« Okhotsk の読み方を知った ~明治神宮野球大会 第2日~ | トップページ | とうの と ひがしの »

2014年11月16日 (日)

おそらく今年ラスト観戦 ~明治神宮大会 第3日~

昨日に続いて明治神宮大会観戦。

第一試合は浦和学院 vs 東海大四。
試合は浦学のワンサイド。

初回4番の山﨑(滉)のレフトオーバーで1点。
2回荒木ライト前で1点と臺のライト線のツーベースで2点で計3点。
5回に幸喜のタイムリーで2点 荒木のタイムリーで2点で計4点。
6回に途中出場の田村のタイムリーと荒木のタイムリーで10点となりコールド。
http://www.student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2014&gid=14&gd=2014-11-16&gnd=1&vs=QU2

浦学先発の江口は6回を完封。
ヒットを5本打たれていたし完璧に抑えた印象は無い。
軟投派左腕だし3年生の小島と被る印象。
Eguchi

この試合で先制打を打った山﨑(滉)は4回途中の守備で
イレギュラーが顔に当たり負傷退場。
良いバッティングをしていたしケガが気になる。
Yamasaki_k

第二試合は敦賀気比vs九州学院。

先制は敦賀気比で4番平沼の内野安打で1-0。
九州学院は3回四死球とセカンドエラーでノーヒットで1-1の同点。

5回表に3番林中のツーベースで2点入り3-1と敦賀気比が再びリード。
その裏九州は長谷川の内野安打と友田の2点タイムリーで4-3と再逆転。

6回にも中原の3ランHRでリードを広げる。
このHRが微妙で最初ツーベースと判断された後HRに変わったものの
レフトはフェンスを越えていないと抗議。
家に帰って動画配信を観たけれどよく判らなかった。

この回で山﨑は降板。長身で序盤は好投したものの
守備の乱れもあり失点を重ねた。
一年生だしちょっと気にしておく。
Yamasaki

九州学院は7回にも2番手の原から若原のタイムリー内野安打で
追加点を挙げ8-3で勝利。
http://www.student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2014&gid=15&gd=2014-11-16&gnd=2&vs=BL2

九州学院先発の伊勢は9回以外毎回ランナーを出しながら3失点。
粘りのピッチングだった。
Ishe

今日の高校の部の4チームは全部縦縞。
タマタマだけど珍しい。

第三試合は中部学院大vs駒沢大
中部学院は1回戦に九州産業大に勝って2回戦に進出。
個人的には去年も観た中部学院より
観たかった浜田や高良が居る九産大に勝って欲しかった。

駒沢は今日が初戦。当然エースの今永が登板。

先制は駒沢で2回米満スリーベースで1-0。
4回にも斉藤福山(亮)のタイムリーで3-0とリードを広げる。

ランナーは出すものの得点を挙げられなかった中部学院は
ようやく9回2アウトから佐藤がソロHRを打ち1点を返したものの
3-1で駒沢の勝利。
http://www.student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2014&gid=26&gd=2014-11-16&gnd=3&vs=ZG2

今永は完投で7安打されながらHRの1失点のみ。
ランナーを出しながら粘りのピッチングも持ち味なのんだろうけど
好調の時はもっと凄いのかな?
Imanaga

中部学院は齋藤が6回を3失点。床田が2回パーフェクトと2人とも好投。
良い投手が居るから去年のエースで七十七銀行で1年目から活躍してる
東谷が抜けても全国まで来れたんだろう。
Saito Tokota

あと中部学院で気になったのは9回に代打で出場の吉冨
パンフレットを観ると181センチで122キロ。
体型からしてバッティングが得意そうだけど残念ながら今日の成績は
当てただけのファーストゴロで体型に見合うパワーは観れなかった。
Yoshitomi

第四試合は関西大 vs 創価大。

初めて観る関大のユニフォームの背番号は丸っこくて
実物は観た事が無いけれど60年代頃の阪神のビジターみたいだった。
Img_2746

終盤まで得点が入らず0-0の同点。
8回にようやく関西大山口のタイムリーで1-0。
山口は打ったあと気持ちが前に出ていた。
Yamaguchi

その裏創価は2アウト二塁でピッチャーの小松の所で
代打野倉がライトにタイムリーを打ち1-1の同点。

創価の2番手は田中。春は大学選手権での好投もあり
大学日本代表に選らばれたものの秋は故障でほとんど投げて無いらしい。
ただ今日のピッチングは150キロ越え連発で
自分が確認出来た最速は153キロ。調子は戻ってきているようだ。
Tanaka

9回は両チーム無得点で延長タイブレーク。
先攻の関大は田中の前に連続三振で得点ならず。
その裏先頭打者の正木がライトオーバーを打ち創価が2-1で勝利。
Masaki

http://www.student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2014&gid=25&gd=2014-11-16&gnd=4&vs=XC2

関大の石田は完投しながら味方の援護が無く負け投手。
Ishida

春はアシックスが作っていたローリングスのグローブを使っていた
田中のグローブがアンダーアーマーになっていた。
来年は読売のユニフォームもアンダーアーマーになるらしいし
今まで以上に野球に力を入れる為の期待の選手への囲いこみかな。
Tanaka_2 Tanaka_3

探せばまだ海外遠征するチームの壮行試合など
試合があるかもしれないけれどおそらく今年の観戦はこれで最後。
今年もたくさんいい試合が観れてホントに良かった。

|

« Okhotsk の読み方を知った ~明治神宮野球大会 第2日~ | トップページ | とうの と ひがしの »

14 生観戦 アマ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おそらく今年ラスト観戦 ~明治神宮大会 第3日~:

« Okhotsk の読み方を知った ~明治神宮野球大会 第2日~ | トップページ | とうの と ひがしの »