野球場 2(北関東)

2017年4月14日 (金)

日立製作所会瀬球場 ~JABA日立市長杯 第1日~

今日は有給を使い日立市長杯を観戦に日立へ
出来れば3試合とも観戦したいのに
第一試合が8時30分開始なので
家から公共交通機関では間に合わない。
なので関東地方なのに前泊してみた。

日立市民球場は一度観戦しているので
今回は会瀬球場で観戦。
会瀬球場は日立製作所のグラウンド

グラウンドは内野が土で外野が天然芝。
両翼100Mセンター122M
HPによると東京ドームを意識してこのサイズだそうだ。
Ip002

席は多くは無いけれど長椅子がある。
ただ段差が無いのでどの席でも低いネットが邪魔になる。
Ip014 Ip003

センターレフトよりにあるスコアボードは名前の無いシンプルなタイプ
何故か日本国旗が縦長に掲揚されていた。
Img_9679

アクセスとしては日立電鉄バスで 平和台行
または 平和台霊園行 で約10分らしいけど
往きも帰りも歩いたので実際は不明。
歩きも寄り道したの駅までの最短距離ではないけど
おそらく30分掛からない位だと思う。

第一試合は三菱自動車岡崎 vs 日立製作所
地元だけあって平日の午前中の試合なのに結構入っている。
Img_9629

それと日立は創部100周年のエンブレムがヘルメットと袖に付いていた。
Img_9750 Img_9599

試合は3回福永のタイムリーツーベースで三菱が先制。
Fukunaga

4回に日立は岡崎がレフトにタイムリーツーベースで同点
(日立の)岡崎が(三菱自動車)岡崎から打った。
Okazaki

日立先発の猿川は7回で1失点で降板。
序盤は良い当たりを打たれたり コントロールに苦しんだりだったけど
全体的にはまずまずだった。
Sarukawa

一方三菱先発の山本は8回に1死一二塁で降板。
ランナーを出しながらここまで踏ん張った印象。
Yamamoto

山下の後の宮尾が日立が押し出しで2-1
球数も100球を越したし山下を代えたのは仕方ないけど
2番手の宮尾がストライクが入らないのは誤算だった。

2番手鈴木が9回の3者連続を含む
2回で4奪三振のパーフェクトリリーフ
Suzuki

2-1で日立の勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40009/19762.html

第二試合はTDK vs 明治安田生命
明安は関東のチームなので時々観る事はあるけれど
TDKを観るのは久しぶり。前回観たのはDeNAとのプロアマで
西武に入った豊田が高森のピッチャーライナーを受け
救急車で搬送された2011年以来。

この試合も投手戦。
TDK先発はジェイプロジェクトから移籍の中野
以前観た時もJR東海の補強だったので
ジェイプロジェクトのユニフォームでの登板は観る機会が無かった。
コントロールを乱す場面はあるもの踏ん張る。

そんな中野の好投に答えTDKは4回
佐藤(弘)のスクイズで先制。
Satoh_h

その後小川にもタイムリーが出て2-0
Ogawa

このままTDKの勝利かと思った8回
明安はエラーから作ったチャンスで加藤のタイムリーで2-1
Katoh

さらに増野の2点タイムリー3-2と逆転
Masino

8回まで好投した古田の後9回は小林が締めて明安が3-2と逆転勝ちhttp://www.jaba.or.jp/score_book/4/40009/19766.html

負けだけど中野は8回3失点 エラーの後失点なので自責点は無いはず。
四死球は5個と少なくないけれど5回道端に打たれるまで
ノーヒットピッチング。これが本来の中野なのかも。
Nakano

第三試合は宮崎梅田学園 vs JX-ENEOS
今回の観戦のメインイベントは梅田学園を観る事
梅田学園は宮崎にある自動車学校
まだ都市対抗も日本選手権にも出場は無い

ユニフォームも特徴的で胸の文字はひらがなで
左袖に交通安全の文字がある。
Img_0194 Img_0196

判官贔屓で梅田学園に頑張ってもらいたいが
流石にエネオスでは厳しいかと思ったけど
序盤は梅田学園先発の左のサイドスローが踏ん張る。

一巡した3回に塩見の2ランHRで先制。
この大会はHRを打つと常陸牛を使ったカレーが貰えるそうだ。
Shiomi

この回山﨑(錬)にもタイムリーでエネオスが3-0

は6回渡邉にタイムリーを打たれこの回で降板。
4失点はしたものの林の好投があって試合になっていた。
Hayashi

降板後2番手吉木から7回須藤2ランHRで6点目。
すどう ではなく “すとう ” と濁らないそうだ。
Sutoh

この後ランナー二塁で登板の古市がフォアボール連発で
山崎(珠)押し出しで7-0

6回まで齋藤が無失点。
7回裏は左澤が抑えエネオスがコールド勝ち。
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40009/19768.html

帰りに行く前から気になっていたモーター最中もゲットできたし
満開の桜も観れたし野球以外でも良い旅だった。
001 023

日立製先所会瀬球場
〒317-0076 茨城県日立市会瀬町4-2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月17日 (土)

たつのこスタジアム ~東京新大学 第3週~

先週と同じく今日の観戦も大学野球。
たつのこスタジアムへ東京新大学野球観戦。
Ip002

たつのこスタジアムは茨城県龍ケ崎市にある球場。
最寄り駅は佐貫駅。そこからバス。

球場に一番近いバス停は佐貫駅4番のりばから出ている
総合運動公園行きだけどあまり本数が無い。
ただ3番のりばから白羽1丁目行きのさんさん館で降りると
バスで30分位に歩いて10分位で着いてバスの本数も増える。

総合運動公園なので野球場だけでなく体育館や陸上競技場がある。
帰りのバスはたつのこフィールドで行なわれた
サッカーと終了が重なったので先週の中井中央程ではないけれど
帰りのバスは混んでいた。

球場は内野が土で外野が天然芝。
サイズは両翼100Mセンター123Mとかなり広い。 
今日試合のある流通経済大の広告もセンターレフト寄りにある。
Ip005 Img_2452

スコアボードは電光でヒットやエラーの数も表示され
無いのは球速表示位。
Img_2341
あと今日の第一試合は何故か共栄の投手が表示されなかった。
Img_2351 Img_2406

照明塔もあるけれど今日は2試合だけなので照明は使っていない。

スタンドは屋根なしのこじんまりとしたサイズ。
ネットが低く個人的には好きな球場。

その他の特徴としては球場外に
飛田穂洲の文字と思われるボール型の石碑がある。
流石茨城という印象。
Ip003

東京新大学は初めて観戦。
これで関東の大学リーグで未観戦は千葉だけになった。

第一試合は共栄大 vs 創価大
創価は大学選手権や神宮大会で見ているけど
共栄は初見。春の優勝校らしい。

先制したのは創価で初回フォアボールでたまったランナーを
のタイムリーツーベースで2-0
今日のは5打数3安打の活躍。
Minami

更に西田にもタイムリーツーベースが出て3-0
Nishida

田中はランナーを出す場面もあり
完璧とは言えないものの5回まで無失点。

6回に疲れが出たのか先頭打者をストレートのフォアボールを出し
2死二塁から平野にタイムリーが出て1-3
この試合平野は3安打。田中の速球に力負けしていなかった。
Hirano

結構田中はこの回で降板。6回3安打1失点三振7

今日観て気になったのは投球後やたら叫ぶ事。
今まで何度か田中の登板も観たけど淡々と投げている印象だったのに
今日は三振を奪った場面じゃなくても叫んでいた。
チョットやり過ぎて相手を罵っているように見える程。
Tanaka

創価は9回に追加点。1アウト二塁でライトフライ。
ライトからサードへの送球を後逸しランナーの宮武が生還し4-1
共栄的には非常に勿体無い1点だった。

試合は4-1で創価の勝利。
http://new-tokyo-bbl.com/game/detail.html?gid=138

田中をリリーフした池田は3回を2安打無失点。
創価高時代に東京都選抜でアメリカ遠征前に
東都大学選抜との壮行試合でちょっとだけ観て以来。
Ikeda_1 Ikeda_2
球速は判らないけど田中に負けない
威力のありそうなボールを投げていた。
こちらもドラフト候補らしいので観れて良かった。

共栄は先発の清水が4回2/3で3失点。
春の優勝に大きく貢献したようだけど今日は立ち上がりが悪すぎた。

2番手の日高は3回2/3を1失点。
清水が残したランナーを返さず失点も9回の1点なので自責点0の筈。
腕が下がっているので左打者は特に打ちにくそうだった。
Hidaka

第二試合は東京国際大 vs 流通経済大
東京国際は初見。
流経は10年の横浜市長杯で一度観て以来。
当然今のメンバーは観た事が無い。

試合は3回に国際が先制。
3回の2死まで流経先発の川崎に抑えられていたけれど
鈴木(雄)の弱い当たりがショート内野安打となり
盗塁で二塁進塁後宮内にライトオーバーのスリーベースが出て1-0
Miyauchi

塩澤にもセンター前の軽打で2-0

その後お互い得点は入らず。

試合が動いたのは7回裏
国際は2死一塁でセンター後方のフライを
流経の高橋が追い付いたのに落球。
一塁ランナー今井が生還し3-0
どちらにも大きな1点が入った。

試合は国際が3-0で勝利。
http://new-tokyo-bbl.com/game/detail.html?gid=139

立ち上がり不安定だった国際先発の吉野
ランナーを出しながら失点は許さず。結局完封。
フォアボールを出さなかったので
味方に攻守に良いリズムを作れたかも。
Yoshino

流経先発の川崎も完投。こちらも無四球。
序盤は完全試合やノーヒットも期待出来る程だったのが負け投手。
打線の援護がなく残念な結果となった。
Kawasaki

試合の動きが少なく気になる選手は多くないけれど
その中で気になったのは国際のキャッチャーの柴田
強肩で盗塁阻止が1つ。ただバッティングはイマイチでノーヒット。
エラーとなったセンターフライはだいぶ飛んだのがプラスな位だった。
Shibata

流経では4番の笹田がサイズもあり力強くバッティングをしていた。
初回に1本ヒットは出たものの後は残念な結果だった。
Sasada

流経の生田目は登板なし。田中池田目当てと思われるスカウトも
第二試合で生田目登板の可能性が有るからなのか残っていた。
それとも他にもどちらかのチームに隠し玉候補が居たのかな?

たつのこスタジアム
〒301-0853 茨城県龍ケ崎市松ケ丘2-16-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 7日 (土)

白鷗球場 ~関甲新大学 第6節~

昨日西武ドームから帰ったのが0時過ぎだったので
今日の観戦をやめようかと思ったけど予定通りに今日も野球観戦。

今日の観戦は大学野球で関甲新リーグ
球場は新規開拓で白鷗球場。
002 001_2

白鷗球場は白鷗大学の施設でアクセスは小山駅から徒歩30分
連盟のHPを観ると小山駅からコミニティバスも走っているようだけど
バス停から球場まで15分位歩くそうだし
ちょうどいい時間に走って無かったので今回は利用しなかった。

両翼98Mセンター122Mで内外野とも人工芝。
003 004

バックネット後方にあるスタンドには屋根が付いていて
今日のように日差しの強い晴れた日は日除けになって助かる。

スコアボードは名前の表示は出来ないものの
打順を表示ライトがあり大学の施設としては申し分ない。
005

しいて残念な所を言えばスピーカーの音量が小さくアナウンスが聞こえづらい。
特に名鑑に写真で出てない選手が途中出場の時は
誰が出ているのか判らず下の記事の選手名は違っている可能性もあり。

第一試合は新潟医療福祉大 vs 白鷗大
球場も目当てだけど新潟医療福祉大の笠原
評判の良い投手なので観たかった。
実際観たかったのは自分だけで無く
スカウトやアマチュア野球のライターや新聞記者の人達もかなりいた。

試合は3回白鷗の4番大山タイムリーで先制。
大山はバッティングだけで無く守備でも
三遊間の難しい打球をアウトにするなど攻守で活躍していた。
Ohyama

5番龍(昇)にもタイムリーが出て2-0と白鷗がリードを広げる。

笠原
は5回で降板し6安打2失点で奪三振6。
スライダーが良いようで左打者にも
インコースのスライダーで三振を奪っていた。
序盤はコントロールがイマイチで中盤から
良くなってきた所での降板だったのでもう少し観たかった。
Kasahara

白鷗先発の大出は笠原以上の出来。
7回までは1安打ピッチング。
テンポが良く新潟医療打線につけいる隙を与えない好投。
Ohide

大出が完封ペースの8回に新潟医療は代打攻勢でチャンスを広げ
坂巻の犠飛が出て1点差。
更に水石に2ランHRが出て3-2と逆転。
Mizuishi

笠原の後佐藤(悠)漆原が2イニングづつ無失点に抑え
新潟医療福祉大が3-2で逆転勝利。
とにかくすごい試合だった。

白鷗は3番DHで大下が出場。13年の関東春季大会
昨日観た西武の髙橋光成から4安打を観ていた。
今日も2安打と相変わらずよく打つ。
Ohshita

第二試合は関東学園大学 vs 平成国際大

試合が動いたのは4回で平成国際の狩野のHRで1-0
Karino

その裏代打秋山(正)のタイムリーで同点。
6回にも秋山(正)がタイムリースリーベースで関東学園が逆転。
途中出場で2打数2安打2打点の活躍だった。
Akiyama

7回に茂木の犠飛で同点となったものの
裏の攻撃でか上野のタイムリースリーベースで再度関東学園がリード。

写真を撮り忘れたけど上野はホンダの多幡や東芝の金子のように
打席ごとにホームベースをバットで強く打つルーティーンを行っていた。

8回にも武藤の犠飛で4-2となり関東学園の勝利

関東学園先発の新保は8回2失点。
途中崩れそうな場面もあったけど持ち直した。
Niibo

今日はここ以外でも首都大学@川口や東京新大学@たつのこ など
大学野球で気になる球場がいろいろある中
関甲新を選んで間違いは無かった。

あと折角遠出したので何か栃木っぽいものを食べたいと思って
帰りに小山駅で購入したイモフライは美味かった。
006

白鷗球場
〒323-0005 栃木県小山市渋井688-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月24日 (日)

牛久運動公園野球場 〜イースタン ロッテ vs DeNA〜

今日はイースタン観戦で茨城県の牛久へ
当初は出勤予定だったのが変更になり休めたので観戦決行。

牛久運動公園野球場は両翼100Mでセンター122M
内野が土で外野が天然芝。
Imgp6921 Imgp6916

アクセスはひたち野うしく駅から徒歩20分。
牛久駅からもコミュニティバスがあるらしい。

スコアボードは電光でカラー表示も出来るしスピードガン表示もある。
今日は 元ロッテの山本功児さんを偲んで
スコアボード上の旗は半旗になっていた。
Img_6655 Img_6803

残念な特徴として球場内にトイレが無い。
内野エリア指定で観戦したけれどトイレに行くには
一旦球場外に出て公園内にあるトイレを使う為
グランド整備のインターバル中にトイレに行っても
試合再開時に戻って来れない。

試合はロッテ vs DeNA
初めてDeNAのビジターを生で観た。帽子のマーク以外は悪くない印象。
Imgp6922

先発はDeNAが飯塚。ロッテが関谷
飯塚は初めて観る。去年は自分自身観戦があまり出来ない時期があったし
飯塚もシーズン途中手術で離脱したので観る機会が無かった。

関谷は大学社会人時代は観ているもののプロ入り後は初。
楽しみなマッチアップ。

DeNAは初回宮﨑がタイムリーヒットで先制。
2回にも白崎への押し出しデットボールで2-0
更に3回にも渡邊(雄)の犠飛で3-0とリードを広げる。

関谷は7回8安打3失点。
初回柔らかいマウンドが多い地方球場の影響なのか
足を痛めたもののその後は問題無く投げていた。
Sekiya

DeNA先発の飯塚は3回まで失点はなかったものの
4回5回に大松大嶺(翔)にソロHRを打たれ
6回に青松の犠飛で3-3の同点。
Aomatsu

飯塚は6回6安打3失点。 3点差を守れなかったのは残念だけど
ヒットも多く打たれたり特別良かった訳ではないが試合をつくった。
Iizuka

同点の8回にヒットとフォアボールで1アウト一二塁のチャンスに
4番宮﨑のタイムリーで逆転。この日2安打2打点の宮﨑
出来ればこの活躍を一軍でも観たい。
Miyazaki

9回はドラフト2位の熊原が登板。 こちらも飯塚同様初見。
噂通りダイナミックなフォームだった。
Kumabara

フォアボール1個出したものの1回を無失点で抑え4-3でDeNAの勝利。
http://npb.jp/bis/2016/games/fs2016042401067.html

勝ち投手は茨城出身で凱旋登板となった大原
Ohhara

ロッテではドラフト1位の平沢が6番ショートでスタメン
ヒットは1本だけど打ったのはライトオーバー。
見た目以上に飛距離が出る。流石ドラフト1位。
Hirasawa

家を出る時は雨も降っていたし寒かったし天候が不安だったけど
球場に着く頃は雨もやんで暑い位だった。

上野東京ラインのおかげで乗り換えも
1回分少なくて済むようになって少し楽になった。
まだ茨城は日程が合えば観戦を考えている球場があるので
また常磐線を乗る機会があるかな?

牛久運動公園野球場
〒300-1203 茨城県牛久市下根町1400

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

前橋市民球場 ~独立リーグ グランドチャンピオンシップ第4戦~

上武大で観戦した後は前橋市民球場で
独立リーグのBCリーグの優勝チームと
四国アイランドリーグの優勝チームが対戦する
グランドチャンピオンシップを観戦。
Imgp6217

前橋市民球場は両翼91Mセンターが122Mで内野が土で外野が天然芝。
フェンスが低く見易いものの照明は有るもののやや暗い。
Imgp6220 Imgp6224

スコアボードは横長な形で電光。
審判の表示まであるけれど選手名は漢字で2文字カタカナで4文字まで
あまりBCリーグに詳しくない自分は途中まで井野口を井野だと思っていた。
あとヒット数やエラー数は表示も無い。
Img_9286 Img_9269

今回は車でしかも上武大からの移動だったので往きの時間帯は不明だけど
帰りは北関東自動車道まで10分位だった。
公共交通のアクセスとしては公式によると前橋駅からバスで約30分位
一番近い駒形駅から歩くと1時間位掛かるらしい。

新規の球場開拓としてBCリーグのリーグチャンピオンシップでも
群馬が前橋市民球場をつかっていたのでその時も観戦を考えた。
ただ昼間はバスがあるもののナイターだと
試合終了時間にはバスが走っていない。
BCリーグ1試合の為に高速を乗って行くのが決断できずその時は断念。

今回は関甲新と合わせれば1日に最大4試合の観戦なので
だいぶ決断しやすくなった。

上武大から30分位で試合開始10分前には到着出来
試合開始から観戦出来てとりあえずホッとした。

群馬は一昨年にDeNAとの交流戦で1度観ているけど入れ替わりもあるし
徳島というか四国アイランドリーグのチームを観るのが初なので
正直判る選手は元プロ野球の選手位。

初回徳島は1アウト満塁のチャンスをつくりながらダブルプレーで得点ならず。

一方群馬は徳島先発の入野は3回までパーフェクトに抑えられ
4回に2アウトからカラバイヨがライトに初ヒット。

名前は聞いた事もあったけど観た事が無かったカラバイヨ
体型と凄い数のHRなので振り回すタイプかと思っていたけど
4回のヒットは強振せずライトに軽打。
こんなバッティングも出来るから打率も残せるんだろう。
Caraballo

徳島がランナーを出しながら得点が出来ない間に
群馬先発の町田も立ち直り投手戦。

先制したの群馬で5回に茂原に2ランHRが出て2-0。
Mohara

群馬が先制したものの6回にフォアボールとフィルダースチョイスで
1アウト一二塁の場面で松嶋のセカンドゴロを茂原のエラーで2-1。
更に小林の2点タイムリーツーベースが出て2-3と徳島が逆転。
Kobayashi

7回にも1アウト二塁で増田のライト前ヒットで
二塁ランナーが生還し2-4で徳島のリードを広げ
ヒットの打球処理でカラバイヨが後逸しバッターランナーの増田も三塁進塁。
ここで町田は降板。2番手の山崎大谷にタイムリー内野安打を打たれて2-5。
公式記録は内野安打だったけど個人的にはセカンドのエラーだと思う。

群馬先発の町田は6回1/3で5失点。自責は1か0だと思うので
好投ともいえる数字だけどエラーの後などはスタンドからで判る程
露骨に態度に出るなどメンタルはあたり強いとは言えないのかも。
Machida

一方徳島先発の入野は9回4安打2失点で完投。
速球と縦の変化球(フォーク?)が良い。
個人的にはこの試合のMVPがあれば入野だと思う。
Irino

最終スコアはそのまま2-5で徳島の勝ち。

これで徳島が2勝でグラントチャンピオンシップ優勝へ王手。
日本一が掛かる試合なのに
あまり緊張感の感じられない雑なプレーも多かった。
選手にとってこの試合はそれ程モチベーションは高くないのかな?

それと応援団の相手へのヤジは残念。
観客数が多いとは言えない球場ではよく響く。
味方の応援はともかく相手へのヤジは観戦していてあまりいい気分ではない。
たった1試合しか観てないで言うのはどうかと思うけど
応援団がチームやリーグの印象悪くし足を引っ張っている。

上武大と合わせて4試合の観戦出来たし
群馬県の新規球場を2つ増えて4つ。
群馬県のメイン球場の敷島もまだだしまだ群馬の球場を観る機会はある。
圏央道が東名とつながり車でのアクセスは良くなったけど
球場でお酒が飲めないのはつらいのでやっぱり電車で行きたいな。

前橋市民球場
〒379-2107 群馬県前橋市荒口町437-2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上武大学野球場 ~関甲新大学 第5節~

今日は関甲新大学の観戦に群馬へ。
元々他に観戦を考えていた所がありそこに近い球場で探したら
関甲新大学の上武大学野球場での試合があった。
上武大学野球場は群馬県伊勢崎市の上武大学構内にある。
Imgp6210 Imgp6214

公共交通で行けば本庄駅などからバス。
今回は車だったので関越道の本庄児玉から来た。
たぶん距離的には北関東自動車道の駒込の方が近いらしい。

球場は両翼95Mセンター120M。内外野とも人工芝だけど
内野はハイテクで外野芝目が短い昔の人工芝っぽい。
ファールグラウンドも広め。
Imgp6216 Imgp6215

スコアボードは名前の表示の無いシンプルなもの。
時計も公式記録の表示が無い。
公式記録表示が無いのはスコアをつける自分には少し困る。
照明塔もあり今日の第3試合は照明も点けての試合となった。
Img_8942 Img_8944

関甲新連盟は今季から栃木・埼玉・茨城地区 群馬・新潟地区 
山梨・長野地区の3地区で予選を行い勝ちあがったチームで
決勝リーグを行いうように変更になった。
決勝リーグは先週から始まり予選からトータルでは第5節という事になる。

第一試合は山梨学院大 vs 上武大
山梨学院大は春の優勝チーム。上武大は全国制覇も果たしている強豪対決。
今日は共に上が紺色のユニフォームでパッと見判りずらい。
Img_9067

試合は上武大が3回4番長澤タイムリーで1-0と先制。
Nagasawa

4回にも渕上鳥巣タイムリーが出て3-0とリードを広げる。
Fuchikami Torisu

投げては先発の鈴木が6回を無失点の好投。
Suzuki

そのあと投げた宮川上原も無失点に抑えて3-0で上武大の勝利。

あまり良い所がなかった山梨学院は2番手で投げた諸見里が4回2/3を無失点。
先発の桃原が4回持たずに降板していた後を好投し試合を壊さなかった。
Moromizato

諸見里桃原も沖縄の高校出身。
他にも沖縄出身者が山梨学院にいるしルートがあるのかな?

第二試合は常磐大 vs 関東学園大
常磐大は去年の秋に一度観ているものの関東学園は初。

序盤は両先発の好投で投手戦。
5回に高塚のタイムリーツーベースで常磐大が2点先制。
Takatsuka
更に木村(将)にもタイムリーが出て3-0とリードを広げる。

6回に関東学園は常磐大先発の吉田のワイルドピッチで3-1。
右打者の諏訪の背中後ろを力の無いゴロのような投球でのワイルドピッチで
うまく握れないで投げたのかも。

1点返された常磐大は7回に9番の木村(将)のタイムリーで1点追加。
Kimura_m
坂本の内野ゴロの間にも1点入れて5-1。

8回に関東学園が反撃で3連打で満塁。
森田のライト線へのタイムリーツーベースで2点追加し5-3の2点差。
Morita

2点差まで点差を縮めたもののその裏に
パスボールで追加点を挙げた常磐大が6-3で勝利。

常磐大先発の吉田は完投勝利。
3失点はしたものの8回以外は安定感のあるピッチングだった。
Yoshida

第三試合は平成国際大 vs 白鷗大
平成国際大は初見。ユニフォームがBOSのオルタネイト風。
白鷗大も去年の秋に対常磐大戦を観ている。

平成国際の先発佐野は今年のドラフト候補らしい。
昨日も完投したのに今日も先発。
成績を観るとほぼひとりで投げているようだ。

先制したのは平成国際で今川の2点タイムリーで2-0。
Imagawa

ここで白鷗大はピッチャー交代。
先発の塚田はわずか打者5人での降板。アウトは犠打だけだった。

白鷗大2番手の今村佐野の好投で締まった試合展開。

4回に白鷗大4番の大山のHRで2-1。
3ボール0ストライクから3ボール2ストライクとなった後
フォアボールを嫌がり甘くなった所を逃さなかった。
Ohyama

6回に代打神崎の押し出しと土屋の犠飛で2点追加し
平成国際が4-1とリードを広げる。

神崎を押し出しで失点した後で白鷗大は3番手の福田が登板。
トルネード投法で土屋の犠飛の後は8連続三振で
打者9人をパーフェクトに抑える快投。
Fukuda

福田の好投で味方の反撃を呼び込みたかったけど打線は沈黙。
佐野大山のHRの1点に抑え4-1で平成国際の勝利。

佐野はコントロールがアバウトな印象はあったけど
左打者のインコースに変化球を投げ込み踏む込ませないようにしていた。
思っているよりコントロールの良い投手なのかも。
Sano

次の予定があったので第三試合終盤の好投で
試合時間が短くなったのは助かった。

今日試合をしていたチームの上位3チームは横浜スタジアムで行われる
明治神宮大会の予選を兼ねる関東地区選手権に出場するけれど
平日なのでたぶん観戦は出来ない。
本戦の明治神宮大会で観る可能性はあるけど
確実に観る事が出来る今日来ておいてホントに良かった。

上武大学野球場
〒372‐0826 群馬県伊勢崎市戸谷塚634-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

足利球場 ~JABA足利大会~

今日は栃木県の足利にJABA足利大会の観戦。
大会自体は毎年行われているけど
今年は55回の記念大会で企業チームが多く出る。
プチ遠征の距離だけど強豪チームが出る方が観戦の決断がし易い。

会場の足利球場は両翼98Mセンター122M
内野が土で外野が天然芝。芝は禿げている部分もある。
Imgp5934 Imgp5933

スコアボードはかなり古いもののカウントはBSOになっていて
今日は選手名の表示は無かったものの表示スペースはある。
Img_8222

第一試合は新日鐵住金かずさマジック vs 新日鐵住金鹿島 の同一企業対決。
ただ かずさ は元新日鐵で 鹿島 は元住金だから微妙に違う気はする。

かずさ は去年の日本選手権優勝チーム
左袖にダイヤモンドエンブレムが付いている。
Img_8223

中盤までは投手戦。6回に鹿島が高畠のタイムリーツーベースで先制。
7回にも堀越の2ランスリーベースと高畠のタイムリーで3点追加。
4番DHで出場の高畠はこの試合3安打の活躍。
Takabatake

投げては石崎が完封。ヒットもエラーか微妙なのも含めて3本。
速球に威力があり完璧な内容だった。
Ishizaki

新日鐵住金対決は4-0で鹿島が勝利。
http://www.jaba.or.jp/score_book/5/50018/13118.html

打線ではほぼ良い所の無かった かずさ。
先発は国学院大出身の村松。以前より腕を下げたフォームで
コントロールに苦しむ場面はあったけど3回を投げて無失点。
予定通りの降板なんだろうけどもう少し観たかった。
Muramatsu

第二試合は全足利 vs 富士重工業。
大会の地元全足利が出場するこの試合はなかなかの入り。
それと全足利だけスコアボードのチーム名の色が赤い。
Img_8341

全足利には頑張って欲しいけど予想通り富士重工業が優勢な試合展開。
初回にバントヒットの日置が三塁まで進塁し4番の小杉のレフト前で先制。
Kosugi

5回に2死から3本のヒットと3個の四死球で4点入り
全足利先発の庭月野は降板。
4回1/3で5失点し降板とはなったけど
庭月野は企業チーム相手によく投げたと思う。
Niwatsukino

リリーフした中田から7回に唐谷のタイムリーで6点目。
8回に小杉の犧飛で7点目が入りコールド。
http://www.jaba.or.jp/score_book/5/50018/13119.html

富士重工業先発吉田は8回を投げて3安打11奪三振で無失点。
Yoshida

打線では唐谷が3打数2安打3打点活躍。
あまりバッティングの印象が無かったけどこんなに打つ選手だったっけ?
Karatani

決勝進出は共に三塁側のチーム。
第一試合に勝った鹿島が一塁側に移りユニフォームも変更。
ちゃんと用意しているんだ。
Img_8474

初回江藤のスリーベースに中倉犧飛で鹿島が先制。

6回富士重工業の船引タイムリーが出て同点。
だんだん少なくなった日産出身選手には何時までも頑張って欲しい。
Funabiki

富士重工業先発は桐蔭横浜大出身の小野
7回まで投げて失点は初回の1点だけ。
4回以外は毎回ランナーを出しながら粘りのピッチング。
Ono

9回に鹿島は中倉タイムリー代打堀越タイムリー
更に渡部2ランスリーベースが出てこの回一挙4点。

これで決まったと思ったらその裏ヒット2本とフォアボールで満塁。
ここで4番のに満塁HRが出て同点。
流石アマチュア日本代表でも4番を打つ強打者。
Hayashi

9回に打ち込まれ同点にはなったけど鹿島先発の山井は8回まで好投。
本当に惜しまれる9回のピッチングだった。
Yamai

延長になって11回表ランナー一塁で木村のライト前を
が後逸し一塁ランナーの中倉がホームイン。
DHで観る事が多いが珍しく守備に着いていると思ったら
やらかしてくれた。まあHRを打たなかったらエラーしなくて済んだのに…。

更に渡部の犧飛が出てこの回2点。
そのまま7-5で鹿島が優勝。
http://www.jaba.or.jp/score_book/5/50018/13120.html
今日の鹿島は投打に安定感があり強かった。
Img_8676

延長戦だった事あり朝から夕方までの観戦で観光は無し。
ただ今回足利まで来て初めて知った事があった。
足利球場の最寄駅足利駅の走る両毛線の車両は懐かしいカラーリング。
それだけでなく乗り降りの際に扉を手動で開ける。
出発の際は自動で閉まるけどそんな電車があるなんて知らなかった。
Imgp5928 Imgp5944

足利球場
〒326-0066 栃木県足利市田所町1123

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

水戸市民球場 ~関東秋季大会 1回戦~

当初の予定通り水戸市民球場へ。
水戸市民球場は水戸駅からバスで30分位。
バスの本数も少なくアクセスはイマイチ。

外観に特徴があり草(ツタ?)が絡まっている。
Imgp5790 Imgp5791

両翼が93Mセンター120Mと狭い。
まあ高校野球ならちょうど良いサイズかも。
内野が土で外野が天然芝。
Imgp5792

スコアボードは反転式。
カウントもBSOになっているので最近新しくしたのかも。
Img_5739

昨日が雨で中止となり日程が変更。土曜日のカードが順延となった。
第一試合は習志野 vs 常総学院。
名門校対決だけど四死球連発で締まりの無い試合。

初回常総はフォアボール3つにデッドボール1つでノーヒットで先制。
2回にもスリーベースで常総がチャンスをつくり
習志野は背番号10の佐藤か背番号1の川上へ投手交代。
今日の出来を観ると何の為のエース温存だったのかと思う。

1アウト後1番宇草がスクイズを決め常総が2点リード。

習志野は4回2アウト満塁で連続押し出しで同点。
6回に矢口の2点スリーベースで逆転。
7回に石澤のツーベースと押し出しで2点。
8回にも野中のツーベースと石澤のタイムリーで2点追加し8点。

石澤はこの試合4打数4安打の大活躍。
Ishizawa

常総は3回以降はチャンスをつくりながら得点出来ず。

8-2で習志野の勝利。
試合時間は高校野球にしては長めの約3時間ゲーム。
四死球が7個づつで14個も出していたらそうなるだろう。

第二試合は花咲徳栄 vs 白鴎大足利。
春季大会で観た白鴎を1年も経たないうちに観るとは思わなかった。

先制は白鴎。2回に2アウトから3連打で比嘉のタイムリーで先制。
更に周東のタイムリーでこの回2点。

その裏高杯のタイムリーで花咲が1点返す。

6回に白鴎が押し出しと大下の走者一掃のツーベースでこの回4点。
春季大会でも活躍していた大下は秋は4番になっていた。

この回攻撃で先発の比嘉に代打が出たので投手交代し2番手は木下。
体型からはとても投手には思えなかったけど力強そうなボールを投げていた。
イメージとしては高校時代の中田翔かな。
Ohshita

最後まで観たかったけど7回表まで観て帰宅。
この時点で6-1で白鴎が大きくリード。
ワンサイドだったのが家に帰ってみると6-5だった。
接戦だったし最後まで観てから帰れば良かったかな。

水戸市民球場
〒310-0913 茨城県水戸市見川町2256

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

小山球場 ~関甲新リーグ 第5節~

二軍は宮崎に行かないと観られないものの
大学野球や高校野球は秋季大会があり色々な所で行われている。
そんな中で選んだのは栃木県の小山球場での関甲新リーグ。

小山球場は水戸線の小田林駅から徒歩30分から40分位。
内野が土で外野が天然芝。両翼95Mセンター115Mとかなり狭い。
Imgp5779 Imgp5780

スコアボードは手書きで名前の表示は出来るようだけど
今日は選手名と審判名は表示されず。
それでも試合前にスタメン表を配布していたのでだいぶ助かった。
Img_5644

新規球場開拓が今日の観戦の目的ではあるものの
関甲新リーグも一度観たかった。

第一試合は作新学院大 vs 上武大。

作新学院大は日通のイシャーラの出身校としか知識が無い。
高校は強豪校だけど大学はどうなんだろう。
上武大はDeNAの井納や加賀に菊地など
多くの選手がプロ野球に所属していて
今年の日本選手権優勝し全国大会でも結果を残している。

選手権優勝校の上武大が強いのかと思っていたけど
初回フォアボールの目崎を4番の松崎のツーベースで作新学院大が先制。
松崎は4番キャッチャーでキャプテン。まさに大黒柱という事なんだろう。

上武大は作新学院大先発の斉藤の好投もあり4回まで無得点。
反撃は5回からで石川にHRが出て逆転。6回には7安打で7点。
7点取られても斉藤はこの回まで投げきった。
もう少し早くリリーフ投手を出しても良かったかも。

上武大先発の横田はヒットは打たれながらもテンポの良いピッチングで
7回を投げて失点は初回の1点だけ。流石春の最高殊勲選手。

試合は9-1で上武大の勝ち。

上武大で試合前から気になっていたのが
大学日本代表にも選らばれていた三木
4番サードで出場し4打数1安打。
てっきりショートだと思っていたけどサードなんだ。

第二試合は常磐大 vs 白鷗大。

常磐大はDeNAの大原や日ハムの矢貫
白鷗大はホンダの仲尾次オスカルなど共に数名の出身者を知っている位。

あまり知識の無い両チームだけど試合は中盤までシーソーゲーム。

白鷗大が3回にパスボールで先制するとその裏阿久津のタイムリーで同点。
4回に石井青山の連続タイムリーで常磐大が逆転。
5回に白鷗大が打者10人で4点挙げ再逆転。

ここから投手戦となり白鷗大先発の福田
常磐大2番手の滑川の好投でゼロ行進。

福田はイニング間もブルペンでかなり力を入れた投球練習。
数え間違えてなければ試合で9回途中まで126球投げていたから
ブルペンと合わせると200球位は全力で投げている。

9回表に1死二三塁の場面で登板した田村が抑えて5-3で白鴎大の勝ち。

途中で霧雨が降っていたようだけど屋根があり外に出るまで判らなかった。
逆に晴れてきた第二試合途中では日差しを正面に受けだいぶ眩しかったり。

第二試合の場内放送は滑舌が悪く今まで球場で聞いた中でも
一番聞き取りずらい放送で何を言っているかさっぱり判らなかった。
これまで気にした事も無かったけどアナウンスの能力も色々なんだな。

小山球場
〒323-0805 栃木県小山市大字向野187

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

栃木県営球場 ~高校野球 春季関東大会~

今日は始発電車に乗って栃木まで高校野球観戦。
当初は清原球場を考えていたけど電車だと新幹線を使用しなければ
清原球場の第一試合の試合開始に間に合わないので
もう一会場の栃木県営球場での観戦。
Imgp5351

清原球場は今大会の目玉選手松井の居る桐光学園が出るけど
松井は短いイニングだけど一度観ている。
これも県営球場を観戦に選んだ要因のひとつかな。

栃木県営球場は両翼98Mセンター122M。内野は土で外野は天然芝。
Imgp5353
スコアボードは電光。ヒットとエラーの合計は表示なし。
Img_8785
古い球場ではあるけれど公園の中にあり緑も多くネットも低く観戦しやすい。
Imgp5356
最寄り駅の西川田駅からも徒歩15分位と地方球場にしては
比較的アクセスが良いのもこの球場のプラス材料。

第一試合は桐蔭学園 vs 大田原。今日の観戦の何割かは
桐蔭のエース齊藤を観たいと思って県営球場を選んだのに
先発は背番号10の辻中。個人的には残念だったけど
その辻中はランナーを出しながら得点は許さず。
牽制は得意なのか2つ刺した。ただボークもあり紙一重かも。
Tsujinaka

大田原先発も1番ではなく9番の田村。
2回にワイルドピッチで失点。
その後もピンチを作りながらも中盤は踏ん張る。
7回に増田のツーベースて2点目を取られこの回で降板。
8回に打者としても犠飛で1打点の活躍。
Tamura

桐蔭は6回からは継投。しかし齊藤は登板せず。
齊藤を温存しようとしたのか9回も3番手の瀬古が続投。
無死一二塁のピンチとなりここで齊藤が登板。
Saitoh

最初の打者代打大島にヒットを打たれ無死満塁となってから
三者連続空振り三振で試合終了。2-1で桐蔭学園の勝利。
齊藤の登板はたった4人だけど凄さは堪能させてもらった。

第二試合は鷲宮 vs 東海大望洋。この試合も先発は背番号1ではない投手。
甲子園に直結しない春の大会は投手を温存しがち何だろう。

鷲宮の先発は背番号8の橋本で打順が1番。普段は1番センターなのかな?
1回裏にワイルドピッチと5番早川のヒットで望洋が2点先制。
この展開だとコールドも考えられた立ち上がりから立ち直り
その後は望洋打線を無失点に抑える。

望洋先発の背番号10の武内は変則フォーム。
一旦アンダースローのようなフォームからサイドのような位置まで上げて投げる。
5回を投げ7番塚本にタイムリーの1失点で降板。
Takeuchi_1 Takeuchi_2

6回から望洋は背番号1の山田が登板。
鷲宮もランナーが出ればバントで塁を進め同点を目指したものの
追加点は挙げられず2-1で東海大望洋の勝利。

第三試合は白鴎大足利 vs 前橋育英。
前橋育英の先発高橋(光)は187㎝と長身。
Takahashi_k
白鴎大の戸崎も179㎝と長身なのに大きく見えない。
Tosaki

1回裏に育英が4番荒井のタイムリーで先制。
観客席から聞こえる話から高橋(光)は評価高い投手のようなので
白鴎は得点するのが厳しいと思っていたら結構チャンスをつくる。

ようやく生かせたのは4回で6番大下のタイムリーで同点。
裏に7番田村のタイムリーで育英がリード。
6回に再び大下のタイムリーで同点。

木下はこの日4打数4安打の大活躍。
まだ1年生なのでまた何時か何処かで観る機会が有るかな?
Ohshita

7・8回と白鴎はチャンスをつくりながら
高橋(光)の好投に高橋(知)のファインプレーで得点を許さず。

8回裏に6番板垣のライト横のフライを
途中出場の神定がダイビングキャッチを試みたものの
ダイレクトキャッチ出来ずこれが決勝点となり前橋育英が3-2で勝利。
早起きしての遠出だったので第三試合は少し観て
帰ろうかと思ったけど帰らないで良かった。

今回の栃木県での観戦でようやく自分の住む関東地方は
すべての県で野球観戦する事が出来た。
往復ともあまり使いう機会が無い東武鉄道を利用。
折角なので帰りは特急に乗車。栃木も思ったほどは遠くないかな?
Imgp5360 Imgp5367

栃木県営球場
〒321-0152 栃木県宇都宮市西川田4-1-1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

07 生観戦 アマ野球 | 07 生観戦 二軍 | 07 AMATEUR野球 | 07 MLB | 07 NPB | 08 生観戦 MLB | 08 生観戦 その他 | 08 生観戦 アマ野球 | 08 生観戦 一軍 | 08 生観戦 二軍 | 08 AMATEUR野球 | 08 MLB | 08 NPB | 09 生観戦 アマ野球 | 09 生観戦 一軍 | 09 生観戦 二軍 | 09 生観戦 MLB | 09 生観戦 WBC | 09 AMATEUR野球 | 09 MLB | 09 NPB | 09 WBC | 10 生観戦 アマ野球 | 10 生観戦 一軍 | 10 生観戦 二軍 | 10 生観戦 独立リーグ | 10 AMATEUR野球 | 10 MLB | 10 NPB | 11 生観戦 アマ野球 | 11 生観戦 一軍 | 11 生観戦 二軍 | 11 AMATEUR野球 | 11 MLB | 11 NPB | 12 生観戦 アマ野球 | 12 生観戦 一軍 | 12 生観戦 二軍 | 12 生観戦 独立リーグ | 12 生観戦 MLB | 12 AMATEUR野球 | 12 MLB | 12 NPB | 13 生観戦 アマ野球 | 13 生観戦 一軍 | 13 生観戦 二軍 | 13 生観戦 WBC | 13 AMATEUR野球 | 13 MLB | 13 NPB | 13 WBC | 14 生観戦 アマ野球 | 14 生観戦 一軍 | 14 生観戦 二軍 | 14 生観戦 独立リーグ | 14 生観戦 MLB | 14 AMATEUR野球 | 14 BCリーグ | 14 MLB | 14 NPB | 15 生観戦 アマ野球 | 15 生観戦 プレミア12 | 15 生観戦 一軍 | 15 生観戦 二軍 | 15 AMATEUR野球 | 15 BCリーグ | 15 NPB | 16 生観戦 アマ野球 | 16 生観戦 一軍 | 16 生観戦 二軍 | 16 生観戦 独立リーグ | 16 AMATEUR野球 | 16 NPB | 17 生観戦 アマ野球 | 17 生観戦 一軍 | 17 生観戦 二軍 | 17 生観戦 WBC | 17 AMATEUR野球 | 17 NPB | サッカー | サッカーユニフォーム | 旅行・地域 | 日々の出来事 | 草野球 | 野球場 1(北海道・東北) | 野球場 2(北関東) | 野球場 3(埼玉) | 野球場 4(千葉) | 野球場 5(東京) | 野球場 6(神奈川) | 野球場 7(中部) | 野球場 8(関西) | 野球場 9(中国・四国) | 野球場 10(九州・沖縄) | 野球場 11(その他) | 野球観戦 まとめ