« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月29日 (水)

イースタンでの勝ちは何時観られる? ~イースタン DeNA vs 日本ハム~

今日は平日休みで平塚にイースタン観戦。
試合は日本ハム戦。

先発は井納。たぶん一軍のオープン戦が終わったので
初登板までの調整だろう。

初回松本に内野安打を打たれた後
杉谷のスリーベースで日ハムが先制。
スリーベースはライト後方のフライを青柳が弾いたので
自分が記録員だったらエラーと付けた思う。
Sugiya

更に森山のツーベースで0-2
2死となってからセカンドゴロを山崎(憲)
バウンドの少し変わったのを処理できずエラーで0-3

DeNAは日ハム先発の加藤を打ち崩せず。
ようやく4回青柳のタイムリーで1点入れて1-3
Aoyagi

次の西森にもヒットは出たもののホームアウトで追加点ならず。
今日の西森はバッティングでは左右両打席でヒットの3打数2安打。
守備でも2個盗塁を刺す活躍。

去年まではキャッチャー道具はほぼゼットで
時々ミズノやSSKのバットを使っていたと思うけど
今日はキャッチャー道具はハタケヤマになっていたし
スパイクはビモロ。バットはマルッチで
バッティンググローブはフランクリンと道具が一新していた。
Nishimori_1 Nishimori_2

1点返したものの5回表に森山のタイムリーと
森本のタイムリーツーベースで2点入り1-5

井納はこの回で降板。毎回ランナーを出しながら
踏ん張っていたがこの回捕まった。5回5失点で自責点は4
初回のライトフライもエラーっぽいし
味方の守備に足を引っ張られた印象もあるけれど
毎回先頭打者を出すなどけっして良くはなかった。
Inoh

2番手は高卒ルーキーの京山で3回を1安打無失点。
最初のイニングはコントロールに苦しみ
2個のフォアボールを出したけどストライクが取れないというより
際どい所に狙ったのがボールになった印象。
現時点で心配なのはテークバックが深いので
肩に負担が掛からないかと思う事位。
Kyoyama

京山の好投に応え日ハムは加藤が降板し
7回2番手の立田が登板してからDeNAの反撃。

7回2死一二塁で途中出場の松本(啓)がもう少しでHRの
ライトオーバーのスリーベースで3-5
Matsumoto_k

8回は得点を挙げられなかったものの
9回に1アウトから松尾フォアボールの後松本(啓)
今度は正真正銘のHRで5-5の同点。
前の打席もそうだけどこの打席も完璧なバッティングだった。
Matsumoto_k_2

なおも日ハムセカンドの松本のエラーで百瀬が出塁し
サヨナラのランナーを出しながら次の下園の打席で
ワンバウンドをキャッチャーの大嶋が前に弾いたのを観て
百瀬が二塁に走ったがアウト。
下園は結局ストレートのフォアボールだったので
百瀬の走塁ミスはまったくの無駄死だった。

サヨナラならず延長戦。10回は4番手で小杉が登板。
先頭松本のセーフティーバントを小杉が一塁に悪送球で無死一塁。
宇佐美はバントは失敗で二塁封殺し1死一塁。
次の森山の強い当たりのショートゴロを松尾が弾いたで
ダブルプレーは取れず1死一二塁。
ここで4番の森本にセンターオーバーのツーベースで5-7
Morimoto

その後も日ハムはチャンスを広げ髙濵のフォアボールの後
岸里のサード山下のグラブを弾くヒットをレフトの細川
ホームで刺し追加点を許さず。細川この試合2つ目の補殺。
打球の追い方はおぼつかないが肩は強い。

ここで終われば流れはDeNAに来そうだったのに
大嶋に2点タイムリーを打たれ万事休す。
10回のDeNAは網谷にヒットは出たものの
田中(豊)に抑えられ5-9で負け。
http://npb.jp/bis/2017/games/fs2017032900141.html

一度は同点に追いつくなど今日はよく頑張ったともいえるけど
今日の展開で勝ちきれないのは厳しい。

今日の試合結果で開幕戦に勝利した後
引き分けを挟んで6連敗。
個人的にも明安とのプロアマで勝ちを観たけど公式戦は連敗。

スイングは良いけどバットに当たる気配の無い
細川の4番でもわかるように
今の二軍は経験を積ませる育成期。

自分がイースタンでDeNAの勝利を
何時になったら観る事が出来るか不安になるほど
今年の二軍観戦は我慢が必要なようだ。

おまけ

今日の日ハムのスタメンマスクは
WBCで代表にも選ばれていた大野
イースタンの出場理由として
WBCで出番の少なかった自身の調整の為か
一軍クラスの加藤が先発だったからといった理由が思い浮かぶ。

今日の打席ではファールを打った時にソフトバンクの松田の様な
ケンケンをやっていたけどこれもWBC効果かな?
Ohno

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

良かったのは天気位 ~オープン戦 DeNA vs ロッテ~

今日は日曜日に出勤した分の振替休日
当初は家でWBCの決勝をTV観戦しようかと思っていたけど
日本が負けたので現地観戦に予定変更。

社会人チームの球場で行われるオープン戦や
東京都企業大会は惹かれたものの早起き出来ず
結局横浜スタジアムに一軍のオープン戦観戦。

沖縄で練習試合は観たけど
オープン戦としてNPB管轄の試合は2年ぶり。
その時もDeNA vs ロッテ戦だった。

先発は石田西野
今日の試合も観るまで西野が今年先発に戻ることは知らなかった。

初回1死二三塁でロペスの内野ゴロでDeNAが先制。

2回にロッテはダフィーのソロHRで1-1の同点。

3回に白崎がバットを折りながらの
2点タイムリー出てDeNAが3-1と再びリード。
Shirasaki

4回に鈴木と中村の2ランHRが出て3-5とロッテが逆転。
Suzuki Nakamura

石田は5回を投げて7安打5失点
HRを3本打たれるなど心配な出来。
開幕投手で投げてからボロボロだった
石田の先輩三嶋の二の舞にならないで欲しい。
Ishida

一方の西野も6回3失点と微妙な出来。
内容的にも可もなく不可もなくという感じだった。
Nishino

DeNAは6回から熊原が登板。3回を6失点。
登板した6回は3者凡退に抑えたものの
7回は荻野(貴)のタイムリーで1失点
8回は一挙5点を奪われる残念な出来。
DHを使っていなかったので左打ちを確認できた事が良かった位。
Kumabara_1 Kumabara_2

8回裏に白崎のソロHR
9回表にもロッテが2点追加。

9回裏は粘りをみせてたもののタッチアップが
微妙な判定でアウトとなり得点ならずゲームセット。
Img_8385

そのまま4-13で大敗。
前回観たイースタンとボロボロだった。
http://npb.jp/scores/2017/0323/db-m-03/

数少ないプラス材料は宮﨑が3安打の活躍。
ただ守備はエラーは付かないけど
上手いセカンドだったらと思うプレーは何度かあった。
Miyazaki

あとは山崎(憲)が途中からショートの守備に就いた事
残念ながら岡田の打球をゴロを弾いた後悪送球。
ちゃんとは確認してないけど1プレーで
捕球と送球で2個エラーが付いたかも。
でもケガから復帰出来ただけでもよしと考えよう。
Yamazaki_n

天気予報は曇りだってけど試合中はほとんどの時間
太陽が出ていて思ったより暖かったのプラス。
これで試合内容もともなってくれたら良かったんだけど…
やっぱりこの人が戻ってこないとだめなのかな?
002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

ホーム開幕戦 ~イースタン DeNA vs 楽天~

イースタンリーグが土曜日に開幕し
今日から本拠地の横須賀スタジアムでも開幕。
球場までのアーケードにも
今年のバナーが出ていてテンションが上がる。
Img_7572 Ip001

球場もフェンスが一部新しくなったり
今年のスローガンのファーム用が出ていたり
チョットだけリニューアルしている。
Ip004 Ip006

試合は楽天戦。楽天は名護で練習試合や
市営浦和でのプロアマで観ているので
3月なのにもう今日で3試合目。

先発は久保(康)藤平
藤平目当てと思われる横高グッズを身につけた
軍団が居たので事前に発表でもあったのかな?

藤平は期待に応えて3回を投げて1安打無失点。
3回にフォアボールからピンチはつくったものの
失点は許さず奪三振は6個の好投。
Fujihira

藤平の好投に応え2回下妻のタイムリーで楽天が先制。
Shimotsuma

5回にも西田の2点タイムリーで0-3
Nishida

久保は毎回ヒットでランナーを出す苦しいピッチング。
5回3失点だったけどもっと点を取られてもおかしくなかった。
Kubo

6回からDeNAは砂田が登板。
吉持のタイムリーツーベースで0-4

自分の席からは観えなかったけどツーベースを打たれる前に
一塁ベンチ前のファールフライが上がった
ファールフライを取れればチェンジだったので気落ちしたかも。

今日の砂田はロングリリーフ。9回まで登板し
その9回内田の3ランHRで0-7完全に勝負はついた。

次の八百板にもヒットを打たれたところで砂田は降板。
長いイニングを投げたからよくなかったのか
仮に短いイニングでも駄目だったかは不明。
Sunada

砂田の後は柿田が登板。オフに背番号が91と
極端に大きくなったけど理由が判るような残念なピッチング。

ストライクは入らないし130キロを超えるボールは無いし
緩いカーブで乗り切れる訳もなく打者5人に
フォアボール2つとヒットとスリーベースを打たれた。

何処か痛めてるならケガを直して復活はあるけど
ケガでなく不調で今日の内容ならホントにヤバい。
Kakita

最終的には0-11の完敗
http://npb.jp/bis/2017/games/fs2017032000119.html

試合はワンサイドでほとんど良い所が無い試合。
だけど高卒ルーキーの細川松尾は期待させる動きはあった。

細川は4打数ノーヒットの3三振ながら強いスイングは魅力的。
Hosokawa

松尾もノーヒットだけど守備では三遊間の打球を逆シングルで捕り
一塁にアウトにするなど守備では良い動きはみせていた。
Matsuo

帰りに横浜駅で黄色い京急の車両を観た。
沿線に、幸せを運ぶKEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN らしいから
今日の惨敗を明日から仕切り直し出来るといいな。
Ip009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

4大会連続観戦 ~WBC2次ラウンド プールE 4日目~

今大会もWBCを観戦。
Img_7277

以前程MLBを観なくなったので
MLBでプレーする選手は判らないが
せっかくなら日本戦以外も観たくて昼の試合からの観戦。

まずはオランダ vs キューバ戦

初回バレンティンの3ランHRでオランダが先制。
Balentien

2回にもシモンズのタイムリーで追加点。
3回もバレンティンの2打席連発と
デカスターの2ランHRで 7-0でワンサイド。

4回にも大量5点を挙げコールド圏内
最終的には7回コールドで14-1
http://www.wbc2017.jp/score/game2017031511/

この試合を観るとオランダ強すぎ。
よく日本は勝てたと思う。

キューバはやはり戦力ダウンが大きく
投手陣もオランダ打線を止められず
打線も5回のメサのタイムリーツーベースの1点だけ。
Mesa

亡命選手が代表に戻れないと
これから更に国際試合は厳しいだろうな。

第二試合の日本 vs イスラエル
試合前に流れたイスラエルの国歌は
モルダウっぽい曲だった。

日本先発の千賀イスラエル先発のゼイド
好投もあり序盤は投手戦。

千賀は時折フォークがだいぶ手前でバウンドしたり
コントロールに苦しむ場面もあったけど5回を無失点。
球数だとギリもう1回行くと思った。
Senga

打線は6回筒香の先制HRのあと一挙5点。
Tsutsugoh

打たれたアクセルロッドは元CWS。 チョット複雑。
Axelrod

このあと8回に3点入れて8-0

このまま終われば気分良く帰れたのに
牧田が残念な出来で3失点し8-3で勝利
http://www.wbc2017.jp/score/game2017031512/

試合時間が長引き乗りたかった電車では帰れず。
そんな意味でも牧田のピッチングは残念だった。

今まで観たWBCの日本戦の対戦相手は台湾・韓国・ブラジルで
今日のイスラエルと全部違う相手だった。
5回大会があったら何戦を観ようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

加賀美を観れた ~スポニチ大会 第2日~

今日もスポニチ大会観戦。球場は神宮。

第一試合はJR西日本 vs 東京ガス
出来れば元ベイスターズの加賀美の登板を観たいと思って
大会前に日曜日は神宮と計画を立てたけど
加賀美は昨日登板。観られ無いとは思ったけど
他の試合にも観たい選手はいるので予定通り神宮で観戦。

昨日は2試合とも序盤は点が入らない投手戦だったけど
第一試合は序盤に点が入るシーソーゲーム。

2回裏蔵桝のタイムリーツーベースでJRが先制。
3回表に地引のタイムリーで東京ガスが同点としたものの
6回裏に松野のタイムリーツーベースで2-1とJRが再びリード。

JR先発の西川は中盤以降良いリズムで
このままいくかと思った8回
代打の小野田にHRが出て2-2の同点で延長戦へ

10回から一死満塁からのタイブレーク。
表の東京ガスの攻撃で先頭の笹川のタイムリーで勝ち越し
Sasagawa

次の我如古はフォアボールで押し出しで4-2
ここで西川は交代。トルネード気味の面白いフォーム
9回までは6安打で2失点。
延長で100球を超えたし疲れも出てきたのかも
Nishikawa

JRの2番手は加賀美
昨日も登板していたので今日は観られ無いと思っていた。
その加賀美小野田に走者一掃ツーベースを打たれ7-2
小野田は途中出場で4打点の大活躍。
Onoda

裏のJRの攻撃は田村のタイムリーで
2点返したものの7-4東京ガスの勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40008/19483.html

加賀美は打者5人に1安打1フォアボール
観れたのは良かったけど
出来れば抑えた所を観たかった。
Kagami

第二試合はJX-ENEOS vs 永和商事ウイング

2回に齊賀のソロHRでエネオスが先制。
Saiga

4回にも岡部センターフライを中尾
太陽で見失ったようでヒットとなり
エネオスが2-0とリードを広げる。

永和は5回表無死ニ三塁で柘植のファーストゴロで1点返し1-2
その裏谷田の併殺打の間に生還し3-1と再び2点差
更に6回には二死から3点を入れて勝負アリ

7回に永和が吉村のタイムリーで1点返したので
6-2でエネオスの勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40008/19486.html

昨日と違い永和打線は活発だったものの
逆に投手陣が踏ん張れなかった。

エネオスでは渡邉が4打数4安打の活躍
Watanabe

永和では吉村が気になる選手。昨日1安打今日は2安打の活躍。
パンフを観ると高卒の新人となっているけど年齢は大卒と同じ。
大学の経歴が抜けているのかな?
Yoshimura

第三試合は大阪ガス vs きらやか銀行
この試合も神宮での観戦の理由の一つ
去年都市対抗で好投した小島以外に
きらやか銀行にどんなピッチャーが居るか観たかった。

試合は大阪ガス先発の温水から きらやか銀行は初回
建部の2ランHRで先制
Takebe

更に吉田にも2ランHRが出て4-0
Yoshida

都市対抗で観た時同様 きらやか打線は
積極的なバッティングだった。

大阪ガスは3回大谷のタイムリースリーベースで
1点返し1-4。昨日同様コンパクトなバッティングだった。
Ohtani

この辺りから試合は大阪ガスのペース
ただランナーが出てもきらやか銀行先発の三浦が踏ん張る。
6回を投げて失点は1だけ。2回以外は
毎回ランナーを出していたのでよく1点に抑えた印象。
Miura

5回途中に緒方が登板してから
きらやか銀行はランナーを出す事も出来ず防戦一方

それでも7回は小林8回から高藤が得点を許さず
4-1できらやか銀行の勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40008/19490.html

大阪ガスの緒方は5回0/3を1安打無失点。
もし緒方が先発していたら試合はどうなっていたか
判らないと思うくらい良かった。
Ogata

昨日より防寒対策をしたけれどやっぱり朝と夕方は寒い。
それでも加賀美は観れたし、きらやかの勝利も観れたし
神宮での観戦をチョイスして良かった。

折角?タイトルに加賀美と入れたので昔の写真で
年代順はバラバラだけど連続フォームっぽく貼ってみる。
Kagami_2

Kagami_3

Kagami_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

ラーメン目当てで球場決定 ~スポニチ大会 第1日~

今年は土曜から始まったスポニチ大会
自分の勤務もカレンダー通りだったので初日から観戦。

球場はやまぶきスタジアム
前回観戦した時と同じく東岩槻駅から歩いたけど
今の季節だと汗をかく事なく気持ち良い散歩。

第一試合はホンダ vs 大阪ガス

ホンダはコーチに西郷が復帰。
試合前のノックを担当していた。
Saigoh

ホンダ先発の福島と大阪ガス先発の猿渡の好投で投手戦。
試合が動いたのは3回岸田のソロHRで大阪ガスが先制。
Kishida

更にこの回大谷のタイムリーで2-0とリードを広げる。
Ohtani

猿渡がホンダ打線を抑え2-0で大阪ガスの勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40008/19475.html

大阪ガス先発の猿渡は安定感のあるピッチング。
9回を2安打完封。唯一あったピンチの7回も
1死二塁を危なげなく抑えた。
Saruwatari

この試合は両チームに新人が何人か出ていた。
その中でホンダの3番ショートは中央大出の松田
去年の春のリーグ戦で観た時に活躍していたので印象深い。
今日は残念ながら3打席2打数ノーヒットで途中交代。
Matsuda

第二試合の前に3.11の黙祷。

第二試合は永和商事ウイング vs NTT東日本
この試合も投手戦。永和先発の渡辺とNTT先発の沼田の好投。
お互い9回まで無失点で延長戦へ

延長は1死満塁からのタイブレーク。
10回は両チーム得点なく11回へ
11回表の永和は4番木原の犠飛で先制。
Kihara

裏のNTTの攻撃は渡辺が抑えて1-0で永和の勝利。
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40008/19479.html

前回観た去年の静岡大会でも14年の都市対抗でも
負けていたので永和の勝利を初めて観た。

ネームバリューからこの試合はNTTが有利と思っていたけど
渡辺の好投がとにかく大きい。2安打完封で奪三振は14個。
速球が高目に浮き気味だったけどそれがかえって良かったのかも。
Watanabe

NTTの沼田も被安打は2。失点もタイブレークなので自責無し。
タイブレークで失点しての負け投手は可哀そう。
球数が多かったし延長ではピッチャーを変えても良かったのかも。
Numata

打撃では良い所なく負けたNTTだけど
守備では軽快な動きをいくつも見せていた。
Fukuda_s Shimokawa

スポニチ大会の3球場とも魅力的なカードがあり
何処に行こうか迷っていたけど同僚から以前貰った
カップラーメンの元ネタの店が岩槻にあると教わり
初日の観戦をやまぶきスタジアムに決定。

やまぶきスタジアムからは30分弱歩くけど
観戦帰りに大手門の豆腐ラーメンを食べた。
美味しかったけどなかなかのボリュームだったので
最後の方は味にチョット飽きた。
Ip006

ラーメンを食べたので帰りは岩槻駅から電車に乗ったけど
途中の道にアルディージャのバナー。
岩槻区はレッズじゃなくアルディージャ贔屓なんだ。
Ip009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

あわやパーフェクト ~プロアマ DeNA vs 明治安田生命~

昨日に続いて今日もプロアマ観戦。
場所はベイスターズ練習場。
今日の試合はDeNA vs 明治安田生命
OBも居ないので島田親子位しか繋がりが思い浮かばない。
Shimada_n Shimada_h

DeNAのスタメンはルーキーが松尾細川狩野
高卒2年目の青柳網谷山本と若手が多い。

DeNA先発は人的保障の平良
移籍後はもちろん初見。
今日は味方の守備に足を引っ張られ苦しいピッチング。
ただランナーを出しながらも失点は許さず
5回を3安打無失点。
Taira

若手が多く苦戦は予想したけど打線は完全に沈黙。
明安先発大久保が3イニングをパーフェクト。
Ohkubo

2番手三宮も2回をパーフェクト。
そういえば高校大学と一回づつ観た事があったけど
明安に居るのは去年は気がつかなかった。
Sannomiya

3番手小林の2イニング目の7回二死から
網谷のヒットでパーフェクトも逃れた。
チーム初ヒットは得点にはならず。

DeNAのリリーフは無駄に豪華。
6回7回は三上は8回から山﨑(康)と一軍勝ちゲームのリレー。
Mikami

DeNAは8回先頭の白根フォアボールを狩野が送り
二死となってから山本のセンター前に落ちるヒットで待望の先制点。
Yamamoto

9回も山﨑(康)がイニングまたぎで抑え1-0で何とか勝利
Yamasaki_2

パーフェクトの心配もあるように完全に明安のペースだったので
とても勝てるとは思えなかった。
まあプロアマで三上山﨑(康)を使うの反則くさいけど…。

試合に出場は無かったけど故障で離脱していた
戸柱が試合前のシートノックには参加。
動きを観ていると問題無さそう。
Tobashira

明安では手錢が2安打の活躍。
試合前のバッティング練習の時から気になったのがバット。
とにかく黄色くルールに抵触しないか心配になる程。
写真からJABAのHPに載っているバットのマークを判断すると
エスオースポーツという会社のようだ。
Tezen Tezen_2

毎年この時期に観戦する時球場までの道に
田浦梅林の幟が出て気になっていたのを
試合観戦前に行ってみた。
006

JRの田浦駅から徒歩15分と出ていたけど
実際はそこから山道を更に登る。
正直普段花を観る事が無いので梅の良さは判らないけど
展望台からの景色は良かった。
005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

浦和駅からも歩けるんだ ~プロアマ 楽天 vs JR東日本~

3月になり調べると関東でも色々試合があり
今日は市営浦和に楽天とJR東日本のプロアマ戦を観戦。

市営浦和球場での観戦は08年以来
西武がイースタンの試合を組んだり
楽天が教育リーグで使用したり
観戦のチャンスはあったけどタイミングが合わなかった。
005

前回は北浦和駅から歩いたけど
今回は浦和駅から歩いてみた。
だいたい20分位で十分歩ける距離だった。
浦和駅だと乗り換えが少なくて済むので
次回観戦の機会があれば浦和駅を使うつもり。
002

久々に訪れるとスコアボードが綺麗になっていた。
Img_4935 Rimg5504

試合はフライングスタートする事なく定時スタート。

初回JR東日本が 二死から
渡辺松本の連打に丸子のタイムリーで先制。
Maruko

JR先発は田嶋で楽天ファンからも
入団を期待する声援を受けていた。

楽天は2回に西田のタイムリーツーベースで同点。
Nishida

バッターランナーの西田は三塁でアウトになったけど
タイミング的には完全にセーフっぽかった。
この後もヒットが続いたけどこの回の得点は1点だけ。
この判定はJR的にはラッキ-な判定だった。

3回に楽天は中川のタイムリーで逆転。
更に5回にも中川のタイムリーが出て3-1
今日の中川は3打数3安打。
田嶋と中川の対決は観ていて面白かった。
Nakagawa

楽天先発の入野は6回を4安打1失点。結果は悪くないけど
被安打は4本でフォアボールも4個。
特に先頭打者をフォアボールで出塁させたのが3回と
コントロールに課題が残る結果だった。
独立リーグ時代に1度観て期待しているので
今日の内容はチョット残念だった。
Irino

田嶋は7回3失点。
ヒットを8本も打たれながら3失点でよく抑えた。
Tajima

その後お互い無得点で3-1で楽天の勝利。

楽天では途中出場のが守備で活躍。
バントが小フライになったのを
ダイレクトキャッチしダブルプレーにしたり
三遊間の難しいバウンドを処理し
ダブルプレーにしたり良い動きだった。
Minami

楽天が勝っていたので9回裏の攻撃が無かったけど
試合終了後ブルペンで投球練習をしていたのは
日ハムから指名を受けた山口(裕)
もし裏の攻撃があったら投げていたのかもと思うと観たかったな。
Yamaguchi_y

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »