« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

春の大会なのに混みすぎ ~高校野球 神奈川春季大会準決勝~

今日は保土ヶ谷で高校野球観戦。
普段は混んでいるので高校野球ほとんど観ないけど、
甲子園に直結しない春の大会なら少しは空いているかと
微かな期待を持っていたけど春も混んでいた。
神奈川県民高校野球好き過ぎ。
Img_7326 Img_7660

第一試合は日大高 vs 藤沢翔陵
最近コンスタンスに好成績を残している印象。

藤沢翔陵はだいぶ前の校名変更だけど、
自分の年代には藤沢商業の方が通じる。
まあ、どっちも略せば “ トーショー ” だからいいか。

試合は初回翔陵の4番森山のHRで3-0で先制。
Moriyama

日大はその裏デットボール2つでもらったチャンスを
千葉がタイムリーヒットで1-3

3回須永のツーベースが出た後
Sunaga

翔陵先発の関原がコントロールを乱し押し出しで1点差。
更に交代した2番手の廣部がデットボールで同点。
パスボール(公式ではありません)で4-3と日大が逆転。

5回に田中のタイムリーツーベースで5-4と再び翔陵がリード。
Tanaka

日大も裏に森井のタイムリーで同点とした後
Morii

8回にヒットと犠打エラーに無死二三塁の場面で
翔陵キャッチャーがサードに悪送球で2点追加し逆転。

更に4番須永のタイムリーとワイルドピッチ(公式ではありません)で
9-4と点差を広げ日大が勝利。

体格を観ると翔陵の方が大きい選手が多く有利かと試合前は思ったけど
エラー3つと四死球10個と自滅した印象だった。

第二試合は横浜 vs 慶應

横浜先発は石川。個人的には藤平の登板を期待していたので
残念と思ったけど石川が好投。

第一試合同様慶応先発の木澤がコントロールを乱し
4つのフォアボールで押し出しで横浜が先制し更に内野ゴロで2-0。
結局木澤は1回で降板となった。
Kizawa

横浜は5回に村田のタイムリー。6回にスクイズ
7回にも村田のこの日2本目のタイムリーで5-0とリードを広げる。
Murata

慶応2番手の森田は7回3失点。
ミスが無ければもう少し失点を防げそうだった。
Morita

石川は完投目前の9回に球が浮き始め
フォアボールと連打で失点した所で降板。
8回1/3で1失点。13奪三振の好投だった。
高校野球に疎いので知らなかったけどけん制もうまいし良い投手だった。
Ishikawa

石川の後は観たいと思っていた藤平が登板。
緊急登板だったからかコントロールが良くなかったけど
打者二人を抑えて5-1で横浜の勝利。
Fujihira

今日勝った日大と横浜が関東大会出場決定。

年に1~2回程度しか観ない高校野球なので
観るたびにピッチャーのテンポの良さに改めて驚く。
たぶん今日つけたスコアの投球数も確認しそこなったボールもありそうだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

ほぼレフトスタンド横 ~セントラル DeNA vs 中日~

今日もファンクラブ特典を使い一軍観戦。
土曜日に大学野球観戦時に発券したので
残っている席は少なくほぼレフトのポール際の席。
昔新聞屋さんにもらったタダ券を思い出す。
003

試合はDeNA vs 中日
先発は石田ジョーダン
石田は法政時代に一度観て以来。

序盤はDeNAペース。初回筒香の犠飛で先制し
Tsutsugoh

2回に桑原のタイムリー。
Kuwahara

4回には石田のスクイズがヒットとなり3-0とリードを広げる。

良いペースだったのはここまでで5回にナニータのタイムリーで1点返された後
6回には杉山大島のHRで3-3の同点。

石田は打順が回った事もあり6回で降板。
6回3失点は悪くはないけれど先に3点もらって守れないのは痛い。
Ishida

7回から登板の藤岡が2死一二塁のピンチで杉山と対戦中に負傷交代。
代わった田中がライト前の小フライのヒットを打たれ
ライトのロマックが後逸し一塁ランナーまで生還し中日か3-5と逆転。
Sugiyama

ロマックもライト前を何とかダイレクトに捕ろうと
思い切り前に突っ込む気持ちも判るけど後逸してはどうしようもない。
因みにロマックはLED対策のメガネはかけて無かった。
外国人の目は光に強いのかな?

更に谷にタイムリーが出て3-6とリードを広げられる。
8回にはビシエドのHRで3-7 試合が完全に決まる。
ダメ押し点ではあるけれどCWSファンの自分としては
ビシエドのHRを生観れた喜びはかなり大きい。
Viciedo

試合はそのまま中日の勝利。 今日のような試合展開で勝てないのは厳しい。
http://npb.jp/scores/2016/0426/db-d-04/

DeNAの数少ない好材料は 最近好調らしい倉本が今日もヒット。
新薬時代とはあげ方が違うかもしれないけど
再び足を高くあげる一本足打法になっていた。
Kuramoto

今日の座席位置だとレフトの選手が近い。
観ていて気になった道具は守備固めで入った中日の工藤のグローブ。
緑色のグローブを使っていた。 工藤は元JR東日本だけど関係あるのかな?
Kudoh




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月24日 (日)

牛久運動公園野球場 〜イースタン ロッテ vs DeNA〜

今日はイースタン観戦で茨城県の牛久へ
当初は出勤予定だったのが変更になり休めたので観戦決行。

牛久運動公園野球場は両翼100Mでセンター122M
内野が土で外野が天然芝。
Imgp6921 Imgp6916

アクセスはひたち野うしく駅から徒歩20分。
牛久駅からもコミュニティバスがあるらしい。

スコアボードは電光でカラー表示も出来るしスピードガン表示もある。
今日は 元ロッテの山本功児さんを偲んで
スコアボード上の旗は半旗になっていた。
Img_6655 Img_6803

残念な特徴として球場内にトイレが無い。
内野エリア指定で観戦したけれどトイレに行くには
一旦球場外に出て公園内にあるトイレを使う為
グランド整備のインターバル中にトイレに行っても
試合再開時に戻って来れない。

試合はロッテ vs DeNA
初めてDeNAのビジターを生で観た。帽子のマーク以外は悪くない印象。
Imgp6922

先発はDeNAが飯塚。ロッテが関谷
飯塚は初めて観る。去年は自分自身観戦があまり出来ない時期があったし
飯塚もシーズン途中手術で離脱したので観る機会が無かった。

関谷は大学社会人時代は観ているもののプロ入り後は初。
楽しみなマッチアップ。

DeNAは初回宮﨑がタイムリーヒットで先制。
2回にも白崎への押し出しデットボールで2-0
更に3回にも渡邊(雄)の犠飛で3-0とリードを広げる。

関谷は7回8安打3失点。
初回柔らかいマウンドが多い地方球場の影響なのか
足を痛めたもののその後は問題無く投げていた。
Sekiya

DeNA先発の飯塚は3回まで失点はなかったものの
4回5回に大松大嶺(翔)にソロHRを打たれ
6回に青松の犠飛で3-3の同点。
Aomatsu

飯塚は6回6安打3失点。 3点差を守れなかったのは残念だけど
ヒットも多く打たれたり特別良かった訳ではないが試合をつくった。
Iizuka

同点の8回にヒットとフォアボールで1アウト一二塁のチャンスに
4番宮﨑のタイムリーで逆転。この日2安打2打点の宮﨑
出来ればこの活躍を一軍でも観たい。
Miyazaki

9回はドラフト2位の熊原が登板。 こちらも飯塚同様初見。
噂通りダイナミックなフォームだった。
Kumabara

フォアボール1個出したものの1回を無失点で抑え4-3でDeNAの勝利。
http://npb.jp/bis/2016/games/fs2016042401067.html

勝ち投手は茨城出身で凱旋登板となった大原
Ohhara

ロッテではドラフト1位の平沢が6番ショートでスタメン
ヒットは1本だけど打ったのはライトオーバー。
見た目以上に飛距離が出る。流石ドラフト1位。
Hirasawa

家を出る時は雨も降っていたし寒かったし天候が不安だったけど
球場に着く頃は雨もやんで暑い位だった。

上野東京ラインのおかげで乗り換えも
1回分少なくて済むようになって少し楽になった。
まだ茨城は日程が合えば観戦を考えている球場があるので
また常磐線を乗る機会があるかな?

牛久運動公園野球場
〒300-1203 茨城県牛久市下根町1400

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月23日 (土)

17番は左腕の番号? ~神奈川大学リーグ 第3週~

今日は大学野球観戦で横浜スタジアムへ。
午前中から試合はあるけど近いので早起きしないですむ。

観戦したのは神奈川大学リーグ
第一試合は神大 vs 桐蔭横浜大

神大先発の濱口は大学代表に選ばれたりして
今年のドラフト候補のようだけど、
自分が観戦した試合ではいつもイマイチ。
出来れば今日こそ本来のピッチングを観たいと思ってた。

桐蔭先発の高橋(拓)も好投手らしいけど
まだ観た事がないで楽しみなマッチアップ。

試合は期待通りの投手戦。濱口は3回までパーフェクトで
9回まで3安打無失点。今まで観た時よりコントロールが安定していた。
Hamaguchi

高橋(拓)もランナーを出しながら要所を締めて9回まで6安打無失点。
神大が早打ちした事もあり球数は濱口より少なめ。
Takahashi

10回からタイブレーク。1死満塁からスタート。
濱口高橋(拓)も延長も続投。

先攻の桐蔭は10回。島田(将)の犠飛で先制。
Shimada

神大は小室と途中出場の鈴木(郁)が凡退し1-0で桐蔭の勝利。
http://www.kubl.jp/game/16s/2016.04.23.1-1.html

ようやく本来の実力の濱口を観れたし
高橋(拓)も良い投手なのが判る良い試合だった。
タイブレークがなかったら
どこまでゼロ行進が続いたのかな?と思う試合だった。

第二試合は横浜商大 vs 関東学院

関東学院のユニフォームが縦じまから緑色に変わっていた。
緑色は好きな色だけど、関東学院の縦じまユニフォームも
シンプルで好きなユニフォームだったのに…。
Img_6086

大迫のHRなどで2点先制し先発の左澤
6回まで安定感のあるピッチングで商大のペース。
Osako Hidarisawa

7回に関東は大石のHRと東原のタイムリーで同点。
Oishi Higashihara

2-2の同点でこの試合もタイブレーク。
しかもお互い10回は1点づつ11回は無得点で12回まで延長は続く
関東が得点できなかった裏の攻撃で商大が
代打矢作の犠飛で4-3でサヨナラ。
Yahagi Img_6474
http://www.kubl.jp/game/16s/2016.04.23.1-2.html
タイブレークのイニングを3イニングを観たのは今の所最多かな?

第三試合は横浜国大 vs 神奈川工大
国大を観るのは初。頭が良くて野球も出来るなんて凄い。
スパイクメーカーに統一感がないのが公立っぽい。
Img_6651

事前の予習によると国大先発の北川は評価が高いらしく楽しみにしていた。

その北川の立ち上がり工大が攻めて先頭関根がヒットで出塁後
石川の送りバントを北川が一塁に送球エラーとフォアボールでピンチを広げ
5番の田島にタイムリーで工大が先制。
Tajima

その後も続く満塁の場面では抑え初回を1点に抑える。

国大は4回新井のタイムリーと中村のセカンドゴロで2-1と逆転。
中村の打球は前進守備だったのでセカンドの石川
ファンブルしなければ微妙なタイミングだった。

工大はチャンスをつくりながらなかなか得点できない中
国大が7回に佐々木の内野安打で1点入れて3-1で国大の勝利。
http://www.kubl.jp/game/16s/2016.04.23.1-3.html

北川は9回完投。フォームは左足を高く上げるフォームで
140キロ超えも1球だけでなく何度かあった。
Kitagawa

3試合とも接戦だったり観たかった投手が観れたり
今日は見ごたえのある試合だった。

観ていて気になったのが背番号。
第一試合の両先発も第二試合で2番手で投げた
商大の庄司と関東の桃田は左腕で背番号が17
自分には17番に左腕投手のイメージがあまりないんだけど
誰かに憧れがあるのか?タマタマなのか?どっちだろう。
Shoji Momota

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月13日 (水)

個人的にはパレスタダッシュ ~イースタン DeNA vs 日本ハム~

読売ランドの試合を観た後平塚へ移動。
グーグルで調べると伊勢原からバスが最速のルートとして
出ていたものの電車が遅れてバスに乗れず。

次のバスだと試合開始に間に合わないので
少し離れたバス停で降りて平塚球場までダッシュ。
横須賀スタジアムの名物企画の“ スカスタダッシュ ” のように
球場内を走るわけじゃないけれどある意味
“ パレスタダッシュ ” をして辛うじて試合開始に間に合った。

試合開始に間に合ったから良かったけど
間に合わなければ昼間の試合でテンポの悪いピッチングをした
読売の西村を本気で恨むところだった。

球場に着いた時はまだ降ってなかったものの
予報通り途中から雨。平塚は屋根があるので助かる。

試合はDeNA vs 日本ハム

初回山下(峻)が日ハム打線を抑えその裏
飛雄馬の2点タイムリーで2-0と先制。
Hyuma

2回にもランナーを三塁に置いて百瀬のセカンドゴロで
ホームでのタッチプレー。キャッチャーの荒張がタッチミスで
1点追加し3-0。コリジョンルールを意識しすぎてタッチが甘かった。

5回にもいつの間にか二軍に落ちていたロマック
前進守備のショートの横を抜けるレフト前で1点追加。

今日のロマックはヒットはこの1本だけだけど
次の打席でもレフト後方に良い当たりを打っていた。
内角の弱点は克服出来てはないようだけど
いつか打てると期待する。
Romak

この回ロマックの後の飛雄馬にもタイムリーが出て5-0

日ハム先発の武田(勝)は5回を投げて10安打5失点。
今日の内容だと一軍は遠そう。
Takeda_m

武田(勝)の後は武田(久)の武田リレー。
失点こそしなかったものの内容はイマイチ。
かつての抑えの面影はあまりなかった。
Takeda_h

山下(峻)が3回で降板し田村が4回から登板。
育成枠のルーキー。6回まで投げて3安打無失点。
粘られて球数は増えたけどコントロールは悪くなさそう。
Tamura

7回から久保(裕)が投げ2回をパーフェクト。
最近よく獲得する元読売は活躍しないで終わる事が多い。
何とか予想を裏切ってくれないかな?
Kubo

最後9回は福地が締めて5-0で勝利。
もっと点は取れそうだったけど勝ったし贅沢を言ってはいけないな。
http://npb.jp/bis/2016/games/fs2016041301038.html

日ハムで気になったのは姫野
高卒のルーキーで名鑑でも右打者で登録されていて
実際左右どちらの投手にも右打席に立ったけど
ヘルメットは両耳。何でだろう?
Himeno

今季公式戦観戦2試合目も勝利。
帰りに雨は降っていたけれど勝ちゲームを観られたし
高揚した気分を抑えるのに丁度良い雨だったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

両チームでエラーは6個 ~BCリーグ交流戦 読売 vs 石川~

今日は平日休み。ナイターでイースタンの観戦を予定していたけど
昼間も調べたら観戦出来そうな試合が幾つかあった。
ただ朝は小雨が降る生憎の天気。観戦を決断出来ずに時間が過ぎ
遅く出ても間に合う近場のジャイアンツ球場に昼間は観戦。

試合は読売の三軍 vs 独立リーグの石川
石川は初めて観るチーム。

読売先発篠原は外国人投手のような歩幅の狭いフォーム。

初回フォアボール3つで満塁のピンチは つくったものの
一二三を打ちとり切り抜ける。 その後5回まで投げて1安打無失点。
フォアボールは2回以降は出さなかった。
Shinohara

石川先発はアリアス。細身の左腕で
確認出来たMAXは147キロだった。
Arias

3回バント処理で石川は
三塁を空けるミスがあり1死三塁。
1番の増田のタイムリーで読売が先制。
Masuda

4回も石川に2つのエラーがあり読売が1点追加し2-0

石川は2番手の成瀬から6回 ヒットとエラーでつくった
二三塁のチャンスで 一二三がレフトに2点タイムリーで2-2の同点。
初回のチャンスは打てなかったけど今日は3安打の活躍。
Hifumi

8回から読売は西村が登板。8回は何とか抑えたものの
9回は連打に送りバントで二三塁。2アウトになってから
坂本のショートゴロを増田がファンブルし石川が逆転。

痛いエラーだし味方に足を引っ張られたけど
今日の西村のアウトを取るのも苦労する三軍レベルの出来。
そんな力の無いベテランピッチャーが投げていれば
若手は何とかアウトにしなければとプレッシャーがかかり
増田のエラーに繋がったんだろう。
Masuda_2

更に三家にもヒットが出て4-2と石川がリードを広げる。

9回裏に連打で1アウト二三塁としたものの
後続が続かず4-2で石川の勝利。
石川は勝ったものエラーが4個とミスも多かった。

読売の4番は作新学院大と日本製紙石巻時代に観ていた松崎
期待したものの4打席連続三振と散々な出来だった。
Matsuzaki

石川2番手の栗野と3番手の矢部はふたりとも
1回をノーヒット無失点に抑える好投。
ともにかなり上から投げ下ろすフォームだった。
これってコーチの多田野の指導方針なのかな?
Kurino Yabe

雨の心配もあったのに途中は晴れ間も見える天気。
観戦を天気のせいで止めなくて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月10日 (日)

霞ヶ浦第一球場 ~ウエスタン 中日 vs 阪神~

昨日のうちに静岡から三重に移動し
今日はウエスタンリーグ観戦。

三重県で野球観戦は初めて。球場は四日市の霞ヶ浦第一球場。
関東在住の自分には霞ヶ浦と聞くと茨城のイメージしかなかった。
Imgp6913

アクセスは最寄り駅の近鉄名古屋線 霞ヶ浦駅から
中日公式によると徒歩20分。
自分は途中道を間違えたので30分位かかった。

サイズは両翼97.6Mセンター120M
内野が土で外野が天然芝。
外野の芝の状態はイマイチだつた。
Imgp6910 Img_4663

スコアボードは横長のフルカラー。
エラーやヒット数に球速表示もあり過不足なく非常に見やすい。
Img_4629 Img_4660

球場の特徴としてはコンビナートのすぐそばにある事。
一塁側からレフト後方を撮ると武骨な工場の建物が写る。
Img_4636

試合は中日 vs 阪神
開門前に球場に着いたけどその時点で長蛇の列。
並んでいる人の話だと阪神戦という事で例年より混んでいるそうだ。

先発は中日が小笠原で阪神が青柳という神奈川県出身対決。
青柳は観た事があったけど小笠原は登板は初見。

初回森越のエラーで出塁した溝脇
エルナンデスのセカンドゴロで生還し中日が先制。

先制点をもらった小笠原はすぐ後の2回
陽川原口のツーベースで同点。
更にフォアボールの後板山にも
2点タイムリーツーベースが出て阪神が3-1と逆転。

小笠原は初回は無難な立ち上がりだったものの
ランナーを出してからは自分のペースでは投げられなかったのかも。
因みにランナーが居なくてもセットポジションで投げていた。
Ogasawara

一方青柳は勝ち投手の権利がかかる5回に
フォアボール2つ出した後渡辺に2点タイムリーを打たれ同点。
打った渡辺が東海大の渡辺だと一本足打法を観るまで気がつかなかった。
Watanabe

青柳渡辺の後のエルナンデスを打ち取った所で降板。
4回2/3で四死球6個ではここでの降板も仕方ないかも。
Aoyagi

青柳よりも長いイニングを投げた小笠原も5回0/3で降板。
打たれた4安打は失点した2回だけで他の回はヒットを打たれなかった。
フォアボール4個は微妙だけど高卒ルーキーの
4月のピッチングと考えれば上出来。

試合が動いたのは7回。中日2番手の金子が残したランナーを
3番手の岡田板山にタイムリーを打たれ4-3と再び阪神がリード。

この日板山は2安打3打点の活躍。
亜細亜で観た時はほとんど印象にない選手だったのに…。
Itayama

7回裏は山本が三者三振の好リリーフ。
Yamamoto

山本のピッチングを観た時はこの試合は阪神だと思ったのに
4番手の石崎がぶち壊し。フォアボール2つでランナーを貯め
代打野本の逆転打となる2点タイムリーツーベースが出て5-4

野本クラスの選手が二軍で活躍するのはどうかと思うけど
日通時代から観た選手なのでまだ期待している。
Nomoto_1 Nomoto_2

9回は祖父江が抑えて5-4で中日の勝ち。
http://npb.jp/bis/2016/games/fs2016041001490.html

今日気になったのはエネオス出身の石川のファーストミット。
使っていたのがジュンケイと渋いメーカー。
石川がファーストを守るイメージが無いので
本人のものか誰かからの借り物かは微妙。
Ishikawa

昨日草薙球場を観たので家から四日市に行くより
静岡から四日市に行く方が近いし18きっぷで
安く行けるという理由で急遽観戦を決めた今日の試合。

試合も満足だけど野球以外でも
急遽決めた中で調べ食べたいと思ったけど
時間が合わず断念するつもりだった
四日市とんてき を球場で食べられたのもプラスだし
Imgp6912

昨日途中の名古屋で味噌カツも食べたし
帰りの新幹線乗車前にきしめんも食べたし
観光は出来なかったけど食べ物に関しては悔いの無い観戦旅行だった。
Imgp008 Imgp019

霞ヶ浦第一球場
〒510-0012 三重県四日市市大字羽津甲5169

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

お目当てのユニフォームも観た ~JABA静岡大会 第4日~

今年最初の野球観戦の遠征。
まずは静岡で社会人野球観戦。

草薙球場に来るのは09年以来だから久しぶり。
Imgp6907

スコアボードが新しくなったりリニューアル後は初。
球場外の銅像付近にも新しい看板があったりした。
Imgp6900 Imgp6901

18きっぷ利用だったので試合開始ギリギリ。
静岡でおでんを買って無ければもう少し余裕があったかも。
Imgp6896

第一試合は新日鐵住金東海REX vs トヨタ自動車東日本
序盤はREX先発の山本 トヨタ先発の中里
ランナーを出しながら失点は許さず。
Yamamoto Nakasato

ただ中里が降板した 3回で降板した後はREXのワンサイド。
REX打線が爆発し4回に一挙8点。

特に4番の加藤は1イニングで2HR。
多分1イニング2HRを生で観るのは初めてだと思う。
Katoh

6回にも中嶋の3ランHRで追加点。
トヨタもランナーは出すものの得点は挙げられず。
11-0で東海REXの勝利。
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40013/17481.html

第二試合は永和商事ウイング vs 明治安田生命
一部で話題になっていた明安の赤いユニフォームを初めて観た。
ある意味このユニフォームを観る為に
静岡まで来たといっても過言では無い。

もし自分が着るとなったら嫌だけど観ている分には
ずいぶん攻めた このユニフォームは好き。
Img_4274

初回4番加藤のタイムリーで先制。
Katoh

中盤は永和の狩野と明安の古田
両先発が踏ん張り得点は入らず。
Furuta Kanoh

狩野が降板した7回に宮川の犠飛で1点追加。
8回は野地の2点タイムリーが出て4-0と明安の勝利。
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40013/17483.html

明安は古田が8回まで投げた後
川口鈴木で完封リレー。

第三試合は王子 vs バイタルネット

4回に伊礼の犠飛と
大八木のタイムリーで2-0と王子が先制。

バイタルネットも6回
西田のタイムリーで1-2と1点差。
だだ次の打者の時盗塁を試みアウト。反撃の勢いは止まった。
Nishida

1点差となったその裏王子が
神鳥の3ランHRで5-1と点差を広げる。
ソフトバンクの柳田のようにフォロースルーの大きい
観ていて気持ちの良くなるバッティングフォームだった。
Kandori

7回にも勝田のタイムリーツーベースが出て
6-1で王子の勝利。
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40013/17488.html

王子先発の長岡は8回1失点の好投。
Nagaoka

当初は平日休みの7日に観戦を考えていたけど雨で観戦出来ず。
今日は別の所に行くつもりだったけど
予定を変更した価値のある観戦だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 2日 (土)

藤岡移籍後初登板 〜イースタン DeNA vs 西武〜

教育リーグは観ていたけれど 4月になって
ようやく イースタンリーグの公式戦観戦。

去年の8月以来の観戦となる横須賀スタジアムは改装が行われ
特にスコアボードがフルカラーになった。

Img_3666 Img_3701

カードはDeNA vs 西武。
先発の三嶋藤原がまずまずのピッチングで投手戦。

先制はDeNAで3回飛雄馬のタイムリーで1-0
今日の飛雄馬はバント2つに2打数2安打の活躍。
Hyuma

先制してもらった三嶋は ヒットと白根の送球エラーの後
駒月のサード強襲ヒットで同点。
更に竹原の犠飛で1-2と逆転を許す。
Komazuki Takehara

逆転されたものの三嶋は7回を投げて4安打2失点。
エラーがらみなので自責点は0。
悪くは無いけど三嶋なら二軍相手にはもっと完璧に抑えて欲しかった。
Mishima

藤原は6回4安打1失点。
ランナーを出しながら抑えたのはDeNA打線に問題があったかも。
Fujiwara

7回から西武は大石が登板。 DeNA的にはこの継投はプラス。
途中出場の山本がフォアボールで出塁した後1アウト後
嶺井の2ランHRが出て3-2と逆転。

昨日も嶺井はHRを打っていたそうなので連発。
一軍同様二軍にも打てるキャッチャーがDeNAには居た。
Minei

8回はDeNAが鷺宮製作所出身の野川
西武が西濃運輸出身の野田の社会人出身の左腕が登板。
ふたり共社会人時代に観た事がなかったので今日観れて良かった。
Nogawa Noda

9回にDeNAは日ハムから移籍の藤岡が登板。
まだユニフォームが無いのか
島田コーチの84番のユニフォームで登板。
前回の記事でも書いたようにある意味DeNAでも
“ 普段と違うユニフォーム ” の藤岡を観る事となった。
内野安打を1本打たれたものの1回を無失点に抑え 移籍後初セーブ。
Fujioka

3-2でDeNAの勝利
http://npb.jp/bis/2016/games/fs2016040201011.html

今季から横須賀スタジアムはホームが三塁側に変わったので
自分の観戦場所も応援団の太鼓から離れた一塁側に変更。

いままで60試合以上横須賀スタジアムで観戦しているけど
一塁側で観るのは5回以下。
何だか違う球場で観るみたいに新鮮な気持ちだった。
Imgp6895

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »