21 生観戦 アマ野球

2021年4月30日 (金)

所沢航空記念公園野球場 ~埼玉高校野球 春季3回戦 早大本庄 vs 埼玉栄~

出先からナイター観戦を予定していたが
時間が余るのでどうやって潰そうかと考えていたら
昨日の雨で埼玉の高校野球が1日順延になったので
球場新規開拓を兼ねて所沢航空記念公園野球場へ
Img_4402

所沢航空記念公園野球場は文字通り航空公園内にある球場
名前が独特なので観戦できる日程をチェックする時
気になっていたが使われるのは埼玉県の高校野球が中心で
しかもトーナメント序盤から中盤までが多く
対戦カードで惹かれる事は少なく
球場目当てで出掛けるにも微妙な距離だった

アクセスは西武新宿線の航空公園駅が最も近いが
池袋線を利用したので所沢駅から歩いて20分弱
この時期ならぜんぜん歩ける

内野が土で外野が天然芝
両翼92Mセンター120Mと狭いが
高校野球がメインだから問題ないだろう
Img_4398

照明と屋根は無し

スコアボードは反転式
ヒットやエラーの合計は無いが名前の表示もあるので
知らない選手だらけの高校野球を観る時は助かる
Img_2805

観戦は春季大会3回戦でこの日の第二試合
早稲田大学本庄高等学院 vs 埼玉栄

ともに初見で予備知識はほとんど無し
埼玉栄の記事がYahoo!のニュースにあったのを
ながら見したくらい

初回埼玉栄は先頭の下田が左中間にヒット
センターがもたつく間に二塁進塁

この後パスボールと内野ゴロであっさり先制

先制はされたが本庄先発の齋藤はその後は無失点で抑える

埼玉栄先発の倉林は安定したピッチング
中盤以降得点圏に進められる事はあるが失点は許さず

6回埼玉栄は五関のタイムリーで追加点

7回にも下田のタイムリー
予備知識は無いが観ていて雰囲気のある選手だった
Shimoda

次の鷹巣のタイムリーで齊藤は交代
立ち上がりの展開だと
もっと序盤に捕まるかと思ったがよく投げた
あとグローブのウエブが
ピッチャーなのにクロスだったのが珍しいかも
Saito

8回にも追加点を挙げた埼玉栄が5-0で勝利

倉林は9回4安打完封
本庄の早打ちもあったが無四球だった
Kurabayashi

本庄では1番の飯塚が2安打の活躍
守備でも良い動きをしていた
Iizuka-210430

試合時間が1時間17分で終わるテンポの良い試合
時間潰しの目的もあったのにテンポが良すぎて
次の予定までまだ時間があったので
気になっていた とろもつ大正屋 で もつ煮定食
Img_4410

がっつり系で近くにあれば行きたいが
思っていたより遠く球場から歩いて30分弱
これを目当てで再び所沢航空球場に行く
モチベーションにはならないし
所沢航空球場での観戦は最後の可能性が高いかな。

所沢航空記念公園野球場
〒359-0042 埼玉県所沢市並木1丁目13番地

 

| | コメント (0)

2021年4月24日 (土)

春は黒 ~神奈川高校野球春季 準々決勝~

人数の制限があるなかチケットが取れたので
保土ヶ谷に高校野球観戦
例年だと高校野球はあまり観ないが今年は既に3回目
神奈川県の春季大会はほぼ毎年観に行っていたので
チケットが取れて良かった
Img_4374

第一試合は東海大相模 vs 横浜商業
一塁側を取ったけど周りは相模の熱烈なファンが多い
Y校を観るのは2008年の俣野公園の柿落とし以来だと思う

試合は3回相模が一二塁で大森がバント空振り
二塁ランナー伊藤が飛び出し
キャッチャーが二塁送球間に三塁へ
三塁への送球が伊藤に当たりその間にホームイン
一塁ランナーも三塁に進塁し綛田の内野ゴロでもう1点

失点はしたがY校先発山口は良いピッチング
その後ランナーは出しても失点は許さない
Yamaguchi-210424

相模先発大森は4回無失点で
コントロールは良くなかったが被安打1で8奪三振だった
Omori

Y校は6回連打で1死一三塁のチャンスで
2番手求のワイルドピッチで1点返す

1点差となったが8回綛田のソロHRで相模がリードを広げる
Kaseda

流石に山口も疲れが出たのかコントロールが悪くなってきたが
9回まで3失点で投げ切る

その裏Y校は1死満塁のチャンスを作り
途中出場の浅井の犠飛で1点差
Asai

なおも2死一二塁のチャンスはあったが
7回から登板の石川が抑え3-2で相模の勝利

エースの石田は温存だし
中盤までは点差以上に強いと感じたが
終盤のY校の粘りは凄かった

相模ではセンバツ途中体調不良で欠場していた
大塚が6番ショートでスタメン
残念ながら目立った活躍は無かったが
練習での動きを観ると守備の評価が高いのが判る
Otsuka

Y校で気になったのは4番の畠山
パワフルなスイングで4打数1安打だった
Hatakeyama

第二試合は向上 vs 日大藤沢
向上を観るのは2011年以来
日藤は趣味で観戦するようになってからは初かも
自分がプレーしていた頃以来だから
生で観るのは30年ぶりくらいだろう

初回向上は日藤先発を攻めて犠飛2つに押し出しで3点先制
4回にも齊藤のタイムリーで追加点

向上先発猿山は4回までパーフェクト
Saruyama

猿山は5回に先頭柳澤を三振に打ち取ったが
キャッチャー廣田の送球エラーで初めてのランナーを出し
フォアボールと猿山自身のバントの三塁への悪送球でノーヒットで1点
この後無死二三塁となったが失点せずノーヒット2ランは免れる
中盤からはヒットは打たれていないが少しづつ球は高くてきた

6回日藤は村山が初ヒットから1死一三塁となり
4番の柳澤の3ランHRで同点
センターへの大きな当たりだった
Yanagisawa

同点にされた向上は7回ヒットに相手のエラーもあり1死二三塁
今度は向上の4番海老根の2点タイムリーツーベースで再びリード
Ebine

この後エラーでもう1点追加し3点差

3点差となったが粘る日藤はその裏
代打清水(尊)のタイムリーツーベースに
村山のタイムリーに堤坂の犠飛で再び同点

8回と9回表は得点無く
9回裏の日藤の攻撃
途中出場の杉山がフォアボールで出塁
犠打野選とバントヒットで満塁
ここで遠藤が前進守備を抜くヒットでサヨナラ
Endo

8-7で日藤の勝利

試合序盤は猿山がパーフェクトだし
向上打線も効率よく点を入れるし
もしかしたら向上のコールド勝ちもあるかもと考えたが
全く違った展開になった

日藤で気になったショート田上は1年生らしい
エラーはあったがサイズはあるし見栄えがいい
あまり高校野球は観ないが注目したい
Tanoue

向上では1番の直理が2安打
8回のライト後方のフライも柳澤の好捕が無ければ長打だったし
これが抜けていたら試合結果は違っていたかも
Naori

良い試合を観れて満足だが試合中ふと気になったがスパイク
最近の流行は白だがこの日4チームのスパイクはすべて黒
センバツでは白を履いていた相模も黒だった
白は暑さ対策という事なので
まだそこまで暑くない春は黒なのかな?

| | コメント (0)

2021年4月 7日 (水)

ダイワハウススタジアム八王子 ~東京都高校野球 春季2回戦~

球場目当てで八王子へ高校野球東京春季大会観戦
ネーミングライツでダイワハウススタジアム八王子となる前から
今まで何度か行こうと思っていたがタイミングがあわずようやく初見
Img_4292

アクセスは八王子駅からバスまたは西八王子駅と京王線の山田駅から徒歩と
複数の駅から行けるらしいが自分は西八王子から徒歩
平坦な道を15分くらいで曲がる所も少なく着く

ただコロナ対策の動線管理なのか
観客はバックスクリーン付近から入場する為
球場に着いてからもう少し歩かされる
まあ外野からの景色も観る事が出来たと個人的にはプラスに考える
Img_4283

両翼98Mセンター122M内野が土で外野が天然芝
Img_4294

スコアボードは反転式
白いタイプで見やすいが今日は選手名の表示は無かった
Img_8147

第一試合は東海大菅生 vs 東京成徳大
菅生は去年の秋の決勝で観ているが成徳は初見で学校も知らなかった

試合前は菅生が有利かと思っていたが
成徳はキビキビとした動きの良いチーム
菅生先発櫻井と成徳先発岩井の好投で中盤までお互い無得点

6回に菅生はフォアボールで榮が出塁した後
鈴木(悠)の2ランHRで均衡を破る
背番号が17番で2年生だが今日は3番ライトで出場
この冬力をつけてきたのだろう
Suzuki-y

先制は許したが岩井はこの後失点を許さず
失点は許さなくてもなかなか反撃出来ない成徳打線は
終盤ランナー出た場面ではまず1点と考えたのか
バントで送る作戦をとる

9回も送りバントを使って2死二塁で須藤が
ライト線に良い当たりを打ったがファール
Sudo

良い当たりだったがその後三振し得点出来ず2-0で菅生勝利

櫻井は完封
初回2本のヒットでピンチはあったが
結局ヒットは3本しか打たれなかった
Sakurai

負け投手にはなったが岩井の好投が
この試合を面白くしたと思う
フォームもハイキックでダイナミックだった
Iwai

第二試合は上野学園 vs 八王子学園八王子
共に昔観た事はあったがだいぶ前
八王子を観たのはNTT東日本の桝澤が
プロ注目のショートと言われた頃だった筈

この試合も甲子園も出場経験もある
八王子有利かと思っていたが上野学園も頑張る

2回に先発渡邉のタイムリーで上野学園が先制

しかし八王子はその裏こちらも先発の星野のタイムリーで同点
Hoshino

3回上野学園古泉が顔にデッドボールを受け担架で運ばれる
この後動揺したのか星野は連続四死球満塁となりここで交代
星野の後2番手舘野はこのピンチを抑える

同点の5回八王子は安藤(健)のタイムリーツーベースで
この試合初めてリードする
Ando

更に4番落合にもタイムリーが出てこの回2点

上野学園先発渡邉はこの回で交代
ビハインドでの降板となったが
ランナーを出しながら5回3失点と試合を作った
Watanabe-210407

上野学園2番手林はコントロールに苦しみ連続5四死球だったが
牽制と盗塁でのアウトがあり2死までは失点せず来たが
前の回にも打った安藤(健)が
走者一掃のツーベースで八王子がリードを広げる

上野学園も粘り古泉に代わって出場した福山のタイムリー
球場では気がつかなったがヘルメットの下に帽子を被る
昔の少年野球スタイルだった
Fukuyama-210407

吉田にもタイムリーが出てこの回2点
しかしその裏八王子は柳のタイムリーで1点返しその後満塁で
安藤(健)が3イニング連続の長打となるスリーベース
これで7点差となり10-3で八王子のコールド勝ち

八王子はプロ注目のエース羽田を温存しての勝利
出来れば観たかったが故障明けのようなので仕方が無い

最後はコールド負けになったが
上野学園も良いプレーは多かった

今日の観戦は球場目当てではあったが
それ以外にも前回観戦した浜松で
カメラの調子が悪くなり現在修理依頼中

カメラが戻るまで昔使っていたカメラが使えるかの
試運転のつもりでの今日の観戦だったが
若干ピントは甘そうだけどそれなりには撮れた
とりあえず観戦を中断しなくても良いかな?


ダイワハウススタジアム八王子
〒193-0931 東京都八王子市台町2−2

| | コメント (0)

2021年4月 3日 (土)

久々の対象大会観戦 ~JABA静岡大会 第1日~

昨日の関内から帰らず静岡に向かい浜松でJABA静岡大会観戦
日本選手権対象のJABA大会を観るのは19年の東北大会以来で
静岡大会は18年以来と久しぶり
無観客の予定が変更になりホントに有り難い

会場は浜松と清水庵原と2会場で
清水庵原のカードも惹かれたが浜松の方が観たいチームが多かった

第一試合は王子 vs 沖データコンピュータ教育学院
沖データは九州の専門学校のチームで
広島の一岡の出身校だったり
都市対抗の補強で選ばれる選手が居たりで気にはなっていたが
九州まで行くのは遠いので浜松で観れて良かった
Img_4997Img_4999

試合は初回沖データがいきなりチャンスをつくり
4番藤岡のタイムリーツーベースで先制
Fujioka-210403

次の谷本にも犠飛がでこの回2点

2回にもコントロールに苦しむ王子先発の高橋を攻めて
樋口のタイムリーツーベースでこの回も2点
Higuchi

ただこの後走塁ミスもありさらなる追加点のチャンスは逃す

沖データ先発の仲道は変化が良いようで
王子打線を4回まで無失点に抑える
ただ徐々に王子にもヒットが出て5回前田の犠飛に
吉岡のタイムリーツーベースで2点

6回は伊礼のソロHRで1点差

2回途中から投げた王子2番手山梨が6回まで無失点に抑える
山梨という珍しい名字だけど出身は静岡らしい
Yamanashi

山梨の好投で流れは完全に王子かと思ったが
畑瀬にスイッチしてから沖データ打線に再び活気が出て
お互い得点を入れあう展開

7回に樋口のタイムリー
その裏亀山の犠飛
8回は谷本2点タイムリースリーベースにスクイズで3点で4点
その裏前田の強襲ヒットで1点返して3点差で9回へ

9回沖データは無得点
その裏王子は2死から伊礼のヒットの後
途中出場の横川がスリーベースで1点返し
西村がフォアボールで出塁し細川のスリーベースで土壇場で同点
Hosokawa-210403

同点で延長戦となり
10回から無死一二塁継続打順のタイブレーク
王子は神大時代に観た事があった中野が登板
Nakano-210403

沖データは3番関山が送らず強攻しダブルプレー
4番の藤岡も凡退し無得点

その裏王子は前田の送りバントを仲道
際どいタイミングの三塁に投げたが
悪送球となり王子が9-8でサヨナラ勝ち
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20210435675

負けはしたが沖データはいいチームだった
特に完投した仲道は終盤は疲れもあったのか打たれたが
右打者には変化球かなり有効のようで空振りが取れてた
Nakamichi

第二試合はヤマハ vs 日本製鉄かずさマジック
ヤマハ去年都市対抗予選と伊勢・松阪大会で観ているが
かずさは19年10月の関東選手権以来
上がった選手も多く馴染みの薄いスタメンだった

共に紫がチームカラーなのでぼーっと見ていると
ヤマハ側に座っているのにかずさのプレーに
間違えて拍手しそうになる

先発は清水松尾
清水は伊勢・松阪大会で好投を観ているのでヤマハ有利かと思ったが
清水だけで無く松尾も活躍したルーキーイヤーのような
好投と続けて投手戦

お互い無失点で松尾は8回で交代
松尾が今日のようなピッチングが出来れば
今年こそ都市対抗出場も出来るかも
あと写真で観ると小指が浮いているけど
何を投げようとしたんだろう?
Matsuo-210403

9回はが抑えその裏かずさは内山がヒットで出塁し
代打の奈良原は送ってランナー二塁
おそらく青学時代は観てないので奈良原を観るのは初かも
Narahara-210403

田中のヒットで1死一三塁になったので吉田を申告敬遠し
5番の土門と勝負
土門はレフト線にヒットを打ち
Domon

1-0でかずさのサヨナラ勝ち
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20215543119

かずさの喜び方も清水の落胆も静岡大会とは思えない
気持ちのぶつかる試合だった
Img_5790

負け投手になったが清水はやっぱり良い投手
東海地区なら遠征は難しくはないので
日本選手権や都市対抗の予選でまた観たい
Shimizu-210403

他にヤマハでは横国大出身の野澤
代走から出場しセカンドの守備にもついた
賢いのに野球が上手いなんてうらやましい
Nozawa

第三試合は東海理化 vs ミキハウス
この試合が浜松来た最大の理由で
未見のミキハウスを観たかったから
都市対抗予選の戦績を観ると強豪ともいい試合をしているし
トリカといい勝負になりそうな気がしていた
Img_5814

序盤は共に無得点だったが
4回田中(秀)のタイムリーでミキハウスが先制
がに股でなかなか個性的な構えだった
Tanaka-h

その裏トリカは中野のタイムリーで同点

5回ミキハウスは無死一三塁でスクイズの仕草で
一塁ランナーの盗塁を助けて二三塁で井上のヒットで勝ち越し

この後も一三塁になるとスクイズの構えで盗塁し
トリカバッテリーを揺さぶり
1番の小泉にもタイムリーが出て追加点
小泉は横浜高校出身で調べたら2年生の春に観ていた
Koizumi

ここでトリカ先発の長田は交代
すらっとしていて見栄えの良い投手だった
Nagata

6回表からミキハウスも継続で先発栗山から高橋が登板
アナウンスされた時は判らなかったが
フォームから永和商事から移籍の高橋だと気がついた
1イニングを三者凡退で交代したが折角ならもう少し観たかった
Takahashi-210403

高橋の後7回から登板の真田がワイルドピッチで失点し
続投の8回トリカは大谷の2点タイムリーツーベースで逆転
Ohtani-210403

この後椎葉に代わったがトリカに行った流れは変わらず
この回打者一巡し7点
9回は河野が抑えトリカが9-3で勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20214410821

河野の前に6回から8回まで投げた池田(大)の好リリーフも
トリカ逆転勝利につながったかも
Ikeda-d

2試合がサヨナラでもう1試合が
8回の逆転というスリリングなゲームで
OKIデータとミキハウスも初めて観れたし個人的には大満足

当初の予定では1泊して清水庵原で日曜の試合観戦を予定したが
天気予報が微妙だったので日帰りにしたが
1日で十分満足出来る観戦だった。

| | コメント (0)

2021年3月31日 (水)

フォアボール多すぎ ~東都大学春季 第1週~

東都大学観戦で神宮へ

去年の秋季が降格無しだったので今季は1部が7校で
勝ち点制では無く2試合づつ行う変則日程
あとは今季も応援団は外野からだった
Img_3935

第一試合は立正大 vs 中央大

立正先発の門馬がコントロールに苦しみ1回フォアボール3個で満塁となり
古賀のタイムリーで中央が先制
古賀はノーステップ打法だった
Koga-210331

更に中前の犠飛でこの回2点
Nakamae

門馬は2回もコントロールが安定せずフォアボール2個で2死一二塁
石井の2点タイムリーツーベースで4点差
Ishii-210331

次の森下にフォアボールを出した所で門馬は交代
1回2/3で6フォアボールだった

2番手土屋がランナーを出しながら抑え
その裏奈良間のタイムリーで立正が1点返す
Narama

2番手土屋も登板直後はコントロールが怪しかったが
4回から降板した7回まではランナーを出さない完璧なピッチング
Tsuchiya-210331

土屋の好投で言い流れになり味方の反撃を待つが
中央も先発石田(裕)と2番手皆川に抑えられ得点出来ない

8回にようやく桂川のタイムリーツーベースで1点返し2点差
Katsuragawa

9回にも3番手大栄4番点西舘から1死満塁のチャンスは作ったが
後続が続かず4-2で中央の勝利
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2021&SEASONID=01&LEAGUEID=01&GAMEID=21011

ヒットの数は立正の方が多かったがフォアボールを出し過ぎた

第二試合は東洋大vs青山学院大

3回瀬川のタイムリーで東洋が先制
東洋は得点打を打った後変なポーズをとっていた
Segawa

4回にも代打橋本(吏)のタイムリーで追加点

タイムリーを打たれたその後も打ち込まれたが
北村はチョット変則気味な面白い左腕だった
Kitamura-210331

東洋先発松澤は7回まで散発の5安打無失点
今日の松澤は M マークの昔のミズノのグローブを使っていた
Matsuzawa

青学も先発仲澤を4回途中で北村に交代し
5回途中から森(圭)が登板しますます投手戦

森(圭)は去年亜細亜とのオープン戦で観ているけど
球は速いしチェンジアップも良いしホントに良いピッチャー
Mori-k

8回松澤がフォアボール2個で2死一二塁となった所で交代
2番手細野がフォアボールとデットボールで押し出し1点差とはなったが
次の中島は抑えピンチを切り抜け

9回もランナーは出したが無失点に抑え2-1で東洋の勝利
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2021&SEASONID=01&LEAGUEID=01&GAMEID=21012

東洋のショート木村は3打数3安打1フォアボールの活躍だった
Kimura-210331

青学では山田(拓)が2安打に守備でも軽快な動きだった
Yamada-t

特に第一試合の序盤がフォアボール連発でダラダラした展開で
一体いつ試合が終わるのか心配になったが
守備では好プレーもみられ
第一試合中盤から第二試合まで締まった良い試合

特に第一試合だけどフォアボールが試合を壊すという事を
改めて身にしみて体感できる一日だった。

| | コメント (0)

2021年3月25日 (木)

久しぶりの伊勢屋おにぎり ~東京都企業春季大会 第4日~

大田スタジアムへ東京都企業大会観戦
去年は無観客試合だらけで都市対抗で観られなかったチームは
久しぶりに観る事が出来る

球場自体が久しぶりなのでまずは伊勢屋のおにぎりを食べ
大田スタジアムに来た事を実感
Img_4234

第一試合はセガサミー vs 東京ガス
セガサミーは都市対抗で観ているが東京ガスは久しぶり

序盤は両先発の好投で無得点だったが
4回に東京ガスは久米のタイムリーで先制
Kume

の2点タイムリーも出てこの回3点
この日に楠は9番だった
補強にも選ばれる位の選手なのに何でだろう
Kusunoki

この回でセガサミー先発の横山は交代
立ち上がりは速球中心のピッチングで抑えていて
この回も2死からの連打での失点だったので
こんなに早く降板するとは思わなかった
Yokoyama

セガサミーは5回平田のソロHRで1点返し
Hirata-210325

6回北川の犠飛で1点差
7回も先頭の根岸にツーベースから1死一三塁となったが得点ならず

東京ガス先発臼井がこの回で交代
中盤からは毎回ランナーは出したが7回2失点に抑えた
Usui

8回は宮谷9回は石田が抑え3-2で東京ガスの勝利
http://archive.jaba.or.jp/score_book/5/50026/27406.html
直接得点に絡んだ訳では無いが東京ガスは
この試合積極的な走塁が目立っていた

第二試合は鷺宮製作所 vs NTT東日本
こちらは共に都市対抗本戦出場してたが
鷺宮は観戦前に敗退していたので久しぶり

初回鷺宮は橋本のセカンドへのヒット性のエラーで先制した後
野村のタイムリーで2点先制
Nomura-210325

NTTは4回喜納のソロHRで1点返す
Kinoh-210325

鷺宮先発佐々木はコントロールに苦しみ
4回2/3で四死球5個
5回を投げきれなかったがもっと早く交代となるかもと思っていたので
最低限の仕事はした印象
Sasaki-210325

2死三塁でリリーフした山下
向山はフォアボールで歩かせたが桝澤を抑えリードを守る
そのまま7回途中まで投げたがサイドスローは右打者に有効そうだった
Yamashita

7回鷺宮は3番手熊谷から茶谷
2点タイムリーツーベースでリードを広げる

7回途中から野口が抑えた鷺宮が4-1で勝利
http://archive.jaba.or.jp/score_book/5/50026/27412.html

NTTでは向山が攻守で活躍
背番号が31から8に変わっていた
Mukoyama-210325

第三試合はJPアセット証券vs日本ウェルネススポーツ大学
JPアセットは去年出来チームで初見
企業大会が有観客と発表された時から観たいと思っていた
Img_3014

初回満塁からサードエラーでJPアセットが先制

失点したがウェルネス先発向井
2回を三者連続見逃し三振に抑え期待したが
3回に谷津の3ランHRでJPアセットがリードを広げる
高校大学独立と様々なカテゴリで観ていたけど
社会人でも観られて良かった
Yatsu

ウェルネスも4回山田のタイムリーで1点返す
ウェルネスの試合は観るの3度目だが初めて得点シーンを観た
Yamada-210325

1点取られた事でJPアセット打線に火が付いたのか
その裏2番手天野から5連打3番手小沼(大)のワイルドピッチで
この回5点でコールドの可能性もある点差に広げる

結局5回6回にも追加点を挙げたJPアセットが14-1で7回コールド
http://archive.jaba.or.jp/score_book/5/50026/27414.html

去年セガサミーの補強で活躍した1番で大内
4打数1安打だったが守備では活躍していた
Ohuchi-210325

2番の犬飼がバントヒット2つに盗塁も2つと足と小技が使える選手だったので
この1・2番が機能するとJPアセットは結構やるかも
Inukai

ウェルネスでは4番手の水元がサイドぎみのアンダースローだった
味方の守備のミスで1点取られたが緩いボールで討ち取っていた
Mizumoto-210325

第2試合途中から雨が降り出し第三試合の初めの方まで降っていた
大田スタジアムは屋根があるので場所を移動して
あまり濡れずに観戦は出来たのは助かったが
谷津のHRは横から観たかったかな。

| | コメント (0)

2021年3月22日 (月)

21世紀枠&九州祭り ~センバツ 第3日~

今年最初の遠征は甲子園へ
休みの日に好カードの組み合わせだったのでチケットを取ってみたが
残念ながら前日の雨天中止で観戦カードが変ってしまった
それでもこのご時世観戦できるだけでも有り難い
21世紀枠が3校に九州勢が4校と偏っている組み合わせ
Img_4225

第一試合は具志川商業 vs 八戸西の21世紀枠対決
当初観る予定のカードで無く試合直前に調べたら
八戸西のピッチャー福島は前評判が高いらしい

試合は2回八戸西は2死二塁でセンター前ホームへの
好返球アウトで具志川商には良い流れ
その裏具志川商は上原のタイムリーで先制
Uehara-210322

この後伊波(勢)のヒットにエラーと大城の内野ゴロでこの回4点
4回にもスクイズで追加点

福島は5回まで投げて5失点
エラーもあり味方に足を引っ張られたが
期待していただけにチョット残念な内容だった
Fukushima

6回にも追加点を挙げた具志川商が6点とリードを広げる

7回ようやく八戸西は桐山のタイムリーで2点返し4点差
Kiriyama

中盤はヒットは許さず好投していた
具志川商先発新川だったが流石に疲れてきたのかも
この回を投げきり7回2失点で交代
Arakawa

点差を詰められた具志川商はその裏
振り逃げのワイルドピッチと
ダブルスチールで再び6点差

八戸西は9回は1点返したが8-3で具志川商の勝利

具志川商の1番の大城はノーヒットだったが
3打点に補殺1と渋い活躍だった
Oshiro

第二試合は福岡大大濠 vs 大崎の九州大会決勝対決

大濠の先発毛利は前評判の高い投手らしく
カード変更して観られる投手の中ではいちばん期待していた
Mouri

2回大濠はエラーからつくったチャンスで
松尾の2点タイムリーが出て先制
Matsuo

松尾のタイムリーの前に毛利の打席で
自打球が足に当たり負傷したが続投
走る姿を観ると足は痛いと思うが
ピッチングにはあまり影響を感じさせず好投

7回に大崎は久々のヒットからチャンスをつくり
坂本のタイムリーで1点返す
Sakamoto-210322

尚も2死一二塁のチャンスはあったが
離塁の大きかった二塁ランナー田栗を刺しこの回1点止まり
キャッチャーの川上は4番打者としては
チャンスでノーヒットとバッティングでは
活躍出来なかったがこのプレーは大きかった
Kawakami

毛利は8回は三者三振9回も三者凡退に抑え2-1で大濠の勝利

毛利は変化球多めだかここ一番は真っ直ぐで押して抑えていた

離島の学校としても注目を集めていた大崎は
失点につながったエラーはあったが守備は安定していて
流石九州大会優勝校と思わせるチームだった

毛利の前に打線はふるわ無かったが4番の調は
チームで4安打中2安打と頑張っていた
Shirabe

第三試合は明豊 vs 東播磨

近畿大会に出場したとはいえ21世紀枠の東播磨が
左右の好投手が居る明豊には厳しいかと思ったが
初回鈴木の2点タイムリーツーベースで東播磨が先制
更に熊谷のタイムリーでこの回3点

その裏明豊は米田の2点タイムリーツーベースに
竹下のタイムリーであっさり同点

3回に砂川のタイムリーで東播磨が再びリードしたところで
明豊先発の京本は交代2回は三者凡退に抑えたので
立ち直る兆しはあったが立ち直りきれなかった
Kyomoto

その裏山本のタイムリーと記録センターゴロになった
竹下のセンター前に落ちるフライで明豊が再逆転
この回で東播磨先発鈴木は交代

共に2番手に代わっても落ち着かず
6回東播磨は押し出しで同点
明豊2番手は太田はJR東日本時代に何度か観た読売太田の弟
期待していたが3回2/3で5四球と残念なピッチングだった
Ohta-210322

東播磨は2番手の若杉もコントロールに苦しみ
3連続フォアボールで満塁として
黒木に走者一掃のスリーベースで明豊が再びリード

リードした明豊が7回から3番手で財原が登板したが
いきなりスリーベースを打たれ出鼻をくじかれたのか
連続四死球で満塁として砂川の犠飛に
押し出しと内野ゴロでこの回3点入れて1点差

9回に東播磨は髙山のツーベースのあと
4番の砂川に代打上野を出してバント
ちょっと強かったが財原がファンブルしバント成功
次の鈴木の時三塁ランナーが早めにスタートを切りサードゴロで同点

後で記事を読んだら打ちそうなコースに来たら
三塁ランナーがスタートを切り打者が打ち
外されたらスタートを切らないので打者も打たないという
スクイズのように外す事も出来ない作戦らしい

ベンチを観るとゴロが転がった段階でガッツポーズをしているので
自信のあるプレーだったんだろう
Suzuki-1

延長戦に入り11回明豊はフォアボールと連打で無死満塁
財原の代打田中の初球にワイルドピッチ
Img_2266Img_2272

10-9サヨナラで明豊の勝利

6回途中から再びマウンドにあがった鈴木もよく投げたが
最後は疲れが出ていたのかも
Suzuki-2

両チームとも四死球が多かったが
それでも見応えのある試合だった

日が出ている時は暖かいが曇ると寒いし
第三試合途中から雨が降ったりと
良いコンディションでは無かったが
久しぶりに観る高校野球も悪くないかな。

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

07 生観戦 アマ野球 07 生観戦 二軍 07 AMATEUR野球 07 MLB 07 NPB 08 生観戦 MLB 08 生観戦 その他 08 生観戦 アマ野球 08 生観戦 一軍 08 生観戦 二軍 08 AMATEUR野球 08 MLB 08 NPB 09 生観戦 アマ野球 09 生観戦 一軍 09 生観戦 二軍 09 生観戦 MLB 09 生観戦 WBC 09 AMATEUR野球 09 MLB 09 NPB 09 WBC 10 生観戦 アマ野球 10 生観戦 一軍 10 生観戦 二軍 10 生観戦 独立リーグ 10 AMATEUR野球 10 MLB 10 NPB 11 生観戦 アマ野球 11 生観戦 一軍 11 生観戦 二軍 11 AMATEUR野球 11 MLB 11 NPB 12 生観戦 アマ野球 12 生観戦 一軍 12 生観戦 二軍 12 生観戦 独立リーグ 12 生観戦 MLB 12 AMATEUR野球 12 MLB 12 NPB 13 生観戦 アマ野球 13 生観戦 一軍 13 生観戦 二軍 13 生観戦 WBC 13 AMATEUR野球 13 MLB 13 NPB 13 WBC 14 生観戦 アマ野球 14 生観戦 一軍 14 生観戦 二軍 14 生観戦 独立リーグ 14 生観戦 MLB 14 AMATEUR野球 14 BCリーグ 14 MLB 14 NPB 15 生観戦 アマ野球 15 生観戦 プレミア12 15 生観戦 一軍 15 生観戦 二軍 15 AMATEUR野球 15 BCリーグ 15 NPB 16 生観戦 アマ野球 16 生観戦 一軍 16 生観戦 二軍 16 生観戦 独立リーグ 16 AMATEUR野球 16 NPB 17 生観戦 アマ野球 17 生観戦 一軍 17 生観戦 二軍 17 生観戦 独立リーグ 17 生観戦 WBC 17 AMATEUR野球 17 NPB 18 生観戦 アマ野球 18 生観戦 一軍 18 生観戦 二軍 18 生観戦 独立リーグ 18 生観戦 MLB 18 AMATEUR野球 18 NPB 19 生観戦 アマ野球 19 生観戦 一軍 19 生観戦 二軍 19 生観戦 独立リーグ 19 生観戦 MLB 19 生観戦プレミア12 19 AMATEUR野球 19 NPB 20 生観戦 アマ野球 20 生観戦 一軍 20 生観戦 二軍 20 生観戦 独立リーグ 20 AMATEUR野球 20 NPB 21 生観戦 アマ野球 21 生観戦 一軍 21 生観戦 二軍 21 生観戦 独立リーグ 21 NPB サッカー サッカーユニフォーム ドラフト 俺のプロスペクト 旅行・地域 日々の出来事 草野球 野球場 1(北海道・東北) 野球場 2(北関東) 野球場 3(埼玉) 野球場 4(千葉) 野球場 5(東京) 野球場 6(神奈川) 野球場 7(中部) 野球場 8(関西) 野球場 9(中国・四国) 野球場 10(九州・沖縄) 野球場 11(その他) 野球観戦 まとめ