« さよなら上大岡の星 | トップページ | 今年も始まった楽しい12日間 ~都市対抗 第2日~ »

2017年7月 9日 (日)

ここでまた観戦したいな ~強化試合 東芝 vs 大学代表~

今日は大学代表の観戦で東芝総合グラウンドへ

試合前に済ませたかった事に手間取り
観戦は1回裏途中から。

東芝グラウンドはスコアボードに選手名表示も無いし
放送も無いので以下の記事は違っている可能性があります。

着いたら東芝が無死満塁のチャンス。
4番金子のサード横のゴロを渡邊が取れず東芝が先制。
次の松本のセカンドで1点追加し2-0

大学代表は4回4番楠木のタイムリーで1-2
Kusunoki

東芝先発はエネオスからの補強選手柏原
今日は7回を投げて1失点。
去年も東芝ユニフォームで観ていた。
エネオスより東芝の印象が強い。
Kashiwabara

大学代表は小刻みな投手継投。
先発の栗林から森下 青島 松本と2イニングづつのリレーで
1点差から広げられずに踏ん張る。

9回に大学代表は3番手の加嶋を攻めて1死二三塁。
ここでワイルドピッチで同点となりランナー三塁。
途中出場の吉田にタイムリーが出て大学代表が3-2と逆転。
Yoshida

9回裏は津森が締めて大学代表の勝利。

大学代表の練習として10回がタイブレークとして行われた。
普段社会人野球で見慣れている1死満塁では無く
無死一二塁からのスタート。

表の大学代表は2番の長沢から
長沢のバントを一塁の服部が弾いて無死満塁。
大平は凡退したものの途中から4番に入っている岩見
右中間の2点タイムリーツーベースで5-2
Iwami

裏の東芝は4番の金子が送り1死二三塁
ワイルドピッチで1点取ったものの後が続かず
トータルでは5-3で大学代表の勝利。
http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20170709_2.html

そんなに大学野球をよく観る訳じゃ無いので
今回の大学代表は知らない選手だらけ。

そんな中今日観て気になったのはショートの宮本
バッティングフォームがかなり沈み込んで構える。
足に負担が掛かりそうだけど好きなフォーム。
Miyamoto

ピッチャーでは日体大の松本
以前から観たかったけど自分か首都大学リーグを観に行くと
登板が無くようやく観る事が出来た。
ガタイが良くフォームも力感がある。
Matsumoto

東芝で目立っていたのはショートの堀米
相変わらず守備では良い動きをみせていた。
Horimai

先発の柏原以外にも補強の山﨑(錬)渡邉が出場。
二人とも名前入りの練習試合用ユニフォームを着用。
大した金額じゃないけど、しっかりお金と手間を掛けている。
Yamasaki Watanabe

都市対抗出場が決まっているとはいえ会社が厳しいので
野球部の今後の活動も不透明な状況の東芝。
三塁側で観戦するとネットが無く臨場感のあり
観ていてテンションの上がるグラウンドだし
東芝総合グラウンドで来年以降もまた野球を観たいな。
012 003









|

« さよなら上大岡の星 | トップページ | 今年も始まった楽しい12日間 ~都市対抗 第2日~ »

17 生観戦 アマ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1097988/71092235

この記事へのトラックバック一覧です: ここでまた観戦したいな ~強化試合 東芝 vs 大学代表~:

« さよなら上大岡の星 | トップページ | 今年も始まった楽しい12日間 ~都市対抗 第2日~ »