« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月23日 (木)

弱点は補強出来たかな

今日はドラフト。指名された選手は育成を含めて43人観ていた。
高校野球をあまり観ない自分にはかなり多いと思う。

その中でドラフト1位で観た選手は8人。
大学・社会人の選手が多かったので
観ていた選手は思っていたより多かった。

オリックス 山﨑               広島 野間   
Yamasaki_s Noma

日本ハム 有原               中日 野村
Arihara Nomura

ロッテ 中村                 ヤクルト 竹下
Nakamura Takeshita

西武 高橋
Takahashi

DeNAは生で観た選手は5人。

ドラフト1位で亜細亜の山﨑の指名。
個人的には実戦派の投手で高評価だけど
帝京出身の伊藤を切って山﨑を指名は少し微妙。
Yamasaki_y

2位の石田は一昨年の明治神宮で観た。
先発でもリリーフも出来そうだし
法政の後輩の石田が入れば三嶋も1年目のような活躍が出来るかな?
Ishida

3位の倉本は今年の都市対抗での活躍を観ている。
倉本も横高出身だけどもう何年かしたら
横高出身だけどスタメンが組めそう。
Kuramoto

4位の福地はMHPS横浜なので何度か観た。
DeNAには居ない左のパワーピッチャー。
中日に野村も指名されたし
来年のMHPSは亀川と鶴田の負担が増えそう。
Fukuchi

5位の山下は観たい試合で目立った活躍は無いので印象は薄い。
観た試合はサードを守っていたけどDeNAが今欲しい内野手は
セカンドやショートを守れる守備型の選手。
山下はセカンドやショートは守れるのかな?
Yamashita

今年のドラフトで指名選手は育成を含めて8人。
左腕と内野手という弱い部分を
しっかり指名出来た良いドラフトだったと思う。

高校生は6位の百瀬と7位の飯塚と育成の亀井の3人。
育成力の無いチームだし大学社会人中心のドラフトで良かった。

12人解雇して指名が育成を含めて8人だから
残っている枠はFAで大物獲得を目指しているも。
たぶん無理だと思うけど少しは期待しておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

胴上げナシよ その2 ~首都大学 第7週~

今日は平塚で首都大学の観戦。
他に球場目当てで観戦したい所もあったけど
昨日の帰りが12時近かったので無理せず近場で済ませた。

第一試合は帝京大 vs 筑波大。
出掛ける前に調べた限りでは首都大学は今日が最終戦。
筑波は勝てば優勝。帝京は次の東海次第のようだ。

先制は帝京で初回4番木南のタイムリーと
Kinami

6番塩見の2点タイムリースリーベースで帝京が3-0とリード。
Shiomi

4回にも加藤のタイムリーて4-0とリードを広げる。

もう1本ヒットを打たれた所で筑波先発の西島(隆)は降板。
左腕から140キロ台中盤のかなり速い球を投げ
3回1/3で5個も三振を奪ったけどKOされた。
Nishijima

一方帝京先発の本野西島(隆)程はスピードがないものの
コントロールとテンポが良く7回を無失点。
Honno

7回に代打山口塩見のタイムリーで6-0。

8回は帝京の2番手の青柳が登板。
名前は聞いた事があるけど観るのは初。
速球派のサイドスローで1回をフォアボール1つの無失点。
観たかった投手なので観れて良かった。
Aoyagi

9回に筑波が押し出しで1点入れたものの
それ以上の追加点は挙げられず6-1で帝京の勝利。

第二試合は東海大 vs 日体大。
第一試合の結果により東海は勝てば優勝。

優勝のかかっている東海有利かと思ったけどプレッシャーなのか
先制は日体で初回山岸のタイムリーツーベースと
Yamagishi

島田(直)のタイムリー2-0。
Shimada

その後は得点が動かず7回ふたたび山岸のタイムリーが出て3-0。

その裏東海は2アウトからヒットとフォアボール2個で満塁の場面で
下石のタイムリーが出て3-1。
Shimoishi

ここで日体先発の西澤降板。
7回以外は完璧な内容だった。疲れが出たのかな?
Nishizawa

2番手の樋口から常道タイムリー内野安打で3-2。
さらに代打天久2点タイムリーが出て東海が4-3と逆転。
Ameku Shimoishi_2

逆転した後は昨日先発した吉田が登板。
ランナーは出しながらも失点は許さず東海が優勝。

紙テープは舞ったけど胴上げは無し。
もしかしたらミーティングの終わってからしたかもしれないど
関係者ではないので待たずに帰宅。
昨日今日と続けて日本シリーズ進出と優勝という
胴上げがあってもおかしくないのに2日とも観られず。
何か物足りない気がする2日間の野球観戦だった。
Img_10055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

胴上げナシよ ~セントラル CSファイナル 第4戦 読売 vs 阪神~

今日はセ・リーグのCSファイナルステージ第4戦の観戦。
チケットを取った時は読売の胴上げが観られるかも?と少しだけ思ったけど
実際は阪神が3連勝で日本シリーズ進出に王手と予想外の展開。
Imgp6230

3連勝で勢いのある阪神がマートンの3ランHRで先制。
Murton

更に福留にもソロHRが出て初回に4点。

2回にも西岡に2ランHRで0-6。
ここで読売先発の小山は降板。1回1/3で6失点。
プレッシャーのかかる今日の登板は荷が重かったようだ。
Koyama

阪神先発の能見も出来はイマイチ。毎回ランナーを背負うピッチング。
それでも読売打線も後一本が出ず5回を投げて得点は
2回に亀井のソロHR3回の村田の犠飛だけ。
能見が投げている時点でヒットの数では読売が阪神を上回っていたのに…。

読売は小山の後笠原高木(京)江柄子が無失点で試合を壊さない。
ただ7回から登板の久保が1アウト満塁でゴメスにタイムリーが出て2-6。
これで試合はほぼ決まった。
Gomez

9回に呉昇桓から代打のセペダ坂本がソロHRを打ち意地はみせたものの
4-6で阪神が勝ち日本シリーズ進出決定。
http://bis.npb.or.jp/2014/games/s2014101801766.html

勝利の後マウンド付近には選手逹は集まったものの胴上げは無し。
監督のインタビューだと胴上げしないのは事前に決まっていたらしい。
Img_9632

今日は打たれたけど呉昇桓がCSのMVP。
ファーストステージから6連投だそうだ。
Oh_s_h

試合展開以外で気になった選手は読売では大田が途中出場で2安打。
一軍で大田を観らる日が来るとは思わなかった。
Ohta

阪神では高校時代から観たかった松田を観れたのが良かったかな。
Matsuda

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

前橋市民球場 ~独立リーグ グランドチャンピオンシップ第4戦~

上武大で観戦した後は前橋市民球場で
独立リーグのBCリーグの優勝チームと
四国アイランドリーグの優勝チームが対戦する
グランドチャンピオンシップを観戦。
Imgp6217

前橋市民球場は両翼91Mセンターが122Mで内野が土で外野が天然芝。
フェンスが低く見易いものの照明は有るもののやや暗い。
Imgp6220 Imgp6224

スコアボードは横長な形で電光。
審判の表示まであるけれど選手名は漢字で2文字カタカナで4文字まで
あまりBCリーグに詳しくない自分は途中まで井野口を井野だと思っていた。
あとヒット数やエラー数は表示も無い。
Img_9286 Img_9269

今回は車でしかも上武大からの移動だったので往きの時間帯は不明だけど
帰りは北関東自動車道まで10分位だった。
公共交通のアクセスとしては公式によると前橋駅からバスで約30分位
一番近い駒形駅から歩くと1時間位掛かるらしい。

新規の球場開拓としてBCリーグのリーグチャンピオンシップでも
群馬が前橋市民球場をつかっていたのでその時も観戦を考えた。
ただ昼間はバスがあるもののナイターだと
試合終了時間にはバスが走っていない。
BCリーグ1試合の為に高速を乗って行くのが決断できずその時は断念。

今回は関甲新と合わせれば1日に最大4試合の観戦なので
だいぶ決断しやすくなった。

上武大から30分位で試合開始10分前には到着出来
試合開始から観戦出来てとりあえずホッとした。

群馬は一昨年にDeNAとの交流戦で1度観ているけど入れ替わりもあるし
徳島というか四国アイランドリーグのチームを観るのが初なので
正直判る選手は元プロ野球の選手位。

初回徳島は1アウト満塁のチャンスをつくりながらダブルプレーで得点ならず。

一方群馬は徳島先発の入野は3回までパーフェクトに抑えられ
4回に2アウトからカラバイヨがライトに初ヒット。

名前は聞いた事もあったけど観た事が無かったカラバイヨ
体型と凄い数のHRなので振り回すタイプかと思っていたけど
4回のヒットは強振せずライトに軽打。
こんなバッティングも出来るから打率も残せるんだろう。
Caraballo

徳島がランナーを出しながら得点が出来ない間に
群馬先発の町田も立ち直り投手戦。

先制したの群馬で5回に茂原に2ランHRが出て2-0。
Mohara

群馬が先制したものの6回にフォアボールとフィルダースチョイスで
1アウト一二塁の場面で松嶋のセカンドゴロを茂原のエラーで2-1。
更に小林の2点タイムリーツーベースが出て2-3と徳島が逆転。
Kobayashi

7回にも1アウト二塁で増田のライト前ヒットで
二塁ランナーが生還し2-4で徳島のリードを広げ
ヒットの打球処理でカラバイヨが後逸しバッターランナーの増田も三塁進塁。
ここで町田は降板。2番手の山崎大谷にタイムリー内野安打を打たれて2-5。
公式記録は内野安打だったけど個人的にはセカンドのエラーだと思う。

群馬先発の町田は6回1/3で5失点。自責は1か0だと思うので
好投ともいえる数字だけどエラーの後などはスタンドからで判る程
露骨に態度に出るなどメンタルはあたり強いとは言えないのかも。
Machida

一方徳島先発の入野は9回4安打2失点で完投。
速球と縦の変化球(フォーク?)が良い。
個人的にはこの試合のMVPがあれば入野だと思う。
Irino

最終スコアはそのまま2-5で徳島の勝ち。

これで徳島が2勝でグラントチャンピオンシップ優勝へ王手。
日本一が掛かる試合なのに
あまり緊張感の感じられない雑なプレーも多かった。
選手にとってこの試合はそれ程モチベーションは高くないのかな?

それと応援団の相手へのヤジは残念。
観客数が多いとは言えない球場ではよく響く。
味方の応援はともかく相手へのヤジは観戦していてあまりいい気分ではない。
たった1試合しか観てないで言うのはどうかと思うけど
応援団がチームやリーグの印象悪くし足を引っ張っている。

上武大と合わせて4試合の観戦出来たし
群馬県の新規球場を2つ増えて4つ。
群馬県のメイン球場の敷島もまだだしまだ群馬の球場を観る機会はある。
圏央道が東名とつながり車でのアクセスは良くなったけど
球場でお酒が飲めないのはつらいのでやっぱり電車で行きたいな。

前橋市民球場
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町437-2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上武大学野球場 ~関甲新大学 第5節~

今日は関甲新大学の観戦に群馬へ。
元々他に観戦を考えていた所がありそこに近い球場で探したら
関甲新大学の上武大学野球場での試合があった。
上武大学野球場は群馬県伊勢崎市の上武大学構内にある。
Imgp6210 Imgp6214

公共交通で行けば本庄駅などからバス。
今回は車だったので関越道の本庄児玉から来た。
たぶん距離的には北関東自動車道の駒込の方が近いらしい。

球場は両翼95Mセンター120M。内外野とも人工芝だけど
内野はハイテクで外野芝目が短い昔の人工芝っぽい。
ファールグラウンドも広め。
Imgp6216 Imgp6215

スコアボードは名前の表示の無いシンプルなもの。
時計も公式記録の表示が無い。
公式記録表示が無いのはスコアをつける自分には少し困る。
照明塔もあり今日の第3試合は照明も点けての試合となった。
Img_8942 Img_8944

関甲新連盟は今季から栃木・埼玉・茨城地区 群馬・新潟地区 
山梨・長野地区の3地区で予選を行い勝ちあがったチームで
決勝リーグを行いうように変更になった。
決勝リーグは先週から始まり予選からトータルでは第5節という事になる。

第一試合は山梨学院大 vs 上武大
山梨学院大は春の優勝チーム。上武大は全国制覇も果たしている強豪対決。
今日は共に上が紺色のユニフォームでパッと見判りずらい。
Img_9067

試合は上武大が3回4番長澤タイムリーで1-0と先制。
Nagasawa

4回にも渕上鳥巣タイムリーが出て3-0とリードを広げる。
Fuchikami Torisu

投げては先発の鈴木が6回を無失点の好投。
Suzuki

そのあと投げた宮川上原も無失点に抑えて3-0で上武大の勝利。

あまり良い所がなかった山梨学院は2番手で投げた諸見里が4回2/3を無失点。
先発の桃原が4回持たずに降板していた後を好投し試合を壊さなかった。
Moromizato

諸見里桃原も沖縄の高校出身。
他にも沖縄出身者が山梨学院にいるしルートがあるのかな?

第二試合は常磐大 vs 関東学園大
常磐大は去年の秋に一度観ているものの関東学園は初。

序盤は両先発の好投で投手戦。
5回に高塚のタイムリーツーベースで常磐大が2点先制。
Takatsuka
更に木村(将)にもタイムリーが出て3-0とリードを広げる。

6回に関東学園は常磐大先発の吉田のワイルドピッチで3-1。
右打者の諏訪の背中後ろを力の無いゴロのような投球でのワイルドピッチで
うまく握れないで投げたのかも。

1点返された常磐大は7回に9番の木村(将)のタイムリーで1点追加。
Kimura_m
坂本の内野ゴロの間にも1点入れて5-1。

8回に関東学園が反撃で3連打で満塁。
森田のライト線へのタイムリーツーベースで2点追加し5-3の2点差。
Morita

2点差まで点差を縮めたもののその裏に
パスボールで追加点を挙げた常磐大が6-3で勝利。

常磐大先発の吉田は完投勝利。
3失点はしたものの8回以外は安定感のあるピッチングだった。
Yoshida

第三試合は平成国際大 vs 白鷗大
平成国際大は初見。ユニフォームがBOSのオルタネイト風。
白鷗大も去年の秋に対常磐大戦を観ている。

平成国際の先発佐野は今年のドラフト候補らしい。
昨日も完投したのに今日も先発。
成績を観るとほぼひとりで投げているようだ。

先制したのは平成国際で今川の2点タイムリーで2-0。
Imagawa

ここで白鷗大はピッチャー交代。
先発の塚田はわずか打者5人での降板。アウトは犠打だけだった。

白鷗大2番手の今村佐野の好投で締まった試合展開。

4回に白鷗大4番の大山のHRで2-1。
3ボール0ストライクから3ボール2ストライクとなった後
フォアボールを嫌がり甘くなった所を逃さなかった。
Ohyama

6回に代打神崎の押し出しと土屋の犠飛で2点追加し
平成国際が4-1とリードを広げる。

神崎を押し出しで失点した後で白鷗大は3番手の福田が登板。
トルネード投法で土屋の犠飛の後は8連続三振で
打者9人をパーフェクトに抑える快投。
Fukuda

福田の好投で味方の反撃を呼び込みたかったけど打線は沈黙。
佐野大山のHRの1点に抑え4-1で平成国際の勝利。

佐野はコントロールがアバウトな印象はあったけど
左打者のインコースに変化球を投げ込み踏む込ませないようにしていた。
思っているよりコントロールの良い投手なのかも。
Sano

次の予定があったので第三試合終盤の好投で
試合時間が短くなったのは助かった。

今日試合をしていたチームの上位3チームは横浜スタジアムで行われる
明治神宮大会の予選を兼ねる関東地区選手権に出場するけれど
平日なのでたぶん観戦は出来ない。
本戦の明治神宮大会で観る可能性はあるけど
確実に観る事が出来る今日来ておいてホントに良かった。

上武大学野球場
〒372‐0826 群馬県伊勢崎市戸谷塚634-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

高卒は指名やめたら?

10月になりDeNAも戦力外の発表があった。
http://www.baystars.co.jp/news/2014/10/1003_03.php

事前にスポーツ新聞等に出ていた
中村(紀)藤井菊地は予想出来たし
成績や年齢から小林(太)藤江神内
戦力外があってもおかしくは無いと思っていた。
Nakamura Fujii

Kikuchi Kobayshi_f

Fujie Kamiuchi

今回は若手選手の戦力外が多かったことが驚き。

試合にあまり出ていなかった育成枠のトラヴィス古村
今回の戦力外の若手の中では予想出来た方。
個人的には一度も古村を観る機会がなかったので写真が無い。
Travis

眞下はルーキー時代から応援しているけど
正直DeNAの育成力では今後の伸びが期待は薄そうなので
今年で正直切られるのは有るかと思っていた。
Makka

伊藤は育成力の無いDeNAでもまだ伸びしろが
あると思っていたので今年はまだ大丈夫と思っていた。
Itoh

冨田は二軍で観る限りは安定感があり
中継ぎなら十分一軍で活躍する力があると今でも思ってる。
Tomita

今回一番の驚きは3年前のドラフト1位の北方を戦力外にした事。
コントロールは絶望的に無いけれど高卒のドラフト1位を
たった3年で切るのは理解できない。
Kitagata

まだ育成枠でチームに残る選手は居るかもしれないけれど
他のチームで十分戦力になる選手もいると思うので
現役を続けられたら今は願う。

そもそもこれだけ若手を切るならもっと完成度の高い
社会人や大学生をドラフトで指名し続ければ良かったんだと思う。
ただこんなに若手を切るならチームなら
社会人や大学側から指名拒否されそうだけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »