« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

雨でも観に行って良かった ~都市対抗 西関東予選~

今日は横浜スタジアムへ都市対抗の西関東予選の観戦。

早番なのでナイターなら試合開始から観戦が可能だけど
朝からの雨が弱くなったものの試合開始時間になってもやまない。
行くか止めるか迷ったけど結局来てしまった。

試合はMHPS横浜 vs 東芝

初回MHPSは常道のタイムリーで先制。
4回にも対馬のタイムリーが出て2-0とリード。

東芝は6回服部のHRで1点返し1-2

この回でMHPS先発の大野は降板。
専修大の4年生だった去年の春に一度観たけれど
その時同様のらりくらりのピッチングだった。
Ohno Ohno_2

東芝は7回代わった松田から
服部金子の連続タイムリーツーベースで3-2と逆転。
Hattori Kaneko

8回にも2アウト二塁で大河原のサードゴロがイレギュラーし
捕球体勢が崩れた竹内の一塁送球が逸れ
その間に二塁ランナーの佐藤(旭)が生還し4-2

これで勝負ありと思ったけどMHPSが9回に粘りを見せ
対馬のHRで1点返し更に村山のツーベースの後
途中出場の小野寺がセンターオーバーの
スリーベースを打ち4-4の同点。
Onodera

次にこちらも途中出場の五十嵐がライト前ヒットを打ち
Ikarashi

5-4でMHPSがサヨナラ勝ち。
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10533/18150.html

これでMHPSは本戦に王手。さてどうなるだろう。

東芝は谷岡が完投負け。失点したイニング以外は良い内容。
9回にHRを打たれてもその後同点に追いつかれても
続投という事は本当に信用されているんだろう。
Tanioka

今日は雨だったので持ってきていたけど
スコアブックは付けずメモだけ書いた。
こんないいゲームだとメモからスコアブックに書き起こすのも
楽しそうな素晴らしい試合だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月28日 (土)

本戦で観られないのが惜しい2チーム ~都市対抗 東京2次予選~

今日は大田スタジアムで都市対抗の東京予選観戦。
敗者復活で負けたら敗戦が決定する今日の2試合。

第一試合は東京ガス vs セガサミー
初回両チーム共ランナーを三塁まで進めたものの得点ならず。

2回に東京ガスが中山のHRで先制。
Nakayama

セガサミーは4回に本間のHRで同点。
Honma

5回表濵田(政)の犠飛で2-1と再び東京ガスがリード
Hamada_m

セガサミーも5回裏に先頭の根岸がヒットで出塁したものの
牽制で刺されチャンスをつぶす。
宮谷が牽制で刺すのは去年のスポニチでも観たけど
相変わらず牽制が上手い。

その後はお互いランナーは出しても得点は入らず。
最後は山岡が締めて2-1で東京ガスの勝ち
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10506/18112.html

抑えた山岡のグローブがゼットからナイキに代わっていた。
これはプロ入り前にナイキが囲い込んだって事かな?
Yamaoka

セガサミーはここで敗退決定。
1アウト満塁やノーアウト三塁のピンチを
無失点で切り抜けたけど打てなかった。

セガサミーでは元ベイスターズの赤堀が5番センターで出場。
2安打の活躍はみせたけど初回のチャンスに打てなかったのは痛かった。
Akahori

第二試合は明治安田生命 vs NTT東日本
初回明安は4番加藤のタイムリーで先制。

NTTは2回に喜納目黒のタイムリーで2-1と逆転。

5回に明安は2アウトからフォアボールと連打で同点。

6回に大野のソロHRで明安が3-2と逆転
Ohno

この回で渡邉は交代。初回の失点後は立ち直りかけたものの
中盤にまたつかまった。 神奈川工大の1年生の時に
一度観ているがほとんど印象に無い。
今日観た印象としては肩の柔軟性があるのは判った。
Watanabe Watanabe_2

NTTは7回上田の2ランHRが出て4-3と再逆転。
前の打席まで打てそうな気配はなかったのに
ここぞの場面で打つのは凄い。
Ueda

明安も粘り8回手銭のスクイズで4-4の同点
Tezen

大竹重信のリリーフが踏ん張り9回で決着つかず延長戦へ。

延長12回2アウトから福田(周)のヒットの後
高野のライト線へのヒットで一塁から福田(周)が生還し
Tanano

NTTが5-3でサヨナラ勝ち
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10506/18114.html

明安も予選敗退。今日と静岡大会の永和商事戦しか観ていないけど
打線も投手も悪く無いし勿体無い。

当初は東海予選を観戦の為の遠征を考えていたけど諸事情により断念。
代替の観戦と言うには申し訳ない位良い試合だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月21日 (土)

船橋市民球場 ~イースタン ロッテ vs 日本ハム~

今日は船橋でイースタン観戦。
Imgp6944

去年からロッテは船橋でイースタンリーグの試合を行っている。
残念ながら去年は観戦出来なかったので
今年はカードに関係無く観戦するつもりだった。

船橋市民球場へのアクセスは船橋駅からバスと
ロッテのHPには出ていたが自分は東武アーバンラインを利用。
馬込沢駅から畑の脇など細い道を抜けて20分ちょっとで到着。

内野が土で外野が天然芝。芝の状態は市民球場にありがちだけど
だいぶ荒れてプレーに影響が出るレベル。
サイズは両翼90Mセンター120Mとプロが使うにはかなり狭い。
Imgp6937

センターややライト寄りにあるスコアボードは反転式。
ちっちゃい文字が苦手のようでサブローは半角での表示だった。
あと伊志嶺のポジション表示が間違っていた。
Img_1097

今日は主催のロッテが三塁側で日ハムが一塁側だった。

スタンドは中央と一三塁側が別れていて一旦外に出ないと行き来できない。
あとネットが低いのか重機を使ってネットを高くしていた。
Imgp6940 Img_1236

球場外に仮設で売店は出でいたものの
アルコールの販売は無かったみたい。
事前に購入しておいて良かった。

試合前の副市長の話によると船橋市内の多くの学校で
運動会が行われている為子供の観客が少なかったらしい。

地方球場でよく聞こえる『ボールください!』の声がほとんど聞こえなったし
試合に飽きてスタンドを走り回る子供も
あまり居なくて観戦しやすかったけど
やっぱり多くの子供たちに観戦して欲しかったし
もう少し日程を調整は出来なかったのかな。

試合はロッテ vs 日本ハム
先発はロッテが川満で日ハムが瀬川
今まで観たいと思いながら観る事が出来なかった
川満を今月は2回も観る事が出来た。

初回石川(慎)のタイムリーで日ハムが先制。
二軍の日ハム戦を観るたび石川(慎)が打っている気がする。
Ishikawa_s

その裏先頭打者の伊志嶺がライトへのHRで1-1の同点。
狭いサイズの球場を上手く活かしたHRだった。

4回肘井のヒットをセンターの石川(慎)が処理し損ない二塁へ。
その後三塁に進塁して井上のサードゴロで
肘井が生還しロッテが2-1とリード。
前進守備だったので内野ゴロでは得点が難しいと思ったけど
ゴロゴーで良いスタートだったようだ。

瀬川は5回を投げて2安打1失点。三振を6個奪う好投。
タイプ的にリリーフだと思い込んでいたけど先発も行けるかも。
Segawa

6回高濱のツーベースと太田のヒットでチャンスを広げ
石川(亮)松本の帝京コンビのタイムリーで日ハムが3-2と逆転。
Ishikawa_r Matsumoto

川満はこの回で降板。6回3失点でフォアボールは3個。
相変わらずコントロールがイマイチで
緩い “ 川満カーブ ” が決まらないと更に苦しい。
もっと失点してもおかしくない展開でも試合を作れる不思議な投手。
Kawamitsu

6回裏に根元のタイムリーで3-3の同点。
Nemoto

打たれたのは石川(直)でスコアボードに石川姓が3人並んだ。
Img_1353_2

8回香月(一)のヒットの後柿沼のヒットを姫野がはじき
香月(一)が生還しロッテが逆転。
柿沼はバント失敗の後粘ってのヒットだった。
Kakinuma

ボークとワイルドピッチがあり、とどめは肘井に3ランHRで8-3
Hijii

打たれた所で田中(豊)は交代。
7回は無死満塁のピンチを作って3者連続三振で抑えたものの
8回に作ったピンチは抑えられなかった。
Tanaka_t

9回に登板した宮崎がイマイチで日ハムが2点返したものの
8-5でロッテの勝利。
http://npb.jp/bis/2016/games/fs2016052101132.html

今日は他にも観戦したかった球場がいくつかある中で
船橋を選んだけど球場としては新規開拓出来て良かったけど
試合内容として微妙だった。

船橋市民球場
〒273-0866 千葉県船橋市夏見台6丁目4−1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月12日 (木)

長かったけど勝ってよかった ~セントラル DeNA vs 中日~

今日は横浜スタジアムへ横浜大洋のユニフォーム目当てで観戦。
Img_0813

横浜大洋のユニフォームは観たいけど予定通りだと
宮城から帰った翌日なので疲れていると思い
ファンクラブ特典での発券は6月の日ハム戦にした。

ただ6月だと雨の心配があるし
旅に出なくて散財もしなかったので
チケットを購入し観戦決行。

球場に着いてすぐに行われていた斎藤明雄の始球式でテンションが上がる。
Saitoh

試合は砂田若松が先発。
砂田の背番号が47番になったのを今日知った。
Sunada

若松は13年のベースボール杯で東芝戦で
負け投手になった試合を観て以来。

1回表砂田大島に粘られフォアボールを出した所で
リズムが崩れたのか満塁のピンチをつくり
ビシエドに2点タイムリーを打たれ先制を許す。
Viciedo

更に堂上にもタイムリーが出て3-0

DeNAもすぐ裏の回に梶谷のツーベースで1点返す。
みんなストッキングをみせる着こなしなのでスパイクがはっきりわかる。
梶谷はパワーもあるけど盗塁をするスピード系の選手なのに
ベロ付きのスパイクを履いているのが意外。
Kajitani Kajitani_2

筒香もタイムリーで続いて2-3と1点差。
Tsutsugoh

その後中盤は砂田若松が立ち直り締まった試合。

砂田は球数が100球に達した6回に疲れが出たのか
堂上のツーベースと杉山のヒットで無死一三塁の場面で
ピッチャーの若松にもフォアボールを出し満塁。
大島のセカンドゴロで4-2

ここで砂田から須田に投手交代。
須田荒木にタイムリーを打たれ2-5

その裏ロペスのツーベースに倉本のヒット性のファーストゴロで
1死三塁の場面で代打の乙坂のレフト前に落ちる
タイムリーツーベースで1点返し2点差。

その後代打の下園のレフトへの2ランHRが出て5-5の同点
まさか逆方向へのHRを観られるとは思わなかった。
Shimozono

中日先発の若松はこの回で降板。
5回で100球近かったしこの回途中で代わっていたら
展開が変わっていたかも。
Wakamatsu

ようやく追いついたものの逆転は出来ず。
その後は中日のリリーフの田島小川に完璧に抑えられる。
初めて観る変則左腕の小川は良いピッチャーだった。
Ogawa

逆にDeNAリリーフは田中三上もランナーを出しながら抑える苦しい展開。

9回で決着はつかずDeNAが苦手な延長戦へ。
同点の場面で山﨑(康)が登板。
こちらもランナーを出しながら抑える。

10回から登板の又吉から梶谷ヒットと筒香宮﨑フォアボールで
無死満塁のチャンスをつくり倉本のヒットでサヨナラ勝ち。
Kuramoto

http://npb.jp/scores/2016/0512/db-d-09/

打線の頑張りが大きかった印象の試合だけど
8回9回と回またぎで登板した三上のお蔭で山﨑(康)
延長で登板させる事が出来たしこれも継投も今日の大きな勝因だと思う。
Mikami

序盤はどうなるかと思っていたけど勝ちが観れたし
長い試合だったけど最後まで観て良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月11日 (水)

東北で観戦したかったな

昨日と今日はGWの前半に出勤した振替休日だったので
宮城県へ野球観戦旅行を計画していた。

予定では10日(火)に昼間JABA東北大会 @石巻 で観戦し
ナイターで一軍の楽天 vs 西武戦 @コボスタ宮城 を観戦。

11日(水)は午前中にJABA東北大会 @仙台市民球場 で観戦し
午後は軍の楽天 vs DeNA戦 @泉グラウンド を観戦する予定だった。

2日間で新規が3つと天然芝に改装したコボスタと
計4つの球場を観戦出来ると我ながら完璧なスケジュールだった。

特に二軍の練習場の泉グラウンドは
今年からイースタンリーグの公式戦を行うようになり
ぜひ行きたいと思って今回の計画を立てた。

しかし天気予報がイマイチだったので旅行は中止。

往復の新幹線は予約前だしホテルは取り消し出来たけど
球場のチケット代は取り消しできないので
濡れて観戦するよりは良いと思って諦めていた。

結局2日間の観戦を予定していたすべての試合が中止。
無理に強行しなくてホントに良かった。

という事でチケットも払い戻しが出来るので
発券の手数料だけの負担になるようだ。

どうせ行くつもりが無かったので発券しなければ
手数料もかからず良かったんだけど
折角?発券したので写真は載せてみる。
0001

石巻と東北市民球場は来年以降のJABA大会での開催を期待するとして
1番行きたかった泉グラウンドは平日だけど
今年もまだ試合はあるので観戦は可能。
ただ今回ほどスケジュールがハマる日程はなさそう。

二軍を観る為に新幹線を使うのは抵抗があるし
夜行バスを使えば試合中眠くなりそうで試合中寝てたら
何の為に交通費を安くしたか判らないし
やっぱり今回観戦したかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

6日間連続観戦 ~イースタン DeNA vs 西武~

GW最終日はイースタンを観に追浜へ。
今日で6日間連続で野球観戦。
ちゃんと調べないけど多分自己最多だと思う。

先発は飯塚野田。先に崩れたのが野田
初回3四死球で満塁の場面は切り抜けたものの
2回打者一巡の攻撃でDeNAが4点先制。

野田は5回まで投げて4失点
自分の牽制エラーで二塁ランナーが三塁進塁たけど
無くても失点していたので自責点も4という事なんだろう。
Noda

飯塚は4回に4安打と1フォアボールで3失点。
7回に先頭のをフォアボールに出したところで降板。
トレーナーらしき人もマウンドに来たので負傷したようだ。
肘の手術を去年したばかりだし心配。
Iizuka

負傷交代は飯塚だけでなく後藤も2回の二打席目で
ファールを打った時に負傷したようで交代。
Gomez Gomez_2_4

西武は7回にルーキーの川越が登板。
なかなかストライクが入らず満塁で白根の犠飛で追加点。
白根は3ボール0ストライクから強打。思い切りが良かった。
Shirane

荒波にもタイムリーが出た後にもフォアボールを2つ出したところで
川越は2/3回で5四球で降板。残念な出来だったけど
個人的には10年5月27日のイースタンの西武戦
宮田の6連続フォアボールを観ている。

西武はコントロールに難がある若手に経験を積ませる為に
比較的続投させる傾向があるのかも。
Kawagoe

川越は1回持たず降板。代わり出たのが岩尾
今日と同じ追浜で10年7月3日の登板でストライクが入らず
3連続四球を観ているので今日の川越の気持ちは良く判るだろう。

試合はそのまま7-3で勝利。
勝ちがゲームが観れたのは良かったけど
フォアボールが多くあまり良い試合では無かった。
http://npb.jp/bis/2016/games/fs2016050801103.html

この試合では筒香が4番レフトで調整出場。
フォアボール2個と1打席凡退で交代。
久々に追浜で筒香を観たけど以前より体の厚みが増した印象。
Tsutsugoh

試合後のヒーローインタビューは飛雄馬だった。
今日は2安打にセカンドでも好守もあった。
一塁側にも三塁側にも熱狂的なファンがいて大声援を受けていた。
Hyuma

西武ではEテレで片耳が不自由な特集を観た山田
2番サードでスタメン出場し2安打。
番組を観た後なので敵チームでも応援したくなる。
Yamada

今日の試合で6日間連続で10試合。
その前の4月29日にも2試合観ているのでGWは計12試合の観戦。
比較的近場のみでこんなに観戦したGWあったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 7日 (土)

白鷗球場 ~関甲新大学 第6節~

昨日西武ドームから帰ったのが0時過ぎだったので
今日の観戦をやめようかと思ったけど予定通りに今日も野球観戦。

今日の観戦は大学野球で関甲新リーグ
球場は新規開拓で白鷗球場。
002 001_2

白鷗球場は白鷗大学の施設でアクセスは小山駅から徒歩30分
連盟のHPを観ると小山駅からコミニティバスも走っているようだけど
バス停から球場まで15分位歩くそうだし
ちょうどいい時間に走って無かったので今回は利用しなかった。

両翼98Mセンター122Mで内外野とも人工芝。
003 004

バックネット後方にあるスタンドには屋根が付いていて
今日のように日差しの強い晴れた日は日除けになって助かる。

スコアボードは名前の表示は出来ないものの
打順を表示ライトがあり大学の施設としては申し分ない。
005

しいて残念な所を言えばスピーカーの音量が小さくアナウンスが聞こえづらい。
特に名鑑に写真で出てない選手が途中出場の時は
誰が出ているのか判らず下の記事の選手名は違っている可能性もあり。

第一試合は新潟医療福祉大 vs 白鷗大
球場も目当てだけど新潟医療福祉大の笠原
評判の良い投手なので観たかった。
実際観たかったのは自分だけで無く
スカウトやアマチュア野球のライターや新聞記者の人達もかなりいた。

試合は3回白鷗の4番大山タイムリーで先制。
大山はバッティングだけで無く守備でも
三遊間の難しい打球をアウトにするなど攻守で活躍していた。
Ohyama

5番龍(昇)にもタイムリーが出て2-0と白鷗がリードを広げる。

笠原
は5回で降板し6安打2失点で奪三振6。
スライダーが良いようで左打者にも
インコースのスライダーで三振を奪っていた。
序盤はコントロールがイマイチで中盤から
良くなってきた所での降板だったのでもう少し観たかった。
Kasahara

白鷗先発の大出は笠原以上の出来。
7回までは1安打ピッチング。
テンポが良く新潟医療打線につけいる隙を与えない好投。
Ohide

大出が完封ペースの8回に新潟医療は代打攻勢でチャンスを広げ
坂巻の犠飛が出て1点差。
更に水石に2ランHRが出て3-2と逆転。
Mizuishi

笠原の後佐藤(悠)漆原が2イニングづつ無失点に抑え
新潟医療福祉大が3-2で逆転勝利。
とにかくすごい試合だった。

白鷗は3番DHで大下が出場。13年の関東春季大会
昨日観た西武の髙橋光成から4安打を観ていた。
今日も2安打と相変わらずよく打つ。
Ohshita

第二試合は関東学園大学 vs 平成国際大

試合が動いたのは4回で平成国際の狩野のHRで1-0
Karino

その裏代打秋山(正)のタイムリーで同点。
6回にも秋山(正)がタイムリースリーベースで関東学園が逆転。
途中出場で2打数2安打2打点の活躍だった。
Akiyama

7回に茂木の犠飛で同点となったものの
裏の攻撃でか上野のタイムリースリーベースで再度関東学園がリード。

写真を撮り忘れたけど上野はホンダの多幡や東芝の金子のように
打席ごとにホームベースをバットで強く打つルーティーンを行っていた。

8回にも武藤の犠飛で4-2となり関東学園の勝利

関東学園先発の新保は8回2失点。
途中崩れそうな場面もあったけど持ち直した。
Niibo

今日はここ以外でも首都大学@川口や東京新大学@たつのこ など
大学野球で気になる球場がいろいろある中
関甲新を選んで間違いは無かった。

あと折角遠出したので何か栃木っぽいものを食べたいと思って
帰りに小山駅で購入したイモフライは美味かった。
006

白鷗球場
〒323-0005 栃木県小山市渋井688-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 6日 (金)

仕事終わりで西武も間に合った ~パシフィック 西武 vs 日本ハム~

今日は仕事だけど早番なので早く上がれる。
友人から誘われていたので西武球場へ。

流石に試合開始からは観戦が難しいかと思っていたけど
特急に間に合ったので試合開始ちょうど位に着いた。
001

試合は西武 vs 日本ハム戦。
まさか2度も生で北海道新幹線ユニを観るとは思わなかった。
前回観た時と違い近藤はヒジあてやリストバンドが
新幹線カラーを使ってる。
Yoh Kondoh

西武先発は髙橋光成
一緒に観た人達はみんな西武ファンなので
高橋光成への期待がハンパない。
実際今日は期待に答え序盤はまずまず。
Takahashi

初回メヒアの犠飛と浅村のタイムリーツーベースで西武が2点先制。
2回表に大野のタイムリーで1点返しその裏秋山の犠飛で再び2点差。
3回に中田の技ありのライト前タイムリーで再び1点差と
ここまではシーソーゲーム。

試合が大きく動いたのは6回
1アウト一塁でレアードのゲッツーが取れそうなサードゴロ。
中村のエラーで1アウトも取れず。
気落ちしたのか淺間にヒット大野に押し出しデットボールで同点。

更に打者西川の時にワイルドピッチ
二塁ランナーの淺間もホームへ突っ込みアウトの判定。
ベースカバーの髙橋光成がホームベースを隠したと言う
栗山監督の抗議がありビデオ判定でコリジョンルールが適応され
淺間もセーフで日ハムが2点リード。
投手がベースカバーしてもコリジョンルールが適応されるのを初めて知った。
更に西川のスクイズで3点差。

この後フォアボールを2つ出したところで髙橋光成は交代。
淺間とホームで接触プレーがあり負傷した様なので
もう少し早く交代しても良かったかも。

8回に1点づつ入れて8-4で日本ハムの勝利
http://npb.jp/scores/2016/0506/l-f-06/index.html

8回の西武の失点は南川のボーク。
今日までは無失点で抑えていたらしいのでプロ初失点。
JR四国時代にも観ていた。
Minamikawa Minamikawa_2

HR王独走中のメヒアは今日は犠飛以外は不発。
豪快な一打を観たかった。
Mejia

かなりギリギリだけど早番終わりで西武球場も間に合う
可能性があるのが判っただけでも今日の収穫なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 5日 (木)

サードロマック ~イースタン DeNA vs ロッテ~

昨日に続いて今日もイースタン観戦。
カードは同じでも場所は変わって平塚。

先発は久保(康)川満
一軍事情に疎くて久保(康)が二軍に落ちているのを知らなかった。
二軍を観に来て実績のあるベテランが先発だとテンションが下がる。

逆に川満は九州共立大時代から観たいと思いながら
今まで観る機会が無かったのでテンションが上がる。

久保(康)はランナーを出しながら失点はしない
ある意味らしいピッチング。
Kubo

川満はコントロールかアバウトで6回を投げて6四死球
それでもヒットは2本だけで無失点。
川満が良いのか打てないDeNAに問題があるのか
微妙なピッチングだった。
Kawamitsu

7回まで共に無得点。試合が動いたのが8回
ロッテの肘井にHRが出て0-1
Hijii

久保(康)は8回9安打1失点
7回以外ランナーを出したけど失点は1点だけだし
いつ一軍に上がってもおかしくないピッチングだった。

最終回に白根のツーベースで粘りを見せたものの
得点は出来ず。0-1で完封負け。
昨日から続けて18イニング得点を観る事は出来なかった。
http://npb.jp/bis/2016/games/fs2016050501094.html

ロッテでは福浦がファーストでスタメン出場。
2打数2安打を打って3回で交代。因みに代走は巨漢の井上だった。
Fukuura

今日はロマックがサードで出場。
守備機会はフライとライナーだけで
フライは後方の難しい打球を処理していた。

今度一軍に上がる時はサードの出場もあるかもしれないけれど
試合前のノックでみる限りボテボテの打球の処理を
俊敏に処理できるかは少し心配。
Romak

試合中のインターバルの時に選手に
応援メッセージで一番人気があった荒波
生で観ている時には気が付かなったけど
ジャッキーロビンソンスタイルのストッキングの上に
サポーターのようなものを着けていた。
打撃不振で二軍落ちしたと思っているけど足にも不安があるのかな?
Aranami

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 4日 (水)

“応援する選手 ” 炎上 ~イースタン DeNA vs ロッテ~

雨の予報が思いの外早くあがり午前中に晴れ。
出掛けるつもりは無かったけど天気も良いので追浜にイースタン観戦。

普段は試合開始ギリギリに入場するけれど
GWの混雑を予想して早目に来てシーズンパス特典の先行入場を利用。
結構シーズンパスホルダーがいる事を知った。

DeNA先発は三浦は3回までは良かったものの4回につかまり8失点。
牽制でのエラーがあり自責点は6点だったものの
今日の内容を観ると5月の We ☆ YOKOHAMA で
横浜大洋時代のユニフォームでの登板は難しいだろう。
Miura

横浜駅で京急に乗り換え時に観たポスターには
“ 応援する選手かいる喜び ” というコピーと共に写っていた三浦だけど
こんな残念なピッチングする選手は応援したいとは思えない。
004_2

打線はイ・デウンを打ち崩せず。6回まで投げて3安打無失点。
序盤に攻略できなかったのが痛かった。
Rhee

試合は0-9でロッテの勝利
http://npb.jp/bis/2016/games/fs2016050401091.html

終盤信樂高野といった社会人時代に観る事が出来なかった
投手を観れたのがとりあえず良かった。
Shigaraki Takano

DeNAのプラス材料は後藤が2安打打った事。
ヒットを打ったことはもちろんケガなくプレーできることがプラス。
Gotoh

いつの間にか再び二軍落ちしていたロマックは3打数1安打
二軍ではそれなりに打っているんだよな。
Romak

投手陣では小杉が2回を6人で抑える好投。
Kosugi

とっても残念な試合だったけど沢山観ていれば
たまにはこんな試合もあるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 3日 (火)

一部と二部で4試合 ~東都大学 第5週~

前半は出勤もあったので今日から本格的にGWスタート
観戦したのは神宮で東都大学野球
今日と明日は一部と二部が二試合づつ計4試合おなわれる。

第一試合は国士館大 vs 東京農業大
どっちも最近観ていないのでほぼ初見の選手達。

初回国士舘が農大先発の佐々木から
多田のタイムリーツーベースと水上(拳)のタイムリーで2-0
Tada Mizukami

この回は5本のヒット連ねたので
もう少し点が入ってもおかしくなかった。

3回にも鉾田弓削田のタイムリーと
盗塁時の送球エラーで6-0と国士舘がリードを広げる。

国士舘先発の椎野は7回を4安打無失点の好投。
背が高くしかも足が長いうらやましい体型だった。
Shiino

9回に国士舘3番手の武内からのタイムリーで1点返したものの
Hase

6-1で国士舘の勝利。
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2016&SEASONID=01&LEAGUEID=02&GAMEID=16077

農大で気になっていたのが5番サードの藤岡
球場で購入したガイドブックによると177センチ88キロ。
生で観るともう少し重そうにみえる。
体型の割に守備でも軽快に動いていた。
Fujioka

第二試合は立正大 vs 青山学院大
こちらは去年の春青学グラウンドで観ているマッチアップ
先発も去年と同じ黒木岡野(祐)だった。

前回観た時に胸のマークやユニフォームの縁が
ピンクっぽく見えたのが気になっていたけど
写真を撮って確認してみるとうやっぱり赤い色が入っていた。
Img_8156

先制は立正で皆川のHRで1-0
Minagawa

6回に長野のタイムリーで1-1の同点。
Nagano

同点に追いつかれた立正はその裏1アウト三塁で
先制HRを打った皆川のセカンドゴロで鹿沼が生還し2-1。
Minagawa_2 Kanuma

試合はそのまま立正の勝利。
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2016&SEASONID=01&LEAGUEID=02&GAMEID=16078

黒木は二桁安打打たれながら失点を1点に抑えて完投勝利。
150キロ越えのボールも何球かあり球威は相変わらずある。
ただ今日は球数が多く内容的にはイマイチだったかも。
Kuroki

岡野(祐)も完投し黒木より少ない5安打だったものの負け投手。
Okano

第三試合から一部で 東洋大 vs 日本大
このカードは14年の秋に観ているので何人かは観た選手が居る。

試合はシーソーゲームで
東洋が2回に鳥居安西の連続タイムリーツーベースで2点先制。
4回に日大が長沢のタイムリーツーベースと
サード田中(也)のエラーで同点。

再び安西のタイムリーで東洋がリードするも
日大の佐藤(人)のタイムリーで同点。

9回裏に鳥居のHRが出て4-3で東洋がサヨナラ勝ち。
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2016&SEASONID=01&LEAGUEID=01&GAMEID=16047

鳥居のホームランの写真は撮れなかったけど
他の打席でも豪快なスイングをしていた。
Torii

日大の4番ショートの京田は今年のドラフト候補らしい。
今日は守備では後方の難しいフライを好捕したり
強肩を披露したり見せ場はあったけどバッティングはノーヒットだった。
Kyouda Kyouda_2

第四試合は国学院大 vs 中央大
試合前の始球式は国学院の4年生と紹介されてたが
素人とは思えない美貌だったので調べるとミス国学院のようだ。
Img_8692

2回に伊藤(雅)のタイムリーツーベースで2点先制。
この日伊藤(雅)は3安打の活躍。
Ito

4回に中央は国学院セカンドの山﨑の送球エラーで1点返したものの

5回に齋藤(湧)のタイムリー。6回に山﨑の犠飛でリードを広げる。

投げては先発の清水が6安打自責点0で完投勝利。
Shimizu

4-1で国学院の勝利
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2016&SEASONID=01&LEAGUEID=01&GAMEID=16048

中央ではショートの松田が2安打の活躍。
積極的に打ちに行く姿勢はソフトバンクの松田っぽいけど
松田という名字を持つと人は積極的になるのだろうか?
Matsuda

今は平日休みもあるので観戦する機会もあるけれど
観戦しづらい東都を観る為GW中の遠出は計画しなかった。

観てるいるだけも4試合だと結構疲れたので
大会の進み方を観て夜行バスで岐阜へ
ベ杯を観に行こうなんて予定を立てなくて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »