野球場 4(千葉)

2017年5月 7日 (日)

NTT東日本船橋グラウンド ~オープン戦 NTT東日本 vs Honda~

今日はNTT東日本船橋グラウンドへ。
NTT東日本船橋グラウンドはNTT東日本の練習場。

NTT東日本がHPにオープン戦を公表してないので
なかなか観戦の機会が今まで無かった。
002 016

内野が土で外野が天然芝
両翼92Mセンター122M
球場が狭いのでホームランが出にくいように
黄色いラインがだいぶ高い位置にある。
012 Img_5259

何故か内野のベース付近は人工芝の球場の
土と人工芝の境目のような場所に白線で囲ってあった。
Img_5123

スコアボートはバックスクリーンのレフト寄りにあり
電光で名前の表示は無し。
Img_5198 Img_5199

アクセスは新京成の前原駅から徒歩20分弱
東葉高速線の飯山満駅の方が近いらしいけど
乗り換えの都合上前原駅行ってみた。

球場少し手前に千葉病院前というバス停があり
調べると新京成バスで津田沼駅から出ているそうだ。

観戦カードはNTT東日本 vs Honda
今回は対戦相手のHondaのHPから試合を知った。

試合は初回山本のタイムリーツーベースでHondaが先制。

その裏NTTも押し出しで同点に追いついた後
喜納のタイムリーで逆転。
Kinoh

更に長澤にもタイムリーが出て3-0

2回にもNTTは宮内のタイムリーツーベースで追加点を挙げ4-1

NTT先発の渡邉は2回以降は立ち直り6回を投げて3安打1失点。
失点のランナーも記録上はエラーなので自責点は0
Watanabe

Hondaは先発の幸良から2番手の吉越が登板した
4回から試合は落ち着く。

6回からHondaは永野が登板。
速い球を投げる左腕と聞いていたので一度観たいと思っていた。
スカウトの構えたスピードガンを覗き見ると
150キロ越えのボールを投げていた。
2回を投げて2安打無失点。
コントロールは適度に散って打ちづらそうだった。
Nagano

NTTは森山を挟んで3番手で西村が登板。
永野同様にボールが荒れていた。
Nishimura

8回は2死満塁の場面で一塁に牽制を投げ刺し無失点で抑えたものの
9回は山崎のタイムリーと西銘のタイムリースリーベースで
3-4と1点差になった所で降板。

4番手福田(龍)から小手川のタイムリーで同点。
Kotegawa

更にフォアボールとヒットで1死満塁で
山本に犠飛が出てHondaが逆転。
Yamamoto

9回裏は8回から登板の福島がピンチを作りながら抑えて
Hondaが5-4で逆転勝利。
正直今日の試合展開だとNTTの勝ちだろうと思いながら
終盤まで観ていたのでHondaの粘りには驚いた。

今日来てみて距離はあるけど乗り換えは少ないので意外と楽。
駅から球場まで坂道のアップダウンもあるけど
この時期歩くには苦にならないの距離。

今度観戦する機会があったら
津田沼からバスを乗ってみたり
飯山満駅から歩いてみたりいろいろ試してみようかな。

NTT東日本船橋グラウンド
〒274-0822 千葉県船橋市飯山満町2-622

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

新日鐵住金君津球場 ~オープン戦 かずさマジック vs NTT東日本~

今日は新日鐵住金君津球場へ
006 014

新日鐵住金君津球場は新日鐵住金かずさマジックの本拠地。
以前から一度は行きたいと思っていたものの今まで
タイミングが合わなかったけど今週末はDeNA二軍も
東北に行っているので君津に行くのにちょうど良かった。

アクセスは君津駅南口から市内循環バス(B)で
大和田寮前から徒歩2分と公式HPに出ている。

ただ自分がグーグルで調べた行き方が
北口の周西線の君津製鐵所行で大和田陸橋下と
出ていたのでそこから5分くらい歩いた。

帰りは君津駅まで歩いたけど30分弱。
この時期は良いけど夏場は厳しいかも。

両翼95Mセンター120M内野が土で外野が天然芝
昨日までの雨の影響なのか試合序盤は
踏ん張りがきかない滑りやすい状態だったので
水捌けはそんなに良くないかも。
ファールグラウンドの部分は人工芝で
バックネットの前にMagic と書かれている。
016

スコアボードは手書き。選手名を書くスペースは
あったものの今日は赤いランプ以外使用していなかった。
スコアボード上の旗は日の丸と新日鐵住金の他のに
何故か緑十字の安全衛生旗もあった。
Img_9023 Img_9022

スタンドはバックネット後方にあり座席部はコンクリート。
正面入口から入ると座布団の貸し出しがあった。
017

アナウンスは無いので以下の記事で
選手間違っている可能性もあり。

試合は新日鐵住金かずさマジック vs NTT東日本のオープン戦。
10時30分試合開始と出ていたのに始まったのは10時17分
安定のJABAタイムだった。

かずさは縦じまじゃないのでオープン戦用ユニフォームかも。
オープン戦用だとしても背中に名前と
左袖に所属企業が入っている。
Nosaka

NTTもオレンジ色のオープン戦用ユニフォーム。
あと何人かはズボンの裾を下げいてチョット新鮮。
Echizen

試合は投手戦。まずは目立ったのは
かずさ先発のルーキーの松尾で4回1安打無失点。
ストレートは多くのバッターが振り遅れていた。
Img_8994

NTT先発の沼田も先月のスポニチ大会で観た時同様に好投。
3回無失点。

沼田の後はルーキーのが登板で立正大リレー。
は長身で角度があり球も速そう。
去年と一昨年立正大戦は1回づつ観たけど
両方ともオリックスに入った黒木が完投したので初めて観た。
2回を1安打無失点。けん制など細かい動きは苦手そう。
Hori

試合が動いたのは6回でNTTが
1死満塁で喜納のタイムリーで先制。
この試合喜納は3打数2安打1フォアボールと当たっていた。
Kinoh

その裏かずさもフォアボール2個で2死一二塁で
小泉がレフトにヒットを放ったが
長澤の好送球で本塁アウトで得点ならず。
Koizumi Img_9241

この後両チームとも得点ならず1-0でNTTの勝ち。

試合終了したので帰ろうと思ったら
どうやら第二試合を行いそうだったのでそのまま観戦。

3回まではキャッチャーが打たず
DHが2人ではあったものの普通の試合。
4回からはタイブレークのようなランナーを置いてスタート。

ランナーもバッターも打順も一部イレギュラーになって
誰が出ているか良く判らない状態で5回で試合終了。
第二試合は一応6-4でかずさ の勝ちでいいのかな。
Img_9578

まあ変な試合でも二試合あったので
第二試合に先発した渡辺俊介も観れた。
Watanabe_s

アクアラインを通るバスを利用したので
内房線経由で行くよりかは時間短縮にはなったけど
それでも頻繁に観戦する距離ではないので
たまたまだけど1.5試合分観戦できたのはやっぱり良かった。

新日鐵住金君津球場
〒299-1146 千葉県君津市大和田324

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

JR東日本野球部柏野球場 ~オープン戦 JR東日本 vs U-23代表~

まだ全部終わってないけど資格試験があったりして
時間が無く約1ヶ月振りの野球観戦。

JR東日本野球部柏野球場へ
JR東日本 vs U-23代表の試合を観戦。
Ip003

JR東日本は東京のチームだけど
グラウンドは千葉県柏市にある。

最寄り駅は我孫子で北口から阪東バスで『あけぼの山公園』行に乗り
『布施新町二丁目』で降りて進行方向左手にある
住宅街の細い道を進むとすぐに施設の入り口に着く。

両翼100Mセンター122M内野が土で外野が天然芝。
Ip008

スコアボードはバックスクリーン横にある。
名前の表示は無いものの打順がわかるようにはなっている。
Img_3180

観客席はバックネット後ろにあり屋根も有るけど
太陽がセンター方向から照らすのであまり日よけにはならない。
Ip011

U-23代表はこの後メキシコでWBSC U-23ワールドカップという
世界大会があり今日は大会に向けての試合。
試合前に8回と10回にタイブレークを行うというアナウンスがあり
今日の試合が10回まで行う事を知った。

試合前には選手がスタメン順にファールラインに並んだり
国歌がかかったりちょっとオープン戦っぽくなかった。

13時開始の予定が約30分のJABAタイムで
12時34分から試合開始。

初回U-23先発の笠原から眞榮平のタイムリーで1-0と先制。
眞榮平は一昨年のDeNAとのプロアマでも
タイムリーを観たので印象深い。
Maehira

2回にも長谷川のタイムリーツーベースでJRが3-0とリードを広げる。
今日の打撃成績としては4打数1安打だったけど
ヒットの打席以外でも良い打球を飛ばしていた。
Hasegawa

U23は5回に乙坂のタイムリーで1点返し3-1
今日の乙坂は3打数2安打1打点1盗塁
盗塁死が1つある以外は活躍だった。
Otosaka

6回にJRは代打江塚タイムリーで2点追加し5-1
Ezuka

JRは白崎が8回まで投げて5安打1失点の好投。
今日の記録を表示させていた係の人が厳しかったので
確認し損ねた打球がエラーだったら4安打だったかも。

U-23は2イニングづつの継投。
その中で目立っていたのは3番手の塹江
近くで測っていたJRのスピードガンをのぞくと
150キロを計測した速球もあった。
Horie

9回からJRはDeNAに指名された進藤が登板。
今日観てサイドスローになっているのを確認できた。
2回を投げてノーヒット無失点。横から投げても速かった。
Shindoh

8回と10回に行われたタイブレークは無死一二塁からのスタート。
ここでも両チームとも得点はなく
5-1のままJR東日本の勝利で試合終了。

U-23は盗塁3つに盗塁死2つ。
長打力より足を使って得点を目指している印象だった。

DeNAで乙坂以外に選出されていたのが山下(幸)
5番サードで出場し4打数1安打。
久々に観たサードでも良かった。

そのサードを守る時使っていたグローブが
ウェブが水色で遠くからでもとっても目立っていたし
メーカーもSSKではなくスラッガーを使っていた。
Yamashita_k
山下(幸)の写真にチラッと映っているJRのコーチは元大洋の銚子さん
以前はJRのスタッフとしてユニフォームは着ていなかったけど
今日は三塁コーチとしてまた試合前のノッカーとして参加していた。

今まで何度か観戦の計画を立てながら実行できなかった
JR東日本の柏での観戦をようやく出来た。

今日はプロ野球選手が沢山いるU-23代表だったので混んでいたけど
社会人同士のオープン戦だったらもっと空いているだろうし
我孫子駅で唐揚げはうどんの方がそばより
個人的には好きなのも判ったし、また多分行く。
Ip001




JR東日本野球部柏野球場
〒277-0825 千葉県柏市布施1121-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月21日 (土)

船橋市民球場 ~イースタン ロッテ vs 日本ハム~

今日は船橋でイースタン観戦。
Imgp6944

去年からロッテは船橋でイースタンリーグの試合を行っている。
残念ながら去年は観戦出来なかったので
今年はカードに関係無く観戦するつもりだった。

船橋市民球場へのアクセスは船橋駅からバスと
ロッテのHPには出ていたが自分は東武アーバンラインを利用。
馬込沢駅から畑の脇など細い道を抜けて20分ちょっとで到着。

内野が土で外野が天然芝。芝の状態は市民球場にありがちだけど
だいぶ荒れてプレーに影響が出るレベル。
サイズは両翼90Mセンター120Mとプロが使うにはかなり狭い。
Imgp6937

センターややライト寄りにあるスコアボードは反転式。
ちっちゃい文字が苦手のようでサブローは半角での表示だった。
あと伊志嶺のポジション表示が間違っていた。
Img_1097

今日は主催のロッテが三塁側で日ハムが一塁側だった。

スタンドは中央と一三塁側が別れていて一旦外に出ないと行き来できない。
あとネットが低いのか重機を使ってネットを高くしていた。
Imgp6940 Img_1236

球場外に仮設で売店は出でいたものの
アルコールの販売は無かったみたい。
事前に購入しておいて良かった。

試合前の副市長の話によると船橋市内の多くの学校で
運動会が行われている為子供の観客が少なかったらしい。

地方球場でよく聞こえる『ボールください!』の声がほとんど聞こえなったし
試合に飽きてスタンドを走り回る子供も
あまり居なくて観戦しやすかったけど
やっぱり多くの子供たちに観戦して欲しかったし
もう少し日程を調整は出来なかったのかな。

試合はロッテ vs 日本ハム
先発はロッテが川満で日ハムが瀬川
今まで観たいと思いながら観る事が出来なかった
川満を今月は2回も観る事が出来た。

初回石川(慎)のタイムリーで日ハムが先制。
二軍の日ハム戦を観るたび石川(慎)が打っている気がする。
Ishikawa_s

その裏先頭打者の伊志嶺がライトへのHRで1-1の同点。
狭いサイズの球場を上手く活かしたHRだった。

4回肘井のヒットをセンターの石川(慎)が処理し損ない二塁へ。
その後三塁に進塁して井上のサードゴロで
肘井が生還しロッテが2-1とリード。
前進守備だったので内野ゴロでは得点が難しいと思ったけど
ゴロゴーで良いスタートだったようだ。

瀬川は5回を投げて2安打1失点。三振を6個奪う好投。
タイプ的にリリーフだと思い込んでいたけど先発も行けるかも。
Segawa

6回高濱のツーベースと太田のヒットでチャンスを広げ
石川(亮)松本の帝京コンビのタイムリーで日ハムが3-2と逆転。
Ishikawa_r Matsumoto

川満はこの回で降板。6回3失点でフォアボールは3個。
相変わらずコントロールがイマイチで
緩い “ 川満カーブ ” が決まらないと更に苦しい。
もっと失点してもおかしくない展開でも試合を作れる不思議な投手。
Kawamitsu

6回裏に根元のタイムリーで3-3の同点。
Nemoto

打たれたのは石川(直)でスコアボードに石川姓が3人並んだ。
Img_1353_2

8回香月(一)のヒットの後柿沼のヒットを姫野がはじき
香月(一)が生還しロッテが逆転。
柿沼はバント失敗の後粘ってのヒットだった。
Kakinuma

ボークとワイルドピッチがあり、とどめは肘井に3ランHRで8-3
Hijii

打たれた所で田中(豊)は交代。
7回は無死満塁のピンチを作って3者連続三振で抑えたものの
8回に作ったピンチは抑えられなかった。
Tanaka_t

9回に登板した宮崎がイマイチで日ハムが2点返したものの
8-5でロッテの勝利。
http://npb.jp/bis/2016/games/fs2016052101132.html

今日は他にも観戦したかった球場がいくつかある中で
船橋を選んだけど球場としては新規開拓出来て良かったけど
試合内容として微妙だった。

船橋市民球場
〒273-0866 千葉県船橋市夏見台6丁目4−1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

JFE犬成野球場 ~オープン戦 JFE東日本 vs JR東日本東北~

今日は社会人野球のオープン戦観戦。
球場は千葉県市原市にあるJFE犬成野球場。
Imgp6043 Imgp6046

その名の通りJFE東日本の球場。
アクセスとしてはJR内房線の浜野駅または
京成千原線のちはら台駅からロングウッドステーション行のバスで
滝口入口で下車して徒歩5分弱。

両翼95Mセンター120M。内野が土で外野が天然芝。
外野の芝生ははげている所は無く手入れが行き届いている。
Imgp6048

スコアボードは名前の表記は無し。チーム名の欄は広く
今日の対戦相手のJR東日本東北の7文字も表示出来る。
Img_1746

場内アナウンスが無かったので選手は背番号で確認しただけ。
下記の内容に違う場合があるかも。

JFE東日本の先発は中林
初回先頭の藤井をフォアボールで出し
2番安田のピッチャー前のバントを
二塁に送球を止めて一塁に送球したものの一塁手の小峰
二塁に投げる思い目を切っていたようで捕球出来ず無死一二塁。

3番西川が送って1アウト二三塁。
4番伊東にデッドボールで満塁になった所で
5番薗部のショートゴロがダブルプレー崩れで
ノーヒットでJR東日本東北が1点先制し0-1。

エラー絡みでの失点はあったものの中林は4回を投げて1安打1失点。
初回以外はまずまずのピッチング。
Nakabayashi

5回からJFE東日本は2番手に幸松が登板。
九州三菱自動車が移籍。
前の所属チームでもバリバリのエースの移籍は何故?と不思議だった。
自分は生で観るのは今日が初。
登板した最初の回の5回は危なげ無いピッチングで3者凡退。
サイドからストライクを先制し有利なカウントでピッチングを続ける。
Kohmatsu

ただ幸松2イニング目の6回に西川フォアボールの後
薗部のスリーベースと小笠原のレフト前で
JR東日本東北が2点追加し0-3。
薗部はこの試合2安打2打点。盗塁も1つ刺す活躍。
Sonobe

一方JFE東日本は7回裏金森津留のヒットで一二塁となった後
大澤のレフト前で1点返して1-3。
今日は1番で出場の大澤は2安打。
観戦試合ではいつも打っている気がする。
Ohsawa

JR東日本東北の先発西村は7回で降板。
毎回ランナーを出しながら7回を投げて1失点は立派だと思う。
Nishimura

JR東日本東北は8回から加藤が登板。
アンダースローのフォームで左打者にも
チェンジアップのような緩い球は有効だった。
Katoh

試合はそのまま1-3でJR東日本東北が勝利。

JFE東日本で目立ていたのは3番センターの内藤。4打数3安打の活躍。
Naitoh

JR東日本東北で気になったのは7番レフトで出場していた尾形
東北福祉大時代に一度だけ観た試合で活躍していたのでよく覚えている。
今日はノーヒットで目立った活躍は無かったけれど
現役を続けていた事が嬉しい。
Ogata

当初は別の球場での観戦を考えていたものの
予定していた球場が土曜日の試合だったというミスを犯し
慌て観戦出来て気になる球場を探し今日の観戦になった。
予定していた所も微妙に遠いので行く前に気がついて良かった。

JFE犬成野球場
〒290-0166 千葉県市原市犬成1019-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

日本大学実籾グラウンド ~オープン戦 JR北海道 vs 日本製紙石巻~

最近土曜休みになっているので今日も野球観戦。
いつも観戦している二軍はではなく社会人。

DeNAは利府で楽天戦。行ってみたいけど
事前の天気予報が怪しかったので断念。

観戦できそうな試合を調べたら社会人のオープン戦が関東で結構ある。
その中で対戦相手と球場と時間を考慮して選んだのは
日本大学実籾グラウンドでのJR北海道 vs 日本製紙石巻。

日大実籾グラウンドは京成線の実籾駅から徒歩10分位で
日大生産工学部の中にあるグランド。
Imgp5449
内外野人工芝(なんちゃって内野芝)。両翼99Mセンター121M。
改装したばかりなのでキレイなグラウンド。
Imgp5450

スコアボードは得点のみで名前の表示は無し。
場内放送が今日は無かったので選手は背番号で確認しただけ。
たぶん合っているとは思うけど途中出場の選手は特に怪しい。
Img_0660

共に都市対抗に出場する両チーム。
JR北海道は去年の都市対抗で観たけど日本製紙は初めて観る。
日本製紙石巻は帽子がシーレックスっぽいので親近感がわく。
Img_0636
JR北海道のユニフォームには袖に札幌市章がなかったけど
練習試合用ユニフォームかな?
Img_0786

試合は前半は日本製紙ペース。2回に住川のスリーベースで2点先制。
日本製紙先発の相沢が序盤は速球中心。
中盤からは緩いカーブを上手に使い6回を無失点の好投。
ピンチは連打を浴びた4回位でこのピンチもゲッツーで切り抜けた。
Aizawa

7回に相沢から沖山に交代してからJR北海道の反撃。
1アウト三塁で5番小林のツーベースで1点返す。
小林はファーストの守備でも良い動き。
背番号が41と大きいので補強選手かと思ったらルーキーだった。
Kobayashi

続くチャンスで柴草のレフトフライを捕球後
家古谷の送球エラーで小林が三塁に進塁。
大東の三振振り逃げでその間に小林が生還し2-2の同点。

横浜商大時代にDeNAとのプロアマ戦で活躍を観て以来気になっていた家古屋
社会人で続けていたのは良かった。この試合では3番レフトで1安打。
でもここでのエラーの方が痛かった。
Kegoya

9回表JR北海道は4番手の佐藤から2アウト後
フォアボール・ヒット・フォアボールで満塁のチャンスをつくり
1番丹澤のレフト前で3-2と逆転。ただ二塁ランナーはアウトで点差は1点。
Tanzawa

9回裏日本製紙は4番手の奥山からこちらも2アウト後
ツーベース・デッドボールで一二塁のチャンスをつくり
1番で途中出場の補強選手の西川がレフト前タイムリーで同点。
Nishikawa

西川のレフトからホームへの送球間にランナーが進塁して二三塁。
代打小池がライト前にヒットを打ち日本製紙が4-3でサヨナラ勝ち。
Koike

あくまでオープン戦なので途中から選手交代も頻繁にあり
本番の都市対抗の調整の意味合いが大きい試合だけど
2番手以降の投手陣にお互いに不安定な要素が見える試合だった。

この試合は9時開始だったので試合終了は12時前。
午前中は曇っている時間も多かったし風も強かったので
観戦するにはちょうど良かった。
ナイター照明の無い鎌ヶ谷やロッテ浦和あたりでも
夏の試合は午前中やっても良いんじゃないかな。
Img_0788

日本大学実籾グラウンド
〒275-8576 千葉県習志野市新栄 2-11-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

成田大谷津球場 ~壮行試合 千葉高校選抜 vs (ほぼ)成田高~

12月も半ばだけど千葉県の高野連のHPに
アメリカ遠征の選抜チームの試合が成田大谷津で試合があると出ていたので
始発に乗って成田まで今年最後の観戦プチ旅行。
Imgp1068

成田大谷津球場は両翼92Mセンター120M。
内野が土で外野が天然芝のいわゆる普通の地方球場。
スコアボードは得点と名前が別になってる。
Imgp1069 Img_4898 
球場自体にはあまり特徴は無いけど
レフト後方に成田山の建物が見えるのと成田スカイアクセスの線路が見える。
Img_4939

かつてはイースタンも開催されていたようだけど
最近は成田市内の別の球場でイースタンは開催されているので
大谷津に観に行くとすれば高校野球で選抜チームの壮行試合なら
ある程度のレベルの高い試合が期待出来るので今日は最適だった。

アクセスは成田駅西口から竜角寺台車庫行のバスで10分強。
1時間に2本位と本数で多くないけど調べてから出ればそんなに困らない。
因みに自分は往きは成田山似寄ってからの歩きだったので30分以上歩いた。

千葉県高野連のHPの情報では試合がある事だけで対戦相手もどこか判らず。
国際武道大の1・2年生という噂はあったけど実際には成田高だった。

9時試合開始予定が遅れて10時20分頃試合開始。
折角早起きしてきたのに…。

スコアボードに名前の表記が無し。
千葉選抜は自分の学校のユニフォームで背番号無し。
事前に調べて選抜メンバーは判っていたので問題無かったものの
成田は場内放送で聞こえた名前で選手を判断しなければならず
この後書いている成田の選手の名前は違うかもしれない。

試合は予想に反して序盤から成田が優勢な試合展開。
選抜先発の宇井野から毎回のようにチャンスを作る。

ただ得点はなかなか挙げられず宇井野が投げた3回は無失点。
失点しない所が流石選抜メンバーという事なんだろう。
Uino

選抜が小刻みな継投は予想通りだけど成田も小刻みな継投。
ひとり2イニングづつで交代。
2回をパーフェクトの好投だった先発の北見はもう少し観たかった。
Kitami

選抜は2番手壱岐3番手渡部が無失点でつないで8回から登板の藤森が
椿のライト前にワイルドピッチに武藤のセンター前て3失点。
試合の流れ通り成田が先制。成田の得点が8回というのが遅いくらい。

その後両チームに得点が入らず3-0で9回は終了。
そのまま試合を継続し14回まで行うと9回裏終了時に場内放送があった。
元々今日は午後予定があり最後までは観れなかったし
出来れば事前に14回まで行う告知があれば観に行かなかったかも。

自分が観戦したのは12回途中まで。
11回表に選抜が松山の犧飛とショートの送球エラーで2点入れたので
3-2で成田がリードを守っている球場を後にした。
その後成田が追加点を挙げ6-2で終わったらしい。
最後までは観れなかったけど9回で終了するつもりで観ていたのでお腹一杯。
Img_5051
(実際のスコアボードはチーム名は空欄です)

最近購入したドラフト雑誌で候補として載っていた習志野の松山は
この試合は4番ファーストで出場し途中からライト。
打撃では内容は悪くないけど自分が観戦した11回までヒットは無しの1打点。
12回から登板した所も少し観たけど
軽く投げているみたいで本気では投げていなかったかも。
Matsuyama_1

松山は途中まで公式戦で絶対使用出来ない
赤いサポーターや赤の入ったバッティンググラブを使っていた。
個人的には禁止する理由が判らないので公式戦で使用しても別に良いと思う。
Matsuyama_2

ブロクのタイトルでほぼと入れたのは成田側の投手で12回迄に
ふたり習志野らしきピッチャーが投げていたから。
ただ二人とも選抜に初安打を打たれノーヒットをストップしたり11回に2失点したり
イニングイーターとして以外はあんまり戦力には成らなかったかも。
Kinoshita Nemoto 

成田で目立ったいたのは7番ファーストで出場した久保田。
自分が観た11回までで4打数3安打1フォアボール。
9回から5番手で登板もして2回を無失点。
貧打戦で3安打の活躍は個人的にはこの試合のMVPだと思う。
Kubota

折角千葉まで来たけどお土産も特に購入しなかった。
しいて今日購入した中で千葉っぽいものといえば
帰りにJRのコンビニで購入した “ 千葉さつまいも&ホイップ ” というパン。
表に国体のマスコットだったチーバくんがプリントされていた。
知らなかったけど国体が終わっても生き延びていたんだ。
Imgp1074

成田市営大谷津球場
〒286-0845  成田市押畑952-3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

ファイターズスタジアム鎌ヶ谷 ~イースタン 日本ハムvsヤクルト~

今日は鎌ヶ谷へイースタン観戦。何度か鎌ヶ谷には来ているけれど、
今まで球場カテゴリーで書いていなかったので今日載せてみた。
Fighters_stadium_1
(この写真は去年撮ったもの)

ファイターズスタジアム鎌ヶ谷は東武野田線の鎌ヶ谷駅から
シャトルバスで10分強。鎌ヶ谷駅以外でも新鎌ヶ谷駅など
他の駅からもバスが出ているけど、行った事が無いので他は不明。
シャトルバスが出ていなかった時はかなりアクセスの悪い球場だったけど、
今はそんなに行きづらい球場では無くなった。

両翼100Mでセンターが122Mで出来た当時の一軍本拠地
東京ドームにサイズをあわせた筈。
Fighters_stadium_2 

恐らく去年からだと思うけど、レフトフェンスに
大社元オーナーの殿堂入りを記念した表示があり。
札幌ドームにあるか知らないけど、鎌ヶ谷にあるのは相応しいと思う。
Okoso

試合は日本ハム対ヤクルト。
昨日一昨日とシーレックスの対戦相手が日本ハムだったので
3試合連続の観戦になる。

日本ハムホーム最終戦とはいえ
昨日のシーレックス最終戦より明らかに多い人出。
シーレックスファンとしてはチョット複雑な心境。

イベントデーだったので鎌ヶ谷ユニフォームの着用を期待したけれど
通常ユニフォーム。まあ仕方が無い。

先発は八木高木。どちらも先発要員として一軍にいなきゃいけない投手。
八木はそれでも7回を1失点の好投だったけど、
Yagi
高木佐藤のグランドスラムを含む6失点。
“ メークミルミル ” の起爆材になるのは難しそう。
Takagi

日本ハムのワンサイドゲームになりそうな所で
ヤクルト2番の荒木に2本目のHRが出て2点差。
荒木は去年の日米大学野球の日本代表チームのキャプテンとして観た。
去年観た印象も長打力は期待出来無かったのに2HRはホントに意外。
Araki

日本ハムホーム最終戦なのに、引退しそうな選手の最終出場は判らなかった。
まあ、何人かは微妙な印象を持った選手も居たかけれど…。

逆にヤクルトで明らかに怪しいのはデラクルス
結構真っすぐは速いけど、この時期二軍に居る時点でたぶん見納めだろう。
Delacruz

試合は6-4で日本ハムの勝利。
http://bis.npb.or.jp/2010/games/fs2010092001661.html

一緒に行った連れは日本ハムファンだったので喜んでいたけど、
第三者的にはそこそこの試合だった。
それでも充分 “ 野球浴 ” を出来た連休だったかな。

ファイターズスタジアム鎌ヶ谷
〒273-0118 千葉県鎌ケ谷市中沢459

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

柏の葉球場 ~イースタン ロッテvs読売~

予定どうりに柏の葉球場でのイースタン観戦。
予定と違ったのは内野のチケットが売り切れて外野での観戦だった事。
Kashiwanoha_studium_1  Kashiwanoha_studium_2

自分は外野での観戦好きではない。
まったり観る事が出来れば悪くはないけれど、応援が喧しくて嫌。
予想どうり応援団らしき人が太鼓を叩く喧しい中での残念な観戦。
外野は野球を観る場所ではなく応援する場所として
定着しているの現状では仕方が無い。

新しいので外観が綺麗なのは当然だけど芝生の状態も悪くない。
スコアボードも見やすいし両翼98Mで大きさは悪くないけど、
スタンドは狭いしナイター設備も無いので今後プロで使うには微妙かな。
Scoreboard

先発は香月土本。ともに好投で投手戦。
特に土本は初めて観る投手なので出来れば内野でじっくり観たかった。
Tsuchimoto

試合は1-4で読売の勝ち。

http://bis.npb.or.jp/2010/games/fs2010071901133.html

終盤に代打で今岡を観れた事が少ない収穫。
たぶん生今岡を観るのは最後だと思う。
Imaoka

残念な柏の葉球場観戦だったけど、
予定どうりに我孫子駅で唐揚げそばは食べた。こちらの味は予想どうり。
そばはイマイチだけど唐揚げはそばつゆが染込みソコソコいける。
わざわざ食べに行くものでは無いけれど、揚げ物好きには薦めても良いかな。
Yayoiken

追記

2012年6月2日(土)に改めて内野で観戦したのでその時の写真。
Imgp0644  Imgp0649

Img_7022

柏の葉球場
〒277-0882 千葉県柏市柏の葉4-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

市原臨海球場 ~高校野球 秋季関東大会~

去年からイースタンリーグの観戦で行きたいと思いながら
実現出来なかった市原球場。

今年秋の関東大会が千葉県でおこなわれ
天台と市原が会場になっていたので迷わす゛市原へ。

最寄駅は内房線の五井駅。そこから臨時バスで10分弱(200円)。
アクセスはけっして良いとは言えない場所にある。

球場のサイズは両翼だ98Mセンター122Mで
高校野球で使用するには充分過ぎる広さ。
内外野とも人工芝だけど
違う種類の人工芝のようで外野は天然芝のように見える。
Rimg14972  Rimg14973

バックネットの前に市原市の木の銀杏のデザイン。
Rimg14974

スコアボードと照明も何となく銀杏っぽい。
111kantoaki_001  111kantoaki_002

第一試合は東海大相模と甲府商業。
自分の住む神奈川県の高校をわざわざ他県で観る必要も無いけれど
まあ東海相模を見るのはしばらくぶりだし由としよう。

東海大相模の先発は一二三。非常に珍しい苗字。
111kantoaki_005   
右投げの本格派内容は完璧ではなかった印象だけど7安打打たれながら
失点は初回のセンターのエラー気味のツーベースの1点だけ。
打順は8番だったけどピッチングだけでなくバッティングの才能もありそう。

甲府商業は(テレビを含めて)初めて観る学校。
球場に着くまで甲府工業と勘違いしていた。
アンダーシャツや帽子の色は紫紺。明大っぽい色がかなりドギツイ。

甲府商の先発は背番号10左腕の河野
111kantoaki_009   
東海大相模のスタメン9人のうち7人が左打ちが影響しているかは不明。
ただファーストに入った背番号1の武田の守備のミスも失点に繋がったし、
この投手起用は失敗だったかも。

試合は3-1で東海相模の勝ち。
今年の東海相模は小技を多様するチームで今はスケール感は無いけれど、
エースの一二三が踏ん張り勝ちあがって試合経験をつめばれば
来年の夏には良いチームになりそう。

第二試合は浦和学院対茨城の波崎柳川。

浦和学院は名前がとおっているわりに
甲子園で結果が残せない印象のある学校。
今日の試合は投げたピッチャーは3人。
みんな可もなく不可もなくのピッチング。
気になったのは内容的には1番良くなかった2番手の
111kantoaki_060   
とにかくデカイ。名簿で観ると196センチ。存在感は充分あった。

波崎柳川は何となく聞いたとこのあるチーム。
高校時代の夏合宿で銚子や波崎・鹿島といった " チバラギ " に行ったので
もしかすると練習試合した事のある学校かも。

茨城はインフルエンザの影響で甲子園常連の常総学院が出場辞退。
波崎柳川は常総と同じブロックなので少しは恩恵?を受けているかも。
背番号1の安藤が4番なので安藤中心のチームなんだろう。
111kantoaki_046   

試合は4-3で浦和学院の勝利。
決勝点は波崎柳川のパスボールで三塁進塁。
その後にワイルドピッチで得点だったので波崎柳川にも充分勝機はあった。

ジェフ市原当時にホームスタジアムとして使ってた
同じ敷地の陸上競技場も観たし市原に思い残す事は無くなったので、
たぶんこれが市原球場での観戦は最初で最後かな。
Rimg14976  Rimg14977

市原臨海球場
〒290-0047 千葉県市原市岩崎536

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07 生観戦 アマ野球 | 07 生観戦 二軍 | 07 AMATEUR野球 | 07 MLB | 07 NPB | 08 生観戦 MLB | 08 生観戦 その他 | 08 生観戦 アマ野球 | 08 生観戦 一軍 | 08 生観戦 二軍 | 08 AMATEUR野球 | 08 MLB | 08 NPB | 09 生観戦 アマ野球 | 09 生観戦 一軍 | 09 生観戦 二軍 | 09 生観戦 MLB | 09 生観戦 WBC | 09 AMATEUR野球 | 09 MLB | 09 NPB | 09 WBC | 10 生観戦 アマ野球 | 10 生観戦 一軍 | 10 生観戦 二軍 | 10 生観戦 独立リーグ | 10 AMATEUR野球 | 10 MLB | 10 NPB | 11 生観戦 アマ野球 | 11 生観戦 一軍 | 11 生観戦 二軍 | 11 AMATEUR野球 | 11 MLB | 11 NPB | 12 生観戦 アマ野球 | 12 生観戦 一軍 | 12 生観戦 二軍 | 12 生観戦 独立リーグ | 12 生観戦 MLB | 12 AMATEUR野球 | 12 MLB | 12 NPB | 13 生観戦 アマ野球 | 13 生観戦 一軍 | 13 生観戦 二軍 | 13 生観戦 WBC | 13 AMATEUR野球 | 13 MLB | 13 NPB | 13 WBC | 14 生観戦 アマ野球 | 14 生観戦 一軍 | 14 生観戦 二軍 | 14 生観戦 独立リーグ | 14 生観戦 MLB | 14 AMATEUR野球 | 14 BCリーグ | 14 MLB | 14 NPB | 15 生観戦 アマ野球 | 15 生観戦 プレミア12 | 15 生観戦 一軍 | 15 生観戦 二軍 | 15 AMATEUR野球 | 15 BCリーグ | 15 NPB | 16 生観戦 アマ野球 | 16 生観戦 一軍 | 16 生観戦 二軍 | 16 生観戦 独立リーグ | 16 AMATEUR野球 | 16 NPB | 17 生観戦 アマ野球 | 17 生観戦 一軍 | 17 生観戦 二軍 | 17 生観戦 独立リーグ | 17 生観戦 WBC | 17 AMATEUR野球 | 17 NPB | サッカー | サッカーユニフォーム | 旅行・地域 | 日々の出来事 | 草野球 | 野球場 1(北海道・東北) | 野球場 2(北関東) | 野球場 3(埼玉) | 野球場 4(千葉) | 野球場 5(東京) | 野球場 6(神奈川) | 野球場 7(中部) | 野球場 8(関西) | 野球場 9(中国・四国) | 野球場 10(九州・沖縄) | 野球場 11(その他) | 野球観戦 まとめ