« 一軍なのに見慣れた選手が活躍 ~交流戦 読売 vs ロッテ~ | トップページ | 試合時間が短く助かる ~大学野球選手権 第2日~ »

2019年6月10日 (月)

ドームのお蔭て無事観戦 ~大学野球選手権 第1日~

大学野球選手権を観に東京ドームへ
時間的に第一試合は間に合わず終盤に着いて
試合開始から観戦したのは第二試合から

佛教大 vs 八戸学院大

試合は2回に武岡のHRで八戸学院が先制
4回にも武岡が2打席連発の2ランHRで3点リード
Takeoka

八戸学院先発の大道が好投
8回までは無失点で抑えたが
9回にボテボテのピッチャーゴロを悪送球
その後フォアボール2つ出して1死満塁で降板
Ohmichi

2番手の中道が2アウトまで持ってきたが
松本のタイムリーで1点返し
吉村のフォアボールで押し出しで1点差八木のセンター前ヒット
逆転のランナーをキャッチャーが
ベースをふさいだコリジョンルール適応
Yagi

佛教が4-3でサヨナラ勝ち
まさか逆転するとは9回まで思わなかった
https://www.jubf.net/system/prog/game.php?m=pc&e=alljapan&s=2019&gid=7&gd=2019-06-10&gnd=2&vs=ZH1

逆転の原動力は5回から登板の2番手の木下
1安打無失点に抑えたのが大きい
Kinoshita_1

第三試合は東日本国際大 vs 愛知工業大
2回に田中の2ランHRで愛知工業が先制
Tanaka

4回にも打線が繋がり中井田中のタイムリー

2番手蒔田からも後藤の2点タイムリーで愛知工業がリードを広げる
パンフを観ると蒔田はリーグ戦では
防御率0.00だったので今季公式戦初失点だったかも
Makita

東日本国際はランナーを出しながら中盤まで得点できず
6回に片岡の犠飛で1点返した後鈴木の2点タイムリーで3点差
Suzuki_3

3点差まで来たが江川の内野安打で4点差

6回途中から登板の新村が無失点に抑え
Niimura

7-3で愛知工業の勝利
https://www.jubf.net/system/prog/game.php?m=pc&e=alljapan&s=2019&gid=8&gd=2019-06-10&gnd=3&vs=EA1

第四試合は大阪商業大 vs 日本文理大

初回安永のタイムリーで日本文理が先制
Yasunaga

3回川中の犠飛で大阪商業が追いつく
写真を観ると前足がボックスを出ているようにみえる
Kawanaka

その後は両先発の好投で無得点

9回ランナー三塁で曽根のボテボテのセカンドゴロ
須賀がグラブトスしたが間に合わず
タイムリーヒットになり大阪商業がリード
Img_2748

9回も抑えた大阪商業が2-1で勝利
https://www.jubf.net/system/prog/game.php?m=pc&e=alljapan&s=2019&gid=9&gd=2019-06-10&gnd=4&vs=SB1

大西が完投勝利
パワーピッチャーっぽいのフォームだったけど変化球が多めだった
Ohnishi

負けた日本文理も長身サイドスローの藤野が完投
日本文理はマシンガン継投のイメージが強いので
まさか完投を観るとは思わなかった

雨が降ったので神宮球場の試合は中止だったが
もともと東京ドームでの観戦を考えていたので
個人的影響はあまりなかった
普段はあまり好きではないドーム観戦だけどやっぱり雨の日は助かる。

 

|

« 一軍なのに見慣れた選手が活躍 ~交流戦 読売 vs ロッテ~ | トップページ | 試合時間が短く助かる ~大学野球選手権 第2日~ »

19 生観戦 アマ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一軍なのに見慣れた選手が活躍 ~交流戦 読売 vs ロッテ~ | トップページ | 試合時間が短く助かる ~大学野球選手権 第2日~ »