« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

東京ガス大森グランド ~東アジア大会日本代表 vs JABA新人選抜~

当初は八王子に国体の高校野球を観に行くつもりだったけど
東京ガス大森グランドでの新人研修会の試合に変更。

東京ガス大森グランドは大森町駅から10分位。
施設内も広いので球場までは15分位かな。
Imgp5771 Imgp5769

両翼98Mセンター122M。内野が土で外野が天然芝。
企業チームのグランドなのに芝が奇麗。
Imgp5768

スコアボードは名前の表記は無し。
でも場内アナウンスがあったのでとりあえず助かった。
Img_5407

スタンドはバックネット裏に屋根つきの座席がある。
バックネットが間隔の狭いネットなので少し観ずらい。
Img_5479

JABA新人研修会は高卒は2年目大卒は1年目の選手が
各チームから集まり講義や練習試合が行われるようだ。

対戦相手は東アジア大会日本代表。
行くまで対戦相手は判らなかったけどある程度は予想出来た。
日本代表戦ということでスタンドにはスカウトらしき人が多数。
Img_5401

初回新人選抜は日本代表先発の秋吉(パナソニック)から
先頭の中村(三菱自動車岡崎)がいきなりスリーベースを打ち
2番の西野(JR東日本)の犠飛で先制。

日本代表は5回に井上(日本生命)のHRで1-1の同点。
かなりデカいHRだった。
Inoue_seiya

6回にも内野ゴロ間に1点入れ2-1と日本代表がリード。

新人選抜は8回1死三塁で前進守備のサードゴロを多幡(Honda)が
はじきホームには投げられずその間に1点追加し2-2の同点。

日本代表は8回裏二三塁で田中のツーベースに送球エラーで2点。
さらに多幡の犠飛で1点追加し
9回表を石川(東京ガス)が抑え5-3で日本代表が勝利。
Img_5504

改めて日本代表の東アジア大会に向けてタイブレークの練習
タイブレークは無死一二塁からスタートで守りを1回攻撃は2回。
守備は無失点で攻撃はそれぞれ得点を挙げて得点を挙げていた。
まあ1点はパスボールでの得点だったけど…。

この試合で気になった選手はDeNAなどが興味という記事が
出ていた東京ガスの石川を初めて観た。
ストレートが速そうな細身の右腕でこの試合でも
タイブレークを含めて2回を2安打無失点とまずまずのピッチング。
Ishikawa

新人選抜ではHonda の井上が活躍。
ツーベースとスリーベースの2安打。
守備でもダイビングキャッチを決めていた。
Inoue_syogo

新人選抜は自チームのユニフォームだったので
唯一観た事の無いチームの西部ガスのユニフォームを初めて観た。
シンプルだしグレーなのでおそらくセカンドユニフォームだと思うけど
セカンドユニフォームが上下同色なのも個人的には好き。

参加していた今村はHRは打たれたけど1回2/3を1安打1失点。
九州のチームだし次に観る機会は何時だろう。
Imamura

おまけ

試合前に東京ガスの建部が車に乗ってグランド整備。
こういうのは球場係員の人が乗るものと思っていたけど
社会人は選手が自分で運転して整備するんだ。
Tatebe

東京ガス大森グランド
〒143-0012 東京都大田区大森東3-28-1

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

イースタン最終観戦 ~イースタン DeNA vs 日本ハム~

14時試合開始だったの仕事終わりでもギリギリ間に合いイースタン観戦。

DeNA先発は眞下。立ち上がり1・2番をあっさり抑えたので
今日の眞下は期待が持てると思ったら
3番の石川にストレートのフォアボール。
5番のにレフト前に落ちるヒットを打たれ日ハムが先制。
Kita_1

シーレックス時代のお気に入り選手の
日ハムにトレードで移籍してから初めて観た。
今日はファーストで途中からシーレックス時代を思い出させるサード。
サードを守った時のグローブは派手だった。
ゼットだったし誰かの借り物?
Kita_2

日ハム先発は木佐貫木佐貫の他にも大引が居たり二軍っぽく無い。
Kisanuki Ohbiki

1回裏に嶋村のツーベースですぐに1-1の同点。
Shimamura

3回に石川のツーベースで日ハムが1-2。
眞下はこの回で降板。正直良いか悪いか判らないうちに降板してしまった。
Makka

3回のDeNAはチャンスをつくりながら得点出来無かったものの
4回に西森のスリーベースで同点。飛雄馬のショートゴロを
大引がホームにフィルダースチョイスでDeNAが3-2とリード。
この回で木佐貫は降板。明らかに悪い出来だった。

5回から登板した日ハム2番手の運天は更に酷く
小池の2点ツーベースなど3安打で3失点で6-2。
Koike

7回に加賀が2失点したもののその裏飛雄馬がライトにHR。
神奈川野球交流戦の対東芝戦のようなHRだった。
Hyuma

8回は菊地9回は冨田が3者凡退で抑えて7-4で勝ち。
Kikuchi Tomita

http://bis.npb.or.jp/2013/games/fs2013092801702.html

自分が日ハム戦を観るといつも打っている印象がある浅沼は今日も1安打。
1本位だと今日は打てなかった気がする。
Asanuma

明日の追浜での同一カードてDeNAは今季最終戦。
自分のイースタン観戦は今日が最後の予定。
最後に勝ちゲームが観れて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

3試合連続ならず ~イースタン DeNA vs 読売~

昨日に続いて今日も野球観戦。追浜でイースタンの読売戦。
僅かに残っていた優勝の可能性も無くなり形の上では消化試合。
でも二軍の場合は来期の契約があるのでこの後も真剣勝負が続く。

DeNA先発は伊藤。シーズン序盤はよく観たけど久々かも。
対戦した打者の半分以上に初球ボールになるなど
コントロールはイマイチな印象。
Itoh

3回にフィルダースチョイスと亀井のヒットで読売が先制。

読売先発は小山。一軍でも投げているので
テレビでは観ているけど生で観るのは初。足が長い。
Koyama

4回から嶋村の2ランHRが出て同点。
嶋村がベンチに戻るとベンチ前で輪になって喜ぶルーティーンがあった。
これって二軍限定?それとも一軍でもやってる?
Shimamura Img_5109

更にエラーで赤堀が出塁し飛雄馬のツーベースでDeNAがリード。
Hyuma

折角逆転してもらったのに隠善のスリーベースで同点。
和田のレフト前で読売が再逆転。

この回タイムリーを打った隠善和田は代走で途中出場。
隠善は2回和田は4回とかなり早めのイニングからの代走。
ちょっと不思議な采配だった。

その後はお互いランナーを出しながら得点出来ず。
最大のチャンスは8回裏1アウト二三塁の場面。
1番の乙坂に左の公文がリリーフ。
乙坂の代打森本と2番の桑原が連続三振で得点出来ず。

公文の真っ直ぐは球速表示が無いので判らないけどかなり速かった。
去年の都市対抗でパナソニックの補強としての登板で観た時は
負け投手になったし本調子じゃ無かったんだろう。
Kumon

9回もダブルプレーがあり3人で抑えられ3-4で負け。
自分の観戦するDeNA戦での3試合連続サヨナラ勝ちはならなかった。
http://bis.npb.or.jp/2013/games/fs2013092301663.html

この試合で気になる野球道具はふたつ。
内藤森本のバットがデサントだった事。
ふたりとも別のメーカーのバットを使用していた筈だけど来年から変更かな。
来年DeNAでその姿を観られるか…(以下自粛)
Naitoh Morimoto

もう一つは読売の3番手で投げた星野がシュアプレイを使ってた。
2年前に星野を観た時はアシックス(ローリングス)だったと思う。
プロでシュアプレイを使う選手は少ないので知らなかったけど
スパイクのラインは意外とカッコいいな。
Hoshino

DeNA二軍は明日明後日と平塚で読売戦。
週末に横須賀での日ハム戦でシーズン終了となる。
日曜日は別の所に観戦しに行く予定だし他の日は仕事の都合で行けるか微妙。
そうなると今日が今季のイースタンリーグ最終観戦かも。
という事はDeNAのラミレスを観るのは今日が最後になるのかな。
Ramirez

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

コールドと延長 ~高校野球神奈川県秋季大会 準々決勝~

今日は高校野球観戦。神奈川の準々決勝。
保土ヶ谷で高校野球を観るのは約1年ぶり。
坂道はきついけど暑すぎず自転車で観に行くにはちょうど良い。

第一試合は桐蔭学園 vs 東海大相模。
強豪校同士の対決だったけど試合は意外にもワンサイド。

初回東海大相模が平山のツーベースで2点先制。
Hirayama
更に連打が続きこの回一挙5点。
桐蔭先発の小室は1回持たずに須永と交代。

須永も2回に連打を浴び4失点。4回にも1点追加し合計10点。

東海相模先発の佐藤は4回まで毎回2づつ三振をとりノーヒットピッチング。
参考記録だけどノーヒットが観られるかと思ったら
5回に5番の鎌田にピッチャー強襲ヒットを打たれノーヒットならず。
捕れない打球では無かったので惜しかった。
Sato

ヒットは打たれたけど失点は無く10-0で5回コールドで東海相模の勝ち。

10点取っているからいるのでみんな良く打っているけど
3番千野・4番平山・5番河本は2安打とクリンナップが活躍していた。

第二試合は慶応義塾 vs 横浜。
横浜は夏の大会に2年生主体で出ていたので
高校野球に疎い自分でも知っている選手がいるので観戦するのには助かる。

1回表にいきなり4連打で横浜が3点先制。

前の試合でコールドになったのでこの試合もかと思ったら
その裏に慶応4番の名幸の2ランHRで1点差。
珍しい名前なので検索すると審判の名幸さんの息子らしい。
Nako

その後2回以降はお互い無得点。

8回裏に慶応が満塁で三枝の走者一掃のツーベースで逆転。
Saegusa

8回表で横高が1アウト二三塁のチャンスをつくりながら
サインミスなのか三塁ランナーが飛出しアウト。
横高のミスで得点できなかったので慶応にいい流れが来てたかも。

しかし横高も粘り9回表2アウトから川口と渡辺の連続ツーベースで同点。
試合の流れからしてまさか同点の追い付くとは思わなかった。

10回表に9回から登板していた小野がスクイズを決めて横高がリード。
裏の攻撃を3人で抑え6-5で横浜の逆転勝ち。凄い試合だった。

自分の観たかった横高の選手では浅間が3安打の活躍。
Asama

もうひとり観たかった打者の高濱は初回に先制の1安打は打ったものの
その後はヒットが出ず。もう一本出ていればもっとあっさり勝てたかも。
Takahama


事前の予想とは違う展開もあったけど面白い試合だった。
普段高校野球を観る機会はあまり無いけど
たまには高校野球も良いな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年9月14日 (土)

記録は観れずも大満足 ~セントラル ヤクルト vs 阪神~

先週に続いて神宮球場。自分には珍しく一軍でヤクルト vs 阪神戦。

バレンティンのHR記録にも惹かれたのも大きいけど
最も惹かれた理由は阪神の先発が藤浪だった事。
高校の時から観たいと思いながら今まで観戦出来無かった。
昨日バレンティンが新記録を達成しても今日は観戦するつもりだった。

お目当ての藤浪は期待通りの好投。
フォームはカクカクしているけど手足が長く見栄えが良い。
Fujinami

藤浪は3回までノーヒットで4回にバレンティンが初ヒット。
HRじゃ無くヒットだったので一塁側でも残念そうなため息が聞こえた。

ヤクルト先発は木谷。去年に追浜で打ち込まれた
ピッチングを観ていたので期待しないでいた。
でも今日はランナーを出しながら要所を締めて無失点を続ける。
Kiya

6回に2死からマートンのツーベース。
次の福留のセンター前でマートンが突っ込みホームでアウト。
完全にアウトのタイミングで相川にタックルしたので相川がキレて乱闘。
殴り合いの乱闘は初めて生で観たかも。この乱闘で相川マートンは退場。
Img_4766 Img_4770

その裏ヒットの三輪が盗塁とワイルドピッチで三塁に進塁。
川端のボテボテのショートゴロでヤクルトが先制。
Kawabata
このプレーの後和田監督が抗議に出たけど説明も無く何の抗議か判らなかった。

7回にもヤクルトが藤浪の牽制悪送球で三塁に進塁し森岡のスクイズで追加点。
Morioka

8回に1死一二塁で藤浪は降板。リードされた7回に
打席が廻って来たのに代打は出されず。
信頼されているんだろうけど采配としてはどうかと思う。

藤浪が降板した8回は9番からでバレンティンに廻るまで
2人ランナーが出ないといけない。
球場全体の期待通り2死一二塁でバレンティンに打席が廻って来たのに
3番手の渡辺がワイルドピッチでニ三塁となり
バレンティンは敬遠気味のフォアボール。

塁が空いた所でのフォアボールは当然の作戦だけど
その原因のワイルドピッチはわざと一塁を空ける為にやった疑惑はある。

この回でバレンティンは交代したので新記録は観られず。
今日の成績は三振・ヒット・サードフライにフォアボール。
普段をほとんど観ていないので判らないけど印象としては強振しすぎ。
Balentien

木谷が7回まで投げ5安打9奪三振の無失点。
8回は山本(哲)9回は石山が締めてヤクルトが2-0で勝ち。
http://bis.npb.or.jp/2013/games/s2013091401578.html

バレンティンのHRは観られ無かったものの
引退する宮本桧山も観られたし大満足。来て良かった。
Miyamoto Hiyama

あとこの試合で福留は2安打。
打率が2割に満たないバッターの
複数安打を観るのはどの位の確率なんだろう?
Fukudome Img_4697

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

ロースコアゲーム ~東都大学 第1週~

天気は朝から怪しかったけど野球観戦。当初はJR東日本の球場で行われる
JR東日本 vs 日ハム戦を観戦する予定だったけど
雨が降るなら人工芝で二階席なら屋根がある神宮での東都大学に変更。
Imgp5760

第一試合は国学院大 vs拓殖大。拓大は創部94年目で初の一部昇格。
昨日勝ったので一部での初勝利はもう済んでいる。

10時半試合開始なのにフライングスタートで10時半前に試合開始。
だいぶ慣れたけどこの悪しき習慣はなんとかならないものかな。
Img_4432

試合は2回に柴田春田のタイムリーで国学院が先制。

国学院先発の柿田はテンポの良いピッチング。
130キロを越えるボールは殆ど無いのに拓大打線を手玉にとっていた。
Kakita

拓大先発の石橋も毎回ランナーを出しながら5回を2失点で降板。
10年の春二部の時神宮第二球場で
1番ピッチャーで出場しているのを観ているので印象深い。
Ishibashi

拓大2番手のも3回を無失点で抑えたものの
柿田が拓大打線を完封し2-0で国学院大の勝利で1勝1敗のタイ。
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2013&SEASONID=02&LEAGUEID=01&GAMEID=13155

国学院で気になったのが球場で購入した神宮ガイドで
写真と背番号が載っていなかった6番DHで出場していた菅原
名前の所では投手になっていたけど同一人物で打者転向って事?
Sugawara

第二試合は亜細亜大 vs 青山学院大。
先制は亜細亜大で4番中村(篤)のセンター前で先制。
Nakamura_a

その後は青学先発の田中は初回に失点したものの
その後は復調し2回以降は無失点。
Tanaka

亜細亜先発の山﨑は3回まではランナーを出さず。
4回以降はランナーを出しても得点の気配は無かった。
Yamasaki

初回の1点を守った亜細亜が1-0で勝ち亜細亜が勝ち点1。
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2013&SEASONID=02&LEAGUEID=01&GAMEID=13156

東都はそんなに沢山観る機会が無いけど観る時は大抵ロースコア。
自分は投手戦の方が好きだけどたまには打撃戦も観たい。

今日は二階席だったので隣の国立競技場が見える。
最初は気が付かなかったけど聖火が灯っていた。
東京五輪が決まって何かイベントでもやっていたのかな?
Img_4600 Img_4599

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 6日 (金)

サヨナラ勝ちを連続観戦 ~イースタン DeNA vs 楽天~

9月は初観戦。観戦できる試合もだんだん少なくなってきている。
球場に近づくと雨。スタンドには屋根はあるので濡れないけど
序盤は結構降っていた。中盤には止んで無事に最後まで観戦出来た。

先発はコーコラン塩見

塩見は大学時代から観たいと思っていたけど観るチャンスが無かった。
ルーキーで9勝したもののその後は低迷している。

初回宮﨑のセンターオーバーでDeNA が先制。
2回にも桑原のセンターオーバーで得点のチャンスがあったものの
西森がホームでアウト。3回を抑えられた所で塩見は降板。
3回に2者連続三振を奪うなど復調の兆しが見えた所で
降板だったのでもう少し観たかった。
Shiomi

コーコランは毎回ランナーを出しながら3回までは無失点。
4回に1死満塁で走者一掃の柿澤のツーベースで3失点。
Kakizawa

この回の失点は守備の乱れが出て DeNA が自滅。
デッドボール無死一塁の場面で河田のファーストゴロを
内藤が二塁に悪送球でダブルプレーが取れず。

定岡の送りバントはコーコランのフィルダースチョイス。
筒香が捕球できずランナーの中川に当たっていたし
タイミングもアウトっぽいのでエラーじゃないかなと思う。

無死満塁で小関のサードゴロを筒香
サードベースを踏むような仕草を見せながら踏まずにホームへ送球。
キャッチャーの西森はサードランナーにタッチしてアウト。
筒香がサードベースを踏んでいないのでダブルプレーならず。

守備のミスが1イニングで3つも出れば当然失点は免れないだろう。

5回からが登板。どうやら今季初登板のようだ。
連続ヒットとフォアボールで満塁のピンチをつくりながら
かろうじて無失点で切り抜ける。
Chen

6回からは安斉。久々に観たけど残念な出来。
小斉のセンター前で1失点で1回持たず 2/3で降板。
ストライクを取るのも苦しみワイルドピッチも2個出し2死二三塁で降板。
期待していた投手だけどそろそろヤバいかも。
Anzai

リリーフした今井がフォアボールで出して満塁にしたものの
定岡を見逃し三振にを抑えて切り抜ける。
初めて観たルーキーの今井。小柄で投球フォームが
流れの中で反動をつけて投げるようなフォームだった。
Imai

その裏筒香の押し出しで1点。
ただその後も1死満塁のチャンスでは得点できず。

7回に宮﨑の左中間のヒットで1点追加し1点差。
この試合で宮﨑は5打数5安打の大活躍。
Miyazaki

1点差の9回に3連打で赤堀のレフト前で同点。
Akahori

赤堀のヒットで1アウト一二塁。次の筒香がサードゴロを
セカンドの仲澤が一塁寄りにポジションをとっていたせいか
サードの中川が二塁に投げられず筒香だけアウトで2死二三塁。
嶋村を敬遠で一塁を詰めて2死満塁で髙城の場面で代打細山田

その前にラミレス靏岡が代走で出た場面で細山田の方が足が速そうなのに
何で代走に出ないと思ったら代打で使うので残していたようだ。
細山田は期待に応えてライトポールギリギリに入るHR。
Hosoyamada

逆転サヨナラ満塁HRで DeNA が8-4で勝ち。
http://bis.npb.or.jp/2013/games/fs2013090601522.html

あの場面でまさか細山田にHRが出るとは思わなかった。
ヒーローインタービューでパワーがついたと言っていたけど
両翼93Mの狭い平塚球場に助けられた事は忘れよう。

前回観た試合もサヨナラ勝ちだったので2試合連続。
何度観てもサヨナラ勝ちは良いもんだ。
Img_4429 Img_4424

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »