« もう観戦4日目 ~都市対抗 第5日~ | トップページ | 7割位は観たチーム ~都市対抗 第8日~ »

2019年7月19日 (金)

JRは1勝2敗 ~都市対抗 第7日~

大会7日目は3試合ともJRのチームが出場
今は別会社扱いで1回戦でも対戦の可能性がある筈だけど
上手くばらけたようだ

第一試合はNTT西日本 vsJR九州

初回JR九州にミスが続く先頭をサードエラーで出塁を許し
ヒットで無死一三塁になってから
レフトフライを東向が見失いヒットとなりNTT西日本が先制
次の右中間のフライもセンターの犬塚が見失いヒットで満塁

気落ちした訳では無いだろうが先発吉田が押し出しで2点目
更に中村の犠飛でこの回3点

JR九州は4回に連続フォアボールの後
東向の2点タイムリーツーベースで1点差
Higashimukai

点差は詰められれたがNTT西日本先発の大江
その後も抑え6回途中2失点のまずまずのピッチング
Ohe

JR九州2番手の井上が3回から好投していたので
どうなるかとは思ったが5回山田のHRで2点差

HRは打たれたが井上は6回2安打
奪三振も10個の好投で試合を壊さなかった
Inoue

リリーフ陣が終盤無失点に抑えたNTT西日本が4-2で勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10000/25374.html

最後に投げた吉元は最近流行に反するように
ズボンの裾も膝まで上げないしストッキングをズボンの上にもしない
2000年代前半のような着こなしだった
Yoshimoto

第二試合はJR四国 vs 三菱重工神戸高砂

初回北尾のタイムリーでJR四国が先制
Kitao

その裏津野のタイムリーで同点
3回と4回に水野北尾のHRで再びJR四国がリード

守安は初戦なのに5回で交代とらしくなかった
それでも2番手の栗山が好投で試合を作る
Kuriyama

リードしたJR四国だけど6回に連打を打たれ所で谷川は交代
ここまでまずまずのピッチングだった
Tanikawa

次の平山から那賀の3ランHRが出て三菱重工が逆転
Naka

7回にも三菱重工打線は繋がり根来のタイムリーで1点追加点した後
那賀のこの日2本目となる満塁HRでこの回5点

このまま9-3で三菱重工の勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10000/25375.html

終盤点差はついたがJR四国も良いチームだった
あとJR四国と言えば “ すまいるえきちゃん ”
球場にも来ていたし配られたマフラータオルも
デザインが すまいるえきちゃん だった
間違いなく今大会一番の応援グッズだろう
Img_443007_26-005

第三試合はヤマハ vs JR東日本

ヤマハ先発のナテルが素晴らしい出来
チャンスはヤマハに多かったが5回まで共に無得点
6回に前野の犠飛でヤマハが先制

6回まで無失点に抑えたナテルが7回にピンチを作って交代
前の回まではほぼ完璧な出来たったのに
何で得点が入ると試合が動くんだろう?
Natel

2番手九谷でも流れを止められず丸子のタイムリーで同点
Maruko
3番手堀田から代打の柴田(
紘)の2点タイムリー
代打柴田(紘) と告げられても誰?と思ったが
東京国際大時代に16年に一度観ていた
Shibata-kShibata-k-2

更に長谷川の走者一掃のタイムリースリーベースが出て
この回5点次の回に丸子2ランHRも出て完全に決まった

7-1でJR東日本の勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10000/25376.html

負けたヤマハの最後に投げたのは西濃から補強の小久保
大学時代から観たかったので観れたのは良かった
Kokubo

JR3連敗の可能性もあったけど三戦目で東日本が食い止めた
お蔭でヤマハに決勝進出の予想をしていたんので
決勝進出チーム予想は今年も見事に外れる事になってしまった。

 

|

« もう観戦4日目 ~都市対抗 第5日~ | トップページ | 7割位は観たチーム ~都市対抗 第8日~ »

19 生観戦 アマ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もう観戦4日目 ~都市対抗 第5日~ | トップページ | 7割位は観たチーム ~都市対抗 第8日~ »