野球場 5(東京)

2015年8月23日 (日)

亜細亜大学グラウンド ~プロアマ 亜細亜大 vs ソフトバンク~

昨日は用事があり大阪プロアマ交流戦も大和でのイースタンも観戦できず。
今日は追浜でイースタン観戦でもしようかと考えていたけど
ネットで色々観ているとソフトバンクの三軍が関東遠征して
今日23日は亜細亜大学と試合だった。

いつかは行ってみたかった亜細亜大学のグラウンドで観戦出来て
ソフトバンクの三軍が観られるお得感があり観戦決行。

亜細亜大学グラウンドは亜細亜大学日の出キャンパス内にあり
最寄り駅の武蔵引田駅から歩いて約10分。ほぼ直線で着く。
Imgp6753

両翼105Mセンター120Mで内外野とも人工芝。
外野フェンスはやや高め。照明は無いもののスタンドもあり
ネットがぐるっと張りめぐらされている影響で
柱が邪魔な席もあるけど立派な球場。
Imgp6761 Imgp6759

ベース付近の土の部分が柔らかいのかソフトバンクの選手の何人かは
ベースを回る時転びそうになっていた。

バックスクリーンライト側にあるスコアボードは
名前表示のないシンプルなもの。
公式記録の表示もあるものの今日は使っていなかった。
あと何故か合計点を延長14回の所で表示していた。
Img_9021

この写真ではわかりずらいけど一塁ベンチの中に
プロ入りした選手のレリーフっぽいものがあるようだ。
Img_9037 Img_9038

ソフトバンクの三軍はほぼ知らない選手。
スタメン野手で判るのは元楽天の勧野くらい。

先発の笠原は去年のお盆休みに小郡で観て以来。
期待の左腕だと思っていたのに選手層の厚いソフトバンクだと三軍なんだ。
あと遠征メンバーが少ないからかDHは使わず
9番にピッチャーの笠原が入った。
Kasahara_1

亜細亜はGWに一度観戦しているからソフトバンクよりまだ判る。
あと練習試合用のユニフォームには
背中に名前が入っていて確認しやすく助かる。
Img_9296 Shozui

アマチュアのグラウンドでの試合だけど試合前の整列は無し。

先攻のソフトバンクは立ち上がり不安定な亜細亜先発の石塚を攻めて
1回1死一二塁で幸山のタイムリーて1-0
3回にも幸山にソロHRが出て2-0とリードを広げる。

笠原にほぼ完璧に抑えられていた亜細亜は4回
1死一二塁で遠藤のライト線を抜ける2点タイムリースリーベースで2-2の同点。
Endoh

5回表にソフトバンクはエラーとフィルダースチョイスで無死一三塁のチャンス。
ここで今日当たっている幸山がタイムリーで3-2とソフトバンクが再逆転。
ここまで3点はすべて4番打者幸山の打点。
高卒ルーキーのようなので今後の活躍を期待しながら覚えておく。
Kohyama

更にフォアボールで満塁となり6番の張本と7番の勧野
連続タイムリーが出て5-2でなおも無死満塁。

張本勧野は共に今日5打数3安打の活躍。
Harimoto Kanno

8番金子(将)のファーストゴロを遠藤が上手く捕球したものの
ホームへの送球が低くキャッチャーの頓宮が捕球出来ず6-2

9番の笠原見逃し三振のした所で先発の石塚から諏訪に交代。
この回に失点はエラーから始まり不運な印象もあるけど
連打を浴びた所では早いカウントで打たれているので冷静さにかけていたかも。
Ishizuka

諏訪に代わって最初の打者河野のサードゴロで
ホームゲッツーかと思ったら頓宮が一塁悪送球。
その間に二塁ランナーの勧野が生還しこの回合計5点で7-2

ソフトバンク先発の笠原は7回5安打2失点。
スライダーだと思う縦の速い変化球に亜細亜打線はほとんど対応出来ず。
失点した4回も味方の守備が上手ければ
失点となるランナーの出塁は抑えられたかも。
あと左投げなのにバッティングは右打ちだという事を今日知った。
Kasahara_2

亜細亜は2番手以降は小刻みな投手リレーで失点は許さず。
ソフトバンクも笠原の後山下(亜)が抑えて7-2でソフトバンクの勝利。
http://www.softbankhawks.co.jp/farm/farm_b/score/2015082301/

ベイスターズファンとして残念だった事は
今回の遠征参加している北方の登板が無かった事。
入来コーチと共に試合終了時に整列した所で確認は出来た。
Kitagata Iriki

急遽決めた観戦だけど心配した雨も降られる事がなく
曇っていて暑すぎずこの時期にしては観戦しやすい環境だった。

家からだと約2時間半。電車の乗り継ぎが良ければ
もっと短縮できそうな距離なのに本数が少ないのが辛い。

球場に行くまでの途中にあったマンホールは太陽のような柄。
これって住所の日の出=太陽 って事なのかな?
Imgp6768 


亜細亜大学グラウンド
〒190-0100 東京都西多摩郡日の出町平井1466-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

東大球場 ~オープン戦 東大 vs 鷺宮製作所~

今日は一度は行ってみたいと思っていた東大球場へ。
Imgp6491

昨日も東大球場ではオープン戦があり
観戦を考えていたけれど予定があり断念した。
今日の球場は対戦相手のグランドになっていたのが
いつの間にか変更になっていた。個人的にはラッキーな変更。

アクセスは南北線の東大前から徒歩約5分。

この球場の特徴はバックネット後の観客席が
有形文化財になっている事。
球場が文化財になっているのはここだけのはず。
Imgp6513 Imgp6492

内外野とも人工芝でサイズの表記は無いけれど狭い。
日刊スポーツの古い記事によると両翼85Mでセンター105Mらしい。
Imgp6496

スコアボード得点とSBO のみで観客席の後ろにある。
名前はスタメンのコピーが貼ってあるし
場内アナウンスもあるので選手は確認しやすい。
Imgp6499

あとは東大側のネクストバッターズサークルは東大のマークになってる。
Img_5930

今日試合は東大 vs 鷺宮製作所のオープン戦。
鷺宮は通常のビジターユニフォームだけど
東大は練習試合用のユニフォームみたい。
Img_5886

東大先発はアンダースローの三木
かなり腰を曲げて投げるフォーム。
3回まではフォアボールやヒットを許しながら0点に抑える。
Miki

4回に永田のレフト前(東大のHPだとエラー)で鷺宮製作所が1-0。

5回にも村上に満塁HRが出て5-0。
狭い球場なのではのHRで普通のサイズの球場なら
HRにはならず左中間を抜ける長打だろう。
Murakami

更に永田安田に連続でタイムリーツーベースが出て7-0。
Nagata Yasuda

三木は5回を7失点。一回り目は抑えたものの
スピードが無いので慣れてきた二回り目を
抑えるのは難しかったようだ。

東大打線のチャンスは2度。
3回に1アウトから長藤のヒットと水島のバントが内野安打となり
更に犠打で2アウト二三塁となった場面と
5回に先頭の田口のヒットと犠打とデッドボールで
1アウト一二塁となった場面。
残念ながら2度ともあと一本が出ず得点ならず。

鷺宮投手陣は渡辺(政)が5回を無失点。
2番手の西村も2回を無失点。
ふたりとも去年ルーキーで
去年秋の神奈川大学リーグで関東学院大と桐蔭横浜大で観ていた。
Watanabe_m Watanabe_m_2

Nishimura Nishimura_2

そのあと投げた野口牧野も無失点に抑えて7-0で鷺宮の勝利。

東大では良かった点は柴田山本(俊)が2回を無失点に抑えた事。
Shibata Yamamoto_s

流石に社会人チームとは力の差があるとは思ったけど
大量失点の5回以外は接戦だった。
投手が好投すれば東大もリーグ戦で
いつかは勝つチャンスはあると思える内容だった。

東大球場
〒113-0032 東京都文京区弥生1丁目1−1(東大弥生キャンパス内)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

東京ガス大森グランド ~東アジア大会日本代表 vs JABA新人選抜~

当初は八王子に国体の高校野球を観に行くつもりだったけど
東京ガス大森グランドでの新人研修会の試合に変更。

東京ガス大森グランドは大森町駅から10分位。
施設内も広いので球場までは15分位かな。
Imgp5771 Imgp5769

両翼98Mセンター122M。内野が土で外野が天然芝。
企業チームのグランドなのに芝が奇麗。
Imgp5768

スコアボードは名前の表記は無し。
でも場内アナウンスがあったのでとりあえず助かった。
Img_5407

スタンドはバックネット裏に屋根つきの座席がある。
バックネットが間隔の狭いネットなので少し観ずらい。
Img_5479

JABA新人研修会は高卒は2年目大卒は1年目の選手が
各チームから集まり講義や練習試合が行われるようだ。

対戦相手は東アジア大会日本代表。
行くまで対戦相手は判らなかったけどある程度は予想出来た。
日本代表戦ということでスタンドにはスカウトらしき人が多数。
Img_5401

初回新人選抜は日本代表先発の秋吉(パナソニック)から
先頭の中村(三菱自動車岡崎)がいきなりスリーベースを打ち
2番の西野(JR東日本)の犠飛で先制。

日本代表は5回に井上(日本生命)のHRで1-1の同点。
かなりデカいHRだった。
Inoue_seiya

6回にも内野ゴロ間に1点入れ2-1と日本代表がリード。

新人選抜は8回1死三塁で前進守備のサードゴロを多幡(Honda)が
はじきホームには投げられずその間に1点追加し2-2の同点。

日本代表は8回裏二三塁で田中のツーベースに送球エラーで2点。
さらに多幡の犠飛で1点追加し
9回表を石川(東京ガス)が抑え5-3で日本代表が勝利。
Img_5504

改めて日本代表の東アジア大会に向けてタイブレークの練習
タイブレークは無死一二塁からスタートで守りを1回攻撃は2回。
守備は無失点で攻撃はそれぞれ得点を挙げて得点を挙げていた。
まあ1点はパスボールでの得点だったけど…。

この試合で気になった選手はDeNAなどが興味という記事が
出ていた東京ガスの石川を初めて観た。
ストレートが速そうな細身の右腕でこの試合でも
タイブレークを含めて2回を2安打無失点とまずまずのピッチング。
Ishikawa

新人選抜ではHonda の井上が活躍。
ツーベースとスリーベースの2安打。
守備でもダイビングキャッチを決めていた。
Inoue_syogo

新人選抜は自チームのユニフォームだったので
唯一観た事の無いチームの西部ガスのユニフォームを初めて観た。
シンプルだしグレーなのでおそらくセカンドユニフォームだと思うけど
セカンドユニフォームが上下同色なのも個人的には好き。

参加していた今村はHRは打たれたけど1回2/3を1安打1失点。
九州のチームだし次に観る機会は何時だろう。
Imamura

おまけ

試合前に東京ガスの建部が車に乗ってグランド整備。
こういうのは球場係員の人が乗るものと思っていたけど
社会人は選手が自分で運転して整備するんだ。
Tatebe

東京ガス大森グランド
〒143-0012 東京都大田区大森東3-28-1

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

小野路球場 ~首都大学入替決定戦 桜美林大 vs 城西大~

今日は町田市にある小野路球場に大学野球観戦。
小野路球場はもともと朝日生命野球部が廃部したグランドを
町田市が買取り市営の球場となっていた。
Imgp0991  Imgp0990

両翼93.5Mセンター120Mで内野が土で外野が天然芝。
ちょっと狭いけど構造上これ以上広げるのは難しそう。
Imgp0986

スコアボードはややライト側にあり名前の表記は無くシンプル。
Img_3334

球場へは鶴川駅から神奈中バスで下堤バス停下車。
バスの乗車時間が10分位でバス停から球場まで坂を登って2~3分。
バスの本数は多くないけど時刻表を確認しておけばアクセスは悪くない。

試合は首都大学リーグの入替校決定戦。
首都大学は二部がA・Bふたつあり
その勝者が一部最下位と入替戦が行わなわれる。

今日は二部Aの優勝の城西大vs二部B優勝の桜美林大の試合。
昨日第一戦が行われ桜美林大が先勝し入替戦にリーチ。

初回に桜美林大先発の土方がコントロールに苦しみ連続フォアボールに
送りバントの処理を誤り悪送球でいきなり失点。
尚も無死一三塁のピンチは4・5・6番を三者三振で切り抜ける。

城西大先発は。2回に連続ツーベースとファーストのエラーで2失点。
5回にも一死二三塁のピンチはあったものの
このピンチは切り抜け5回を投げて2失点で降板。
Tatara

城西大は2番手の宮崎が好投。一旦動きが止まるようなフォームだけど
ボークをとられ無いので厳密には常に動いているんだろう。
Miyazaki

土方は7回二死から3連続フォアボールでノーヒットのまま降板。
フォアボールが全部で8個も出せばノーヒットで降板もしかたがない。
それでもノーヒットに抑えられたのは左打者が多い城西大打線に
カーブ(縦スラ)が有効だったみたい。
Hijikata
初回に点を取られているのでノーヒットノーランには成らないものの
もっと珍しいノーヒットワンランを観たかったな。

リリーフした大沼もフォアボールで押し出しで2-2の同点。

その後両チームとも得点が入らず延長戦。
延長10回に城西大が代打の犠飛で3-2と勝ち越し。
Seki

その裏のピンチを抑え城西大が勝利し対戦成績を1勝1敗のタイに。

ヒット数では城西大が3安打で桜美林大が7安打と桜美林が上回っていたけど
四死球が10個と2個で城西の得点すべてフォアボールがらみだった。
逆にこれだけフォアボールを出してよく3点に収まった気がする。

試合内容以外で気になったのは城西大のユニフォーム。
去年観た上が紫のユニフォームではなく
それ以前に着ていたユニフォームにデザインが戻っていた。
二部に落ちた縁起の悪いユニフォームって事で変更したのか?
二つのユニフォームの併用でたまたま今日が白い方だったのかどっちだろう?
Img_3457

小野路球場
〒195-0065 町田市小野路町2023-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

立川球場 ~東京都秋季大会~

連休最終日は球場目当てで高校野球観戦。
球場は立川球場で試合は東京都秋季大会。

立川球場は両翼97Mセンター120Mで内野が土で外野が天然芝。
Imgp0966  Imgp0970

7月に改修されたばかりのようで特にスコアボードは電光で綺麗。
でも東京の高校野球秋季大会では名前を表示しないので
その綺麗さを満喫できないのが残念。
Img_3086

改修以前からのようだけどバックネットにある球場係員室の上に
スタンドが無く観客席が無駄に遠くなっている。
Imgp0976

アクセスは多摩モノレールで柴崎体育館から遊歩道があり徒歩10分位。
東京都高野連のHPには7分と書いてあった。
立川駅からも30分位歩けば着くらしい。

当初の日程は2試合だったのが昨日の雨の影響で3試合に変更。
1試合増えるとお得感があり余計に行き易くなる。

第一試合は日大三高vs上野学園。
日大三高は甲子園に何度も出ているし何度か生観戦もした事がある。
ただ今年はどんなチームなのかは判らない。
上野学園は学校名も聞いた事が無かった。
音楽科があるような学校らしい。たぶん野球の名門校では無いんだろう。

試合展開は予想通り日大三高ペース。
2回に石田のツーベースで先制し4回に9番キャッチャーの3ランHRで4-0。
5回と8回にも得点を挙げて7-0で8回コールド。
日大三高は背番号5番の太田が先発。7回を投げて2安打無失点。
Oota

都大会の2回戦位だとエースを先発させる程ではないんだろう。
因みに背番号1の大場が8回の1イニングだけ登板した。

上野学園先発の澤田は毎回のようにランナーを出しながら7回を投げて5失点。
打線がもう少し打てればもう少しピッチング頑張れたかも。
Sawada

第二試合は都立小山台vs岩倉。
小山台は今日の6校で唯一の都立校で他県に住む自分はもちろん知らない。
岩倉はKKコンビが居た時のPLに勝って優勝したのは覚えているけど
最近の情報は自分には聞こえてこないので実力はどうなんだろう。

岩倉の方が私立だし強いかと思っていたら
互角の展開。両先発の好投で投手戦。
特に小山台先発の伊藤が6回までノーヒットピッチング。
未だに生で観た事のないノーヒットノーランを期待したけど
7回先頭の森山に打たれてノーヒットならず。
Ito

終盤からはお互いチャンスを作っては得点出来ない焦れる展開に。
延長12回に5番工藤のレフトオーバーで1点入れ1-0で岩倉のサヨナラ勝ち。

伊藤は結局11回1/3で4安打1失点。
最終的には岩倉先発の小串は12回で伊藤より少ない4安打無失点だった。
Ogushi

どちらにも勝たせてあげたいような試合だったけど
個人的には延長12回までしかスコアブックに書ききれず
新しいページに記入しなくて済んで助かった。

第三試合は昭和第一学園と東亜学園。
昭和一学園は学校名は聞いた事があるような無いようなで野球は不明。
東亜学園は岩倉同様かつて甲子園での活躍は覚えているけど
最近の情報はあまり聞かない。

最近の活躍はともかく野球の知名度通り東亜有利の試合展開。
ただ東亜が打ち負かすというより昭和ーのバッテリーミスによる自滅感が強い。
ランナーを出してワイルドピッチやパスボールで失点に繋がった印象。

昭和一先発の佐藤は力強い真っ直ぐに途中から多投しだした緩い球で
ストライクさえ取れれば抑えられたので勿体ないピッチングだった。
Sato

逆に東亜先発の福山は毎回のようにピンチを作りながら
失点は8回の1点だけ。勝てる投手とはこうなんだろう。
Fkuyama

最終スコアは4-1で東亜学園。
相手の自滅感はあるけど5安打で4点は効率の良い得点だったともいえる。

思っていたより遠くなかった立川球場。
球場めぐり以外で積極的に高校野球を観に行く事があまりないので
イースタンでも開催されない限り2回目はたぶん無いだろう。

第三試合の途中から照明が点灯され試合が終了したのが5時すぎ。
昼間は日差しがきつく感じられるのに夕方は半袖で観ていると冷える。
野球シーズンの終わりが近づいてるのを文字通り肌で感じるような1日だった。
http://www.tokyo-hbf.com/pastgame.php?sel=32&y=2012&m=10&d=8

市営立川球場
〒190-0022 立川市錦町6-29-62

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

大田スタジアム ~首都大学 第2週~

地震前に計画していた通りに今日は大田スタジアムへ首都大学野球観戦。
Ota_stadium_1

神奈川寄りの東京都大田区に在る大田スタジアムは
距離としてはそんなに遠くは無いけれど、
今までなかなか観戦の機会がなかった。

最寄り駅は東京モノレールの流通センター駅もしくは大森駅からバス。
ただ、自分の家からだと浜松町乗換えのモノレールを乗るのは不便だし、
大森駅からバスも本数か少ないようなので
地図を見て京急の平和島駅から往復歩いてみた。

平和島から歩くと約30分位。周りは倉庫街の所にあり、
羽田空港のそばなので時々飛行機が見られる。
Ota_stadium_4

球場のサイズは両翼97.6Mセンター122M。
内外野とも人工芝で内野は自分の嫌いな “ なんちゃって内野芝風 ”
スコアボードには球速表示もある1995年完成のまだまだきれいな球場。
Ota_stadium_2  Ota_stadium_3

アマチュア野球だけでなく二軍でもどんどん使って欲しいけど、
アマチュア野球でも週末(特に日曜日)の試合は
なかなか実施されていない。
何とか日曜日にも試合を行ってくれないかな。

今日のカードは日体大vs帝京大と武蔵大vs城西大。
今日来てまず驚いたのは帝京大と城西大のユニフォームが
以前観たとき違っていた事。(下は以前のユニフォーム)
Teikyo_old Josai_old

帝京大のユニフォームは今まで上が青い
大学野球っぽくないユニフォームから
上下白で赤をラインなどで使うようになりパッと見は
社会人野球の東京ガスかなと思ってしまうユニフォーム。
Teikyo_ishikawa

城西大のユニフォームは大学野球らしくない上が紫色。
黄色も使っているのである意味NBAのレイカーズカラー。
Josai_matsumoto

今日は2試合とも接戦。
第1試合 日体大vs帝京大は延長戦。
延長10回帝京大が3-2で勝ち。

第2試合 武蔵大vs城西大は8回裏に武蔵大が勝ち越したものの
9回表に城西大が逆転して3-2。

2試合とも決勝点を挙げたふたりとも途中出場。
(帝京大の江頭は代打・城西大の松本は代打でそのままDH)
流石に大学野球はレギュラー以外でも選手層が厚い。

昨日エースが投げたので2番手以降が先発した今日の試合。
そんな中で特に気になったのが城西大先発の(たたら)。
Josai_tatara
序盤は130台中盤くらいだったのが
逆転した後の9回に139キロを投げたり
終盤になってからどんどん速くなった。スタミナがあるのかな?

それにしてもホントに珍しい名前。
自分は平凡な苗字なので珍名さんにチョットだけあこがれる。

大田スタジアム
〒143-0001 東京都大田区東海1-2-10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

明治安田生命グラウンド ~首都大学入替決定戦 東京経済大vs桜美林大~

昨日の天気予報が見事にはずれ山形では試合があった。
しかも観たかった福島の聖光学院が負け。
球場も観たかった天童の試合は無し。
二日酔いで起きれなかった事もあり、結局山形日帰りの旅は中止。

折角一日分の乗り放題きっぷがあるのだから、
滅多に試合の無さそうな球場を探したら首都大学野球の入替決定戦で
八王子にある明治安田生命グラウンドがあったので観戦。

正式には明治安田生命グリーンランドみたい。
野球場だけでなくラグビー場もあり、
明治安田生命の硬式野球部や
ラグビー部のホームグラウンドとなっていてる。
Myl_greenland_1

アクセスは八王子駅からバス。
ひよどり山トンネル経由戸吹行きで約30分で料金は400円。

グランドは両翼95Mセンター120M。内野が土で外野が天然芝。
Myl_greenland_2
照明施設は無いようだけど、野球部の練習は
仕事しないで昼間行っているのかな?

スコアボードは得点とSBOに公式記録を表示はあるけど名前の表記は無し。
三塁側にあった横断幕の文章とっても堅いのは生保の会社らしい気がする。
Banner

首都大学リーグは二部がAとBふたつあり、AとBの1位チームで
2勝勝ち抜けの入替決定戦の勝者が一部最下位と入替戦を行うシステム。

Aの1位 東京経済大と Bの1位 桜美林大の対戦。
はっきりいってどっちもあまり知らないチーム。
桜美林大のユニフォームは楽天そのまんまだった。
Saida

予定していたバスに乗り遅れたので3回からの観戦。

観ていないけど東京経済大が1回に先制。

桜美林大が3回にデッドボールに牽制悪送球とセカンドエラーで
三塁進塁して犠牲フライでノーヒットで同点。

5回にヒット3本で1点で逆転。
更に6回に長打2本にワイルドピッチで2点を入れた桜美林大。

8回に東京経済大が1点を入れたものの4-2で桜美林大の勝利。
Score_board

スタンドの人の話だと東京経済大先発の小倉はMAX148らしい。Ogura
でも試合は2-1で桜美林大の勝利。
首都大学リーグの二部も結構レベルが高い。
良い試合だったから始めから観たかったな。

明治安田生命グリーンランド 
〒192-0001 東京都八王子市戸吹150

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

昭島球場 ~首都大学野球~

今日は球場めぐり。昭島市民球場。
Akishima_stadium_1
今年改修されたようで最寄り駅の東中神駅前には 
" 祝 市民球場完成 " と書かれた横断幕があったり、
球場そばにはバナーがあったりしている。
Higashinakagami_station  Bannar

駅から球場までは信号に引っ掛かっても約5分位でアクセスは抜群。
グラウンドは両翼97Mでセンター121Mとプロが使ってもおかしくないサイズ。
内野が土で外野が天然芝。外野の芝は残念ながらイマイチな状態。
今年の悪天候が続いた影響で芝の養生がうまくいってないのかも。
Akishima_stadium_2

グラウンドは素晴らしいけどスタンドはイマイチ。
スタンドはバックネット裏からベンチ上辺りまでが椅子席であとは芝生席。
改修すぐだから新しくて綺麗だけど、ここも座席が少なすぎるしネットの柱は邪魔。

折角新しくなったのにスコアボードのSBOはそのまま。
ただストライクのところは3つ目のライトの準備は出来ているみたい。
どうせだったら一緒に工事を済ましておけば良いのに。
Scoreboard_2

きょうの観戦試合は首都大学リーグ。首都大学リーグは通常週末開催で
球場が決まっていないので色々なところで開催され
球場めぐりを趣味とする自分にとっては非常に有り難いリーグ。

第一試合は筑波大vs帝京大。
前回首都大学リーグを観た時も同じマッチアップだった。
試合展開は2点以上点差が開かない接戦のシーソーゲーム。
特に延長10回は表裏に1点づつ入っても決着つかず。

最後は11回裏の筑波大の4番塩沢の犠牲フライで5-4のサヨナラ勝ち。
因みに塩沢は帝京出身。帝京の高校と大学は系列関係は無いの?
Tsukuba_shiozawa

ヒット数は筑波大のほうが多いけどチャンスは帝京大の方があった印象。
ただ併殺が3個ありチャンスを潰していた。

それと帝京大は全力疾走しない選手が多い。
1番の竹松はピッチャーゴロを全力疾走していれば
セーフになったかもしれなかったのにセルフジャッジでゆっくり走った為にアウト。
1番バッターがこれじゃ勝つのは難しくなると思う。

第二試合は東海大vs城西大。
城西の監督は元読売投手の小原沢。自分より少し上だと思うけどほぼ同世代。
観ているとだいぶ温厚な性格のようでお茶無しでお弁当だけ持ってこられても
ランナーがアウトカウントを勘違いしたような走塁をしても
まったく怒るそぶりは観られなかった。
実年齢は同じ位でも精神年齢は自分よりだいぶ上のようだ。

試合内容は予想通り東海大有利の展開で前半は進行。
6回位から東海大先発の高山に疲れが出だしたのか
良い当たりを打たれだし7回につかまり3失点。
更に8回先頭の斉藤にヒットを打たれて降板。

リリーフの赤間もピンチを広げ降板。3番手は渡辺圭でバッターが川岸直
ワンアウト満塁でファーストゴロを弾いたボールがショート田中広の前に転がり
一塁に投げてバッターランナー川岸直がアウト。1点差にはなったけど
ヒットなら尚もワンアウト満塁となるところがツーアウト二三塁。
どっちもピンチだけど、その大きさが違う。

この一塁のタイミングはセーフっぽかったけど判定はアウト。
その前にも一塁で東海有利の判定があったし、
川岸直は一塁手で不利な判定の2度とも当事者。かなり災難。

赤間の次に投げた渡辺圭は東海大甲府出身。
Tokai_watanabe
去年のドラフト雑誌に候補として載っていた。
ワンポイントで交代したのでじっくりは観る事は出来なかったけど、
投球練習の時撮った写真の印象だと体重が前に乗らず後ろに残っていた。
この投げ方がいつも通りだとあんまり良いとは言えない投げ方。

渡辺圭の後は菅野。ツーアウト二三塁のピンチをあっさり締める。さすがエース。

1点差になった8回裏に東海大がノーヒットで2点ゲット。
フォアボールと盗塁にワイルドピッチでの得点。
こうやって点が取れるから強いチームなんだろう。

最終回スタンドにいる控えの部員が紙テープを用意。
どうやらこの試合に勝つと優勝のようで最後に投げているのを準備。
球場以外で首都大学リーグを知らべていなかったので
東海大が独走しているのを知らなかった。
菅野があっさり3人で抑えて8-5で優勝。

試合以外の小ネタは東海大のスタメン。
苗字が被り名前まで表記している選手が4人。
そのうち3人の名前の最初が " 翔 " 。
Scoreboard_3
知り合いの子供にもひとりいたし、 今どきっぽい名前だな思う。

昭島球場
〒196-0033 東京都昭島市東町 5-12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月30日 (金)

神宮第二球場 ~東都大学二部リーグ 第4週~ 

明日から5日までの予定だったGWが1日長くなり今日からスタート。
急遽休みになった今日は今まで行きたくても
なかなか行けなかった神宮第二球場へ。
Jingustadium2nd1

神宮第二球場は名前のとおり明治神宮にある補助的な球場。
東都大学の二部リーグなどで主に使われている。
野球で使われない日はゴルフの打ちっぱなしとして使われているので
東都の二部落ちを " ゴルフ場行き " と揶揄される事もある。

自分が行ける観戦のチャンスは土曜の午後か日曜。
週末に第二球場が使われるのは
秋の明治神宮野球大会か東京都の高校野球が行われる位。

神宮大会はこのところ神宮球場だけで行われ
雨などで日程が延びた時だけ第二球場が使われている状態。
高校野球は今年の春も観戦を考えていたけれど
対戦カードに恵まれなかったので行かなかった。

普段は平日の月曜日から始まる東都の二部。
雨天中止があり金曜日まで試合があったのは個人的にはかなりラッキー。
雨の多い今年の異常気象も悪い事だけではなかった。

神宮第二球場は人工芝でサイズは左中間右中間のふくらみがないので狭め。
Jingustadium2nd3
ゴルフ打ちっぱなしは一塁側からレフト方面になっている。
あくまで打ちっぱなしがメインなのか広告はレフトにゴルフ関係が2つだけ。
Jingustadium2nd2

スコアボードの名前は手書きで9人のみ。
DH制のある東都リーグでは守りと攻撃でピッチャーとDHを入れ替えていた。
430tohto2_001  430tohto2_002

第一試合は青学大vs専修大。

青学のユニフォームは変更になっている事にチョット驚き。
430aogaku_fukushima
前のユニフォームは胸に大きくローマ字で青山だったのが
今は左胸におそらく帽子と同じマークで袖のラインが入っている。
この変更は二部に落ちたからなんだろうか?

青学は一部にいた去年4回観ているので覚えている選手が沢山いるけれど
専修は東農大グラウンドで1度観ただけ。
観た選手もいると思うけどほとんど判らない。

この試合は投手戦。犠飛とスクイズで8回まで1対1。
9回にHRが1本づつ出たもののランナーを置いて出た専修が3-2で勝ち。
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2010&SEASONID=01&LEAGUEID=02&GAMEID=10133

両投手とも良かったけど青学の福島にはツキがなかった。
去年の入替戦でも好投が報われなかったし
高校時代に運を使いはたしたかも。

専修先発の鈴木亮はサイドからコントロール良く丁寧に投げた印象。
430senshu_suzuki 
フォアボールを出したのは4番の小池だけで4打席中3個。
小池は日本代表だし投げにくかったかんだろう。

第2試合は拓殖大vs日本大。

拓殖も専修と一緒で東農大グラウンド以来。
日大は一昨年の秋の入替戦以来。若干ユニフォームが変わっている。
ただマイナーチェンジのようなので何処が変わったかは良く判らない。
430nihon_noda

拓大はDHを使わず先発の石橋が1番打者。
ピッチャーで1番なんてマンガか草野球位でしか観た事がない。
430tohto2
よほど打者として信頼されているのか5回に打席に立った後で交代。
打撃成績は3打数1安打。そこまで信頼されているなら
早稲田の大石みたいにそのまま守備にでもつけば良いのに。
430takushoku_ishibashi

430takushoku_ishibashi2

石橋降板の原因となった5回の2失点はチョット勿体無い失点。
ショート安田への強い当たりをはじいた後の処理を素早く行なわなかった間に
バッターランナー中井の好判断で二塁へ進塁を許し、
ツーアウト一二塁にとなって田中のライト前の本塁送球が後に転がり、
カバーしていた石橋が逸れたボールの処理を素早く行なわなった間に
一塁ランナーの本多もホームに帰って2点。
この回はひとつのプレーが終わった後処理の緩慢なプレーが失点に繋がった。

拓大2番手の小林は好投。かなり低いから投げ込まれるアンダースローで
リリーフした4イニングを2安打無失点。
430takushoku_kobayashi 

本人の問題ではないけれどDHを使っていなかった影響で
7回にまわってきた打席に代打を出さずにそのまま打席に立ったのは疑問。
ツーアウトとは言えその時点では2点ビハインドの場面。
好投している投手を引っ張る事も必要だけど点を入れないと負けだから
たとえツーアウトでも代打は必要だったと思う。

試合は終盤ピンチをつくったものの最後は踏ん張って5-4で日大の勝利。
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2010&SEASONID=01&LEAGUEID=02&GAMEID=10134

母校が神宮で試合をしているのに裏切って
第二球場に来た甲斐がある好ゲーム2試合だった。
愛校心がない卒業生の母校はどうやら負けて勝ち点をまた奪えなかったらしい。
こんな展開じゃ母校の試合を第二球場で観る機会がくるかも。

神宮第二球場
〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町3-2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

江戸川区球場 ~東京都秋季大会~

昨日は草野球で走りまわり若干筋肉痛だけど
球場巡りに最適な場所があったので祝日休みの今日は生観戦。

場所は江戸川区球場で高校野球東京都秋季大会。
江戸川区球場は地下鉄東西線の西葛西駅から近く徒歩2~3分。
駅にあった案内板には300Mと書いたあった。
Rimg14960  Rimg14954

両翼90Mセンターは約118M。内野が土で外野が天然芝。
駅のそばと言う事もあり球場の周りはマンションや団地といった住宅街。
打球が飛ばないように外野のフェンスの後ろに高いネットがある。

プロ野球で使うには狭い気がするけれど、かつてはヤクルト主催で
イースタンリーグは行われた事があったらしい。

スコアボードは電光掲示板で名前の欄もあるのに
今日はポジションだけで名前は空欄。
選手名簿を試合前に買ったから良かったけどわかりずらかった。
1011tokyoaki_019 

試合は台風の影響で順延などあり2試合の予定が3試合に変更。
しかも増えた試合は夏の甲子園にも出ている帝京戦。だいぶ得した気分。

第一試合が帝京vs二松学舎。確かに帝京が観られるのはラッキーだけど
それで自分住んでいない所のしかも秋の大会だから
出ている一二年生でほとんど判らない。

それでも記憶違いでなければ帝京先発の伊藤は一年生で甲子園に登板して
結構なスピードを出していた記憶が微かにある。
今日も途中までノーヒットの好投。
おそらくスライダーと思われる変化球で奪三振の山を築いていた。
1011tokyoaki_001   

打線は二松学舎先発のアンダースロー鈴木
1011tokyoaki_011 
タイミングが合わず先制したのは4回。続く5回は代わった村田も打ち込み8点。
二松学舎も回に2点とり、さあこれからと思ったら試合終了。

東京では7回7点でコールドになるみたい。
自分の住む神奈川では7回10点でコールドだと思ったけど、
どっちがローカルルールなんだろう。

第二試合は東海大高輪台vs明大中野八王子。
どうでも良い事だけど明大中野八王子の中野はいつも違和感がある。
中野は中野区で地名だと思うので明大八王子で中野が無い方がスッキリする。

ユニフォームは大学とほぼ同じ。
1011tokyoaki_023

1011tokyoaki_029 
学校名は聞いた事がある両高だけど
野球のレベルは全国区とまではいかないかも。
ただ試合は接戦で見応えアリ。決勝点は一塁のエラー。
エラーした一塁手は試合終了後の整列で泣いていた。
夏の大会ならみんな泣くかもしれないけど、周りの反応は特になし。
責めるでもなく慰めるでもない微妙な距離だった。

第三試合は日大鶴ヶ丘vs日大三の日大対決。
日大三は西東京代表で夏の甲子園に出ていたらしい強豪。
日大鶴ヶ丘のレベルは観るまで知らなかった。

序盤は三高ペース。レベルに差があるかと思いながら観ていたら
中盤からは鶴ヶ丘も2点入れ1点差。
8回表の鶴が丘がチャンスを三盗失敗で潰した裏に2ランHRが出て3点差。
HRで勝負アリと思ったけど三高のリリーフ吉澤が乱調で1点差。
先発は背番号10の熊坂だし吉澤が登板した8回から怪しい出来だったのに
ファーストに入っている背番号1の山崎の登板する気配もなかったのは疑問。

何とか抑えて5-4で日大三高が勝利。

この試合で気になった選手が日大三高の5番サードの横尾
1011tokyoaki_056   
4打数4安打2打点の活躍。サードからの送球エラーは1つあったけど、
1年生だし機会があったら気にしてみる。

球場目的9割位の野球観戦だったけど
見応えのある試合が観れたのはラッキー。
ただ、あまり知らないチームの試合は正直厳しいので
東京都の大会のような地方大会のしかも中盤戦を観るのは最後かも。
ただ休日はゴルフの打ちっぱなしに使われる神宮第二球場を観るチャンスは
都大会の時にしかないかも知れないのであと1回かな。

江戸川区球場
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西7-2-1       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07 生観戦 アマ野球 | 07 生観戦 二軍 | 07 AMATEUR野球 | 07 MLB | 07 NPB | 08 生観戦 MLB | 08 生観戦 その他 | 08 生観戦 アマ野球 | 08 生観戦 一軍 | 08 生観戦 二軍 | 08 AMATEUR野球 | 08 MLB | 08 NPB | 09 生観戦 アマ野球 | 09 生観戦 一軍 | 09 生観戦 二軍 | 09 生観戦 MLB | 09 生観戦 WBC | 09 AMATEUR野球 | 09 MLB | 09 NPB | 09 WBC | 10 生観戦 アマ野球 | 10 生観戦 一軍 | 10 生観戦 二軍 | 10 生観戦 独立リーグ | 10 AMATEUR野球 | 10 MLB | 10 NPB | 11 生観戦 アマ野球 | 11 生観戦 一軍 | 11 生観戦 二軍 | 11 AMATEUR野球 | 11 MLB | 11 NPB | 12 生観戦 アマ野球 | 12 生観戦 一軍 | 12 生観戦 二軍 | 12 生観戦 独立リーグ | 12 生観戦 MLB | 12 AMATEUR野球 | 12 MLB | 12 NPB | 13 生観戦 アマ野球 | 13 生観戦 一軍 | 13 生観戦 二軍 | 13 生観戦 WBC | 13 AMATEUR野球 | 13 MLB | 13 NPB | 13 WBC | 14 生観戦 アマ野球 | 14 生観戦 一軍 | 14 生観戦 二軍 | 14 生観戦 独立リーグ | 14 生観戦 MLB | 14 AMATEUR野球 | 14 BCリーグ | 14 MLB | 14 NPB | 15 生観戦 アマ野球 | 15 生観戦 プレミア12 | 15 生観戦 一軍 | 15 生観戦 二軍 | 15 AMATEUR野球 | 15 BCリーグ | 15 NPB | 16 生観戦 アマ野球 | 16 生観戦 一軍 | 16 生観戦 二軍 | 16 生観戦 独立リーグ | 16 AMATEUR野球 | 16 NPB | 17 生観戦 アマ野球 | 17 生観戦 一軍 | 17 生観戦 二軍 | 17 生観戦 WBC | 17 AMATEUR野球 | 17 NPB | サッカー | サッカーユニフォーム | 旅行・地域 | 日々の出来事 | 草野球 | 野球場 1(北海道・東北) | 野球場 2(北関東) | 野球場 3(埼玉) | 野球場 4(千葉) | 野球場 5(東京) | 野球場 6(神奈川) | 野球場 7(中部) | 野球場 8(関西) | 野球場 9(中国・四国) | 野球場 10(九州・沖縄) | 野球場 11(その他) | 野球観戦 まとめ