒で醤油チャーシュー。
醤油ラーメンはかなり旨い。ただチャーシューはしょっぱすぎかも。
Imgp5585

スタルヒン球場で観戦後購入した夜食もご当地メニューっぽい。
北海道には親子そばというものがあるんだな。
Imgp5598

3日目にようやく観光。旭川から富良野行きの
富良野美瑛ノロッコ号 に乗ってファーム富田へ。
自分的にはノロッコ号に乗るのがまず観光。木の座席なので座布団が欲しい。
Imgp5599

ファーム富田はメインはラベンダー。残念ながらラベンダーの時期は過ぎている。
それでも花にあまり興味が無い自分でも綺麗だとは思う。
Imgp5637

当初3日目もJABA北海道大会を観戦予定で札幌に宿を予約していたので
通り過ぎて小樽運河をチラ見。
Imgp5666

晩飯はだるま本店でジンギスカン。かなり並んだけどその甲斐はあったと思う。
Imgp5676

4日目は ワッカに乗って余市へ。
Imgp5690

余市でニッカウヰスキーの工場見学。今回一番楽しみにしていた観光。
ウィスキーの試飲に惹かれたのは間違いない。
創設者の竹鶴が広島出身で広島が優勝時に
記念ボトルを出していたのは知らなかった。
Imgp5697 Imgp5708

昼食は 一粒庵 でみそラーメン。
ここも並んだけど だるま と違い並んでまで食べる価値はなかったかも。
Imgp5724

昼食後帯広へ移動。帯広でどうしても行きたかった 幸福駅跡地へ。
JR北海道の列車運休で丁度良いバスに乗れず着いたらすぐ戻る状態。
しかもどしゃ降りの雷雨。自分には不幸な場所でしかなかった。
Imgp5739

帯広駅に戻ってはげ天で豚丼。
地元にある豚丼屋より美味く感じたのは本場で食べる雰囲気のせいかな。
Imgp5743

野球メインで出掛けているので観光は少なめ。
でも食べ物に関しては食べたいと思っていたものをほぼ食べられたので満足。
特に札幌クラシックはいったい何本飲んだか判らない位飲んだ。
Imgp5727

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月17日 (土)

帯広球場 ~パシフィック 日本ハム vs ソフトバンク~

2日間観光観光した後の観戦は帯広での日本ハム vs ソフトバンク戦。
Imgp5746

帯広球場は帯広駅からバスで30分位。あまりアクセスは良くない。
両翼97.6Mセンター122M。内野が土で外野が天然芝。
Imgp5747 Img_3786

ネットも低く本来なら見易い自分の好きな球場となるところだけど
インターネットで購入した席は前過ぎてネットが邪魔。
Imgp5751

球場とは直接関係無いけどこの試合の観戦で驚いたのは
試合前の国歌演奏で起立も脱帽もさせられ無かった事。
主催に左寄りと評判の北海道新聞が入っているのが影響しているのかな?

先発のケッペル攝津が立ち上がりからコントロールに苦しむ。
やっぱり地方球場は投げずらいようだ。
Keppel Settsu

先制したのはソフトバンクで4回にラヘア本多のタイムリーで2点。

その裏日ハムは小谷野のタイムリーで1点返した後
5回に中田のタイムリーで同点。大谷のタイムリーで逆転。
緑色のバッティンググローブはオールスター仕様を使い続けているのかも。
Ohtani

この後も日ハム打線は得点を重ねる。7回に中田のHRで2点。
8回にアブレイユのHRなどで4点追加。
中田はこの試合で4打数4安打3打点。
周りの人の話だと帯広では相性が良いらしい。
Nakata

ソフトバンクの反撃を8回の1点に抑えた日本ハムが10-3で勝ち。
http://bis.npb.or.jp/2013/games/s2013081701347.html

途中で雨が降ったりカメラのバッテリーが切れたり散々だったけど
とりあえず無事に観戦し帰ってくることも出来た。
旅には少しくらいのハプニングあった方が面白いかな。

帯広球場
〒080−0856 帯広市南町南7線56-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

旭川スタルヒン球場 ~パシフィック 日本ハム vs オリックス~

円山球場から移動して旭川スタルヒン球場へ。
Imgp5597

両翼95Mセンター120M。内野が土で外野が天然芝。
名前になっているスタルヒンの銅像が球場正面にある。
Imgp5594 Imgp5589

今年からナイター照明が付き当然今日もナイター。
ナイター照明はかなり明るい。

スコアボードは白い文字で見易い
Img_3645

対戦カードは日ハム vs オリックス戦。何気に一軍はオリックス戦の観戦が多い。

先発はウルフ金子千尋

ウルフは毎回ランナーを出しながら踏ん張る。
金子はかなり良く点を取られる気配が無いピッチング。
しかし4回にアブレイユにソロHRが出て日ハムが先制。意外な展開だった。

オリックスは5回にも二死三塁のチャンスを作ったものの
李大浩のピッチャーゴロ。それをウルフが捕球し損ない同点。

6回途中でウルフは降板。
エラーの際に足を捻ったようだけどこの降板とは関係無いかも。

日ハムは小刻み投手リレーするなかオリックスは金子が投げ続ける。

7回に二死二塁から佐藤のレフトオーバーのツーベースで逆転。
ロッテの二軍時代から観ていたのでこの活躍は嬉しい。
Satoh

この1点を守って日ハムが2-1で勝利。
http://bis.npb.or.jp/2013/games/s2013081401322.html

ヒットの数では日ハムが4安打オリックスが11安打。
見事なまでの金子見殺し試合だった。
Kaneko

旭川スタルヒン球場
〒070-0901 北海道旭川市花咲町2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道勢は2勝1敗 ~JABA北海道大会 第3日~

昨日の航空自衛隊千歳に続いて今日は円山球場で
室蘭シャークス戦を観戦。

室蘭シャークスは新日鉄室蘭の流れをくむチーム。
新日鉄と住金の合併後チーム名が新日鐵住金室蘭シャークスに
変更されてようだけどチームのHPは未だに室蘭シャークスのまま。
とりあえず左胸に新日鉄住金のマークはある。
Img_3426

三塁側なのでセカンドユニフォームだと思うけど
赤いユニフォームで背番号も赤に白い縁取りなので見難い。
Img_3525

かずさマジックと同じ様な広域クラブ?なので出身校をアナウンスする所で
所属先の企業をアナウンスされていた。

室蘭の対戦相手はJR東海。昨日札幌ドームで観たばかり。
室蘭ばかりを意識して対戦相手をチェックしていなかった。

試合は2回に佐藤(憲)が2ランHRで室蘭が先制。
Satoh_n

5回にも加藤のタイムリーで追加点。
2回も5回もどちらもサードの伊藤の送球エラーがあった。

6回に室蘭打線が爆発し4安打2四死球で一挙5点。
JR東海の反撃を7回の1点に抑え8-1。7回コールドで室蘭の勝利。
まさか室蘭のコールド勝ちを観られるとは思わなかった。
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40001/12127.html

打線も活発だったけど勝利の要因は先発の藤田の好投。
6回を投げて2安打無失点。フォアボールは3個出したけど
コントロールに苦しむというより丁寧に投げた印象。
Fujita

JR東海では稲津が2安打の活躍。でも写真は撮ってなかった。
後はこれといって良い意味で目立った選手は居なかった。

第二試合は日立製作所 vs 航空自衛隊千歳。
今日はこの後旭川で日ハム戦を観るので途中まで観るつもりだったけど
第一試合が早く終わったのでギリギリ最後まで観られた。

先制は日立で2回に上村のレフトへのタイムリー。
自衛隊も3回に冨田のセカンドゴロで同点。

中盤は共に無失点。

7回に2アウトから3連続ツーベースが出て2点入れた日立が逆転。
逆転された所で自衛隊先発の稲邉は降板。
昨日の宮田同様稲邉も緩い球を上手に使っていた。
Inabe

稲邉の後を投げたリリーフ陣も打たれ
8回に1点9回に2点奪われ6-1で日立の勝利。
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40001/12129.html

自衛隊の得点は1点だけど昨日の石巻戦と違い打線は活発で
何度か得点の気配はあった。

この試合で目立っていたのは日立のキャッチャーの上村
打っては3安打守ってもホームで体当たりのランナーを
ブロックし得点を許さなかった。
Uemura

あと気になったのは日立の3番手梅野
グローブをしている左手にテーピングをしている。
怪我の内容も心配だけどピッチャーがテーピングして投球するのは
違反にならないのかな?
Umeno

この試合で自分のJABA北海道大会の観戦は終了。
昨日の自衛隊の勝利を含めて北海道勢の勝敗は2勝1敗。
まだ日ハムの試合があるけど北海道大会に関しては大満足かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

円山球場 ~JABA北海道大会 航空自衛隊千歳 vs 日本製紙石巻~

昼食を食べてから円山球場へ。
去年北海道神宮に行った時に外側だけは観ている。
Imgp5550

両翼98Mセンター117Mで内野が土で外野が天然芝。
パッと見は何処にでも有りそうな球場だけど
子供の頃から読売の北海道シリーズをテレビで観ていた球場。歴史を感じる。
Imgp5545 Img_3294

試合は航空自衛隊千歳 vs 日本製紙石巻。
被災した側と救助した側の対決。自衛隊のヘルメットには
がんばろう! 東北! のステッカーが貼ってある。
Img_3300

当所はJR北海道が出場予定だったのが出場辞退で自衛隊に変更。
そう観る機会が無いチームなのでこの試合は絶対観ると決めていた。

ユニフォームは青と赤を少し入れたデザイン。
胸と帽子のマークはJASDF 。
調べると JASDF は Japan Air Self-Defense Force で航空自衛隊の略らしい。
自衛隊なら迷彩とかでも良いと思うけど航空自衛隊に迷彩は無いのかな?
Img_3279

試合は3回表に3連打で石巻が先制。
Hasegawa

その裏に初安打が出た自衛隊も阿部のライト前で同点。
Abe

その後はお互い無得点。
石巻の方がチャンスは多かった気がするけど後1本が出ない。

自衛隊は宮田が好投。緩いボールを上手く使っていた。
Miyata

延長10回からタイブレーク。1死満塁からスタート。
任意で打順はお互い3番からスタート。

先攻の石巻は濱田伊東が凡退。
この試合での伊東は3安打。この打席で打てなかったのは痛かった。
Itoh

後攻の自衛隊はこの回から登板した石巻3番手の佐藤から
小野がストレートのフォアボールを選び自衛隊が2-1で勝ち。
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40001/12121.html

延長の裏の回でいきなり一死満塁での登板し
自責点が付かないランナーの生還なのに
タイブレークなので負け投手になるらしい佐藤はチョット可哀想な気もした。
Satoh

観られるだけで満足だった航空自衛隊千歳。
まさか勝ちを観られるとは思わなかった。
明日の天気も微妙なのでこの試合を断念して
旭川での日ハム戦の観戦しようかと迷ったけどこっちを選んで良かった。

円山球場
〒064-0954 北海道札幌市中央区宮ヶ丘3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガラガラだからよく響く ~JABA北海道大会 JR東海 vs NTT西日本~

朝札幌に着いて観戦したのは札幌ドームでJABA北海道大会。
Img_3275

あえて円山球場にしなかったのは寝不足なので3試合同じ球場で観戦するより
移動して1試合づつ2試合観ようと思ったので
円山球場の第三試合は観たいと思い最初に札幌ドームにしてみた。

観戦前に前回観損なったサッカー用の芝。
これで札幌ドームに未練は無くなった。
Imgp5529

外周を一周して球場内に入ってみると予想していたけどガラガラ。
ドームなのでキャッチボールの捕球音までよく反響する。

観客席は真ん中だけなのでバックネットすぐという
今後日ハム戦を観る機会があってもこの席で観る事は無い席で観戦出来た。
Imgp5533

第一試合はJR東海 vs NTT西日本。

先発は菅野吉元のマッチアップ。
序盤戦は投手戦の雰囲気はあったものの
中盤からはお互い毎回のようにランナーを出す展開。

先制はNTT西日本で4回に越智のタイムリーで先制。

NTT西日本先発の吉元は5回無失点で降板。
まだまだ投げられそうだし予定通りの継投なんだろう。
Yoshimoto

7回にJR東海は4番手の小原から代打の鈴木
センターオーバーのスリーベースで同点。

8回表にJR東海は上村(卓)のスリーベースで逆転。
更に途中出場の佐藤(大)のライト前も出てJR東海が2点リード。

名電出身の佐藤(大)は去年のセンバツで観ていた。
当時から小柄な印象だったので社会人の中に入るとひと際小さい。
それでも2安打する辺りは流石。
Satoh_d

JR東海先発の菅野は4回に失点したものの
2回以降毎回ランナーを出しながら踏ん張っていた。
逆転してもらった8回は梅津にタイムリーを打たれ1点差となった所で降板。
もっと前に交代してもよさそうだったのにここまで踏ん張ってきたんだから
同点までは投げさせてあげたかった。
Kanno

菅野をリリーフした溝口永松にスリーベースを打たれNTT西日本が逆転。
Nagamatsu

9回は姫野が締めて4-3でNTT西日本の勝ち。
残したランナーが帰っての逆転なので菅野が負け投手になるんだろう。
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40001/12119.html

最後を締めた姫野はかなりクロスステップ。
右打者にはむずかしいとは思ったけど左打者も手が出なかった。
Himeno

円山球場の試合内容は判らないけど
札幌ドームでこの試合を観て良かったと思える試合だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月12日 (月)

旅行前観戦 ~JABA関東選抜リーグ戦 後期~

明日からお盆休みの予定が諸事情により今日から休み。
月曜日はプロ野球の試合が無い。
調べると大田スタジアムで関東選抜リーグという社会人野球があったので
北海道への移動まで観戦。

10時試合開始となっていたけど社会人野球特有のフライングスタートで
9時30分頃試合開始していた。
お陰でNTT東日本の1回表の攻撃は途中からの観戦になった。

第一試合はNTT東日本 vs 東京ガス。

両先発の好投で投手戦。特にNTT東日本先発の西はテンポも良く
打たれる気配は無かった。
Nishi

東京ガス先発の難波は自分が着いた1回表にヒット2本打たれ
2回もヒットを打たれた後牽制で刺し無失点。
Nanba

6回裏に8番の小林のスリーベースに
代打徳良のセンター前で東京ガスが先制。
Tokura

西が連打を浴びたのはこの回だけ。
8回を4安打1失点は上出来だと思う。

難波は3回にフォアボールを1つ出した以降は出塁を許さず完封し
東京ガスが1-0で勝ち。
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40012/12147.html

第二試合は鷺宮製作所 vs JR東日本。
JR東日本は何度か観た事があるけど鷺宮は初。
自分の中で鷺宮は東京都代表の補強元の印象しか無かった。
Img_3044

先制はJRで5回に大前のツーベースにのセンター前で先制。
毎回のようにランナーを出していたのでようやく入った気がした。
Tani

鷺宮は6回にツーアウトから遠藤のエラーが出てから
水口のタイムリーで同点。代打永松のタイムリーで逆転。
Nagamatsu

7回にも村上のスリーベースで追加点。
村上は自分のチームだとノーステップではなく足を上げるんだ。
Murakami

その後お互い得点は入らず最後は都市対抗では
東京ガスに補強されていた高山が締めて3-1で鷺宮が勝ち。
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40012/12148.html

第三試合は移動時間もあり序盤少し観ただけで北海道へ出発。

平日開催が基本の関東選抜リーグ。自分が観られるのはお盆休み位。
普段出場機会の少ない選手が多く出場するので
今まで観たかったけど観る機会が無かった選手が
沢山観れたし暑い中出掛けて良かった。

大田スタジアムに真夏に来たのは初めて。
朝でも平和島から歩くのはきつい。暑さに負けそうだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

2705人 ~イースタン DeNA vs ロッテ~

イースタンリーグのDeNA戦を観るのは7月末以来。

今日の試合は YOKOSUKA STAR☆NIGHT 2013 というイベントデー。
かなりの入りで公式発表は2705人。シーレックスホーム最終戦を思い出す位。
5回終了後には三塁後方で花火が上がった。軟式球場で上げたのかな?
Img_2712 Img_2783

試合はDeNA先発の眞下が先週の東アジア日本代表戦同様好投。
7回を投げて川本にソロHRを打たれ青野のレフト前タイムリーで2失点。
2失点したけど先週よりコントロールが良く安定していた。
Makka

打線は初回ロッテ先発の大嶺を責めラミレスのツーベースで先制。
Ramirez

更に後藤の3ランHRが出て初回にDeNAが4点先制。
Gotoh

2回以降は大嶺が立ち直ったのて初回の4得点は大きかった。
Ohmine

3回に内藤のファーストゴロを青野のが
ベースを踏んでからホームに投げ1点追加。
スコアボードの記録ではフィルダースチョイスにランプが付いていたけど
アウトになってもフィルダースチョイスってあるのかな?

8回に2番手の藤江清田に2ランHRを打たれ1点差。

8回裏に内藤のファーストへの当たりを青野が弾く間に
ラミレスの代走白崎が二塁から生還し再び2点差。

9回は冨田が3人で締め6-4で勝利。
http://bis.npb.or.jp/2013/games/fs2013081001292.html

今日は先月末に育成から支配下登録された選手か3人出場。
DeNAは最後に投げた冨田とキャッチャーの西森
ロッテは2番手の黒澤。二ケタ番号になってから観るのは初。
3人とも良く観る選手たちなので支配下になれたのは嬉しい。
Tomita Nishimori

Kurosawa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

アンダーシャツは自チームの ~プロアマ 東アジア日本代表 vs イースタン混成~

当初は観戦予定は無かったけど調べるとジャイアンツ球場で今日と明日
東アジア大会日本代表とイースタンリーグ混成チームの試合が組まれていた。

明日は予定があるので今日の仕事を早めに上がりよみうりランドへ。

日本代表は侍ジャパン風ユニフォーム。
個人的には昔の代表ユニフォームの方がカッコいいと思う。
アンダーシャツやスパイクは自チームのものを使っているようだ。
日本生命の井上の赤いスパイクはこのユニフォームに合う。
Inoue

今日出番の無くバット引きだったJR東日本の吉田
緑色のアンダーシャツとの組み合わせも
このユニフォーム合っていなくて逆に面白い。
Yoshida

先攻はイースタンリーグ混成チーム。
初回日本代表の先発浦野から先頭の乙坂がライト前ヒット
2番島井のバスターがピッチャーゴロ。
浦野が二塁に送球エラーて無死一二塁。
加治前のツーベースと横川の犧飛でイースタン混成が2点先発。

2回にも乙坂のライト前で1点。
3回飛雄馬のツーベース1点下妻のツーベースで2点。

日本代表先発の浦野は3回を投げ6失点。
エラーがらみの失点があり全てが自責点では無いけれど残念な出来だった。
Urano

イースタン混成の先発は眞下。今年初観かな。
足を降ろす所がゆったりしているフォームに代わっていた。
あとグローブもナイキからウィルソンに代わっていた。
新フォームが良かったのか4回を投げて1安打無失点の好投。
コントロールは怪しい場面もありキャッチャーの下妻が大変そうだった。
Makka

日本代表の2番手は濱野。グローブは自分が濱野を初めて観た
2010年(それ以前)から同じ物を使い続けているようで
だいぶ年季が入っている。
Hamano

4回隠善犧飛1点。8回3番手秋吉から加治前ソロHR1点。
ここまでイースタン混成のワンサイドゲーム。

8回裏はトラヴィスが登板。試合で登板する所は初めて観る。
背中の名前は佐村となっていたけどスコアボード表記はトラヴィスだった。
残念ながらトラヴィスは3連打で山川3ランHRで1アウトも取れず降板。
Samura_1 Samura_2

9回はお互い得点無く8-3でイースタン混成の勝利。
http://www.giants.jp/G/game/game169500.html

自分の印象だとプロアマ戦だとアマチュアの方がモチベーションが高いし
プロは二軍でもあまり出場機会の無い選手が多く出場するので
アマ有利だと思っていた。今日の試合がワンサイドでプロが勝ったのは
多くの選手が出場した都市対抗疲れが影響しているのかな?

今日目立っていたのはイースタン混成で出場した乙坂で6打数5安打。
積極的すぎて1番としてはどうかと思っていたけど
これだけ打つと何も言う事は無い。
Otosaka

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 2日 (金)

ユニフォームに釣られる ~セントラル DeNA vs 中日~

横浜スタジアムでの一軍観戦は値段に釣られた楽天との交流戦以来。

YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2013 というイベントで
いつもと違うユニフォームで選手はプレーしそのレプリカがプレゼント。
という事で今回はユニフォームに釣られてみた。

胸の文字がYOKOHAMAで星をイメージしたデザインのユニフォーム。
スタンドから肉眼で観ると星まで把握出来ず下の方が薄い色なので
グラデーションユニフォームに見える。
Imgp5475 Imgp5474

試合は初回クラークのソロHRで中日が先制。
Clark

2回にの送りバントをDeNA先発の藤井
三塁に送球しフィルダースチョイスで無死満塁。
大野のショートゴロダブルプレー間に1点。

5回にもクラークのツーベースで3点目。
2割前半の打者に連続で打たれるなんてある意味すごい確率。

5回で藤井に代打が出て6回から長田が登板。
いきなり平田にHRを浴び4点目。
移籍後は好投しているスポーツニュースを見たけれど
そろそろ西武時代の長田に戻りつつあるかな?
Osada

DeNAもチャンスは度々つくるもののあと一本が出ない。
ようやく6回に多村のツーベースで2点。
Tamura

中日先発の大野は初観。大学時代から観たい投手だった。
7回を投げて2失点。中盤以降ピンチの連続だったけど
ランナーを出してから粘りのピッチングだった。
Ohno

8・9回に大田がピシャリと抑え良い流れで打線に奮起を期待させるピッチング。
二軍でも打たれる場面をよく観ていた大田
一軍の戦力になっているの場面を観られたのは嬉しい。
Ota

打線の奮起を期待したものの8回は浅尾 9回は岩瀬に抑えられ2ー4で負け。
http://bis.npb.or.jp/2013/games/s2013080201213.html

試合前と終盤にお湿り程度の雨に降られたこの試合。
雨の予報もあった中無事に観戦できただけでも由としよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »